世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

トスの基本。バレーでアタックを活かすトスのコツと練習方法

2019.3.13

バレーの攻撃の際の基本となるのが、アタッカーにつながるトス。

セッターのあげた打ちやすいトスがアタックの成功率へとつながりますので大切なプレーの一つです。

アタッカーが打ちやすいところにあげるのが良いトスですが、トスがうまくあがらないとお悩みの方にトスをあげる時のコツを紹介します。

バレーのトスにはオープンパス、クイックパスなどのパスがありますがやはり基本は大事。

トスの基本の上げ方、トスをあげる前の準備、ポジショニングなどのポイントを確認しましょう。

トスをあげる時は身体全体を使ってあげることも大切です。

オープントスの練習方法や、ボールをコントロールするコツも併せて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

体育のサッカーは初心者には難しい!コツやポイントを紹介

体育のサッカーではどんな動きをしたらいいのでしょうか?何をしたらいいのか、どこにいたらいいのかわから...

スキーのパラレルターンのコツとは?ポイントは大回り

スキーのパラレルターンにはどのようなコツがいるのでしょうか?なかなかパラレルターンが上手くできないと...

後輩にイライラッ!部活で生意気な後輩への接し方について

後輩にイライラする! 部活に必ずと言っていいほど存在する『生意気な後輩』 このタイプは自分以...

競泳平泳ぎを速く泳ぐコツ!速く泳ぐために大切なポイントを解説

競泳で平泳ぎをしている人の中には、今よりももっと速く泳げるようになりたいと思う人もいますよね。平泳ぎ...

サッカーの練習着は冬でも動ける準備で寒さも風邪も負けない対策

サッカーの練習着について、冬の寒い日の練習にはどんな服装を準備したらいいのでしょうか?冬の練習は寒さ...

ラケットのグリップ臭いが気になる!卓球グリップの臭い解消方法

卓球をしている人の中には、ラケットのグリップの臭いが気になる人もいるのではないでしょうか。 自...

相撲観戦の服装についてオススメや注意点とより楽しめるアイテム

相撲観戦の服装について、初めて行くならどんな服装を着ていくべきか悩む人も多いでしょう。テレビで中継し...

大相撲の場所の年間開催回数や会場、チケットについて解説

テレビで大相撲の中継を見ていると、実際に目の前で生の相撲を見たいと感じる人も多いでしょう。 そ...

サッカーの練習メニュー【中学校】上達するには基本を見直す

サッカーの練習メニュー。 体力強化の筋トレや、ボールテクニックを上げる練習など、いろいろなアプロー...

バスケ部のマネージャーの仕事とは?マネージャーになりたい

部活動でマネージャーという仕事に興味を持っている女子は多くいると思います。 マネージャーという役割...

ブリッジ【やり方のコツ】意識するポイントや注意点と練習方法

ブリッジのやり方にはコツがあります。一般的に言われるブリッジとは、仰向けになって両手と両足を地面につ...

短距離を速く走るトレーニング方法とは?おすすめ筋トレを紹介

短距離を速く走るにはどんなトレーニング方法が必要なのでしょうか? 意外にも、足のトレーニングだ...

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか? 硬式とは違ってボールを...

カホンの楽器の演奏方法を基本の叩き方から指先使いまで解説

一見椅子のような形をしている楽器「カホン」。その演奏方法も独特で、叩く場所や叩き方によって音色が全く...

バスケのシュートで回転かからないのはなぜ?原因と対処法

バスケのシュート練習をしても、回転かからないボールばかりでシュート率も悪い。 回転が上手くかか...

スポンサーリンク

バレーのトスの種類と基本の構え

バレー経験者であれば、チームの中でいかにセッターが重要なポジションであるかということは、すでにご存知だと思います。アタッカーひとりひとりのクセや特性を理解して、打ちやすいタイミングで最適なトスをあげるのが、セッターの役割です。

セッターには、相手に攻撃をするためには、誰にどんなコースへ打たせるかを瞬時に判断する力が求められます。味方だけでなく相手コート内の動きも意識しながら、常に高度な判断力とともに、正確にトスをあげるテクニックが必要なポジションです。

バレーのトスは、いくつかの種類に分けることができます。

オープントス

どんな場所から攻撃する際にも、アタッカーがしっかりと自分のタイミングでボールを打つことができる高さのあるトスのことを指し、トスの基本となります。

クイックトス、セミクイックトス

クイック攻撃をする際にあげられるトスのことで、アタッカーの打点とほぼ同じ高さにトスをあげます。アタッカーの場所によってトスの長さやスピードが違ってくるため、普段からお互いのタイミングを合わせる練習が不可欠となります。

オーバーハンドトスの基本姿勢は、手の平を三角形にして、おでこの前で構えます。トスをあげる際にはボールをふんわりと包み込んで、手のひらを当てないようにするのがコツです。

バレーの基本のトスのあげ方やトスのコツ

バレーのトスをアタッカーの打ちやすい場所に正確にあげるには、トスの基本を忠実に守るのが鉄則です。

基本のトスのあげ方

  1. 1.ボールの落下点を確認してすばやく移動する
  2. 手のひらをおでこの前におき、膝は軽く曲げておく
  3. ボールに触れたら全身のバネを使ってボールを押し出す

トスを上手にあげるコツは、手首のスナップを使って、ボールの勢いを吸収することです。ボールに触れたら、手首のスナップと肘・膝のバネを利用して、全身で伸び上がるようにトスをあげると、より遠くへ飛ばすことができます。慣れないうちはどうしても腕の力だけでトスをあげてしまいがちですが、大切なのは下半身の軸を安定させることです。全身のバネを使うことで、ラクにトスをあげられるようになります。

バレーのトスのコツはポジショニングも大事。体全体を使って

バレーのコート内では、セッターのポジショニングも非常に重要となってきます。コートの中央から1メートルほどライト寄りの場所が、セッターの基本ポジションです。タッチネットを防ぐためにも、ネットから30センチほど離れて立ちましょう。

レシーバーからのボールは基本的にはセッターの左側からあがってくるので、レフト方向に体を向けて、右足を少し前に出した状態で構えます。ボールがあがってきた際には、腕だけでボールを追うのではなく、必ず体ごと落下点に入りましょう。

セッターとして重要なスキルは、アタッカーの状況に合わせたトスを、正確な場所にタイミング良くあげることです。そのためには、コートの端から端までボールを正確に飛ばせる技術が必要となります。長い距離のトスを正確にあげられるようになるためには、ボールを遠くまで飛ばす練習が欠かせません。
手首のスナップを上手く使いつつ、肘や膝は曲げた状態からピンと伸ばす感覚で、ボールを送り出します。体全体を使ってトスをあげるように意識して練習しましょう。

オープントスのコツと練習方法を紹介

ここからは、オープントスが上手くなるためのコツと練習方法をご紹介します。

直上トス

ひとりでもできるトス練習の基本中の基本が、おでこの真上に1~2メートルのトスをあげるのを繰り返す直上トスです。最初のうちはトスを真上にあげられずに移動してしまうかもしれませんが、慣れてくると同じ地点で延々とトスができるようになります。手首のスナップだけでなく、体全体のバネを使うように心がけましょう。

壁トス

壁と向き合って、トスの強さや長さを調整しながら行うトスです。手首のスナップを使ってボールを送り出す練習にもなります。

バウンドトス

バウンドトスの練習は二人一組で行います。1人が床にボールをバウンドさせて、セッターはすばやく落下点に移動して目標の場所にトスをあげます。この練習をひとりで行うには、高くボールを上に投げて、ワンバウンドしたボールをトスするという練習方法もあります。

バレーボールを上手くコントロールするコツ

ボールを遠くに飛ばすためには、体全体を使ってボールを飛ばす必要性がありますが、ボールをうまくコントロールできない原因のひとつとしては、指の力が足りないという可能性が高いです。誰しも普段からよく使う利き手のほうが、指の力が強いものです。そのため、左右の指からボールにかかる力のバランスに差があることによって、ボールを上手くコントロールできないと考えられます。

指の力をつけるためには、腕立て伏せならぬ指立て伏せがオススメです。最初は誰でも痛くてなかなかできませんが、慣れてくると徐々に指の力がついてきて、回数も増やすことができます。指の力がつくことによって、トスのコントロールが良くなるばかりではなく、突き指もしづらくなるという、オーバーハンドトスが基本のセッターにとって、とても大きなメリットもあります。

アタッカーの打ちやすいトスをあげられるようになるには、とにかく練習あるのみ。チームの命運を握っているのはあなたです。トスが上達するコツを意識しながら、ひたすら練習に励みましょう。

 - スポーツやアートに関する疑問