世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ガーゼハンカチにワンポイント刺繍!接着芯を使う失敗しない方法

2019.3.13

お子様用のハンカチとしてガーゼのハンカチを使うこともありますよね。そんなガーゼのハンカチにかわいい刺繍をしてみませんか?
ワンポイントに入っている刺繍は可愛さもあり、お子様にも自分のハンカチのマークとして覚えてもらえます。

しかし、ガーゼは柔らかい素材なので、刺繍が上手にできないという声も聞きます。
そこで、接着芯を使った刺繍の方法をご紹介します。

小さなワンポイントならばそれほど時間も掛かりません。ちょっとした空き時間に作ってみませんか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

推薦入試の面接ではどんな服装が好ましい?注意が必要なのは靴

推薦入試の面接ではどんな服装を心がけたらいいのでしょうか?制服がある高校であれば、悩む必要はありませ...

高校の体験入学の服装は制服?服装のポイントと必要な持ち物

高校受験を控えている中学生の皆さんは、進学したい高校を決めるためにも高校の体験入学に参加することがあ...

高校のクラス替えでカップルは離れるって本当?クラス替え裏事情

高校生で恋人がいるカップルは、せっかくならクラス替えで同じクラスになりたいと思いますよね。でも、カッ...

赤点は留年?高校のテストで赤点を取った時の留年の基準と対処法

高校のテストで赤点を取ってしまったら「留年してしまうのでは?」と思ってドキドキしますよね。テストで赤...

証明写真の服装で大学の学生証は私服でOK?気をつける事はコレ

大学の証明写真を撮る場合、悩んでしまうのが服装についてではないでしょうか? 私服でもいいの?それと...

部活のグループになかなか入れない。そんなときの対処方法

部活のグループに入りたいけれど入れない。そんなときには、何もしないなんてもったいない! 自分か...

高校生、友達いない。友達を作るのってこんなに大変なことだっけ

高校生になると、色々な地域から生徒が集まるので、新たに友達を作らなければなりません。 入学して...

学校校則はおかしいものもある!校則を守らなくてはならない理由

学校の校則の中にはおかしいと感じるようなものもありますよね。納得がいかないけど校則だから守っていると...

先生が怖いと悩む中学生へのアドバイスと解決へのヒント

先生が怖い・・・と中学校が嫌で悩んでいませんか? 小学校と中学校の先生とでは印象も違いますし、指導...

高校行事を休むのはいけないこと?どうしても休みたい時の対処法

文化祭や体育大会、修学旅行など、高校時代には様々な学校行事がありますが、面倒くさい、サボりたいという...

面接での注意点!高校受験に影響するマナーを全て知っておこう

高校受験の際に面接がありますね。面接の時には色んなマナーがありますので詳しくみていきましょう。 ...

授業中に携帯を見てもばれないようにする方法とは?先生VS生徒

授業中にどうしても携帯を見たい!確認したい!そんなときにばれないようにチェックする方法はあるのでしょ...

証明写真の服装【大学】とは?おすすめなのはこの服装

大学に提出する証明写真を撮るときには、どのような服装にしたらいいのでしょうか? 受験票の写真が...

田舎の学校や都会との違いあるある!田舎に住む心理と現実

田舎の学校には、田舎ならではの都会では得られない魅力もありますよね。 また、田舎の学校や学生に...

好きな人と違うクラス。片思いの彼と作るべき接点とその方法!

好きな人が違うクラスにいる。 片思いの彼にいきなり告白しても、困らせてしまうだけ。 今はとにかく...

スポンサーリンク

ガーゼ刺繍で必要な糸や針の選び方

まず、ガーゼ刺繍で必要な糸や針の選び方についてお伝えしていきます。

糸は刺繍糸を使用します。
そして定番な糸は25番、8番、5番の糸になります。
この番号は大きくなるほど糸が細いものになります。
使いやすい番号の糸を使用して、刺繍するようにしましょう。
また同じ番号の糸でも色合いが微妙に異なっていたりしますので、じっくりと選んでお気に入りの糸を選んでみてくださいね。

そして、針は刺繍針を使用しましょう。
普通の裁縫針を持っている人は多いと思うのですが、刺繍針は通常の針よりも短く針先が尖っているのが特徴です。
そのため、刺繍針を使ってみると繊細で仕上がりのキレイな刺繍をすることが出来ます。
ガーゼにも刺しやすいので、ガーゼに引っかかってしまったり針が通りづらいといったことを防いでくれるので、刺繍をキレイに仕上げることが出来ます。
刺繍は、糸を2~3本取って縫っていきますが、針の号数によって何本糸を通すことが出来るかが変わってきます。
3、4番では5~6本以上、5,6番では4~3本、7~10番では1~2本とされているので注意しましょう。

薄くて縫いにくいガーゼの刺繍には接着芯を使う

柔らかい素材のガーゼや、薄い布や目が粗い布などに刺繍をするときは、そのまま何の対策もしないで刺繍をしてしまうとキレイに仕上げることが難しいです。

接着芯を布の裏に張ってから、刺繍をする方法がおすすめです。

接着芯は手芸店や大型の百貨店であれば購入することができます。
また、接着芯には「両面の接着芯」と「片面の接着芯」というものがあります。
接着剤が両面についているか、片面についているかの違いになります。
家庭での刺繍に使う場合には片面の接着芯で大丈夫ですので、買うときには注意して確認してみてくださいね。
それでは片面の接着芯の使い方について説明をしていきます。
接着芯にはアイロンで貼るタイプやシールで貼るタイプがあります。

アイロンを使って貼るタイプの接着芯の使い方について説明をしていきます。

  1. 布のシワをとるために、まずは布にアイロンをかけましょう。
  2. 次に、接着芯を必要な大きさにカットをします。
  3. 接着芯のキラキラとした面が接着剤がついている面になります。
    その接着面がついている面を上にして、その接着芯の上に刺繍したい部分のガーゼを載せます。
  4. そして更にその上に当て布を重ね、中温のアイロンをスチームなしでかけていきます。
    コツとしては、アイロンは押さえる様にして力を入れてかけます。
  5. アイロンの熱が冷めるまで触らないようにしてください。
  6. しっかりと接着芯が着いたら準備完了です。
    さっそく刺繍をしていきましょう。

ガーゼハンカチに刺繍をする方法

それではガーゼハンカチに刺繍をしていきます。
まずはチャコペンシルなどを使って、刺繍したい部分に直接下絵を描きましょう。

あまり濃く描いてしまうと色が残ってしまうので、薄く見える程度に描きましょう。
針に刺繍糸を通したら端を玉結びします。
刺繍の縫い方は色々ありますが、刺繍初心者は刺繍の基本であるバックステッチで刺繍をしていきましょう。
下絵に合わせて糸の色も変えます。
そして、刺繍が出来たら裏面にもってきた糸をこれまで縫った刺繍の裏糸に数回くぐらせて、刺繍糸に絡ませてから切ります。
刺繍をキレイに仕上げるコツとしては、強く引っ張ってしまうと途中で刺繍が引きつってしまうので、柔らかく糸を引くようなイメージで縫っていきます。
また、1本取りの糸だと細すぎてガーゼの目を通って抜けてしまうこともあるので、糸の太さにもよりますが3本取り以上で刺繍することをおすすめします。

ガーゼの裏の接着芯の処理方

刺繍が出来上がったら、ガーゼの裏の接着芯をキレイに処理していきましょう。
接着芯は刺繍ぎりぎりに切っていきます。
接着芯が見えなくなるくらい切れるといいですが、無理してぎりぎりに切ろうとしていくとガーゼや刺繍を傷つけてしまう場合もあります。
接着芯が切り辛い部分などは多少接着芯が残ってしまっても大丈夫です。
出来るだけ、切れるところの接着芯を切るようにしましょう。

ガーゼハンカチにかわいいサテンステッチのハートの刺繍をする方法

バックステッチで刺繍が出来るようになったら、ガーゼハンカチにサテンステッチのハートを刺繍してみましょう。
サテンステッチとは塗り絵のように面を埋めていく縫い方になります。
サテンステッチで刺繍をするとぷっくりと可愛いハートを刺繍することが出来ます。
最初は難しいかもしれませんが、覚えてしまえば簡単に出来るようになるので練習してみましょう。

サテンステッチでの刺繍方法について説明をしていきます。

  1. まずはチャコペンシルなどでハートの下絵を描きます。
  2. サテンステッチのやり方は、面接の広い部分から刺していくのがコツになります。
  3. そのため左右対称のハートを刺繍をする場合は、中心部からステッチしていきます。
  4. 刺し始めの糸の始末は基本の方法でやっていきますが、玉結びや他の方法でも構いません。
  5. 余分な糸をカットしたらハート中央部の下部分(ハートの尖った部分)から針を出し、中央部の上部分(ハートのくぼんだ部分)に針を刺して糸を通していきます。
  6. これを左に向かってハート型に沿って繰り返していきます。
  7. 残り半分も同様に刺繍していきましょう。
    これでハートのサテンステッチの完成になります。

どんどん自分の思い描いた刺繍が出来るようになると楽しくなっていきます。
最初は難しいかもしれませんが、練習してみましょう。

 - 学校生活に関する疑問