世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

高校で化粧がばれないナチュラルメイクのコツとスキンケア方法

2018.11.6

高校でも可愛く化粧をしたいけど、ばれないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

では、高校でばれないのはナチュラルな化粧のやり方とは?

また、高校にばれない化粧をする前に大切なスキンケアってどうしたらいいのでしょうか?

そこで、高校で化粧がばれないナチュラルメイクのコツとスキンケア方法などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高3の夏休みは遊ぶことも忘れないで!勉強の他に大事な事とは

高3の夏休みは遊ぶ?それともガッチリ勉強する? 受験生なので遊んでいる時間は無い!と言われそう...

高校卒業後は就職より進学するべきか選択を考えるポイントとは

高校卒業後は就職するより大学に進学するという人が最近では多いかもしれませんね。 では、高校卒業...

面接でオープンキャンパスについての感想を求められた時の答え方

面接で「オープンキャンパスで印象に残ったことは?」と感想を求められることがあります。 受験への...

授業中に携帯を見てもばれないようにする方法とは?先生VS生徒

授業中にどうしても携帯を見たい!確認したい!そんなときにばれないようにチェックする方法はあるのでしょ...

アイプチがバレない方法で学校でも可愛く二重を楽しもう

アイプチがバレない方法のコツを掴めば学校でも気にせず二重を楽しむことができますよね。 そのため...

高校の先生が嫌いな場合はどうしたらいい?学校での過ごし方

高校の先生がとにかく嫌い・・・。こんなときにはどうしたらいいのでしょうか? 長いようで短い高校...

ポスターの書き方【高学年】とは?描き方のコツやポイント

高学年はポスターを描くときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 低学年の頃は好き...

先生が怖いと悩む中学生へのアドバイスと解決へのヒント

先生が怖い・・・と中学校が嫌で悩んでいませんか? 小学校と中学校の先生とでは印象も違いますし、指導...

友達の作り方のポイントは色々。中学で気の合う友達を作るコツ

中学に入学するのは期待と不安の両方があるでしょう。 勉強も大事ですが、友達が出来るかどうかも気にな...

保育園に適した服装とは?0歳児は発達に合わせた服装で

最近は働くママも増えてきて、子どもが0歳児のうちから仕事に復帰する方も多いですよね。 そこで気にな...

高校のテストで赤点を取ったら即留年?赤点の基準と留年の基準

高校のテストで赤点を取ってしまったら、留年するのではないかとドキドキしながら過ごすこともありますよね...

大学に行かないと後悔する?後悔しない進路選びと考え方

高校2年頃から徐々に卒業後の進路について考えいきますが、大学に行った方がいいのかどうしようかと悩むこ...

高3の夏休みは遊びか勉強一筋かみんなの疑問、答えは自分の中に

高3の夏休みは勉強一筋なのか?それとも遊びも必要なのか? そんな疑問を抱いている受験生も多いは...

高校に行きたくない気持ちを親に理解してもらえない時には

高校に行きたくないと思う気持ちを、親はわかってはくれません。 たとえ、わかっていたとしても『学校に...

高校のお弁当作りは大変簡単にお弁当を作る方法や時短テクニック

高校生のお弁当は量も多くて毎日作るのが大変ですよね。おかずを毎日変えるのも一苦労です。 だから...

スポンサーリンク

高校でばれない化粧ってどうするの?

素肌がキレイでも、日中の紫外線対策にはやっぱりベースメイクはした方がいいよね。

でも、高校生ならメイク禁止の校則がほとんど。

そんな時は、絶対にバレないベースメイクをしていけば問題ない!?

結局は、すっぴんなのかベースメイクをしているのかわからないくらいの高いレベルでの仕上がりであれば先生に何も言われずに済むかもしれません!
ですが、あくまでも自己責任で。
先生に指摘されたら素直に謝って、メイクを落とす覚悟が必要ですよ。

まずは、BBクリームなどを濡らしたスポンジで叩き込んでみてください。
念入りに肌に叩き込んだあと、更にハンドプレスして肌に馴染ませます。

気になるニキビ跡には、コンシーラーを使って。

限りなく素肌に近いベースメークを作るには、自分の肌の色に合ったBBクリームやCCクリームを選ぶことも大切です。
色白に見せたくても、通学用のベースメイクですから、限りなく肌の色に近い色を選んでくださいね。

高校でばれないのはナチュラルな化粧

メイクしているとわからないように、でも整えたいと思うのは『眉』ですよね。

高校でバレないように眉を整えたいのなら、やっぱりパウダータイプのアイブロウだと思います。

アイブロウペンシルは、整いすぎてしまいます。

だから、パウダータイプのアイブロウで眉の途切れているとことを目立たなくさせたり、眉の濃さを調整するようにしましょう。
間違ってもしっかりと書き込んではいけませんよ。

学校では、美容成分のはいっているクリアマスカラを使いましょう。
まつげは濃くならないけど、まつげのカールをしっかりとキープしてくれるし、学校にいる間はまつ毛をケアする時間にしちゃいましょう。

どうしても、目元を強調させたいなら、まつ毛とまつ毛の間を埋めるくらいならバレにくいと思います。

バッチリラインを引くと、絶対にバレちゃうけど、まつ毛とまつ毛の間を極細アイライナーで埋めるくらいならバレにくいです。

ばれない化粧のはずが高校でばれてしまったときは?

どんなに、細心の注意を払って、バレないメイクをしていても、メイクをしていることにはかわりはありません。

先生だって、わかっています。

だから、先生にメイクのことを注意されたら、絶対に反抗しないで素直に謝りましょう。

素直に謝ることができないなら、学校にメイクはしていかないこと。

メイクって、気をつけていてもどんどんエスカレートしていってしまうものです。
それに、周りの女子全員がナチュラルメイクをしているなら、わかりにくさも増すけど、全くメイクをしていない子と並ぶと、どんなにナチュラルでもメイクをしているってわかるものです。

自分では「このくらい」なんて思うかもしれないけど、そもそもメイクをしていくことを禁止されているのですからこのくらいもどのくらいもダメなんですよ。

高校にばれない化粧をする前に大切なこと

どんなに高度なテクニックでベースメイクを仕上げても、素肌が汚ければアラが見えてしまうもの。

高校には基本的にメイクはしていけないのだから、素肌を美しくする努力をしましょう。
素肌で勝負できる10代のうちにノーメイクで勝負するのも大事なことですよ。

10代の肌は不安定です。不安定な肌を安定的に保つには、日頃のスキンケアが大事。

どんなにナチュラルメイクでもメイクはメイク。自分の肌にあった化粧落としでメイクオフしましょう。

その後は、丁寧に化粧水で肌をプレスします。
高価な美容液を使うよりも、化粧水を2度づけする方が10代の肌には大事なことです。

最後に肌にたっぷりと染み込んだ化粧水に蓋をするために乳液を肌にのせましょう。

化粧水も乳液も、肌に負担を掛けないようにすることが大切です。
肌が動くと肌に負担がかかる圧力なんです。肌に『のせる』ように意識してみましょう。

簡単にできるナチュラルメイクで楽しい学校生活を!

チークとリップで顔にメリハリをつけることができます。

どうしても、くっきりはっきりとするのがメイクだと考えてしまいますが、そんなことはありません!

血色を良くして、艶を出すこともメイクには大切なことです。

素顔がぼやけて見えるのは血色が悪いから。
全くメイクをしなくても、丁寧にスキンケアされた唇にほんのりピンク色のリップスティックをひいてあるだけで、顔の印象がかなり違って見えます。

また、無色のUVケアをした肌に無色のフェイスパウダーで整えた肌にほんのりチークをのせてみてください。

これだけで顔に立体感が生まれ、ぼやけた印象ではなくなるはずです。

若くて肌が綺麗とはいえ、むき出しのままでは外出できないのが乙女心ですよね。

スキンケアをしながら、10代だからそ楽しめるメイクを楽しみましょう!

夜、思いっきり濃いメイクをしてみるのも楽しいですよ。
バブリーなメイクをして、写真を写してみてください。

その後に、メイクオフした顔も写真に写してみましょう。

何をどう、化粧するのかがわかり、勉強になりますよ。友達と一緒にやってみると盛り上がるかもしれませんよ。

 - 学校生活に関する疑問