世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

推薦入試の面接で失敗せずに合格するためのコツやポイント

2018.10.29

推薦入試の面接で失敗しないためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

では、推薦入試の面接でありがちな失敗とは?面接での失敗言動とはどんなこと?

また、推薦入試の面接で勝ち抜くためにはどうしたらいいのでしょう?そのポイントとは?

そこで、推薦入試の面接で失敗せずに合格するためのコツやポイントなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学の入学手続きは親同伴が普通?親の行動について

大学の入学手続きでこれまでは親任せだった諸々の手続きを始めて子供が自分でやるという家庭も多いでしょう...

赤点は留年?高校のテストで赤点を取った時の留年の基準と対処法

高校のテストで赤点を取ってしまったら「留年してしまうのでは?」と思ってドキドキしますよね。テストで赤...

高校に行きたくない気持ちを親に理解してもらえない時には

高校に行きたくないと思う気持ちを、親はわかってはくれません。 たとえ、わかっていたとしても『学校に...

高校でメイクをしてもバレない方法とメイクポイント!

高校になるとメイクをし始める子がほとんど。 ただ、校則でメイクが禁止されているところも多いため、メ...

授業中にスマホをいじってもばれない方法とは?徹底解説!

退屈な授業中はスマホをいじって時間を潰したくなりますよね。 先生に見つかったら怒られることはわ...

友達ができない…。高校生になってからの友達の作り方とは?

友達ができない? 中学校の頃はたくさん友達がいたのに、高校に進学して、気づくと自分がぼっち状態...

ガーゼハンカチにワンポイント刺繍!接着芯を使う失敗しない方法

お子様用のハンカチとしてガーゼのハンカチを使うこともありますよね。そんなガーゼのハンカチにかわいい刺...

勉強にやる気でない…眠い…そんな時にやる気を出す方法!

勉強をしなくちゃいけないと思えば思うほど、やる気でないなんてこともありますよね。 勉強に取り組...

部活のグループになかなか入れない。そんなときの対処方法

部活のグループに入りたいけれど入れない。そんなときには、何もしないなんてもったいない! 自分か...

授業中に居眠りする女子が急増する実態とは。その対処法を紹介

授業中に居眠りしたことはありますか? 中学から高校にあがるとその数は二倍近くまで増えてしまって...

卒アルの写真は可愛く写りたい!盛れないからこそ努力が必要!

卒アルの写真には可愛く写りたい! そう、絶対に可愛く写らなくてはいけません。 写真撮影の...

PTA退会者への対応トラブルが多い現状とその問題点とは

PTAが強制ではなく任意加入だということが知れ渡ってから、実際に退会を申し出る家庭も増えており、その...

大学に行かないと後悔する?後悔しない進路選びと考え方

高校2年頃から徐々に卒業後の進路について考えいきますが、大学に行った方がいいのかどうしようかと悩むこ...

学校のぼっちイケメンが女子から絶大な人気がある理由

学校のぼっちと聞くと、モテない寂しいイメージを思い浮かべますが、イケメンはやっぱり別次元! イケメ...

クラス替えでぼっち中学生にらないための対処法!あるあるネタも

中学校のクラス替えでぼっちにならないか不安を抱えている人もいますよね。仲のいい友達と離れ離れになって...

スポンサーリンク

推薦入試の面接でありがちな失敗は言葉遣い?

高校生ともなると、推薦入試を意識する生徒もいると思います。推薦入試では面接がありますが、失敗しない為にはどんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

「言葉遣い」

推薦入試で落とされるポイントとなるのは、面接での言葉使いにあるようです。話す相手は年上の面接官です。その相手に向かって、友達と話すような言葉使いで話しては、良い印象を与えることはできませんよね。

正しい敬語を使って、丁寧に話す必要があります。でも、本番でいきなり完璧な敬語をつかって丁寧に話すことを心がけても、合格に結びつけるのは困難だと思います。

その為、推薦入試の面接に向けて、ある程度の期間、実践的な練習をする必要があります。
学校の先生が面接官になってくれて、練習することもできますし、敬語の使い方も、本などで前もって学んでいけば、本番でも言葉使いで失敗することなく、推薦入試も突破できるのではないでしょうか。

推薦入試の面接での失敗言動とはどんなこと?

先ほどは、推薦入試の面接で失敗しがちなのは、「言葉使い」にあり、面接を受ける前に実践的な練習が必要なことをみてきましたよね。

次に、具体的にどんな言葉使いをしたら、推薦入試の面接で失敗に繋がるのか、例をみていきたいと思います。

「言動」

  • 声に元気がない
  • 姿勢が悪い
  • 面接官と目を合わせていない
  • 服装や髪型に落ち着きがない
  • 言葉使いや態度が不適切
  • 人や学校を批判しすぎ
  • 面接で、質問に対して答えが返ってこない
  • 話が長すぎる

「人柄」

いくら成績がよくても、「自分はできるんだぞ」ってプライドが面接で見える人は、面接官にも嫌われます。

面接の前に、自分の長所と短所を確認して、反省する時間を持つことも大切になります。人柄も面接官がチェックする重要な点になります。

推薦入試の面接では失敗を恐れない!コミュニケーションが重要

先ほどは、推薦入試の面接に失敗に繋がりやすい言動や人柄の具体例を一緒にみてきました。

面接ともなると、面接官とのコミュニケーションが大切になってきます。その為、面接官との間で、会話の受け答えができないと、問題になると思います。

わからない質問であれば、素直に「わかりません」と答えましょう。何も答えないと、面接官との会話が成り立ちませんから。

逆に言えば、前もって推薦入試の面接の練習をしておけば、問題なく合格すると思います。丁寧な言葉使いであったり、良い成績、また服装や髪型も面接に適切な格好であれば、高校側もあなたを落とす要因を見つけることはできないと思います。

本番で緊張するっと感じる方ですが、前もって練習を積み重ね、イメージトレーニングなども取り入れれば、推薦入試の面接で落とされることはないのではないでしょうか。

面接で失敗したのに合格していることもある

先ほどは、推薦入試の面接で必要なのは、面接官との会話での良いコミュニケーションであること、その為、事前から面接の練習をする重要性について触れてきました。

ただ、自分で「この面接失敗したな」って感じても、合格していることもあります。

自分でそれなりに面接の準備をしてきたし、練習もしてきた。それにも関わらず、本番で「失敗したな」って感じることもありますよね。

でも、結果合格していた。理由として考えられるのは、自分が「失敗した」と感じたとしても、面接官は冷静に状況を把握していて、冷たい態度をとることによって、生徒の反応をみていることもあります。結果、あなたは合格しているというケースです。また、面接だけではなく、総合的に判断して、合格というケースもあると思います。

ただ、面接官が、あなたに本当に関心がなくなっていることもあります。その原因として考えられるのは、「話が長すぎる」です。

面接では、長すぎずに、要点を話した方が聞いている側も楽なのではないでしょうか。

推薦入試の面接で勝ち抜くためのポイント

上記では、推薦入試の面接で、自分で失敗したと思っていても、合格しているケースもあることについて触れてきました。

最後に、推薦入試の面接で勝ち抜くためのポイントをみていきたいと思います。

面接ですが、質問される事項には、一貫性があると思います。
その為、お勧めなのは、「質問リスト」を作っておくことだと思います。

どんな質問がされやすいのか、それを予測して、どう答えるべきなのか、答えを考えておき、リストにしておくのです。

また、色んな人に面接官になってもらい、練習しておくことも大切なポイントになってくると思います。練習を積み重ねることによって、どう答えたらよいのか、工夫することができると思います。

予期せぬ質問が来る可能性もあります。際どい質問がくることもありますから、どんな質問がきたとしても、堂々と答えられる訓練をしておくと良いと思います。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 学校生活に関する疑問