世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

陸上スパイクの中距離の選び方や自分に合うスパイクの見つけ方

2019.3.27

陸上の中距離用のスパイクを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

上履きのように、少し大きめのものを買っておけばいいわけではないスパイク。慣れるまでのことを考えて、早めに用意する必要がありますよね。

そんな陸上中距離用のスパイクを選ぶときのコツやポイントを紹介します。記録にも繋がる大切なものなので、迷ったときには先生や先輩、お店の人に相談しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

水泳の平泳ぎ練習方法・平泳ぎが上達するにはキックの練習が大事

水泳の平泳ぎが上達したいという人は、どうやって練習すれば上達するのか、練習方法が知りたいという人もい...

バスケの選抜になりたい!練習するときはココがポイント

バスケの選抜に選ばれるための練習とは?選ばれた人と自分にはどのくらいの差があるのか気になりますよね。...

【社交ダンス上達のコツ】タンゴに挑戦する初心者が覚えること

社交ダンスのスタンダード種目の一つであるタンゴ。初心者でこれから始める人にとっては、どうやってステッ...

彫刻刀の彫り方。コツや刃の種類についてご紹介します

彫刻刀の彫り方にコツはありますか? 刻刀は主に4種類あります。 切り出し刀・丸刀・三角刀・平...

バスケの練習を家でする方法は?ボールなしでもできる練習法

当たり前のことですが、バスケの練習はすればするほど上達します。 でも、ボールはないし、広い庭が...

合唱のピアノ伴奏をするコツとは?上手く弾くために必要なこと

中学校で行われる合唱コンクールでピアノ伴奏に選ばれ、さあ!練習しなきゃ!と思っても、いつも通りの練習...

ダンスが下手な理由とは?ダンスの見栄えをよくする方法もご紹介

中学校の必須科目となっているダンス。 習い事でダンスを習っている子にとっては楽しい授業でも、ダンス...

ダブルスの試合で勝ちたいテニス女子のためのコツと練習方法

女子テニス部に入ってダブルスの試合に出ることになると、どうすれば勝てるのか、またそのためにはどんな練...

部活女子には色々なあるあるネタが存在。共感出来るネタまとめ

何か部活はやっていますか? 運動部からは女子テニス部・女子バスケ部・弓道部・水泳部・陸上部の「ある...

サーフィンのテイクオフを早くするには!コツも紹介します!

サーフィンのテイクオフを早くするにはどうしたらいいのでしょうか? サーフィンを始めて1番最初の難関...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

【バレエ】男性はメイクで彫りの深さを!男性メイクの手順

バレエの発表会では男性もメイクをします。遠目に見てもくっきりと立体的な彫りの深い顔立ちをメイクで演出...

夏休みの部活がきつい、しんどいときはこうして乗り切ろう

夏休みの部活がきついから行きたくない。こう暑かったら誰でも一度はそう思うのではないでしょうか? ...

スマッシュ【バドミントン】の打ち方とは?コツやポイント

バドミントンのスマッシュはどんな打ち方をしたら速く打てるようになるのでしょうか? スマッシュを...

小学校の運動会のリレー選手に選ばれる子どもとは?速く走る方法

小学校の運動会でリレー代表に選ばれるのはどんな子どもなのでしょうか?また、速く走るにはどんな練習をし...

スポンサーリンク

陸上の中距離用スパイクを買うときにはまず試し履き

陸上のスパイクを試し履きして確認すること

陸上競技において、スパイクは自身の能力を最大限に引き出してくれる重要なアイテムです。

スパイクを選ぶ時には、短距離や長距離など競技の種類によってもスパイクを変える必要があります。

スパイクの特性によって、向いている競技もあれば、不向きな競技もあるからです。

特に、秒単位の精密な記録更新を目的とする陸上競技によっては、自分に合うスパイクはもちろん、種目によっても適切なスパイクを選ぶことが大切なのです。

スパイクを選ぶ時は、普通の靴を選ぶ時と同じように、試し履きをすることは必須です。
スパイクは、大きすぎても小さすぎても駄目です。

横幅もピッタリフィットして、足のつま先の指を動かせるくらいがベスト。

スパイクは、靴裏に付いているピンで地面をしっかり捉え、足の力を推進する力に変えます。

特に、スタートダッシュの時には、足の先で地面を蹴り進むため、スパイクを選ぶ時には、ピンが足の指の付け根あたりにしっかり来ているかを確認することもポイントです。

陸上用の中距離スパイクは日本製がいい?足の形に合わせましょう

自分の足の形の特徴を知り、合うスパイクを見つける

各国によって、体型には様々な特徴がありますよね。

体型が違うということは、もちろん足の形まで違うということです。

日本のスポーツメーカーであるMIZUNO(ミズノ)やASICS(アシックス)などは、日本人の体型に合わせた商品をおもに開発しています。

日本人に多い、親指が長く幅広で甲高な「エジプト型」という足の形にも合うように作られたシューズが多いので、このような足の形の人は日本製のスパイクがぴったり合うということがあります。

でも、日本人だからといってみんながみんな同じ足の形ではないので、中には足幅が狭い人もいるでしょう。

大切なことは、それぞれの足の形にフィットしたスパイクを選ぶことです。

店頭で試し履きをしてみて、フィットするようなスパイクが見つからないようなら、店員さんに合うスパイクを相談して、自分に合うスパイクを見つけましょう。

毎日、たくさんの靴と向き合っている靴屋の店員さんなら、たくさんの経験や知識の中から、ピッタリのスパイクを見つけてくれそうですね。

陸上で中距離はどこで練習をする?トラックに合わせてスパイクを選ぶ方法

地面が土かオールウェザーで使うシューズを変える

短~中距離の陸上競技では、スタートダッシュが肝心です。

スタートダッシュの瞬間に、全身の力とスパイクの力を使うため、スパイクがブカブカだと体の軸が定まらず、逆にキツすぎても動きを妨げてしまいます。

普段履くシューズは多少余裕がある方が動きやすいですが、陸上競技で使用するスパイクはピッタリのサイズを選ぶようにしましょう。

そして、スパイクに付いているピンは、地面を捉える重要な働きをします。

ピンは、付け替えることが可能な物が一般的で、そのピンにも土用のピンとオールウェザー用のピンの2種類があります。

陸上競技の試合ではオールウェザーが一般的で、ピンはオールウェザーの上でその力を発揮します。

練習するグラウンドがオールウェザーであれば、スパイクを使った練習が効果的ですが、土の上とオールウェザーではスパイクの感覚はかなり違いがあります。

そのため、普段の練習が土のグラウンドであれば、スパイクよりランニングシューズを使った練習がおすすめです。

陸上のスパイクの正しい合わせ方

スパイクを正しい姿勢で正しく履く

陸上競技用のスパイクは、走ることを目的としたシューズです。

そのため、自分の足に合ったスパイクを選ぶことが大切ですが、本当に足に合っているのか試し履きの状態では分からないということもあるでしょう。

スパイクを試し履きする時には、ただズボッと履くのではなく、実際に走る時のように、スパイクの紐やベルトをしっかりしめて、かかとに合わせた状態で履くことがポイントです。

できれば、地面に座った状態で膝を曲げ足は地面から45度の位置まで起こた状態で自分のつま先を見た時に、膝からつま先の中心までがまっすぐになっているかを確認しましょう。
この時、つま先がどちらかに曲がっているということは、膝が内側に入っているか、外側に開いているかということが考えられます。

正しい姿勢でスパイクを履いてみることも自分に合うスパイクを見つけるポイントです

陸上のスパイクを履くときの注意点

走る時にだけスパイクを装着することを意識する

普通に歩くのとは違い、陸上競技のスパイクには大きな力がスパイク全体にかかるため、使用頻度にもよりますが、スパイクの寿命は2年くらいと言われています。

スパイクを2年も履いていると、プレートが劣化してしまい本来の力を発揮出来なくなってしまいます。

プレートは、靴底に埋め込まれている部品で、これが走る時にバネの役割をするため、早く走ることが出来るのです。

走るという目的に特化したスパイクは、走る時以外はこまめに脱ぐようにすることも大切です。

固いアスファルトの上をスパイクで歩くと、大切なピンが削れてしまいます。

あくまで、”走る”時に装着して走り終わったらすぐ脱ぐようにして大切に使うことも、スパイクの寿命を長くする秘訣です。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問