世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バク転の練習!自宅での練習方法と注意点・恐怖心を取り除く方法

2018.10.25

バク転ができるようになりたいと思っている人もいますよね。自宅でできる練習方法が知りたいという人もいるでしょう。

自宅でバク転を練習する時は一体どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。バク転ができるようになる練習方法と注意点をチェックして、バク転に挑戦してみましょう。

そこで今回は、自宅でできるバク転の練習方法と注意点・恐怖心を取り除く方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スキーリフトの乗り方・降り方のコツとポイントを紹介します

初めてスキーのリフトに乗るときはとても緊張してしまいますよね。スキーリフトの乗り方や降り方にはどのよ...

【社交ダンス上達のコツ】タンゴに挑戦する初心者が覚えること

社交ダンスのスタンダード種目の一つであるタンゴ。初心者でこれから始める人にとっては、どうやってステッ...

カホンの楽器の演奏方法を基本の叩き方から指先使いまで解説

一見椅子のような形をしている楽器「カホン」。その演奏方法も独特で、叩く場所や叩き方によって音色が全く...

足の遅い女子の悩み。早い子との違いや早く走る為に出来る事

足が遅いので体育や運動会が苦手という女子も実は案外多いのです。 特にイヤなのが、体育の授業の5...

テニスの練習メニューについて。部活練習で試合を意識するコツ

テニスの部活の練習メニューは、いつも同じ様な流れで行うことが多いと思います。 しかし、いつも同じ様...

三点倒立のコツとは?子供に教えるときにはココがポイント

子供に三点倒立のコツを教えるときにはどんなことに気をつけてあげるといいのでしょうか。 逆立ちの...

ポスターの書き方【低学年】ポスターを描くときのポイント

低学年だからポスターは好きにかかせてあげたほうがいいのでしょうか?低学年でもきちんとポスターの書き方...

バスケ合宿の持ち物、定番以外であると便利な持ち物をご紹介

バスケ部で毎年夏に合宿を行うところもあると思います。泊まりなので、どんな持ち物が必要なのかと悩んでし...

バレー部のマネージャーの仕事の内容とキッカケややりがいとは

バレーが好きなので、バレー部のマネージャーになりたいけれどどんな仕事をするのか不安に感じてませんか?...

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか? 硬式とは違ってボールを...

サッカー初心者でも試合で活躍出来る!その方法とは・・・

サッカーを始めたばかりの初心者というのは、なかなか試合でも活躍出来ませんよね。 ボールに触るこ...

水泳をすると肩幅が広くなる?女性が気になることについて

水泳をしている人は、肩幅が広くなるということを聞いたことないでしょうか?これから水泳を始めようと考え...

卓球の練習方法!上達のための一人でもできる自宅練習メニュー

中学生になり、部活で卓球を始めたという方も多いですよね。 早く上達するために、自宅でも一人で練習を...

ダンスを簡単に子どもに教えて上達させるコツと楽しむメリット

ダンスを簡単に子どもに教えるには、子ども達がどうすればダンスに興味を持ってくれるかを考えなければなり...

彫刻刀の彫り方。コツや刃の種類についてご紹介します

彫刻刀の彫り方にコツはありますか? 刻刀は主に4種類あります。 切り出し刀・丸刀・三角刀・平...

スポンサーリンク

自宅でバク転の練習をする前に・まずは準備運動を

バク転が出来たら格好良いですよね。好きなアイドルグループがバク転していたから、体育の時間に目立ちたいから、ダンスでバク転をしたいから、女子にモテたいからなど、バク転に挑戦したい理由は様々だと思います。

バク転の練習をしたいけれどやり方がわからない、もしくは、自宅のような狭い空間ではバク転など練習出来ないと、諦めてはいませんか。実は、バク転は自宅でも練習出来るのです。諦めることはありません。

しかし、バク転の練習を始める前に、出来ていなければならないことがあります。それは、壁倒立とブリッジの二つです。まずは、この二つを出来るようにしましょう。

壁を使った倒立の練習です。倒立することで、逆さになる感覚を覚えることができます。背中を壁につけるのではなく、お腹がわを壁につけて逆立ちする練習をしてみましょう。床に手のひらを付けて、足で壁を登って行き、徐々に手を壁側に寄せて行きましょう。目線は手と手の間です。肘をしっかりと伸ばしてください。全身に力を入れてしっかりと立てるようになりましょう。

次にブリッジです。床に仰向けになって、両手を両足を地面につけて腰を天井に向けて持ち上げてみましょう。アーチ状に背中が反ると思います。これがブリッジです。

これの二つが完璧に出来るようになったら、バク転の練習に取り組むことが可能です。
まずは準備運動です。

手首を回転させて、手首全体をほぐしましょう。床に手の甲を付けて、肘をぴんと張りましょう。そして体重をかけて手首を伸ばしましょう。

腰と肩の柔軟も大切です。四つん這いの姿勢から、腕を前に伸ばし、腰を後ろに引きます。もとに戻して、次に肘を張って腰を前に倒しましょう。数回繰り返します。ブリッジの体勢になり、体を前後に揺らしてください。

これらの準備運動が終わったら、早速バク転の練習開始です。しかし、バク転の練習は一人では出来ません。必ず補助者を付けて行いましょう。

自宅でできるバク転の練習方法

これから紹介するバク転の練習は自宅でも行うことが可能です。まずは、イメージトレーニングです。ゆっくりとイメージを掴んだら、次に補助を付けて練習してみましょう。

最初に、両手を前に伸ばします。次に両腕を後ろへ引いて、体の重心を踵へ持って行きます。それと同時に膝を軽く曲げましょう。これが跳ぶための準備です。

はじめのうちは、後ろに跳ぶというより、斜め45度の方向に飛びましょう。

飛んだら、逆立ちの姿勢になると思います。この時、しっかりと地面を見てください。手が地面についたら、すぐに押し離します。最後に、しっかりと体を起こして着地しましょう。

バク転は恐怖心からは行なえません。怖いという気持ちから、ためらったりしていると、怪我をする原因にもなります。また、着地の時に、膝が前に出てしまうと、しっかりと体を起こすことが出来ず潰れてしまいます。よって、自信をもって思いっきり跳ぶということが大切です。

自信があると言えども、必ず補助は付けてください。補助がいない時に練習しては行けません。

自宅でのバク転練習・一人で練習するときの注意点

万が一、慣れてきて、バク転がそこそこ出来るようになったとしても、注意点があります。

自宅でバク転を一人で練習するときは、ケガ予防のために、しっかりとサポーターをすることが必要です。補助を付けていたときとは違い、バク転をした時にくる手首の衝撃は、かなりのものです。跳んで逆さまになる上に、全体重が勢い良く手首にのしかかってきます。肘や手でしっかりと体を支えられなければ、一歩間違えれば大怪我に繋がります。ですから怪我防止のためにも、腹筋や肩などの筋力を鍛えておくことも大切です。

いきなり難しい事にチャレンジしては行けません。基礎をしっかりと練習してから、バク転にチャレンジして行きましょう。

集中力を高め、恐怖心を捨てて跳び込んでください。しかし、必ず補助を付けてください。

バク転への恐怖心を取り除く方法

バク転を練習する際、恐怖心を取り除くことはとても重要です。バク転は恐怖心があっては出来ません。ですから、自宅では恐怖心を取り除くための練習を中心に行うと良いでしょう。

大きめのバランスボールを使用し、バク転の後ろに跳ぶ動きに慣れましょう。後ろに跳ぶという動きは、見えないせいもあって非常に怖いものです。ですから、バランスボールが後ろにあるというだけで、安心して後ろに跳びやすくなります。バランスボールを背中の後ろに置き、もたれかかったままブリッジをするという動作を練習しましょう。

ブリッジをしてバランスボールの上にのり、後ろに頭から行きます。頭が付く前にしっかりと手を床につけます。手に体重をかけ、足を上げて後ろに着地しましょう。バランスボールを使ってバク転をするようなイメージです。

バランスボールは不安定な動きをするため、なれるまでは補助をつけると良いでしょう。また、怪我をしないように、マットなどをおいて練習しましょう。

安全にバク転の練習をするために

バク転をするためには、勢いや恐怖心を克服することもそうですが、柔軟性も必要になります。ですから、自宅で安全にバク転の練習をする際は、ある程度、柔軟性を高められる運動を取り入れると良いでしょう。

特別体が柔らかいわけでは無いから、バク転は無理だと思っている人もいるかもしれませんが、バク転にはそこまでの柔軟性は求められません。人よりすこし柔らかいか、同程度で良いのです。

体がバキバキに硬いのに、勢いだけではバク転は出来ません。ケガ防止のためにも、柔軟運動はしっかりと行いましょう。

バク転の練習する際、安全性を確保することが必要になります。しかし、学校で使うようなマットを自宅に所有している人は殆どいないはずです。自宅で練習するのであれば、是非布団を利用してください。できる限り、沢山の布団を床に敷き詰めましょう。ある程度固めの布団が理想的ですが、掛け布団を数枚敷いた上に、敷布団を敷く方法でも良いでしょう。

準備が出来たら、見渡して見ましょう。周りに何もありませんか。天井に電球などはぶら下がっていませんか。怪我をしないような環境をしっかりと整えから、自宅でのバク転の練習に取り組んでください。

バク転をするためアクロバット教室があるほど、バク転にあこがれている人は大勢います。しっかりとバク転が決められるようになったら、周りに自慢してしまうのも悪くないかもしれません。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問