世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

サッカーのキーパーグローブのお手入れ方法と選び方のポイント

2018.10.31

サッカーでキーパーをしている人は、キーパーグローブをどんなふうにお手入れしたら良いのか知りたいですよね!大切なキーパーグローブのメンテナンスをきちんと行う事で、自分のプレイも向上させることができます。

では、キーパーグローブはどんなふうにお手入れすれば良いのでしょうか。上手なお手入れの仕方を教えて!

そこで今回は、キーパーグローブをキレイにお手入れするメンテナンス方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

バレエに必要な柔軟性は厳しいレッスンだけでは得られない

バレエには柔軟性が必要ですが、厳しい柔軟ストレッチが嫌で挫折してしまう方も多いようです。 バレエは...

トスの基本。バレーでアタックを活かすトスのコツと練習方法

バレーの攻撃の際の基本となるのが、アタッカーにつながるトス。 セッターのあげた打ちやすいトスが...

右脳を鍛えるメリットとは?右脳が持つ役割やトレーニング

人間の脳は、右脳と左脳で分かれていますが、右脳にはどんな役割があるのでしょうか? では、右脳を...

陸上の走り方【長距離編】長距離の走り方で重要なポイントを解説

陸上で長距離を走っている人の中には、どのような走り方をすれば長距離のタイムを上げることができるのか知...

バレエの練習の髪型はまとめる理由と上手な作り方やヘアアレンジ

バレエの練習での髪型といえば、きっちりと髪をまとめたシニヨンヘアが思い浮かぶのではないでしょうか。で...

フットサルが上達する練習方法・ボールキープや上手な抜き方

一生懸命フットサルに取り組んでいるという皆さん、どんなふうに練習をしたらフットサルが上達するのか悩む...

チケットを譲りたくない!と感じた時の上手な断り方

友達から「○○のコンサートチケットお願いできる?」と言われる事もあります。でも相手によってはどうして...

グローブの手入れをして柔らかくしよう!オイルの塗り方のコツ

買ったばかりのグローブは硬いので柔らかくする必要があります。 まずは買ってからすぐに出来る、柔...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

バスケのシュート練習は自宅でも出来る。色々な方法と効果とは

バスケのシュートを簡単そうに入れる人を見て、羨ましいと思ったことはありませんか? バスケのシュ...

水泳のキックを強化するには?家でできるトレーニング方法

水泳のタイムを速くしたいならキックを強化することが近道と言えるでしょう。 クロールのキックを強...

ホラーとサスペンスの違い!似ているようで違った2つの特徴

ホラー、サスペンスと聞いて、皆さんは何をイメージしますか?この2つの言葉、似ているようで少し違った意...

野球の練習メニューを紹介。低学年には楽しい練習で野球好きに

少年野球に入っている低学年の少年たちは、まだまだ野球を始めたばかりでしょう。 低学年でもしっかりを...

空手は女子にもおすすめのメリットがたくさん!【子供の習い事】

子供の習い事はいろいろとありますが、空手は男子が多く習っているイメージを持っている方が多いと思います...

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか? 硬式とは違ってボールを...

スポンサーリンク

サッカーのキーパーグローブの手入れは大切!

ご存知の通りサッカーのキーパーが手を使ってゴールを守ります。

キーパーは「弾く」「キャッチする」といったプレーをしますね。

鋭いシュートを素手で防ぐのは厳しいためキーパーグローブを装着しますが、キーパーグローブには重要な役目があります。

キーパーグローブの3つの機能

  1. フィット感
  2. クッション性
  3. グリップ

グリップの意味は大体わかりますよね。

「しっかりと握ること」「しっかりとらえること」といった意味があります。

相手が打って来たシュートのボールを、しっかりとらえたり、弾くための力が重要です。
グリップ力が弱っていくと上手くボールをコントロールするのが難しくなります。

キーパーグローブにはぷよぷよした部分がありますが、ここの部分をパームといいパームがパンチングやキャッチングに大きな影響を与えます。
このパームの部分が汚れていると、グリップ力が弱まってしまいますので、しっかりメンテナンスしてあげましょう。

サッカーのキーパーグローブのお手入れ方法

キーパーグローブのメンテナンス

最初にキーパーグローブについたドロや砂などの汚れを落とします。この作業はなるべく使用後に行うと良いでしょう。

ひどい汚れの場合は、キーパーグローブシャンプーを使うといいですね。
30度くらいのぬるま湯で揉み洗いしてください。

よくすすいで水分を切りますが、乾いたタオルで拭くと水分が取れやすいです。

乾燥は日陰干しにします。乾燥機はグローブがいたんでしまいますので、控えてください。
しっかり乾燥させてからグリップを塗ることでグリップ力が上がります。塗り方は全体に薄く伸ばして塗っていきます。

キーパーグローブの保管や移動の場合

専用のバッグに入れて持ち運ぶと良いですね。乾燥剤を入れることで、湿気を取ることもできます。

パームの部分に穴や傷がある場合は、乾燥したあとにリペアで補修しましょう。

使ったあとは、しっかりメンテナンスすることで長持ちします。

サッカーのキーパーグローブをお手入れ・洗濯機を使用しない方が良い?

キーパーグローブは手や指を守ってくれる大切な存在

汚れたキーパーグローブを洗濯機にぽいっと入れて、他の洗濯物と一緒にあらっていませんか?

洗濯機で洗っても悪いわけではありませんが、痛みが早くなってしまいます。
汚れが落ちやすいし手軽なので洗濯機で洗いたいという場合は、洗濯用のネットに入れることをオススメします。
洗浄モードの通常モードではなく、ソフトモードで脱水がない方がいいですね。

キーパーグローブを洗う時は、中性洗剤で手洗いするのが基本の洗い方です。
洗う時もガシガシ洗ってはいけません。優しく、グローブについた汚れを落とす感じで押し洗いするようにしましょう。

また日陰に干す理由としては、紫外線を浴びるとグローブが痛みやすくなりボロボロになりやすいのです。

洗わないという場合は、除菌スプレーをかけてから風が通る日陰で干すといいでしょう。

キーパーグローブも汚れをしっかりと落としたい時のお手入れ方法

キーパーグローブの扱い方の基本

  1. グローブをあらう場合は、30度くらいのぬるま湯にグローブ用のシャンプー(なければ中性洗剤)を数滴入れて優しく押し洗いします。
    汚れやすい指先は念入りに洗ってください。
  2. グローブの水気はタオルなどに包んでしっかり切りましょう。乾燥させる前に、一度手にはめて手の形をつけておくといいですね。
    乾燥機は使わない、風通しの良い日陰で干します。
  3. パームの部分の補修をします。グラブリペアを気になる部分につけ、薄く塗っていきます。

 

キーパーグローブの汚れがひどい場合

クリーナーをかけて乾燥したタオルで汚れを拭き取る作業を数回繰り返します。
グリップ力の補強にはパームの部分に、グラブグリップをのせ全体に塗り広げます。

サッカーのキーパーグローブの選び方について

キーパーグローブを選ぶ時のポイント

一番重要なのは自分の手に馴染むことです。「フィット感」 がとても大事なのではないでしょうか。

キーパーグローブが小さすぎても大きすぎてもいけません。
プレーにも影響しますし、ケガにつながる可能性もあります。

キーパーグローブの大きなポイントはパームの部分にあります。
パームが硬いと耐久性はありますが、グリップ力が弱くなってしまいます。またボールの感覚がつわりづらい点があります。

逆にパームが柔らかいと、グリップ力は強くなり感覚が伝わりやすいですが耐久性は弱くなってしまいます。

グリップ力に重点を置いて柔らかいグローブを選ぶとすぐにボロボロになってしまいます。
そこで練習用と試合用の両方を準備しておくといいですね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問