世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バドミントンは身長が高いと有利?低い人の攻め方や戦術方法とは

2018.5.25

スポーツ選手は身長が高いと有利なものがたくさんありますが、その中でもバドミントンは、背が高いと有利なのでしょうか?

背が低いときには、どんな方法で試合の戦術を考えれば背が高い人に勝つことができるのでしょうか?

今回ここでは、背が低い人が不利を克服する方法やおすすめの戦術などについて調べまとめてみましたので、是非参考にされてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

相撲は神事かスポーツか・相撲の歴史や起源、しきたりについて

相撲といえば昔から日本人に親しまれている伝統的な神事・スポーツです。相撲はスポーツだと思っている人も...

前衛後衛があるソフトテニスそれぞれの適正や迷った時の選び方

前衛と後衛のダブルスが基本のソフトテニス。中学生から始めた方も多いのでは? 前衛になるか後衛に...

ブリッジができないのは腕のせい?原因や効果について

ブリッジを子供の頃に一度はやったことのある人が多いのではないでしょうか?大人になってからはやる機会は...

身長を伸ばす方法といえばコレ!王道のストレッチをご紹介!

身長を伸ばす方法、色々ありますよね? 身体の成長を健全に保つためにも、やはりストレッチで身長を伸ば...

バレエを大人から始めても上達しない?そんなことはありません

バレエを大人から始めた方は、2年も3年も経つのに上達しないと感じる方が多くいらっしゃるように思われま...

テニス初心者への教え方は?まずはボールとの距離間を掴む練習を

大学のテニスサークルに入ってきた初心者の後輩たちに、どんな教え方がいいのかと悩んでいませんか? ...

スキーリフトの乗り方・降り方のコツとポイントを紹介します

初めてスキーのリフトに乗るときはとても緊張してしまいますよね。スキーリフトの乗り方や降り方にはどのよ...

水泳をすると肩幅が広くなる?女性が気になることについて

水泳をしている人は、肩幅が広くなるということを聞いたことないでしょうか?これから水泳を始めようと考え...

バドミントンのレシーブが奥まで飛ばないときの対処方法やポイント

バドミントンのレシーブが飛ばない、届かない原因にはどんなものがあるのでしょうか? 力いっぱい打って...

バスケの選抜になりたい!練習するときはココがポイント

バスケの選抜に選ばれるための練習とは?選ばれた人と自分にはどのくらいの差があるのか気になりますよね。...

卓球の練習メニュー。遊びを取り入れつつ楽しいと感じる方法

卓球の練習メニューに、遊び心を少し取り入れてみませんか? 練習が楽しいと感じられるような時間を少し...

部活のキャプテンに向いてる人って?今日からキミがキャプテンだ!

部活のキャプテン。 どんな性格の子がキャプテンに向いてる人って言えるのかな? 運動部でも...

サッカー初心者でも試合で活躍出来る!その方法とは・・・

サッカーを始めたばかりの初心者というのは、なかなか試合でも活躍出来ませんよね。 ボールに触るこ...

ボウリングのボールの寿命とその判断基準について解説します

ボウリングを始めて購入したマイボール。しかし、ボールにも寿命があることを知らない人も多いと言います。...

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか? 硬式とは違ってボールを...

スポンサーリンク

バドミントンは身長が高いと有利なの?身長が高い・低いそれぞれの長所と短所

どんなスポーツでも身長によって長所と短所があると思います。
バドミントンではどうでしょうか?

「身長が低いと勝てない。高い方が有利だよ。」という方がいるかもしれません。
でも、身長が高くても短所はあるのです。

それは、体近くや足元のシャトルは取りにくいということです。

また、スマッシュレシーブやドライブでは下からでなくては打てません。
身長が低ければ、上から打てる時もあるでしょう。

上から打てるということは攻め続けることが出来ます。
特にダブルスにおいては有利になるでしょう。

こう書いていると身長が高いのは不利なのか?ということになりそうですが、そうでもありません。

身長が高ければ、スマッシュは高い打点から打つことができますし、手足が長い分すばやくシャトルまで追いつけるでしょう。
それはシングルスにおいて有利です。

どんな身長の方にも短所はあり、それぞれ違った長所があります。
長所をいかし、短所をカバーできる戦い方を探してみましょう。

バドミントンは身長が高いと有利?低い子は勝つことは難しい?

バドミントン選手で背が低いけど強い選手は沢山います。

その選手たちは身長の低さをカバーするために、瞬発力を身につけるためフットワークを鍛えたり、戦術を練ったりとさまざまな努力をしてきたのでしょう。

バドミントンは運動能力が同じであれば身長の高い方が有利なスポーツだと思います。

身長が高いというだけで、威圧感を与えることができます。
前衛に180cmの選手がいたら、それはもうかなりの脅威です。

身長が高ければ高い打点から放たれたスマッシュには大きな角度がつきますし、少ない歩数でシャトルに追いつくこともできます。
試合が長引けば長引くほど、それは大きな差となって現れるでしょう。

ただ、バドミントンはバスケなどのように背の高さで大きなアドバンテージが生まれるスポーツではありません。違う戦い方をしてゆきましょう!

バドミントンで身長が高いのは有利!不利を克服する方法とは!

身長の低い方が最も重要なのはフットワークを強化することです。

身長が低いとコートの中で走らされる事が多くありませんか?
身長が高い方は打点も高く、ドリブンクリアーが得意な方も多いです。
シャトルに追いつくには、身長が低い方は高い方よりも多く走らなくては届きません。

しかし、それに耐え切れるようになれば、どんな選手とでも戦えると思いませんか?

足腰を鍛えて、瞬発力とフットワークを強化しましょう。

次に練習すべきことは「レシーブ」「ドライブ」「ドロップ」です。

スマッシュを90%以上で返せるように練習しましょう!

どんなに角度のついた早いスマッシュでも、打ち返すことができたら、背の高い選手なんて怖くありません。
スマッシュを返せたら、相手のミスを誘うチャンスも出来ます。

そして、攻めの練習のしましょう!

「ドライブ」と「ドロップ」です。
ネット際が強くなればかなり戦いやすくなると思います。

身長が高い選手は小回りがききません。
体付近のシャトルも取りにくいものです。

バドミントンで身長が高い人と戦う場合はこんな方法で戦おう!

バドミントンの試合で身長の高い人に当たってしまった!
そんなときには、こんな戦術はいかがでしょう?

バドミントンで背の高い人に勝つには、背の高い人を前後に動かす

身長の高い選手は、横の動きより前後の動きが苦手な傾向があります。
「ネットを仕掛けてからドリブンクリアー」というように前後に動かしてみましょう。
ただし、身長が高い分、ドリブンクリアーも高めに打たないと逆襲されてしまいます。
ドリブンクリアーが得意な人向けです。
苦手な方は下の戦術の方をお勧めします。

バドミントンで背の高い人に勝つには、低いラリーを展開する

身長の高い選手は、高い打点は得意ですが、体回りは苦手です。
ネット際でシャトルを上げさせるか、ドライブを使って得意な打点では打たせないようにしてみましょう。

バドミントンで速いスマッシュを打つコツ

バドミントンをしていると速いスマッシュに憧れるものです。
速いスマッシュがバシッと決まるのは気持ちいいものです。

それでは、そんな気持ちの良いスマッシュを打てるためのポイントをご紹介しましょう。

まずは基本的なフォームを確認してみましょう。

バドミントンのスマッシュはオーバーヘッドストロークというのが基本的なフォームです。
まず、シャトルの落下点に移動して、半身の状態でラケットを振りかぶります。
それから、右足に重心を移動して、タメを作ってラケットを一気に振り下ろします。

コツは打つ瞬間だけ力を入れることです。
また、打点はできるだけ高くしましょう。
打点は角度がつくので高ければ高いほど良いです。

スマッシュは基本的なフォームと上記のコツがとても重要です。
ぜひ身につけて、気持ちの良いスマッシュを打てるようになりましょう!

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問