世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

サッカー選手がファウルの演技をするのはなぜなのか

2018.11.16

サッカーの試合を見ていると、ペナルティエリアで大げさに倒れてファウルの演技をしている光景をよく目にします。

特に海外選手に多い印象を受けますが、なぜファウルのような演技を見せるのでしょうか。何かメリットがあるのでしょうか。

サッカー選手がファウルの演技をするのはなぜなのか、について調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ポスターの書き方【低学年】ポスターを描くときのポイント

低学年だからポスターは好きにかかせてあげたほうがいいのでしょうか?低学年でもきちんとポスターの書き方...

フットサルが上達する練習方法・ボールキープや上手な抜き方

一生懸命フットサルに取り組んでいるという皆さん、どんなふうに練習をしたらフットサルが上達するのか悩む...

ピアノを習う男子は中学からが分かれ道!目指せピアノ男子

ピアノを習っているのは圧倒的に女子が多いですよね。 クラスの中でピアノを習っている女子は、どのクラ...

バスケの練習を家でする方法は?ボールなしでもできる練習法

当たり前のことですが、バスケの練習はすればするほど上達します。 でも、ボールはないし、広い庭が...

【部活を休む理由】さぼりたい時に使える理由を教えます

本当はだめだけど、今日だけは部活をさぼりたい、毎日練習を頑張っている人であれば、そんな日もあるのでは...

小学校の運動会のリレー選手に選ばれる子どもとは?速く走る方法

小学校の運動会でリレー代表に選ばれるのはどんな子どもなのでしょうか?また、速く走るにはどんな練習をし...

バスケのシュート練習方法、女子が悩む飛距離を伸ばすコツも!

バスケで一番身に付けたい技術がシュートです。特に女子は飛距離が伸びないため、シュート練習が重要になり...

バク転の練習!自宅での練習方法と注意点・恐怖心を取り除く方法

バク転ができるようになりたいと思っている人もいますよね。自宅でできる練習方法が知りたいという人もいる...

トスの基本。バレーでアタックを活かすトスのコツと練習方法

バレーの攻撃の際の基本となるのが、アタッカーにつながるトス。 セッターのあげた打ちやすいトスが...

水彩色鉛筆の使い方!簡単に水彩画タッチが楽しめる大人の画材

水彩色鉛筆は色鉛筆でありながら、水彩絵の具のような雰囲気の出る色鉛筆です。色鉛筆だけでは表現できない...

テニスの練習メニューについて。部活練習で試合を意識するコツ

テニスの部活の練習メニューは、いつも同じ様な流れで行うことが多いと思います。 しかし、いつも同じ様...

太ももに隙間ができない人は足が太い?太ももが太い原因と対処法

太ももに隙間ができないことで悩んでいる女性もいますよね。ほっそりとしたキレイな足にあこがれている女性...

サッカー部のマネージャーの仕事の内容や魅力ややりがいを紹介

サッカー部のマネージャーになりたいと思っているあなた。 サッカー部のマネージャーにはどんな仕事があ...

ソフトテニスを高校から初める初心者は意外と多い!練習のコツ

高校や中学ではソフトテニスも人気がありますね。 高校からソフトテニスを始めようと考えている人も...

日本代表のサッカーユニフォームはなぜ青?その理由について

サッカーのユニフォームといえば、他の国を見てみると国旗のカラーがそのまま使われている場合が、多いです...

スポンサーリンク

サッカーでファウルのような演技を見せるのはなぜ?

プロのサッカーの試合、特に海外の選手との国際試合を見ていると、少し接触しただけでも倒れ込んでファウルを受けたように演技をする姿が見られます。

どうしてこのような事をするのか?あまりサッカーの試合を見る機会がない方は、不思議に感じるでしょう。

特に大事な場面のゴール前では、接触が多くなります。そのときにわざと大げさに演技をしてでも倒れ込むことで、審判は悪質なファウルとみなし、相手にカードが出される事があるからです。ペナルティエリアならPKになり、得点に結びつく大きなチャンスをもらうことが出来るのも、この用プレイをするメリットの一つと言えるでしょう。

またファウルを受けるとそこで、プレーは一旦中止されますよね。疲れている場面では点数に結びつかなくても、その間足を止めることが出来るので、少しの休憩を得ることが出来きます。

サッカーでは、このような一見ずるく見える行為も、戦略として使うこと多々あります。

サッカーでファウルの演技をする「シミュレーション」とは

サッカーでは自分に有利にゲームを進めるために、わざと演技をして倒れ込むような場面が見られます。

審判が、この事でファウルをとってくれれば幸いというわけです。

しかし、このようなプレイがサッカーの至る場面で見られると言っても、当たり前として審判に見過ごされていては、公正さにかけますよね。

そこで、審判サイドも明らかに、わざとファウルを取らせるように倒れ込んだ場合などは、その演技に対してのファウルを与えることが出来ます。

このように悪質な演技を行うことに対して出されるファウルを、シュミレーションといいます。

しかし審判といえども人が判断しているのですから、見え方によって間違えた判断をしてしまう誤審もあり得るのです。

本当にファウルをされ違っているのに、シュミレーションと取られる場合もあります。

サッカーのファウル演技に対する海外選手と日本人選手の考え方の違いとは

このようにサッカーで見られるファウルに見せかける演技ですが、最初にお話したように海外の選手に多く見られます。

このような事をサッカーが盛んなブラジルではマリーシアと呼びますが、直訳するとずる賢さとなり、日本にとってはまさにそのものといった感じですよね。しかし海外のプレーヤーの捉え方は違います。

マリーシアは、サッカーや恋愛に関しては駆け引きというような意味合いで捉えられ、必要とされるプレーのひとつなのです。

日本のプレイスタイルは、そのようなシュミレーションを取られるような行為が少ない、プレイそのものを重視した、正直なプレイ方法ですが、海外からの批評はというと日本の選手はマリーシアが足りないということとなります。

このようにマリーシアが足りないと、海外で日本の選手が監督から批判されることもありますが、逆にその正直なプレイスタイルが尊敬に値すると、観客からは称賛されることもあります。

段々と海外で活躍する選手が多くなっていますから、そのプレイスタイルも少しずつ変わり始めています。ずる賢さではなく駆け引きのマリーシアに、見ている私達観客の意見も変わってきているのではないでしょうか。

ファウルの演技で審判を欺ける可能性があるのは事実

シュミレーション行為かどうかを判断するのは審判で、審判も人間なので誤審をすることは仕方がありません。

今は様々なスポーツでリプレイ検証が取り入れられるようになり、審判の誤審を防ぐチャンスを設けられています。

しかし、サッカーは?というとVARビデオアシスタントレフェリーが導入されて入るものの、使われる場面が限られているので審判の判断に委ねられることも多く、実際には審判を欺くようなプレイがあるのも事実です。

全ての疑惑に対してリプレイ検証がされれば、このようなプレイが無くなる可能性はありますが、そのようなことをしていると試合に時間がかかりすぎてしまったり、プレイが中断されすぎて試合の流れが悪くなってしまうことは目に見えています。

また演技によってのファウルは、少しでもあたっているのであれば、その痛さは個人によって感じ方も違うので明確に白黒をつけるのは難しいという点がでてきます。

ファウルが演技でも審判が判断すればファウルになってしまうのが現状

ファウルと審判の判断について、いろいろとお話をしてきましたが、特に他のスポーツと比べてサッカーでは、審判の判断について抗議を行い、試合が中断されることが多いように感じます。

もちろん、審判に自分のチームの公正をアピールすることは大事ですが、審判の判断はたとえ誤審であったとしても、VARなどを使用して再度チェックを行わない限り、覆ることはありません。

それでもどんな場面に対しても抗議をするのは、その間に選手の疲れを少しでも癒やす意味合いもあるでしょう。

サッカーは45分間、広いコートを走り回る競技です。しかもボールに絡んでいるときは全力疾走!後半になると15分の休憩を挟んでいても、プロとはいえ疲れがでてしまいます。

少しの間でも、足を止めて疲れを癒やしたり、水を飲んだりする休憩時間が大きく作用するのです。

審判に対しての抗議はその判断に納得が行かない場合ももちろんありますが、審判を覆すことが目的ではなくアピールであったり、体を休ませる意図もあるのは事実なのです。

ちなみにやりすぎるとカードをもらってしまうので、抗議をする際の駆け引きも重要となってきます。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問