世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

うなじが毛深いとショートヘアはできない?毛深いうなじ対処方法

2018.11.16

ショートヘアはうなじが毛深いと気になる!自分で見えない場所だから、なおさら気になるうなじ部分。

この見えない場所はどのようにお手入れをしたらいいのでしょうか?みんなはどうやってお手入れしているの?

毛深いうなじのお手入れ方法を紹介します。うなじを毛深くしないためにできる事とは?あなたに合ったお手入れ方法が見つかるといいですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

洗面所のドアを開けっ放しにするメリット・デメリット

洗面所や浴室のドアを開けっ放しにしていますか?意外と意見は分かれ、それぞれのご家庭のルールがあるよう...

家賃の値下げ交渉する場合は更新時を見逃すな!

今住んでいる物件の更新期限はいつか知っていますか?通常は契約した月から2年後が更新期限になっています...

チケットを電話購入する時の裏技!こうすれば電話が繋がりやすい

好きなアーティストのライブチケットを電話で購入する時、何度電話しても回線が混雑していてなかなかつなが...

三歳の誕生日パーティーのプレゼントや飾り付けについて

三歳の誕生日パーティー!今までとは違って子供も一緒に飾りつけが出来たり、楽しい思い出がしっかりと記憶...

窓の冷気を防ぐプチプチの上手な貼り方【冬の節約術】

寒い季節になると窓からの冷気に悩んでいるという方はいませんか? 冬が近くなるとホームセンターの店頭...

バイアステープの縫い方のコツ!基本とカーブや角の上手な縫い方

バイアステープを縫う時には、縫い目がバイアステープから落ちてしまったり、シワがよってしまったり、初心...

スライムの作り方!ホウ砂なしでも作れるふわふわスライム

お子様が大好きなスライムは自分で作ることもできます。それほど難しい作業はないので、小学生の自由研究に...

ネギの植え替えの時期とは?植え替えをするときのポイント

料理の彩りや、お味噌汁の具となるネギですが家庭で育てるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょう...

乾燥機で使用する柔軟剤シート!その使い方をご紹介

皆さん柔軟剤はどのようなものをお使いですか?海外では乾燥機に柔軟剤シートを入れるのが主流なんですって...

梱包材のプチプチには裏表があるの?プチプチの使い方とポイント

梱包材としてお馴染みの「プチプチ」ですが、裏表があるのかどうかで悩んだことありませんか? テープの...

湿度の平均はどのくらい?快適な部屋の湿度について

高気密高断熱の住宅が増えて、室内温度を快適に保ちやすくなりました。しかし室内が乾燥してしまうこともあ...

神経衰弱でカードを覚える方法!トランプ必勝法は記憶力

あなたはトランプ遊びの定番『神経衰弱』が得意ですか? この遊びはルールも簡単で、小さなお子様で...

お風呂場のカビとサヨナラ!パッキンを真っ白にする方法

お風呂場に気がつくとカビが生えてしまう事ありますよね。特にパッキンにカビが生えて黒ずんでしまった場合...

クマに効果的なコンシーラーの選び方と基本的な使い方

お肌の悩みはいろいろなものがあると思いますが、「クマ」に悩む女性も多いですよね。 鏡を見てクマがく...

窓ガラスのシールを家にあるもので簡単に剥がす方法!

子供が知らないうちに窓ガラスにシールを貼っていたりすることありませんか?そんな時シールを剥がすのは一...

スポンサーリンク

うなじが毛深いけどショートヘアにしたい!そんなときは…。

まずは自分のうなじが毛深いのか、どんなうなじをしているのかをチェックしましょう。
あわせ鏡や三面鏡を使えば、人から見えているのと同じように、自分のうなじを確認することが出来ますよ。

また美容室に行ってショートヘアにしたときに、うなじを美容師さんに手入れをされたのなら、その後も手入れが必要だと考えるのが無難です。

根本的に毛深いか、またショートヘアのスタイルの仕上げとして行っているのか、どちらかが想像できますが、その2つどちらの場合についても、同じようにうなじを手入れすることがヘアスタイルを保つことに繋がります。

カットした髪と同時にうなじの毛が伸びて、自然なヘアスタイルになるまでは自分で確認をしてお手入れをすることをオススメします。

ちなみにショートカットにしなくても、髪を結ぶことの多い人は一度自分のうなじを鏡で確認しておくと良いですよ!

ショートヘアでうなじが毛深い人はコレがおすすめ

自分でうなじを確認して毛深いと感じたら、やはりお手入れをすると良いでしょう。またショートヘアなら定期的に確認をして見てください。

では、どのようにしてうなじを手入れするのかが気になるところですよね。

ムダ毛処理と言って一番に思い浮かべるのはカミソリですが、見えない場所ですから自分で行うのは危険です。

そこでカミソリと行っても電動シェーバー、フェイシャル用を使用すると使いやすく便利ですよ。

使用時には自然にうなじのムダ毛が馴染むように、お手入れをすることを心がけて行いましょう。

男性のうなじのように、散髪に行ってきました!というような、うなじだとお手入れをしたのに余計に目立ってしまうこともあります。

また電気シェーバーでも使用するのが難しいという方は、こするだけでムダ毛が脱毛できるタオルもあります。これなら、剃り跡が気になることもありませんね。

安全面でもシェーバーよりも手軽に使用することが出来るのがメリットです。しかしこすりすぎると、やはり肌を痛めてしまいますので、力の入れ加減には十分に注意をして使用しましょう。

ショートヘアで毛深いうなじが気になるなら

ショートヘアの気になる毛深いうなじのお手入れ方法をご紹介しましたが、脱毛という方法もありますよ。

足や腕の脱毛方法と同じように、クリームやムースタイプの脱毛剤を塗りうなじをキレイにする方法です。

カミソリや電気シェーバーと違って、怪我をする危険性が少なくなるのが嬉しい点です。

しかし脱毛タオルを使った方法と同じで、何も問題がないわけではありません。肌が弱い方は薬剤に負けてしまうこともあります。

特に薬剤は肌の場所によっても、荒れ方などが違ってきます。足や腕で使用したときは大丈夫でも、デリケートな肌の部分によっては荒れてしまうこともあります。

使用する前にはパッチテストなどを行って、使用方法や使用時間などにも注意をしてください。

うなじが毛深いのはプロにまかせるのも一つの方法

うなじを自分でお手入れするには、シェーバーを使う方法や、脱毛クリームを使う方法、脱毛タオルを使う方法もありますが、定期的にうなじを確認して自分で行わなければいけません。

どうしても毛深いのが気になり、なおかつお手入れを面倒だと感じている場合は、プロに脱毛を頼む方法もあります。

プロの脱毛は永久脱毛なので、通っているうちにムダ毛はだんだんと薄くなり気にならなくなってきます。

お金と時間に余裕がある方は、一つの方法だと頭に入れておくと良いですね。

ちなみに腕や足の脱毛と違って、うなじの毛は毛深いと行っても他の場所よりも、毛が細い場合がほとんどです。

毛が細いと脱毛効果も実感が薄くなったり、そもそも対応していないお店もありますので、最初にしっかりと確認をしておくことも、通うときの重要なポイントです。

うなじが毛深くならないようにケアすることも大切

もともと毛深いのが悩みという方もいらっしゃいますが、年齢を重ねてきたり、急に毛深さが気になり始めたという方も少なくありません。

うなじの毛も同じで、何かの原因があって毛深くなることがあるのを覚えておいてください。

例えば紫外線を浴び続けることで、肌はダメージを受けますよね。もともと毛が生えるのは防衛するための手段ですから、肌のダメージを和らげようという働きが自然と起こり、毛深くなることもあるのです。

うなじにも他の場所と同じように日焼け止めを使用したり、帽子でカバーするなどの日頃のケアを忘れずに行いましょう。

また毛が濃いのは男性の特徴の一つです。これは男性ホルモンが大きく関係しているからというのは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

女性もストレスや加齢、生活習慣の乱れによっても、女性ホルモンの分泌が少なくなり、逆に男性ホルモンが分泌されて毛深くなることもあります。

外からの影響だけでなく、内側のバランスを整えることも大切だということをお忘れなく、しっかりとケアをしていきましょう。

 - 生活を便利にするアイデア