世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

うなじが毛深いとショートヘアはできない?毛深いうなじ対処方法

2018.11.16

ショートヘアはうなじが毛深いと気になる!自分で見えない場所だから、なおさら気になるうなじ部分。

この見えない場所はどのようにお手入れをしたらいいのでしょうか?みんなはどうやってお手入れしているの?

毛深いうなじのお手入れ方法を紹介します。うなじを毛深くしないためにできる事とは?あなたに合ったお手入れ方法が見つかるといいですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

サテン生地とは?サテン生地の特徴や扱い方を紹介します

サテン生地とはどんな生地なのでしょうか?幼稚園の劇で縫うことになったサテン生地…なんだかツルツルして...

肩こりと姿勢について!肩が凝るのは原因と要因があります!

肩こりと姿勢の関係。わかっていますよね?姿勢が悪いと、健康を害すること。肩こりだって同じです。 ...

トップのボリュームの出し方とは?ぺたんこなトップからの卒業

最近、老けて見えるようになったという人いませんか。 実は増えて見えてしまうのには理由があったのです...

色の種類【白】の心理的効果やイメージ・特徴や相性について解説

色には色々な種類があります。色の中でも特に「白」はどんな色にも染まることができる色です。白は一体どん...

水槽のフィルターの交換頻度はどのくらい?注意点について

水槽のフィルターはどのくらいで交換するべきなのでしょうか?交換頻度についてわからない人も多くいると思...

髪色を暗くしたいのに色落ちしてしまう原因と、その対処法

髪色を暗くしたいのに、何度染めても色落ちして明るくなってしまう・・・なんてことがありますよね。 ...

引越しをした時の水道の開栓!当日は可能?手続き方法について

引越しが決まった際に水道を止める手続きはいつ、どのタイミングで行えば良いのでしょうか? また引...

肩こりの原因は姿勢にあり!デスクワークの人でも改善可能!

デスクワークの人に多い肩こり・・・。その原因として一番にあげられているのは「姿勢」です。しかし、長時...

朝に音楽を聴くことでリラックスできる理由とおすすめの音楽

主婦にとって忙しい朝。夫や子どもを送り出した後は自分も仕事へ行かなければいけないなど、慌ただしく過ご...

部屋に髪の毛が落ちてる・・・こまめな掃除でキレイを保とう!

気がつくと、部屋に大量に髪の毛が落ちてるんですよね・・・。 この間掃除したばかりなのに、こんな...

湿度の平均はどのくらい?快適な部屋の湿度について

高気密高断熱の住宅が増えて、室内温度を快適に保ちやすくなりました。しかし室内が乾燥してしまうこともあ...

電気代の領収書を捨てるタイミングとは?保管する目的によるかも

電気代の領収書は毎月送られてきますが、捨てるタイミングに悩んでしまいます。 すぐに捨てる人もい...

平日休みにランチを一人で楽しむメリットや店選びのポイント

平日の休みにランチを行くのに一人だとなんだか不安という人もいるでしょう。いつもはランチは友達と行くこ...

主婦必見!洗剤の種類と特徴をしっかりと覚えよう!

スーパーなどに行くといろいろな種類の洗剤が並んでいて、どれにしようかを悩んでしまいますよね。 ...

先行予約のチケットで取れる席と良席をゲットする方法について

コンサートのチケットを取るためにチケットサイトを利用する場合、先行予約と一般販売とで取れる席はどのく...

スポンサーリンク

うなじが毛深いけどショートヘアにしたい!そんなときは…。

まずは自分のうなじが毛深いのか、どんなうなじをしているのかをチェックしましょう。
あわせ鏡や三面鏡を使えば、人から見えているのと同じように、自分のうなじを確認することが出来ますよ。

また美容室に行ってショートヘアにしたときに、うなじを美容師さんに手入れをされたのなら、その後も手入れが必要だと考えるのが無難です。

根本的に毛深いか、またショートヘアのスタイルの仕上げとして行っているのか、どちらかが想像できますが、その2つどちらの場合についても、同じようにうなじを手入れすることがヘアスタイルを保つことに繋がります。

カットした髪と同時にうなじの毛が伸びて、自然なヘアスタイルになるまでは自分で確認をしてお手入れをすることをオススメします。

ちなみにショートカットにしなくても、髪を結ぶことの多い人は一度自分のうなじを鏡で確認しておくと良いですよ!

ショートヘアでうなじが毛深い人はコレがおすすめ

自分でうなじを確認して毛深いと感じたら、やはりお手入れをすると良いでしょう。またショートヘアなら定期的に確認をして見てください。

では、どのようにしてうなじを手入れするのかが気になるところですよね。

ムダ毛処理と言って一番に思い浮かべるのはカミソリですが、見えない場所ですから自分で行うのは危険です。

そこでカミソリと行っても電動シェーバー、フェイシャル用を使用すると使いやすく便利ですよ。

使用時には自然にうなじのムダ毛が馴染むように、お手入れをすることを心がけて行いましょう。

男性のうなじのように、散髪に行ってきました!というような、うなじだとお手入れをしたのに余計に目立ってしまうこともあります。

また電気シェーバーでも使用するのが難しいという方は、こするだけでムダ毛が脱毛できるタオルもあります。これなら、剃り跡が気になることもありませんね。

安全面でもシェーバーよりも手軽に使用することが出来るのがメリットです。しかしこすりすぎると、やはり肌を痛めてしまいますので、力の入れ加減には十分に注意をして使用しましょう。

ショートヘアで毛深いうなじが気になるなら

ショートヘアの気になる毛深いうなじのお手入れ方法をご紹介しましたが、脱毛という方法もありますよ。

足や腕の脱毛方法と同じように、クリームやムースタイプの脱毛剤を塗りうなじをキレイにする方法です。

カミソリや電気シェーバーと違って、怪我をする危険性が少なくなるのが嬉しい点です。

しかし脱毛タオルを使った方法と同じで、何も問題がないわけではありません。肌が弱い方は薬剤に負けてしまうこともあります。

特に薬剤は肌の場所によっても、荒れ方などが違ってきます。足や腕で使用したときは大丈夫でも、デリケートな肌の部分によっては荒れてしまうこともあります。

使用する前にはパッチテストなどを行って、使用方法や使用時間などにも注意をしてください。

うなじが毛深いのはプロにまかせるのも一つの方法

うなじを自分でお手入れするには、シェーバーを使う方法や、脱毛クリームを使う方法、脱毛タオルを使う方法もありますが、定期的にうなじを確認して自分で行わなければいけません。

どうしても毛深いのが気になり、なおかつお手入れを面倒だと感じている場合は、プロに脱毛を頼む方法もあります。

プロの脱毛は永久脱毛なので、通っているうちにムダ毛はだんだんと薄くなり気にならなくなってきます。

お金と時間に余裕がある方は、一つの方法だと頭に入れておくと良いですね。

ちなみに腕や足の脱毛と違って、うなじの毛は毛深いと行っても他の場所よりも、毛が細い場合がほとんどです。

毛が細いと脱毛効果も実感が薄くなったり、そもそも対応していないお店もありますので、最初にしっかりと確認をしておくことも、通うときの重要なポイントです。

うなじが毛深くならないようにケアすることも大切

もともと毛深いのが悩みという方もいらっしゃいますが、年齢を重ねてきたり、急に毛深さが気になり始めたという方も少なくありません。

うなじの毛も同じで、何かの原因があって毛深くなることがあるのを覚えておいてください。

例えば紫外線を浴び続けることで、肌はダメージを受けますよね。もともと毛が生えるのは防衛するための手段ですから、肌のダメージを和らげようという働きが自然と起こり、毛深くなることもあるのです。

うなじにも他の場所と同じように日焼け止めを使用したり、帽子でカバーするなどの日頃のケアを忘れずに行いましょう。

また毛が濃いのは男性の特徴の一つです。これは男性ホルモンが大きく関係しているからというのは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

女性もストレスや加齢、生活習慣の乱れによっても、女性ホルモンの分泌が少なくなり、逆に男性ホルモンが分泌されて毛深くなることもあります。

外からの影響だけでなく、内側のバランスを整えることも大切だということをお忘れなく、しっかりとケアをしていきましょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア