世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

洗車後、拭き取りしないのはNG?理由と洗車のコツとは

2018.6.21

洗車をしたあとで、拭き取りしないという人は意外と多いかもしれません。

洗車後、拭き取りしないとまずいことでもあるのでしょうか?

そこでここでは洗車後、拭き取りしないとどうなるのか、洗車の基本、洗車後に拭き取りしないでOKになる便利なアイテムなどをまとめてみました。

洗車後の拭き取りのコツも紹介しているので、愛車をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

軽トラのガソリンマランプが点滅しても●km走行可能です!

自動車を運転していて、ガソリンが少なくなってきていることを示す「燃料残量警告灯」がつくとヒヤッとしま...

お風呂に入らないのは何日が限界か調査してみました!

一日の終わりにお風呂に入るとすっきりしますよね。しかしお風呂に入らない人が増えているのも事実です。体...

宝くじが当たる前兆って?高額当選者にはこんな前兆があった!

宝くじを当てて一攫千金を夢見ているという人もいますよね。「どうせ高額当選なんてしないだろう」と思って...

マニキュアでアクセサリーに彩りを。人気のレジンで挑戦しよう

きらきらのホロやお気に入りのカラーのマニキュアを使って、アクセサリーを彩ることができるのをご存知です...

アナベル(アジサイ)の挿し木の方法と時期について詳しく解説

アナベルはアジサイよりも剪定が簡単で、栽培しやすい花です。 挿し木をして増やすことが出来ますの...

幼稚園の面接に落ちたら、そのあとの対処法をご紹介します!

幼稚園の面接に落ちたら、なんともやるせない気持ちになるかと思います。今まで頑張って努力してきたのにー...

いちごに肥料を与えるタイミング!甘いいちごの育て方

いちごは甘酸っぱさが美味しく、大人にも子供にも人気の果物ですよね。 家庭菜園でもいちごは人気で...

ファンクラブ枠で取ったチケットを払わないことのリスク

ファンクラブ枠で取ったチケット。 ライブに行けないなら、チケット代を払わないだけでいいのでは?と思...

気になる服の生地の名前を知りたい時は調べてみよう

服を買おうと思った時に、最も気になるのがデザインですが、それと同じくらい生地に何が使われているのかを...

絵を描くのが遅いのは原因がある!描くスピードを上げるコツ

趣味で絵を描くけど、スピードが遅いのが悩み…という方いませんか? ササッと上手に描きたいのに、上手...

メガネの調整を自分でするポイントや歪みを防ぐための使い方

メガネの調整は自分でできたらいいですよね。調整が自分でできればメガネ店まで足を運ばなくても済みます。...

紫陽花の挿し木の方法。増やしやすい適した時期と手順

花は人の心を癒やしてくれますよね。 花を見るだけで心が和むというものです。 その中でも紫陽花は梅...

ペットボトルを凍らせると除湿ができる?ペットボトル活用法

暖かくなってくると気になるのが部屋の湿度ですよね。 ムシムシする暑さをどうにかしたいときに、お...

合皮バッグは洗濯できるのか。合皮素材の正しいお手入れ方法

合皮のバッグは軽くて、お値段も本革よりもずっとリーズナブル。 日常的に使っているバッグは、合皮素材...

通勤時間が2時間以上かかる。車通勤している場合について

サラリーマンの通勤時間の平均はどのくらいか知っていますか?通勤時間が2時間以上ももかかる場所に通って...

スポンサーリンク

洗車後、拭き取りしないとどうなるの?

天気の良い日だと、愛車を洗ってあげたくなるのではないでしょうか?

自分で洗う人は、セルフの洗車場やスプレージェット式のセルフ洗車をしていると思いますが、しっかりと洗車後の水滴を拭きとっていますか?晴れているからそのまま放置・・・なんてことしていませんか?

洗車した後の車は、雨が降った日と同じ状態となっています。車についた水滴をそのままにしておくと、空気中に舞っているゴミやほこりを水分が吸い込んでしまうのです。そのまま車が乾くとどうなるかわかりますか?せっかく洗車したのに、汚れになってしまいまう。

雨の日の翌日、車が汚れていませんか?それと同じ状態なのです。

晴れて天気が良い日の洗車であっても、車についた水滴は放置しないようにしましょう。せっかく洗車した努力が水の泡になってしまいますよ。

洗車後、拭き取りしないのはNG!洗車の基本とは

洗車後の水滴を拭き取りしないと汚れとなる他、誤った洗車方法をしてしまうとボディを傷めることにもなります。

基本の洗車方法についておさらいしましょう。

用意するもの

  • シャンプー
  • スポンジ
  • バケツ
  • セーム
  • タオル

洗車方法

  1. 車内をまずきれいにしましょう。洗車した後だと、せっかくきれいにした後でほこりがついてしまう可能性があります。まずはドアを開けて、車内のほこりを出しましょう。
  2. 車内をきれいにしたら、水洗いしましょう。鉄粉などが付いたままシャンプーすると、傷がついてしまうことがあります。まずはシャワーの勢いを利用して汚れを落としましょう。
  3. 水洗いが終わったら、シャンプー開始!バケツに適量のシャンプーを入れます。蛇口から水を入れる時は、勢いで泡立てるようにしましょう。
  4. 立てたシャンプーをスポンジにしみ込ませます。ルーフ→窓→ボンネット→トランクのように、 上から下の方にスポンジに力を入れずに洗っていくようにしましょう。
  5. 上から下に洗剤を洗い流すように、しっかりと水をかけます。残ってしまうとシミになってしまうので注意しましょう。
  6. この後拭き取りとなりますが、ここが一番大切です。

水道水にはいろいろなものが含まれているので、拭き取りで手をぬいしまうとボディにそれが残ってしまいます。

セーム皮で、ボディーの上の方から拭いていくようにしましょう。

洗車後に拭き取りしないでOKになる便利なアイテムとは

洗車後の拭き取りを代わりにしてくれる便利な機械もあります。

きちんと拭き取ったつもりでも、ドアノブやドアミラーから水滴が流れてくることってありませんか?それを吹き飛ばしてくれる機械なのです。

簡単に言うと小型の送風機なのですが、ドアノブやドアミラーの溝に入った水まで吹き飛ばしてくれるようです。

ボディに撥水加工がしてある場合は、この機械がボディの水を吹き飛ばしてくれます。便利だと思いませんか?

それでも水滴が残っている場合は自分で拭き取る必要がありますが、ほとんどの場合は拭き上げなしで問題ありません。

「でも値段が気になる・・・。」という人もいるかもしれませんが、1万円以下で購入できるといいます。

コンセントが近くにないという人は、ちょっと値段が高くなりますが充電式もあります。

自分で洗車している人にはおすすめの機械です。

洗車の拭き取りに便利なクロスとは

洗車の拭き取りに使用するクロスにはいろいろな種類があります。その一部をご紹介します。

マイクロファイバークロス

吸水力は他のものよりも落ちますが、ボディーに傷をつけにくいのが魅力です。ボディーに付いた水滴を取る以外にもワックスの仕上げにも使えます。
しかし、一度濡れてしまうとなかなか乾かないのがデメリット。そのため洗車の時には何枚か用意した方が良いでしょう。

吸水クロス

昔からある拭き取りクロスで、水を吸い取る力が優れています。洗車後の水滴もあっという間に拭き取ってくれますが、細かい水滴が残ってしまうのがデメリットです。
無理に拭き取ろうとすると傷かついてしまう可能性があるので、細かい水滴はタオルで拭き取った方が良いかもしれません。

洗車後の拭き取りのコツを伝授

洗車後の拭き取りのコツは、汚れをしっかりと落とすことです。

もし落ちていない汚れを見つけたら、無理にタオルなどでこすらないようにしましょう。再度その汚れてる場所だけ洗うようにしましょう。

また、拭き取りに使うタオルやクロスは、何回も使っていると汚れてくるもの。定期的に状態をチェックし、汚れてきたら違う面を使うか新しいものに替えるようにしましょう。
汚れたまま使ってしまうと、傷になってしまうこともあります。きれいな面で拭き取るようにしましょう。

洗車後の拭き取りは、乾燥する前に拭き取るようにしましょう。天気がよく、日差しが強い日だと、太陽の光が車体の上に出来た水玉に照らされ、水玉がレンズの代わりになり虫眼鏡の様に車体の一部を焼いてしまい、汚れ(傷)ができてしまうこともあります。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア