世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

一重のアイシャドウテクニック!ブラウンを使いこなそう

2018.7.20

一重さんにとって大切なのは、”いかにメイクによって目を大きく見せるか”になります。

ただアイシャドウの塗り方を間違えてしまうと、腫れぼったい残念な目元になってしまうことも。

ポイントはブラウンの使い方。
一重さんが敬遠しがちなピンク系アイシャドウも、ブラウンを混ぜることでキリッとした目元を作ることができます。ぜひお試しを!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

バジルの栽培や収穫のこと。バジルの増やし方や摘心が必要なワケ

お料理好きな方は、バジルを家庭で栽培している方も多いでしょう。 使いたいときにすぐそこにバジルがあ...

絶食したら何日で何キロまで痩せる?安易な絶食はリスク大!

急いで痩せたい!ここは何も食べないのが最強だ!と、あまり安易に絶食などしないようにしてくださいね。 ...

イケメンなのに写真はブサイク?そのカラクリと対処方法

イケメンなのに写真ではブサイク…。そんな残念写真のカラクリとは? イケメンにあぐらをかいてはい...

壁にピンが刺さらない?ピン以外に使える方法を調べてみた

ポスターやちょっとした小物をかけるフック。部屋に取り付けたいけど壁にピンが刺さらない場合はどんな方法...

ハーブティー、ハイビスカスには女性に嬉しい効能がたっぷり!

ハイビスカスと言えば南国に咲く真っ赤な色鮮やかな花を思い浮かべますよね?ハーブティーに使われるハイビ...

ネギの植え替えの時期とは?植え替えをするときのポイント

料理の彩りや、お味噌汁の具となるネギですが家庭で育てるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょう...

トップのボリュームの出し方とは?ぺたんこなトップからの卒業

最近、老けて見えるようになったという人いませんか。 実は増えて見えてしまうのには理由があったのです...

タンパク質とアミノ酸とペプチドの違いや特徴を理解しよう

サプリメントの成分によく書かれているタンパク質、アミノ酸、ペプチド。どれも体に良いと言われていますが...

漫画喫茶の個室に監視カメラはついている?その実態を徹底検証!

リーズナブルな金額で、何時間もいられる漫画喫茶。食べ物や飲み物など豊富にあり、シャワーなどがついてい...

涙袋メイクのやり方で魅力的な色っぽ目元にさせるポイントとは

涙袋メイクのやり方はナチュラルにするのが一番です。 自然にするための涙袋メイクのやり方のポイントを...

虫が怖いと思うのはなぜ?虫嫌いを克服して好きになる方法

子供の頃は平気でアリや蝶、蜘蛛や芋虫などを捕まえて遊んだりしましたよね? それがいつの間にか苦手に...

スライムの作り方!ホウ砂なしでも作れるふわふわスライム

お子様が大好きなスライムは自分で作ることもできます。それほど難しい作業はないので、小学生の自由研究に...

髪の毛は生えている位置で名前が違う?部位別の呼び名

髪を切りに行って「どんなふうにしますか?」と言われたとき、どの部位をどうカットして欲しいかスマートに...

髪色を暗くしたいのに色落ちしてしまう原因と、その対処法

髪色を暗くしたいのに、何度染めても色落ちして明るくなってしまう・・・なんてことがありますよね。 ...

夜のBGMでリラックスしたい!そんな時におすすめの音楽

明日の朝のために早く休みたいと思ってもなかなかリラックスできない、というときにはどんなことをしたらい...

スポンサーリンク

一重のアイシャドウ、赤系の上にブラウン系をのせるとキリッとした目に!

一重の人にとって、目を大きく見せるためにアイメイクは欠かせないという人もいるのではないでしょうか?

では、一重の人が目を大きく見せるためにはどんなアイメイクをしたらいいのでしょうか?

オススメは、ブラウンの使い方です。

もちろん、色の組み合わせ方にも注意は必要です。

赤系やピンク系のアイシャドウを使うときには、濃いめのブラウン系のアイライナーを使いましょう!

赤系やピンク系のアイシャドウだけだと、肌になじまないので、派手な印象になってしまいがちです。

なので、赤系やピンク系のアイシャドウを塗るときは、自然な印象に見せるために狭めの幅で入れるようにしましょう。

そして、このとき選ぶアイシャドウは、パール感の強いものよりも、しっかり発色する色の方がオススメです。

さらに、その上からブラウン系アイシャドウを少しかぶせるようにして、ぼかすようにのせるといいですよ。

ぜひ試してみてくださいね。

一重さんはアイシャドウはブラウン系がマスト!ラメ入りには注意

一重の目を大きく見せるためには、アイシャドウの色選びは重要です。

目が腫れぼったく見えるような赤系の色や寒色系の色はやめましょう。

このような色は、目を小さく見せてしまい、キツイ印象にもなりやすいからです。

また、ラメ入りのアイシャドウも流行っていますが、これもNGです。

ラメ入りタイプは光を拾うため、余計に腫れぼったさを強調してしまうのをご存知でしょうか?

ですから、ラメ入りではなく、マットな質感のものを選ぶようにしましょう。

色を選ぶなら、ブラウン系がオススメです。

ブラウン系のマットなアイシャドウなら、一重や奥二重の目が大きく見せることができますよ。

さらに、色を塗る時に立体的に仕上げるためには、多少のテクニックが必要になります。

そして、アイシャドウは目で見た色と実際に乗せた色でも雰囲気が変わるので、自分の肌にのせてみるなど色の確認をしてから選ぶようにしてくださいね。

一重のアイシャドウテクニック!ブラウン系の使い方

一重の目もとを可愛く見せるためには、ブラウン系の使い方がポイントになります。

目を閉じて目頭から目じりまで、ブラウンライナーを太めにひきましょう。

これは、広い範囲にそれがぼかしやすいようにするのがオススメです。

そして、ブラウンのアイシャドウをアイラインの上に重ねてください。

目を開けた時にブラウンシャドウが見えるまで塗り広げると、目が大きく見えますよ。

このとき、赤みの少ないこげ茶などのアイシャドウを使うと、よりナチュラルに仕上がります。

一重の目もとを可愛く見せるためには、まぶたをすっきりと見せることがポイントになります。

目を丸く見せて、黒目がちに見せるようにしましょう。

さらに、タレ目に見せるのもいいですよ。

ぜひ試してみてくださいね。

一重の人が陥りやすい間違ったアイシャドウの仕方とは

一重の人は、目を少しでも大きくみせようとして、時に間違ったアイシャドウの使い方をすることがあります。

例えば、腫れぼったい一重まぶただと色がわかりにくいので、濃い色をたくさん塗りすぎてしまうことです。

そのせいで、どこかにぶつけたような、まるでアザのように見えてしまうことがあるのです。

なので、アイシャドウを塗るときは、程々にしておきましょう。

それから、一重まぶたを二重にするためにアイプチを使用している人も多くいることでしょう。

でも、これも使いすぎるとまぶたが切れて出血してしまったり、かぶれて腫れてしまうこともあります。

ですから、こちらも使用するときにはくれぐれも注意が必要です。

また、外国人のような立体的な目元に憧れる人もたくさんいますよね。

しかし、一重の目元に立体感を作ろうとしてブラウン系のアイシャドウを使うときには気をつけなければなりません。

立体感を出すつもりが逆に腫れぼったくなることもあるからです。

ブラウン系のアイシャドウを使うときには、赤みの強い色は避け、グレーやカーキに近い色を選ぶと失敗を防ぐことができますよ。

一重はピンクを避けるべき?ブラウンの混ざったピンクなら大丈夫!

では、一重の場合、どんなアイメイクをするのが一番良いのでしょうか?

そのコツさえ掴めば、一重まぶたでもスッキリとした目元が叶いますよ!

まず、一重まぶたのアイメイクには、カラーシャドウはポイントで入れるようにしましょう。

そして、一重まぶたのアイメイクには、アイカラーは2色以上使うことがオススメです。

濃い色と淡い色の2色のカラーを段階的に入れることによって、グラデーションができ、まぶたに陰ができますよ。

それによって目元の存在感も強調され、スッキリとします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア