世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

野球の練習着はどんなものがいい?冬におすすめな服装

2019.4.4

寒い冬に行う野球の練習着にはどんなものを準備したらいいのでしょうか?あまりたくさん着込みすぎると動きにくくなってしまいますが、寒いことで体を十分に使えないことも困ってしまいますよね。

そんなときには、このような防寒対策がおすすめです。何枚も着込むのではなく、ポイントを温めてあげましょう。

冬の防寒対策はコレで決まり!練習着におすすめな服装を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お茶を美味しく淹れるにはお湯を沸かす時間も気をつけて

お茶を美味しく飲みたい!そんな時はお湯を沸かす時間や方法にも注意をしてみてください。 お茶の淹...

バイアステープの縫い方のコツ!基本とカーブや角の上手な縫い方

バイアステープを縫う時には、縫い目がバイアステープから落ちてしまったり、シワがよってしまったり、初心...

唇を薄くしたいときのメイク方法とは?小さい口に見せるやり方

厚い唇を薄くしたいときにはどんなメイク方法がいいのでしょうか?ナチュラルに仕上げるにはこんなポイント...

お風呂に入らないのは何日が限界か調査してみました!

一日の終わりにお風呂に入るとすっきりしますよね。しかしお風呂に入らない人が増えているのも事実です。体...

チューリップの球根の正しい保存法と球根の大きさについて

来年もきれいな花を咲かせるために、チューリップの球根を保存したいと考えている人も多いでしょう。 ...

肩甲骨を下げるこつを知りたい!上がる肩をスッキリ下げる方法

あなたの肩甲骨は下がっていますか? 実は肩甲骨って可動域が他の骨よりも広いということは皆さんご存知...

夕日が綺麗に見えるための条件とは?必要なのは●●●!

綺麗な夕日を見ると、なんだか心が洗われた気分になって「よ~し!明日も頑張ろう!」と思えますよね。 ...

部屋が暑いときの対策とは?オススメ換気扇の活用法

部屋が暑いときに涼しくするためには、できればクーラーなどを使わずに経済的に済ませたいですよね。 ...

紫陽花の挿し木の方法。増やしやすい適した時期と手順

花は人の心を癒やしてくれますよね。 花を見るだけで心が和むというものです。 その中でも紫陽花は梅...

美術作品のレポートをどうまとめれば良いのか

学校の課題で美術の作品に関するレポートを提出するのは、美術学校あるあるですよね。 しかし、ある程度...

髪の毛は生えている位置で名前が違う?部位別の呼び名

髪を切りに行って「どんなふうにしますか?」と言われたとき、どの部位をどうカットして欲しいかスマートに...

家電の値引き交渉のコツ!少しでもお得に安く購入するには

家電量販店では少しでも安く購入するために、他店の値段を比べたりして値引きを交渉するという人もいますよ...

日本語は難しい!外国人から見た日本語が難解な理由

普段私達が話している日本語は、外国人の方から見ると難しいと言われますよね。 「日本語は世界一難しい...

メガネの調整を自分でするポイントや歪みを防ぐための使い方

メガネの調整は自分でできたらいいですよね。調整が自分でできればメガネ店まで足を運ばなくても済みます。...

顔に生える白い毛は硬い?福毛や宝毛と呼ばれるその毛の正体とは

顔に白い毛が生えた経験はありますか?私は眉毛の付近に定期的に硬い白い毛が生えることがあります。 ...

スポンサーリンク

冬の野球の練習着は温かいものを選びましょう

体が十分に温まっていない状態で運動をすると、それだけケガにつながる恐れが高くなります。野球などの真冬にも屋外で練習を行うスポーツでは、体が温まるまでに時間がかかるうえに、黙って動かないでいると体温を保つことが難しくなるため、なるべく速やかに体温をあげつつ、温かさをキープできる練習着を身につける必要があります。

ただ体を温めるだけであれば、単に重ね着や厚着をすれば良いということになりますが、それだと体の自由な動きを妨げるだけでなく、汗をかきすぎて今度は反対に上手く体温調節ができなくなり、結果的に汗が冷えて体調を崩す原因にもなりかねません。

これを防ぐためには、吸湿性に優れていて、なおかつ温かさをキープできるタイプのアンダーシャツがおすすめです。首から入る隙間風を防ぐためにも、真冬の練習着としてはハイネックのアンダーシャツを選びましょう。体から出る汗を吸って発散し、熱に変えてくれる効果のある素材を使用したシャツを素肌に身につけることで、汗による冷えを予防しつつ、快適な温かさを維持できます。

野球の練習着。冬はタイツも履きましょう

真冬の屋外での野球練習には、アンダーシャツとともにタイツを履くと、温かさが断然違ってきます。

タイツと言うと、お子さんにはなんとなくオジさんっぽいと敬遠されるかもしれませんが、これを一枚身につけるかどうかで、冷えによる筋肉の緊張を和らげ、ケガの防止にもつながるのです。

上半身はある程度温まるまで上にジャンパーなどを着込むことができますが、下半身は重ね着すると言っても限界があるので、本当に寒い時期の練習着として使用するのでしたら、裏起毛タイプのタイツがおすすめです。

ただし、有名スポーツメーカー製の商品は、高機能であることは間違いありませんが、それだけいいお値段もします。野球の練習着の中に着込む、外からは見えない部分にそこまでお金をかけることに対して抵抗のある方は、屋外作業を行うお仕事の方たち御用達の、作業着などを販売しているショップでも、さまざまなタイプの防寒着が販売されていますので、ぜひ一度覗いてみてください。

冬の野球の練習着で忘れてはいけないのが「首」

真冬の防寒対策としては、「首」「手首」「足首」を冷やさないようにするのがポイントだという話を耳にしたことはありませんか?この3首を冷やさないようにするということは、逆に言えばそれらを温めることで、体全体をより効果的に温めることができるということになります。

真冬の時期の野球の練習着としては長袖に長ズボンが基本となりますので、防寒を意識するうえでは、あとは首周りを温めれば良いということになります。

体が温まるまでは首周りをネックウォーマーなどで保温するのはもちろんのこと、耳まで隠れるニット帽などを被って、首周りから熱が逃げていかないようにしましょう。

また、ウォーミングアップをしてもなかなか温まりにくいふくらはぎを効果的に温めるために、レッグウォーマーを身につけるのもおすすめです。ふくらはぎの筋肉は、投げる・打つ・走ると全ての面において重要となりますので、素早く温める残したことはないでしょう。

冬に野球の練習をするときに役立つ小物

野球の真冬の屋外練習において、体全体を温めるのことはもちろん重要ですが、手や指先が冷えないようにすることが基本です。体を動かすことで温かくなる部位とは違って、とくに指先は冷えやすいため、寒い時期には指先の感覚が鈍って動きが悪くなることでケガをしやすくなったり、とくにピッチャーの制球には大きく影響を及ぼします。

実際にボールに触れる場面では手袋を身に着けたままプレーすることはできませんが、すくなくともそれ以外のトレーニング中に手先を温めておくためには、手袋が欠かせません。とくに冬場のように走ることが多い練習メニューの中では、風をきってランニングする際も、手袋をするのとしないのとでは、手の温まり方がまるで違ってきます。

冬の野球練習前には体を温めることもおすすめ

真冬の野球の練習には、入念なウォーミングアップが不可欠です。しっかりと体を動かして温めるためには、練習前に温かい飲み物を飲んで、体の中から温めるのも効果的です。

また、練習前だけに関わらず、普段の生活でも体をなるべく冷やさないように心がけることが重要となります。そのためには、冷たい物を大量に摂取することは避け、適度に温かい食べ物や飲み物をとるように意識することが大切です。

飲み物に関しても、生姜などの体を温める作用のあるモノを活用して、体質から改善していくことで、免疫力を高めて風邪をひきにくくなるというメリットもあります。

野球の練習着以外でも、普段から外出する際にもなるべく薄着にならないようにして、体温を保つ工夫をするようにしましょう。

真冬の時期をケガなく乗り切るためにも、体の冷えを予防してすることがとにかく重要ですので、お子さんの練習環境に合わせて、最適な練習着を用意してあげたいものですね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア