世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

野球の練習着はどんなものがいい?冬におすすめな服装

2019.4.4

寒い冬に行う野球の練習着にはどんなものを準備したらいいのでしょうか?あまりたくさん着込みすぎると動きにくくなってしまいますが、寒いことで体を十分に使えないことも困ってしまいますよね。

そんなときには、このような防寒対策がおすすめです。何枚も着込むのではなく、ポイントを温めてあげましょう。

冬の防寒対策はコレで決まり!練習着におすすめな服装を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

家賃の値下げ交渉する場合は更新時を見逃すな!

今住んでいる物件の更新期限はいつか知っていますか?通常は契約した月から2年後が更新期限になっています...

幼稚園は夏休み期間の保育料がかかる!保育料がかかる理由を解説

幼稚園の夏休みの期間は地域によっても違いますが、8月は夏休みで幼稚園に行かない、行っても短い期間しか...

気になる服の生地の名前を知りたい時は調べてみよう

服を買おうと思った時に、最も気になるのがデザインですが、それと同じくらい生地に何が使われているのかを...

2週間で3キロも太ったら?その原因とすぐに元に戻す方法

2週間で3キロも太ったら、さすがに焦ってしまいますよね。これって元に戻すことはできるのでしょうか? ...

フラダンスのステップ、カベルの踊り方とそのポイント

フラダンスには様々なステップがありますが、カベルというステップもあります。 両かかとを上げて横...

足が長い基準はどこから?日本人の足の長さの平均値

足が長い基準は何センチから?身長が違うため、足が長いかどうかの基準は、このような計算方法で出すことが...

髪色を暗くしたいのに色落ちしてしまう原因と、その対処法

髪色を暗くしたいのに、何度染めても色落ちして明るくなってしまう・・・なんてことがありますよね。 ...

主婦必見!洗剤の種類と特徴をしっかりと覚えよう!

スーパーなどに行くといろいろな種類の洗剤が並んでいて、どれにしようかを悩んでしまいますよね。 ...

銀杏の下処理方法!簡単にできる殻の剥き方

銀杏は美味しい秋の味覚ですが、元々は固い殻におおわれていて下処理が必要な食べ物です。食べると美味しい...

はちみつ石鹸を手作り。色々な作り方とはちみつ石鹸について

石鹸を手作りしてみませんか。はちみつを入れたはちみつ石鹸の作り方を紹介します。 まずはベーシッ...

スライムの作り方!ホウ砂なしでも作れるふわふわスライム

お子様が大好きなスライムは自分で作ることもできます。それほど難しい作業はないので、小学生の自由研究に...

ファスナーの修理方法!自分でできる壊れたファスナーの直し方

急いでいる時に限って、ファスナーが上手く動かないとか、生地を噛んで上にも下にも進まないと、慌てた経験...

塗り絵に使う色から考察する子供の心理について

塗り絵をしている子供が黒色ばかりを使っていたらなんだか心配になってしまいますよね。 ここでは、...

漫画喫茶の個室に監視カメラはついている?その実態を徹底検証!

リーズナブルな金額で、何時間もいられる漫画喫茶。食べ物や飲み物など豊富にあり、シャワーなどがついてい...

絞りの浴衣は自分で洗濯ができる!洗濯の手順とポイントを解説

絞りの浴衣は自分で洗濯することができるのでしょうか。夏になると浴衣を着てオシャレを楽しむ人もいますよ...

スポンサーリンク

冬の野球の練習着は温かいものを選びましょう

体が十分に温まっていない状態で運動をすると、それだけケガにつながる恐れが高くなります。野球などの真冬にも屋外で練習を行うスポーツでは、体が温まるまでに時間がかかるうえに、黙って動かないでいると体温を保つことが難しくなるため、なるべく速やかに体温をあげつつ、温かさをキープできる練習着を身につける必要があります。

ただ体を温めるだけであれば、単に重ね着や厚着をすれば良いということになりますが、それだと体の自由な動きを妨げるだけでなく、汗をかきすぎて今度は反対に上手く体温調節ができなくなり、結果的に汗が冷えて体調を崩す原因にもなりかねません。

これを防ぐためには、吸湿性に優れていて、なおかつ温かさをキープできるタイプのアンダーシャツがおすすめです。首から入る隙間風を防ぐためにも、真冬の練習着としてはハイネックのアンダーシャツを選びましょう。体から出る汗を吸って発散し、熱に変えてくれる効果のある素材を使用したシャツを素肌に身につけることで、汗による冷えを予防しつつ、快適な温かさを維持できます。

野球の練習着。冬はタイツも履きましょう

真冬の屋外での野球練習には、アンダーシャツとともにタイツを履くと、温かさが断然違ってきます。

タイツと言うと、お子さんにはなんとなくオジさんっぽいと敬遠されるかもしれませんが、これを一枚身につけるかどうかで、冷えによる筋肉の緊張を和らげ、ケガの防止にもつながるのです。

上半身はある程度温まるまで上にジャンパーなどを着込むことができますが、下半身は重ね着すると言っても限界があるので、本当に寒い時期の練習着として使用するのでしたら、裏起毛タイプのタイツがおすすめです。

ただし、有名スポーツメーカー製の商品は、高機能であることは間違いありませんが、それだけいいお値段もします。野球の練習着の中に着込む、外からは見えない部分にそこまでお金をかけることに対して抵抗のある方は、屋外作業を行うお仕事の方たち御用達の、作業着などを販売しているショップでも、さまざまなタイプの防寒着が販売されていますので、ぜひ一度覗いてみてください。

冬の野球の練習着で忘れてはいけないのが「首」

真冬の防寒対策としては、「首」「手首」「足首」を冷やさないようにするのがポイントだという話を耳にしたことはありませんか?この3首を冷やさないようにするということは、逆に言えばそれらを温めることで、体全体をより効果的に温めることができるということになります。

真冬の時期の野球の練習着としては長袖に長ズボンが基本となりますので、防寒を意識するうえでは、あとは首周りを温めれば良いということになります。

体が温まるまでは首周りをネックウォーマーなどで保温するのはもちろんのこと、耳まで隠れるニット帽などを被って、首周りから熱が逃げていかないようにしましょう。

また、ウォーミングアップをしてもなかなか温まりにくいふくらはぎを効果的に温めるために、レッグウォーマーを身につけるのもおすすめです。ふくらはぎの筋肉は、投げる・打つ・走ると全ての面において重要となりますので、素早く温める残したことはないでしょう。

冬に野球の練習をするときに役立つ小物

野球の真冬の屋外練習において、体全体を温めるのことはもちろん重要ですが、手や指先が冷えないようにすることが基本です。体を動かすことで温かくなる部位とは違って、とくに指先は冷えやすいため、寒い時期には指先の感覚が鈍って動きが悪くなることでケガをしやすくなったり、とくにピッチャーの制球には大きく影響を及ぼします。

実際にボールに触れる場面では手袋を身に着けたままプレーすることはできませんが、すくなくともそれ以外のトレーニング中に手先を温めておくためには、手袋が欠かせません。とくに冬場のように走ることが多い練習メニューの中では、風をきってランニングする際も、手袋をするのとしないのとでは、手の温まり方がまるで違ってきます。

冬の野球練習前には体を温めることもおすすめ

真冬の野球の練習には、入念なウォーミングアップが不可欠です。しっかりと体を動かして温めるためには、練習前に温かい飲み物を飲んで、体の中から温めるのも効果的です。

また、練習前だけに関わらず、普段の生活でも体をなるべく冷やさないように心がけることが重要となります。そのためには、冷たい物を大量に摂取することは避け、適度に温かい食べ物や飲み物をとるように意識することが大切です。

飲み物に関しても、生姜などの体を温める作用のあるモノを活用して、体質から改善していくことで、免疫力を高めて風邪をひきにくくなるというメリットもあります。

野球の練習着以外でも、普段から外出する際にもなるべく薄着にならないようにして、体温を保つ工夫をするようにしましょう。

真冬の時期をケガなく乗り切るためにも、体の冷えを予防してすることがとにかく重要ですので、お子さんの練習環境に合わせて、最適な練習着を用意してあげたいものですね。

 - 生活を便利にするアイデア