世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

電車の暖房は暑いからいらない!自分で出来る対策とは

2018.6.25

冬の電車に乗ると、暖かいのはありがたいのですが、むしろ暖房が効きすぎて暑い・・・なんてことがありますよね。暖房はいらないと感じている人も多いのではないでしょうか?

もう少し温度を下げてくれたら良いのに・・・と思いますが、温度調節はどうなっているのでしょう?

また、汗をかかない為の対処法や、おすすめの服装もご紹介します。

快適に電車に乗るために、知っておきたい情報を集めてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

2週間で3キロも太ったら?その原因とすぐに元に戻す方法

2週間で3キロも太ったら、さすがに焦ってしまいますよね。これって元に戻すことはできるのでしょうか? ...

日本の平野や盆地の覚え方とは?関連付けると忘れにくい

日本の平野や盆地を覚えるときにはどんなコツが必要なのでしょうか?丸暗記をすればいいのでは?と思ってし...

オリジナルの話を創作したいけど、ネタと世界観に困ってる

マンガや小説などを読んでいるうちに自分もオリジナルの話を創作したいと考える人もいるのではないでしょう...

暇なときの遊びはコレ!2人で出来る遊びはこんなにあった!

友達と、恋人と2人でいる時間が暇だ・・・何しよう?っていう時もありますよね? 暇つぶしにできる...

野球の練習着はどんなものがいい?冬におすすめな服装

寒い冬に行う野球の練習着にはどんなものを準備したらいいのでしょうか?あまりたくさん着込みすぎると動き...

ピアスの付け方!セカンドピアスに付け替える目安と付けるコツ

ファーストピアスを付けている人は、ピアスホールが安定してきた頃にセカンドピアスへと付け替えます。この...

夜のBGMでリラックスしたい!そんな時におすすめの音楽

明日の朝のために早く休みたいと思ってもなかなかリラックスできない、というときにはどんなことをしたらい...

酢に重曹を混ぜる効果!掃除で効果的な汚れの落とし方

おうちのお掃除に、どこのご家庭にもあるお酢と重曹を使って汚れを落とす方法をご存知ですか? この...

着物の長襦袢は自分で洗濯出来る?洗濯方法とポイントをチェック

着物を着た後はお手入れが大切です。きちんとお手入れをすれば、着物を長持ちさせることも出来ます。着物は...

夕日が綺麗に見えるための条件とは?必要なのは●●●!

綺麗な夕日を見ると、なんだか心が洗われた気分になって「よ~し!明日も頑張ろう!」と思えますよね。 ...

梱包する時にプチプチの向きって、どっちが正解なのでしょうか

プレゼントや、フリマアプリなどで落札してもらった品物を包む時に大活躍する梱包材と言えば、プチプチです...

自転車のブレーキの音鳴りの原因とその対処法について徹底解説

自転車に乗ってブレーキをかけた時に「キーキー」というような音鳴りがすると、周りの人にうるさいと思われ...

日本語は難しい!外国人から見た日本語が難解な理由

普段私達が話している日本語は、外国人の方から見ると難しいと言われますよね。 「日本語は世界一難しい...

洗車の拭き上げのコツと効率の良い洗い方について

洗車後の拭き取りは以外に時間の掛かるものですよね。 洗車よりも、この拭き取りが面倒と感じている...

男子メイクのコツやポイント女子が男装するときのメイク方法

普通のメイクは、上手くできても男装メイクが上手くいかない…。という人は多いのではないでしょうか? ...

スポンサーリンク

冬の電車の暖房はありがたいけど、暑いからいらない!温度調節はどうなってる?

冬でも電車内が満員の際などは暖房の温度を下げたり、切ったりして欲しいものです。そもそも電車の中の暖房設備はどのようになっているのでしょうか?

京急電鉄に聞いてみた

実際に、お客様から「暑い」という声があがることもあるみたいです。しかし、京急電鉄の場合は暖房の設定温度が決められていて、車内の温度によってスイッチが自動的にON/OFFで切り替わるんだとか!その為、家にあるエアコンみたいに温度の設定を変えて調節することが出来ない、というのが現実みたいです。

具体的な温度として、車内温度が21度になった時点で暖房のスイッチが入り、23度になると自動的に切れるんだとか。

電車を車庫から出すときに、乗務員が暖房のスイッチをつけるものの、その後は基本的にスイッチをいじる事は無いみたいですよ。

冬に電車に乗ると車内が暑い、暖房はいらないと考える人の意見とは

冬なのでもちろん薄着をしているはずも無く、防寒対策として着込んでます。その状態で電車に乗ると暑い。

汗はダラダラと出てくるし、暑さで頭はボーっとしてきて、気持ちが悪くなりそうです。きっと私以外にも、同じような思いをしている人って結構いるんじゃないですかね?

混雑しているときに限らず、むしろ空いてる時の方が気になるほどです。足元と頭上の温度にものすごく差を感じます。座っている人は足元が暖かくて良いのかもしれませんが、立っている人の足元までは届きません。

それでいて、暖かい空気が上のほうに立ち込めていて、頭がもわっとして気持ち悪くなるのです。

夏に涼しく過ごすよりも、冬に暖かく過ごす方がとても容易だと私は思っています。冬は着込めば良いですからね。

でもそんな格好で暖房がガンガンにかかっている電車に乗れば、暑いのは当然です。暑ければ脱げばいいなんて思う人もいるかもしれませんが、荷物も持っている中で大変です。

暖房はいらない!電車の暑さで汗をかかないための対処法

首や脇を冷やす

首や脇を、冷たいペットボトルや保冷材などを使って冷やしてみてください。そうすると、急激に上がった体温も早く下がり、汗の分泌を抑える事が可能です。

深呼吸する

精神的なことが理由で汗をかいてしまうという場合は、呼吸を一旦落ち着かせましょう。そして、汗をかいている自分を気にしないこと。開き直りも大事ですよ。

電車に乗るのを遅らせて、コンビニで涼む

もし時間があるのであれば、すぐに電車には乗らずに一旦コンビニへ立ち寄り、涼むと良いでしょう。駅に到着するまでの間に汗をかいてしまうことがありますので、時間に余裕を持って行動できると良いですよね。

ツボを押す

大包のツボというものをご存知ですか?舞妓さんの着物にも取り入れられている、汗を止めるためのツボです。色々なツボの中でも、特に効果があるとされています。

腕組するように左右の手を交差させ、逆側のツボをそれぞれ押してください。

このツボを応用した商品も出ているみたいですよ!制汗スプレーなどでも効果が感じられないという場合は、ムダ汗防止バンドを使用してみるのも良いかと思います。

真冬でも暖房を使わない地下鉄はあります!

東京メトロ銀座線の地下鉄では、暖房のない車両が走っている事を知っていますか?

車体が銀色の01系や黄色い1000系が走っていますが、01系の中でも初期に造られたものの中には暖房の無い車両が未だに走っているようです。

冷房の無い車両というのは全国的に見ても珍しいのですが、暖房の無い車両というのは更に珍しいと言えます。

この01系が出たのは1983年で、この時代にはもうエアコンが一般家庭でも普及していました。その為、01系に暖房をつけなかったのは、技術的な問題ということではありません。東京メトロの全ての車両に冷房はついていますので、暖房だけが無いことになるのです。それは何故なのでしょう?

東京メトロに聞いてみたところ、ほとんどがトンネル区間となっているため、冬でも外のように低温になる事は無いからという理由でした。

銀座線は、ほとんどが地下を走る路線となっています。一日中利用するお客さんが多いので、冬でも送風などが入る日もあるみたいです。そういったこともあって、暖房を利用する機会は少ないと考えたのでしょう。

冬の電車は暖房で暑い、おすすめの服装とは

脱ぎ着しやすいものを重ね着

室内や電車の中が暑いという場合でもやはり外は寒いので、防寒対策はしっかりとしなくてはいけません。しかし、そこでセーターやニットワンピースなどを着てしまうと、脱ぎ着することも出来ず温度変化に対応出来なくなってしまうのです。

その為、脱ぎ着しやすい服を重ね着することをおすすめします!薄手のセーターにシャツを羽織ったり、パンツの下にレギンスを履いてみたり。

この際、重ね着する前の格好は暖かい場所に合わせることがポイントになります。そうすれば、室内でちょうど良い温度を保つことが出来るのです。基本は暖かい場所に合わせた服装をし、重ね着する際に寒い場所に対応出来るようにしておくと良いでしょう。

スヌードを活用

防寒対策として、スヌードを活用するのもおすすめです。巻き方を考える必要も無く、サッと手軽に身に付けられるのが嬉しいポイントです。

大きいタイプのスヌードであれば、寒いときには何重にも巻くなどして温度調節をすることも可能です。時には腹巻として使うことだって出来ちゃうんですよ!寒いときにはお腹を暖めることで、体を芯から暖めてくれます。その際には小さいタイプのスヌードが巻きやすいかもしれませんね!

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア