世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

目を二重に!マッサージでパッチリ目元を手に入れる方法とは

2018.10.30

目元って顔のパーツの中で印象を決める大切なところですよね?

やっぱり、一重より二重の方がスッキリ・くっきり・ぱっちりの印象になるのは事実です。

アイプチを使い続けるのも精神的にも現実的にも金銭的にも結構負担…。

整形手術ではなく、マッサージでまぶたに二重のラインを入れられれば…。

そんなあなたの願いを叶えるべく、自力で一重まぶたを二重まぶたにする方法をご紹介します!

目元のむくみを取ったら、あっさりと二重になった経験のある私が、二重の成り立ちから二重になるためのマッサージ方法などをしっかりとレクチャーしちゃいます!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

酢に重曹を混ぜる効果!掃除で効果的な汚れの落とし方

おうちのお掃除に、どこのご家庭にもあるお酢と重曹を使って汚れを落とす方法をご存知ですか? この...

オリジナルの話を創作したいけど、ネタと世界観に困ってる

マンガや小説などを読んでいるうちに自分もオリジナルの話を創作したいと考える人もいるのではないでしょう...

髪の毛の抜け毛が多い?その理由と抜け毛を防ぐために出来る事

髪の毛をシャンプーしたらごっそり毛が抜けたり、髪を櫛で梳かすと櫛にたくさんの髪の毛が残ったり、部屋の...

団地のお風呂で実践できる収納術!狭いスペースでも上手に収納

団地のお風呂に収納スペースがなくて困っている主婦の皆さんもいますよね。お風呂場はあまりスペースが無い...

着物の長襦袢は自分で洗濯出来る?洗濯方法とポイントをチェック

着物を着た後はお手入れが大切です。きちんとお手入れをすれば、着物を長持ちさせることも出来ます。着物は...

窓の冷気を防ぐプチプチの上手な貼り方【冬の節約術】

寒い季節になると窓からの冷気に悩んでいるという方はいませんか? 冬が近くなるとホームセンターの店頭...

笑顔の筋肉を鍛えてキレイの数をどんどん増やそう!

日々増える顔のシワに恐怖を抱いている人いませんか。 鏡を見て気づかないうちにあるシワに悲しくなって...

ファスナーの修理方法!自分でできる壊れたファスナーの直し方

急いでいる時に限って、ファスナーが上手く動かないとか、生地を噛んで上にも下にも進まないと、慌てた経験...

3人家族に必要な生活費とは?赤ちゃんのうちに節約しておこう

赤ちゃんが生まれて3人家族となると、夫婦でいた時よりもお金がかかるようになりますが、みんなはどうやっ...

先行予約のチケットで取れる席と良席をゲットする方法について

コンサートのチケットを取るためにチケットサイトを利用する場合、先行予約と一般販売とで取れる席はどのく...

バイアステープの縫い方のコツ!基本とカーブや角の上手な縫い方

バイアステープを縫う時には、縫い目がバイアステープから落ちてしまったり、シワがよってしまったり、初心...

車で500万かけるなら年収はいくら必要?車の購入目安

500万の車を買うなら、年収はいくら以上必要?車のローンを組むなら、支払っていけるかどうかのシミュレ...

ラジオで投稿したものが読まれるポイントとは!採用されるコツ

ラジオの投稿で読まれるにはどんなコツやポイントがあるのでしょうか? なぜ、あの投稿者はあんなに...

紅梅と白梅の違いは?二つの違いと見分け方をご紹介

梅には紅と白の花をつける二種類のものがあります。同じ梅なのに二種類あることを不思議に思う人もいますよ...

梱包材のプチプチには裏表があるの?プチプチの使い方とポイント

梱包材としてお馴染みの「プチプチ」ですが、裏表があるのかどうかで悩んだことありませんか? テープの...

スポンサーリンク

目を二重にしたい!整形じゃなくマッサージで二重に。その前にどうして一重と二重の人がいるの?

人と話す時、真っ先に視界に入ってくる「顔」は、印象を左右するパーツと言えます。

その中でも、「目」は、その人自身の印象を強く決めるパーツと言えるでしょう。

顔立ちは個人個人で異なりますが、国によっても大きく異なります。

欧米人は、一般的に顔の凹凸がはっきりしていて立体的であることに対し、日本人は平面的な顔立ちということは一番先に気が付く違いではないでしょうか。

日本人の目は、一重の人もいれば、二重の人もいます。

一重まぶたの人は、日本人の約7割とも言われるほどです。

アジア圏を見てみると、やはり日本人と同様に一重まぶたの人も多いようです。

しかし、アメリカ人を始めとする欧州など諸外国の人たちで、一重の人はほとんどいません。
これは、日本人の起源に関係します。

日本人の最初の祖先と言われる縄文人は、元をたどるとアフリカからやってきたと言われています。

縄文人は、彫りが深い顔立ちで、ほぼ二重まぶたでしたが、氷河期に入り、シベリアで寒さから身を守るために、まぶたに脂肪を蓄えるようになった一重まぶたの人たちが、今のアジア圏に移り住むようになり、やがて弥生人になったと言われているのです。

目を二重にしたいなら毎日このマッサージを続けて!

一重まぶたの原因は、まぶたの脂肪が原因であることがほとんどです。

そのため、まぶたのマッサージをすることで、まぶたの脂肪が減り、二重まぶたになることもあります。

目の周辺の筋肉や皮膚は、とてもデリケートなので、力を入れてマッサージすることは禁物です。

優しく、ほどよい力加減で毎日行うようにしましょう。

目のパチパチ体操で二重に!

目だけを動かしたいので、眉毛を動かさないように、両手を両眉にあてて固定します。
この状態で、眉毛が動かないように目を大きく開き5秒そのままにします。
その後、目を閉じて同様に5秒そのままにします。
この動作を3~5セットを繰り返し行いましょう。

二重にするために目の周辺をマッサージ

眉毛の下にある骨を、目尻から目頭にかけて数箇所を3秒ほど時間をかけて押します。
今度は、目の下にある骨を目頭から目尻にかけて同じように時間をかけて数箇所押します。
こめかみ部分を中指と人差し指で数秒押して、鎖骨付近までさするように動かします。
リンパが正常に流れて、血行が良くなります。

ぽってりとした目元の脂肪を減らすマッサージをして二重になる!

まぶたについた脂肪が原因で一重になっているのであれば、まぶたの脂肪を減らすことで二重まぶたになる可能性があります。

目の周辺の筋肉を使うことも効果がありますが、ホットマッサージをするということも、効果が期待できます。

美容院や整体に行くと、ホットタオルで顔を温めてくれることがありますよね。

顔がスッキリして目が覚めるホットタオルですが、実は自宅でも簡単に出来るんです!

まず、タオルを水で濡らして普通に絞ります。

40度程度のホットタオルを作る場合は、500Wの電子レンジで30秒ほど加熱します。

ホットタオルをもっと温めたい時は、10秒ずつ加熱時間を伸ばしてみてください。

熱すぎるホットタオルは、デリケートなまぶたには刺激が強いので、程よく温かい適温に調整しましょう。

ホットタオルを顔において、5分前後置いたら、顔の表面がとてもリラックスした状態になっているはずです。

その状態で、まぶたを目頭から目尻にかけてマッサージしましょう。

目尻に脂肪を流すイメージです。

先程書いたようなまぶたの運動やマッサージを取り入れてみましょう。

目が二重になりやすい人とそうじゃない人がいます。あなたはどっち?

同じ日本人なのに、はっきりした二重の人もいれば、切れ長の一重の人など、日本人は他の国に比べて顔立ちが異なりますよね。

日本人には、欧州の人にはない蒙古ひだというものが存在します。

この蒙古ひだとは、目頭にあるピンクの肉を隠す皮膚を指します。

西洋人にはこの蒙古ひだが無く、日本人には元々ある人が多いのです。

そして、この蒙古ひだがある人は、一重になりやすいと言われています。

また眠くなった時や疲れている時に二重になる人や、二重の線が出来る人などは、二重になりやすい人です。

このような人は、マッサージなどによって一重から二重になる可能性があります。

また、まぶたの皮膚が薄い人は、厚い人よりも二重になりやすいと言われています。

まぶたはデリケート。二重にしたいからと言って力を入れすぎないこと

どうしても、ぱっちり二重は女子が憧れるパーツの上位にあがるものです。

一重の人は、自力でなんとか二重にしようと試行錯誤することも少なくありません。

でも、体の中で特にまぶた付近の皮膚はとてもデリケートにできています。

二重にしたいという強い気持ちから、強めにマッサージしてしまい、刺激を与えたことにより、肌荒れなどの別のトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

またマッサージを毎日繰り返していて、まぶたの皮膚がたるんでしまったということもあります。

まぶたをマッサージする時は、気持ちの良いくらいの丁度よい力加減で行うことが大切です。

まぶたは眼球を守る大切な部分です。

引っ張ったり、こするのではなく、あくまでも優しく押すということを意識してマッサージしましょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア