世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バスケのシュートで回転かからないのはなぜ?原因と対処法

2019.3.14

バスケのシュート練習をしても、回転かからないボールばかりでシュート率も悪い。

回転が上手くかからないのはなぜなのか、と悩んでしまうケースは多いようです。

シュートをする時にボールが回転しないと、シュートが外れてしまうだけでなく、飛距離も伸びません。
では、どうすれば改善するのでしょうか。

バスケのシュートで回転かからない原因と対処法、練習方法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

太ももに隙間ができない人は足が太い?太ももが太い原因と対処法

太ももに隙間ができないことで悩んでいる女性もいますよね。ほっそりとしたキレイな足にあこがれている女性...

バク転の練習!自宅での練習方法と注意点・恐怖心を取り除く方法

バク転ができるようになりたいと思っている人もいますよね。自宅でできる練習方法が知りたいという人もいる...

バスケ合宿の持ち物、定番以外であると便利な持ち物をご紹介

バスケ部で毎年夏に合宿を行うところもあると思います。泊まりなので、どんな持ち物が必要なのかと悩んでし...

部活は上下関係を学ぶことができる大切な場所面接で活かす方法

部活は上下関係を学ぶには、とても良い環境と言えるでしょう。 もちろん、その部活によって違いはあ...

スキーのパラレルターンのコツとは?ポイントは大回り

スキーのパラレルターンにはどのようなコツがいるのでしょうか?なかなかパラレルターンが上手くできないと...

合唱のピアノ伴奏をするコツとは?上手く弾くために必要なこと

中学校で行われる合唱コンクールでピアノ伴奏に選ばれ、さあ!練習しなきゃ!と思っても、いつも通りの練習...

バスケのシュートフォームを矯正すればシュート率はアップする

バスケのシュート練習をしてもボールが入らない。それは、シュートフォームの矯正が必要なのかもしれません...

合気道と空手、子供にどっちを習わせるかで迷っている方へ

強い子になって欲しい!そんな願いから、子供に合気道か空手を習わせようと考えている親御さんも多いのでは...

卓球のサーブのコツ!初心者でも上達する回転をかける練習方法

卓球のサーブのコツとは、どんなことに気をつけて練習するべきなのでしょうか。卓球初心者は、まず何より練...

バドミントンのレシーブが奥まで飛ばないときの対処方法やポイント

バドミントンのレシーブが飛ばない、届かない原因にはどんなものがあるのでしょうか? 力いっぱい打って...

ブリッジ【やり方のコツ】意識するポイントや注意点と練習方法

ブリッジのやり方にはコツがあります。一般的に言われるブリッジとは、仰向けになって両手と両足を地面につ...

スキーとスノボはどっちがおすすめ?両者の魅力と特徴を解説

これからウインタースポーツを始めようと思っている人の中には、スキーとスノボのどっちを始めようか悩んで...

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか? 硬式とは違ってボールを...

バドミントンは身長が高いと有利?低い人の攻め方や戦術方法とは

スポーツ選手は身長が高いと有利なものがたくさんありますが、その中でもバドミントンは、背が高いと有利な...

バスケのシュート練習は自宅でも出来る。色々な方法と効果とは

バスケのシュートを簡単そうに入れる人を見て、羨ましいと思ったことはありませんか? バスケのシュ...

スポンサーリンク

バスケのシュートの回転かからない原因は「手首」

コーチや監督から「もっとスナップを効かせて」と言われることがありませんか?

「手首を返して」という言い方もかもしれません。

バスケでは肩や腕だけでなく、手首を返す動作でボールを弾き出して回転をかけることが大切です。手首を使い、スナップを効かせることでボールは回転し、それによって飛距離は確実に伸びます。

ボールに回転がかからないのは、手首の返しが足りない・返っていないという原因が考えられます。

シュートした後の自分の手首を気にしてみて下さい。

あまり意識せずに自然に普段どおりにシュートした手の形がどうなっているかチェックします。

ボールをリリースした直後の手の形が、きちんと返っているでしょうか。

もしできていないのなら、それはフォームが悪いことが根本的な原因かもしれません。ボールを持つフォームが正しければ手首は意識しなくても「返る」ものです。

力みすぎず正しいフォームでプレイできていないのが、シュートで回転がかからない原因の1つなのです。

バスケのシュートの回転かからない時はスピンさせることを意識しよう

リリースの瞬間指で回転をかける

バスケでシュートする時のボールの持ち方は、手のひらはボールにつけず指先の第二関節から先を使って持ちます。

ボールが手から離れる瞬間に手首を返し、指先を使ってボールにバックスピンをかけながらリリースします。

ボールは回転することでまっすぐ飛ぶので、最初はリングから近い距離でスピンをかけることを意識して練習しましょう。

スピンが上手くかかるようになったら少しずつリングから離れて、遠くからでもシュートが狙えるようにしていきましょう。

薬指や小指が回転の角度を変えてしまう

右利きであれば、シュートの時に右手(シューティングハンド)の中指がボールの中心にあるはずです。

そして、リリースの瞬間は基本亭に人差し指・中指によって回転を掛けならが押し出されます。

うまく回転かからないという人は、このリリースの瞬間に薬指や小指が当たっていることが考えられます。

本来、縦に回転するはずのボールに薬指や小指が当たることで微妙に横回転が加えられ、ボールの回転が斜めになってしまうのです。

回転が斜めだとボールはまっすぐに飛ばず、結果として狙った位置から外れてしまうことなるのです。

手首が原因でバスケのシュートの回転かからない場合の練習方法

シュート感覚を磨く

床に仰向けで横たわった状態で真上に向かってシュートの練習をしましょう。正しく真上ににボール投げ上げることができているなら、姿勢や体の位置を変えずにボールをキャッチできるはずです。

ボールを打ち出す方向が悪いと、ボールは手元に戻ってきません。常にボールが正しい位置に戻るよう、繰り返して練習します。

手首を返す練習方法

「手首を返す」という動作がピンとこない場合には、立った状態で同じように正面にシュートを打ちます。

手首が返せていればバックスピンのかかったボールは手前にバウンドして戻ってくるはずです。

少しでも回転の方向が斜めだったり、回転がかかっていないとボールの方向が定まりません。

この練習で頭で考えなくても、シュートの動作が正しくできるよう繰り返し練習しましょう。

回転かからないシュートはなぜ成功率が低くなるのか

ボールの道筋が安定する

回転をかけないボールには空気抵抗が大きくなり、不規則に軌道が変化します。きちんと狙っているつもりでも、この不安定な軌道がボールを的はずれなところに運んでしまうのです。

逆にボールは回転をかけることで空気抵抗が少なくなり、まっすぐ飛ぶので狙った場所に確実に届くようになります。

スポーツでは、あえて回転をかけずに軌道が不規則にブレることを利用することもあり、野球の変化球やバレーボールのフローターサーブもこれに当たります。

回転のおかげでシュートが決まる

シュートしたボールがリングに弾かれて入らない場面はバスケでよく見られます。

ボールのスピードがあるとシュートで跳ね返ることがありますが、バックスピンがかかっているボールはリングに嫌われずに吸い込まれます。

リングに当たったとしても、あらぬ方向に飛んで行っていまうことはあまりありません。

回転かからないボールは軌道が安定ぜず、またリングに当たった場合には外に弾かれてしまうことが多い。そんな理由によって無回転のボールではシュートの成功率が落ちてしまうのです。

バスケのシュートは指先のタッチが最も重要!

バスケのシュートはボールの回転がとても重要だということはご理解いただけたでしょうか。

ダイナミックなプレーが魅力のスポーツであるバスケも、こうしてみると実に繊細な一面があります。

スピーディーなプレイの中でも指先の微妙な感覚を頼りに、ボールにスピンを掛けるという動作をしています。

指先を上手に使って打ったシュートは、きれいに山なりの放物線を描いて飛んで行き、たとえリングに当たったとしても強く弾かれないという利点もあります。上手くいけば、リングでバウンドしてシュートが決まりますね。

馴染むまでは難しいかもしれませんが、常に指先の感覚を使ってボールを扱うことに慣れれば繊細なコントロールが可能になります。

パワフルな中にもそうした芸術的な動きがあることがバスケの魅力の1つだと言えると思います。

プレーのカンや体力だけでなく、指先を使ってボールにスピンをかけることも練習を重ねて上達を目指しましょう。

 - スポーツやアートに関する疑問