世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ソフトテニス初心者必見!この練習法で上達間違いなし!

2018.5.21

ソフトテニスを始めたばかりの初心者は、どんな練習をすればよいのかすらわかっていないのではないでしょうか?

まずは素振り練習から始まることになりますが、ただラケットを振っていればよいというわけではありません。

素振り練習をする場合の注意点は?ボレー練習はどうすればいい?

ソフトテニス初心者必見!必ず上達する練習方法を教えます!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【部活を休む理由】さぼりたい時に使える理由を教えます

本当はだめだけど、今日だけは部活をさぼりたい、毎日練習を頑張っている人であれば、そんな日もあるのでは...

バスケ初心者の自主練におすすめのメニューと上達のポイント

バスケを始めたばかりのバスケ初心者には、どのような練習方法がいいのでしょうか? 試合形式の練習もも...

バレーのアタックのタイミングをつかむためのコツと練習方法とは

バレーの試合で得点するために必要なアタックですが、タイミングをつかむことが難しいと悩んでいる人が多い...

部活を休む事で感じる罪悪感の対処法!部活を休みたくなる理由

部活を休むことに罪悪感を感じ、休まなければ良かったと後悔している人もいますよね。部活を休むのには人そ...

ホラーとサスペンスの違い!似ているようで違った2つの特徴

ホラー、サスペンスと聞いて、皆さんは何をイメージしますか?この2つの言葉、似ているようで少し違った意...

鳥かご【サッカー】のコツとは?顔をあげてやってみよう

鳥かごはサッカーのアップなどで行われるボール回しですがこのボールをパスする、カットするちょっとした動...

ボウリングのボールの寿命とその判断基準について解説します

ボウリングを始めて購入したマイボール。しかし、ボールにも寿命があることを知らない人も多いと言います。...

小学校の運動会のリレー選手に選ばれる子どもとは?速く走る方法

小学校の運動会でリレー代表に選ばれるのはどんな子どもなのでしょうか?また、速く走るにはどんな練習をし...

バスケの練習を家でする方法は?ボールなしでもできる練習法

当たり前のことですが、バスケの練習はすればするほど上達します。 でも、ボールはないし、広い庭が...

剣道を女子が中学から始めても大丈夫?中学から始めるメリット

剣道に興味を持っている女子中学生もいるのでは? でも中学から始めて、小学生から始めている子達には到...

乗馬の4級ライセンスに挑戦してみよう!●日間で合格できます

「趣味は乗馬」そんなふうに言えたらカッコいいですよね。 実は乗馬にはライセンスがあり、初心者で...

バレエを大人から始めても上達しない?そんなことはありません

バレエを大人から始めた方は、2年も3年も経つのに上達しないと感じる方が多くいらっしゃるように思われま...

テニスの練習メニューについて。部活練習で試合を意識するコツ

テニスの部活の練習メニューは、いつも同じ様な流れで行うことが多いと思います。 しかし、いつも同じ様...

水彩色鉛筆の使い方!簡単に水彩画タッチが楽しめる大人の画材

水彩色鉛筆は色鉛筆でありながら、水彩絵の具のような雰囲気の出る色鉛筆です。色鉛筆だけでは表現できない...

バドミントンは身長が高いと有利?低い人の攻め方や戦術方法とは

スポーツ選手は身長が高いと有利なものがたくさんありますが、その中でもバドミントンは、背が高いと有利な...

スポンサーリンク

ソフトテニス初心者のための練習は【素振り】から始めよう!

ソフトテニス初心者へのおすすめ練習は「ゆっくり素振り」です。

ありきたりですが、まずはラケットの基本的な振り方を身体に覚えさせなくてはいけません。

しかし、間違って覚えてしまっては意味がありません。
そこで「ゆっくり素振り」です。

素振りを練習するときには、ボールが飛んできているのをイメージして、そのボールを打ち返すように行いましょう。
いわゆるイメージトレーニングです。

最初のうちはラケットの向きが正しいかを確認するために、ゆっくりと素振りを行います。
1回につき5秒くらいの時間をかけてやってみてください。

これが「ゆっくり素振り」です。

打点でラケットの面が上を向いていたり、下を向いていませんか?
それではおかしな方向にボールが飛んでいってしまいます。

その状態で素振りを繰り返しても、悪いうち方が身についてしまいます。

ゆっくり素振りを繰り返して、正しいうち方が出来ていることが確認できたら、普通の速度で素振りの練習をしましょう。

この「ゆっくり素振り」ははじめの1日だけではなく、素振り練習の始めに毎回行うことが理想的です。

ソフトテニス初心者のための練習、素振りの次は【ボール突き】

続いて練習して欲しいのは「ボール突き」です。

これはラケットを正しく握って、ボールを地面にポンポンと突きます。
地面から跳ね返ってきたボールをまた突きます。

それを繰り返してポンポンポンポン・・・とずっとボールを突き続けます。

コツはボールを突くつき、「ボールが当たる瞬間に、ラケットを止める」ことです。

この感覚がしっかり出来ていないと、ボールはおかしな方向へ飛んでいってしまうのです。

「当たる瞬間にラケットを止める」動きは、ボレーの基本動作につながります。

簡単なようですが、これにはソフトテニスラケットの操作スキルが重要で、意外と難しいものです。
じっくり練習して、出来るようにしましょう。

また、「ホームラン」と呼ばれる練習も行っていきましょう。

これは出来るだけ遠くにボールを飛ばす練習です。

体の使い方を覚えることができ、手打ちをなくすことも練習の意図です。

助走をつけてもいいし、一回転してもよいので、とにかく体全体を使って遠くへボールを飛ばします。

ソフトテニス初心者は打つ前のためを作る練習も必要です!

威力のあるボールを打つためには「ため」が重要です。
この「ため」を掴むための練習方法をご紹介しましょう。

ボール出しのひとは自分の目線からボール出しを行います。

打つ人は片足でケンケンします。
まずは左足を上げて、右足でケンケンが良いでしょう。
この時ラケットは引いておきます。

ボールが地面についたらケンケンをやめ、膝で「ため」を作ります。
前にジャンプしながら打つ感じで、溜めていた「ため」を前にのせてゆきます。

ポイントは打点を前にとり、前にまっすぐジャンプします。

次は逆で行います。
右足を上げて、左足でケンケンです。

これは結構難しく、最初はなかなかボールが飛びませんが、タイミングがわかってくると片足で打っていてもボールに威力が出てきます。

ソフトテニス初心者のボレーの練習方法!

ボレーの練習で大事なのは「踵から踏み込む」事です。
また、「送り足」も重要になってきます。

ボレーは腕の力に頼っていては、ラケット操作をしすぎてしまい失敗が多くなります。

まず利き手側の踵から踏み込み、下半身に「ため」を作りましょう。
この「ため」を開放しながらインパクトしていくことで、下半身の力をボールに伝えることが出来ます。

また、「ため」を上手く開放するために、「送り足」をつけます。
送り足は、インパクトの後に1、2歩つけましょう。

送り足をつけると自然と歩幅も広がってくるので、ボールを遠くまで追えるようになります。
ランニングボレーで遠く前ボールを追うときには、歩幅が重要になってくるので、送り足もしっかり意識して練習しましょう。

ソフトテニスの試合では、声を出すことも大切です!

いろいろな試合を見ていて思うことは、足を良く動かしていて、声も大きく出している選手達は勝ち抜いていくということです。
特に小学生、中学生の大会では顕著に現れています。

試合のときに、自分たちと同じくらいの力量の選手と戦うときには、大きな声を出すことが大切になってきます。
大きな声をだして気分を盛り上げて、足をしっかりと動かすことが出来れば、自分より上のスキルを持つ選手にも勝つことが出来るでしょう。

また、試合でいきなりそれをやろうと思ってもなかなか出来ません。
大会でしっかりと声を出して、足も動かせている選手は、練習の時も同じように取り組んでいます。

大きな声を出すこと、足をしっかり動かすことを意識して練習に望んでいる選手は、それが習慣になっています。
試合中には無意識でも同じようにプレーできるのです。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問