世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

お酒はロックで!氷を入れる意味とは?お酒の色々な飲み方を紹介

2018.5.21

お酒を飲む際は、氷を入れたロックや何も割らずに飲むストレート、水を入れる水割りなど・・・様々な飲み方があります。

どういった場合にどのような飲み方をするのでしょうか?

味を薄めたいからロックで飲むというのは、実は間違い!なんていう意見もあります。

また、氷を入れて飲むお酒と、ビールやワインなどのように氷を入れずに飲むお酒にはどのような違いがあるのでしょうか?

お酒の飲み方について調べてみました!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

色無地の着物の着方・50代から着物を楽しみたいあなたへ

入学式や卒業式、結婚式や普段のときでも、素敵に着物を着こなすことができたらいいなと思っている人もいま...

壁のシミ汚れの落とし方!汚れの種類や壁紙別のシミの掃除方法

自宅の壁にシミ汚れを発見したら、とってもショックですよね。壁紙のシミ汚れは、一体どんな落とし方をすれ...

肩こりは姿勢の改善で良くなる?肩こりを改善する方法!

つらい肩こりで毎日大変な思いをしている人もいますよね。肩こりになってしまう人は、姿勢が悪いことが原因...

アラフォーやアラフィフ美魔女女性の定義!美は一日にしてならず

アラフォーやアラフィフ女性の中に、年齢を感じさせない美魔女女性がいます。では、一体どんな女性のことを...

髪飾りは何がいい?結婚式でゲストが身につけるとNGなもの!

結婚式のゲストでお呼ばれして結婚式に出席する時、気をつけなくてはならないのがNGな装いです。結婚式の...

お菓子に入っている乾燥剤は再利用できる?再利用の方法と注意点

お菓子などの袋の中には乾燥剤が入っていますよね。色々な種類の乾燥剤がありますが、皆さんはこの乾燥剤は...

車の座席についたシミ取りをする方法を紹介します

天気がいい日は家族みんなで車でドライブする機会が増えると、車内で飲食することがありますよね。 ...

ラジオで読まれるお便りの内容は?お!と思わせる内容のポイント

いつも聞いている人気アーティストのラジオにお便りを投稿して読んでもらいたい!そう思う方も多いのでは?...

壁紙の修復方法!穴を自分で直す基準とキットを使った直し方

壁紙に少し大きめな穴が開いてしまった場合、業者に頼まなければダメかなぁと思う方も多いと思います。 ...

足が長い基準はどこから?日本人の足の長さの平均値

足が長い基準は何センチから?身長が違うため、足が長いかどうかの基準は、このような計算方法で出すことが...

ラジオで投稿したものが読まれるポイントとは!採用されるコツ

ラジオの投稿で読まれるにはどんなコツやポイントがあるのでしょうか? なぜ、あの投稿者はあんなに...

ホテルに忘れ物をしてしまったらどうする?送料は誰が払うのか

ホテルの部屋を出る時に、急いでいたり慌てて片付けて帰ると洗面台や冷蔵庫の中など目の行き届かない場所に...

家電の値引き交渉のコツ!少しでもお得に安く購入するには

家電量販店では少しでも安く購入するために、他店の値段を比べたりして値引きを交渉するという人もいますよ...

絞りの浴衣は自分で洗濯ができる!洗濯の手順とポイントを解説

絞りの浴衣は自分で洗濯することができるのでしょうか。夏になると浴衣を着てオシャレを楽しむ人もいますよ...

はちみつ石鹸を手作り。色々な作り方とはちみつ石鹸について

石鹸を手作りしてみませんか。はちみつを入れたはちみつ石鹸の作り方を紹介します。 まずはベーシッ...

スポンサーリンク

氷があるか無いか?お酒のロックとストレートの違いとは

お店でお酒を飲む時に、ロックにするか、ストレートにするかは、それぞれの好みで注文しますよね?

そもそもロックとストレートの違いって、氷があるか無いか以外にあるのでしょうか。

ロックは正式には「オン・ザ・ロック」と呼びます。

大きめの氷をグラスに入れ、お酒を注いでマドラーで混ぜれば完成です。

ストレートとの違いはズバリ温度です。

冷やして飲むことで、スッキリした味わいになります。

他にも、ゆっくり氷を溶かすことで、味の変化も楽しむことができます。

ストレートはその名前の通り、お酒に何も混ぜずに飲むものです。

お酒の種類によっては、常温で飲むことで香りがいつもより強く感じるものもあり、それを楽しむことができます。

ただ、アルコール度数が強いものはストレートで飲むと、悪酔いすることがあるため、水(チェイサー)を一緒に置いて、交互に飲むことをオススメします。

ストレートのお酒は強過ぎるから、氷を入れたロックで飲む・・・は間違い!?

「ストレートも美味しいけど、強すぎるから氷を入れたロックでお願いします。」こういう頼み方をする人は、数多くいますし、珍しくありませんよね。

でも、ロックは程よく薄めるための飲み方ではなく、氷によって冷やすための飲み方なんです。

良く考えたら、最初から水割りを頼めば良いんですよね。

でも、水割りよりちょっと格好良く見えるロックは、大人の可愛い見栄なのかもしれません。

ちなみに、ロックを頼んだ時に、時々丸い氷で出てくる店がありますよね。
これはできるだけ氷の表面積を少なくすることで、氷が溶けるのを遅くさせる工夫なのです。

けっして「オシャレだから」という理由だけではありません。

なので、ロックを頼んだ時に、アイスピックで丁寧に氷を丸く削ってから出してくれるお店はかなり上質なお店といえるでしょう。

氷を入れてロックで飲むお酒と、氷を入れないお酒の違いとは?

お酒の中には氷を入れてロックで楽しめるものと、氷を入れないものがあります。

氷を入れるものの代表としては、焼酎やウイスキーなどがあり、氷を入れないものの代表としては、ビールやワインなどがあります。

それぞれのお酒の違いとしては、「蒸留酒は氷を入れ、醸造酒や発泡酒は氷を入れない。」と言えるでしょう。

ただ、カクテルになりますと、そのルールは少し変わってきますので、なかなか一言では片付けられません。

それに、ワインでもカリフォルニアワインは氷を入れても美味しく飲めるので、「ワイン=氷なし」とは一概に言えないのです。

他にも日本酒は氷を入れないのが基本ですが、最近では氷を浮かべて楽しむ方も増えています。

ウイスキーのロック、おすすめの作り方をご紹介!

「ウイスキーのロックって、グラスに氷とウイスキーを入れるだけでしょ
?」

確かにそれだけでも、十分美味しいウイスキーを楽しむことができるでしょう。

でも、ひと手間加えるだけで、より美味しいウイスキーを味わうことができます。

そんなおすすめの作り方をご紹介します。

グラスを冷やす

あらかじめ冷蔵庫や冷凍庫で冷やしておくと、手軽で簡単ですね。

でも、急に冷やしたグラスが欲しくなった時は、グラスに氷を入れ、マドラーでクルクル回せば、あっという間に冷えたグラスの出来上がりです。

できればグラスを冷やした氷は使わず、氷を出したグラスも拭いて水気を取りましょう。その方がロックが水っぽくならずに済みます。

氷を入れる

新しい氷をグラスに入れます。
この時できるだけ大きい氷を入れましょう。
形は丸い氷が一番好ましいですが、自分で作るのは難しいので、こだわりたい人は、丸い氷専用の容器で作ってみるのも良いでしょう。

ウイスキーを入れる

グラスに合った量を氷の上から注ぐようにしましょう。

マドラーで混ぜる

注いだばかりのウイスキーの温度は、グラスの中でまだ均一になっていません。

マドラーで、グラスを沿うようにゆっくり混ぜます。

美味しいロックのお酒をつくるポイントは、氷にあった!?

「説明どおりにやってみたけど、お店とはなんか違うんだよね。」

これは、手順が間違えていると言うことではなく、氷の違いにあったのです。

美味しいロックのお酒をつくりたいなら氷にもこだわってみましょう。

家でつくる氷は、白いところが混ざっていますよね。

これは、水道水に含まれる空気やミネラル分などが冷凍庫で急速に凍らせることによって、氷に残ったままになり、それが一部が白い氷になってしまうのです。

そしてそれが、冷蔵庫臭さの元になってしまい、また空気が入っているため溶けやすく、いまいちなロックを作り出してしまう原因になるのです。

対して、お店で出される氷は空気などの不純物が入っていない特別なものですので、雑味が無く、溶けづらく、見た目にも美しいロックが出来上がるのです。

最近では、冷凍コーナーに専用の氷も売られていますので、美味しい氷も一緒に買ってみてはいかがでしょう。

 - 生活を便利にするアイデア