世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ネギの植え替えの時期とは?植え替えをするときのポイント

2018.11.25

料理の彩りや、お味噌汁の具となるネギですが家庭で育てるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

ネギの植え替えをするのに適した時期とは?ネギがどのくらい育ったときが植え替えをするときになるのでしょうか?

ネギの植え替えに合った時期や大きさについて紹介します。また、植え替える前の土の準備方法や元気に育つポイントもぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

生地を染める簡単な方法と低コストな材料。オリジナルを作ろう

古い洋服のリメイクやシミがついてしまった洋服など、生地を染めることで違った味わいが楽しめます。 ...

窓ガラスのシールを家にあるもので簡単に剥がす方法!

子供が知らないうちに窓ガラスにシールを貼っていたりすることありませんか?そんな時シールを剥がすのは一...

朝起きたら一重に!その原因と治し方をご紹介します

いつもは二重なのに朝起きると一重に!そんな時の治し方は?早く元に戻らないと外出することが出来ない・・...

チューリップの球根の正しい保存法と球根の大きさについて

来年もきれいな花を咲かせるために、チューリップの球根を保存したいと考えている人も多いでしょう。 ...

夜オムツの外し方はいつから?そのタイミングをご紹介します。

お子さんが3歳くらいになると、トイレトレーニングを始めるママも多いかと思います。 そのタイミングと...

夕日が綺麗に見えるための条件とは?必要なのは●●●!

綺麗な夕日を見ると、なんだか心が洗われた気分になって「よ~し!明日も頑張ろう!」と思えますよね。 ...

紫陽花の挿し木の方法。増やしやすい適した時期と手順

花は人の心を癒やしてくれますよね。 花を見るだけで心が和むというものです。 その中でも紫陽花は梅...

生ゴミの肥料をプランターで作る作り方!手作りでロハスな生活

プランターを活用すれば自分で生ゴミから肥料を作ることができます。電気を使わずに微生物の力だけで肥料を...

平日休みにランチを一人で楽しむメリットや店選びのポイント

平日の休みにランチを行くのに一人だとなんだか不安という人もいるでしょう。いつもはランチは友達と行くこ...

お菓子に入っている乾燥剤は再利用できる?再利用の方法と注意点

お菓子などの袋の中には乾燥剤が入っていますよね。色々な種類の乾燥剤がありますが、皆さんはこの乾燥剤は...

台風でマンションが揺れた場合を想定してしっかりと備えよう

日本は台風の通り道になっているせいか、毎年たくさんの台風被害が報告されていますよね。 マンショ...

原付の運転が怖いなら練習をしましょう!乗るときのコツ

原付を初めて運転するのが怖い、どのように練習したらいいのかわからないときにはいきなり車の通りが激しい...

食器用水切りカゴ。使わない?やっぱりないとダメ?徹底検証!

食器用の水切りカゴを処分する「水切りカゴ断捨離」 産まれてから1日だって水切りかごに洗った食器...

合皮バッグは洗濯できるのか。合皮素材の正しいお手入れ方法

合皮のバッグは軽くて、お値段も本革よりもずっとリーズナブル。 日常的に使っているバッグは、合皮素材...

バイアステープの縫い方のコツ!基本とカーブや角の上手な縫い方

バイアステープを縫う時には、縫い目がバイアステープから落ちてしまったり、シワがよってしまったり、初心...

スポンサーリンク

ネギの植え替えの時期はいつ?どのくらいが目安?

花の栽培を楽しむ家庭菜園。野菜を育てる家庭菜園。様々な家庭菜園が存在します。そんな中、「ネギ」の家庭菜園を楽しむ方もいらっしゃいます。

そのネギの家庭菜園を楽しむ時ですが、植え替えが気になると思います。ネギの植え替えの時期はいつなのか、また、どの位が目安となってくるのか、ここで把握していきたいと思います。

ネギの植え替えの時期は草丈40-50cmが目安

上記の時期が目安になります。根を傷つけないように、移植ゴテで苗を掘り起こします。
畝の中央に深さ30cmほどの植え溝を掘り、溝に堆肥と肥料を入れて土を被せます。

ネギですが、寄せ植えの方が、互いに助け合う生育が整うので、株と株の間は5cm程にしましょう。

土ですが、根は隠し、株が倒れない程度にかぶせます。

土作り

畑を準備します。肥料をいれて、良く耕し、畝を立てる。
ネギは湿気に弱いので、水はけの良い場所を選びましょう。

ネギの植え替えの時期は〇月!

ネギの植え替えの時期はどの位であり、土に関しては、どのような対処法が必要なのか、上記で簡単に説明してきました。

次に、そんなネギですが、植え替えの時期はいつなのか、みていきたいと思います。

ネギの植え替えの時期は春か秋

種まきも苗植えも、3-4月か、8-9月が最適になってきます。

苗から植えるのであれば、畝作りが必要になってきます。

畝は、中央を幅15cmの深さが25cm前後になる溝を作ってきます。
溝の部分に、苗を5cmの間隔に植え、根の部分を土で軽く埋めます。

夏は水やり

土が乾燥しないように、水やりを忘れずに。地植えの場合は、芽が出ている場合は不必要ですが、鉢植えの場合は、土が乾いている時は、朝か夕方に水を与えます。

冬は不要になってきます。

ネギの植え替え時期にしておきたい準備

ネギの植え替えの時期であったり、水やりはどうしたら良いのか、上記では簡単に説明してきました。

次に、ネギの植え替え時期にしておきたい準備について触れていきたいと思います。

苗を植える

この時期ですが、深く植えると成長しないので、植え方の深さに注意しましょう。また、苗を植える時ですが、大きいものは大きいもの、小さいものは小さいものと分けて植えた方が収穫しやすいです。

除草

特に生育して間もない段階ですが、こまめに除草をして、日陰になったり、雑草に負けたりしないようにしましょう。

病害虫

ネキリムシに注意しましょう。周辺を掘るとでてくる虫です。また葉っぱですが、ネギハモグリバエ、ネギアブラムシ、アザミウマに注意し、見つけ次第すぐ駆除しましょう。

ネギの植え替えはしたほうがいい?なぜするの?

ネギの植え替えの時期に何をやっておけば良いのか、上記では、3つのポイントを把握してきました。

次に、ネギの植え替えですが、したほうが良いのか、またどうしてするのかについてみていきたいと思います。

どうして植え替えをするのか、理由についてですが、次の3つの要因が考えられます。

  1. ネギの病気を避けるため
  2. 生育補助
  3. 効率よく収穫する為

1に関してですが、ネギも病気にかかり、一旦病気にかかると、次々と伝染していきます。その為、植え替えをする事により、病気にかかりにくくさせます。

2に関してですが、植え替えることによって、ネギを強くします。鍛えることに繋がるのです。いつまでも同じ段階にはいられない、次の段階にステップアップしていくのです。

ネギを植え替えした後は土寄せしたほうがいい?

ネギの植え替えですが、どうして植え替えをする必要があるのか、植え替えをするメリットを上記では3つ把握してきました。

最後に、ネギの植え替えをした後ですが、土寄せをした方がいいのか、どうかについて把握していきたいと思います。

ネギの苗は離さずに植える

ネギは隣の苗との距離をあまりとらずに、5-10cmの間隔で植えていくと成長していきます。

土寄せはした方が良い

弱っている苗、また倒れそうになっている苗ですが、土寄せはしてあげた方がよいです。肥料も混ぜて、サポートをしてあげましょう。

「30cmが収穫のタイミング」

この時期が収穫のタイミングです。根本から2-5cmの所を切って、葉を収穫します。

ネギを上手に収穫するには、春、秋に植え替えをし、除草などをすること

家庭菜園って自分で野菜などを育てて、食事の時に楽しむことができるので、多くの方が興味を持ち、楽しむ趣味の一つですよね。中でも、ネギの栽培ともなると、収穫した後に、お料理に使うことができる為、成長が楽しみだと思います。

そのネギの栽培ですが、種まきや苗を植えるともなると、春、秋がお勧めになります。また、植えている最中ですが、大きいものは大きいもの、小さいものは小さいものに分けて管理し、除草であったり、病気にも気をつけていきましょう。

植え替えをすることにより、ネギが病気にかかるリスクを低めることができたり、また、より強いネギを育てることができます。その為、ネギにも植え替えが必要なんですね。

周囲のネギと一緒に成長する特色があるので、隣の苗とはあまり距離を離さずに、植えていきましょう。

 - 生活を便利にするアイデア