世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

洗濯物の部屋干しはエアコンを上手に使おう!洗濯物を乾かすコツ

2018.7.11

洗濯をしたけど外に干すことができないときは部屋干しをしますよね。
でも、部屋の中に洗濯物を干すと、生乾きの臭いやジメジメしたお部屋の空気が気になってしまいます。

そんなときに役にたつのが「エアコン」です。
お部屋の中に洗濯物を干す時は、エアコンを上手に使えば早く乾かすことができますよ!

洗濯物を部屋干しする時のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

服のリメイクアイデア!着なくなった服を簡単にアレンジする方法

買って数回着たままタンスの肥やしになっている服や、サイズアウトしてしまった子供服。どこのご家庭にもあ...

原付の運転が怖いなら練習をしましょう!乗るときのコツ

原付を初めて運転するのが怖い、どのように練習したらいいのかわからないときにはいきなり車の通りが激しい...

ニュース速報の音が怖いのは音と緊急性を結び付けるため

ニュース速報の音の中でも特に地震速報の音は怖いですよね。 あの何ともいえない怖い音ですが、なぜあえ...

軽トラのガソリンマランプが点滅しても●km走行可能です!

自動車を運転していて、ガソリンが少なくなってきていることを示す「燃料残量警告灯」がつくとヒヤッとしま...

引越しをした時の水道の開栓!当日は可能?手続き方法について

引越しが決まった際に水道を止める手続きはいつ、どのタイミングで行えば良いのでしょうか? また引...

セルフでブリーチ後にカラーをするときの正しいやり方とは

セルフブリーチカラーをするときにはどのような方法でどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? ...

一人暮らしのキッチン収納を可愛くしっかり収納させたい

一人暮らしのキッチンは収納スペースが限られていますよね。そういえば料理が得意なあの子は、たくさんの調...

洗車の拭き上げのコツと効率の良い洗い方について

洗車後の拭き取りは以外に時間の掛かるものですよね。 洗車よりも、この拭き取りが面倒と感じている...

バイアステープの縫い方のコツ!基本とカーブや角の上手な縫い方

バイアステープを縫う時には、縫い目がバイアステープから落ちてしまったり、シワがよってしまったり、初心...

壁のシミ汚れの落とし方!汚れの種類や壁紙別のシミの掃除方法

自宅の壁にシミ汚れを発見したら、とってもショックですよね。壁紙のシミ汚れは、一体どんな落とし方をすれ...

水草に光合成は必要?綺麗な気泡をたくさんつける方法

水槽内の水草が光合成をすると水中でたくさんの丸い泡をつけてキラキラしていて綺麗ですよね! その...

漫画喫茶の個室に監視カメラはついている?その実態を徹底検証!

リーズナブルな金額で、何時間もいられる漫画喫茶。食べ物や飲み物など豊富にあり、シャワーなどがついてい...

車のエンジン警告灯が消えたら?放置せずに一度チェックを!

車のエンジン警告灯のランプが点灯した場合、それが消えたとしてもなぜ点灯したのかわからず不安が残ると思...

チューリップの球根の正しい保存法と球根の大きさについて

来年もきれいな花を咲かせるために、チューリップの球根を保存したいと考えている人も多いでしょう。 ...

【簡単】お菓子作り初心者におすすめのクッキーレシピ

お菓子作り初心者におすすめなのがクッキーです。 サクサクとした食感が美味しく、ちょっとしたプレゼン...

スポンサーリンク

洗濯物の部屋干しはエアコンの「ドライ」を利用

湿度も高く、雨が続く時期には、じっとりジメジメで、まとわりつくような空気感ですよね。
それに輪をかけて、洗濯物を部屋干しすると湿度100%!
もう、地獄のような室内になってしまいます。

そんな時に役立つのはやっぱり『エアコン』
エアコンを「ドライ(除湿)」設定すると、室内の湿気をしっかりと管理してくれます。

さらに、サーキュレーターや扇風機などで室内の空気を循環させるとより効率的に湿度を下げることができるでしょう。

湿度が下がれば洗濯物も乾きます。

部屋干しで気になる洗濯物の生乾き臭もエアコンで解決

洗濯物を部屋干しすると、カラッと乾かないのが悩みです。
洗濯物は、生地の薄い部分が乾いても、生地が重なっている部分(縫い目)などがなかなか乾ききらないんですよね。

そんな『生乾き』の状態が続くと、衣類に残っている雑菌が繁殖します。
雑菌が繁殖すると、あのイヤ~なニオイを発生させることになります。

洗濯物を早くしっかりと乾燥させるには、色々な条件が必要ですが、室内の湿度が高ければ、洗濯物は乾きません。

室内の洗濯物を生乾きのまま放置させないためにはやはり「エアコン」の力が必要になってきます。

エアコンを使って洗濯を部屋干しする時は?

エアコンの除湿機能を使って、室内を快適な湿度で保つようにしましょう。

外の湿度が高ければ、いくら窓を開けて換気をしても湿度は高いままです。

浴室に洗濯物を干して、換気扇を回しておくと、それなりに除湿もできますし洗濯物も乾きますが、やっぱりなんとなく生乾きなんですよね。

そんな時は、思い切ってエアコンに洗濯物を乾かしてもらいましょう。
まずは、洗濯物の干し方です。
風が通るように、薄い生地のものと厚い生地の物を交互に並べるように干しましょう。
また、衣類の生地が重ならないようにしましょう。
バスタオルなどは、ジャバラにして干すと乾きやすいです。

半乾きの状態になったら、干している面をひっくり返したり、裏返しにしたりして乾き具合を回転させます。

洗濯物の乾きにくい時期は、洗濯物を干しっぱなしにしていてはいつまで経っても乾かし切ることができません。

洗濯物が乾きにくい時期は、干した洗濯物の乾き具合で取り込めるものは順次取り込んでいくことや、乾いている面をひっくり返して早く乾くように手助けする必要があります。

季節によってエアコンの使い方を変えたほうがいい?

エアコンを使って洗濯物を干す時には、部屋が冷え切ってしまうこともあります。
そんな時には、エアコンと送風機(サーキュレーターや扇風機)などをあわせて利用することで、快適な室内温度を保ちながら、洗濯物をしっかりと干していきましょう。

まず、洗濯物を干し終えたなら、30分程度エアコンはつけずに送風機の風だけ緩やかに回しておきましょう。

その後、湿度が上がってきたら、エアコンをつけて室内の湿度管理を行ないます。

エアコンの風で洗濯物を乾かすことも有効ですが、室内全体の湿度管理ができていれば、洗濯物はしっかりと乾かすことができます。

衣類から水分が蒸発し、室内の湿度が上がりだすには少し時間がかかります。
ですから、乾かしてすぐに、エアコンのスイッチを入れなくても大丈夫です。

又、扇風機やサーキュレーターの風が洗濯物に直接当てると、衣類が泳いでしまい、乾きにムラができてしまいます。

扇風機やサーキュレーターの風は、壁や天井に向けて送風するようにしてみてください。
室内の風がまんべんなく回れば、エアコンがしっかりと除湿してくれます。

部屋干しする時はエアコン以外のものも上手に利用!

エアコンと送風機のセットで洗濯物の室内干しはOKですが、もう一つ付け加えて欲しいものがあります。

それは、室内干し用の洗濯洗剤を使用するということです。

見た目は汚れていなくても、衣類には皮脂汚れも付着しています。
衣類洗濯をしても、新品同様のまっさらな状態にすることはできません。
そこで、洗浄力が高い室内干し用の洗濯用洗剤で洗濯物を洗うようにしてください。

また、成長過程にある子どもが居る世帯の洗濯は、液体洗剤よりも粉末洗剤を利用したほうが、確実に汚れを落とすことができます。

また、洗剤の香りは自分や家族の好みのものを選ぶようにしてください。
室内干しをすると、蒸発した水分と一緒に、洗剤の香りも充満します。
生乾きのニオイも嫌ですが、自分が好まない洗濯洗剤の香りが部屋中に充満するのもストレスですよね。

できれば、ニオイでごまかさずに、消臭効果の高い洗濯洗剤を利用するようにしましょう。

現在は、洗濯洗剤の研究が進んでいて、繊維の一本一本までしっかりと洗い、更にその汚れのナノレベルまで分解するなんて、洗剤もあります。

ニオイは目に見えませんから、そんなスーパー洗剤にやっつけてもらえるとありがたいですよね。

また、洗って汚れを落とし、なおかつ汚れをつきにくくする効果もあるようですから、是非使ってみてくださいね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア