世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

洗濯物の部屋干しはエアコンを上手に使おう!洗濯物を乾かすコツ

2018.7.11

洗濯をしたけど外に干すことができないときは部屋干しをしますよね。
でも、部屋の中に洗濯物を干すと、生乾きの臭いやジメジメしたお部屋の空気が気になってしまいます。

そんなときに役にたつのが「エアコン」です。
お部屋の中に洗濯物を干す時は、エアコンを上手に使えば早く乾かすことができますよ!

洗濯物を部屋干しする時のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

菜の花の栽培時期は?種まきの時期と栽培環境・収穫時期を解説

菜の花を栽培しようと思っている人の中には、種まきをする時期は一体いつが最適なのかわからない人もいます...

お風呂場のカビとサヨナラ!パッキンを真っ白にする方法

お風呂場に気がつくとカビが生えてしまう事ありますよね。特にパッキンにカビが生えて黒ずんでしまった場合...

S字やクランクで脱輪させないコツは○○!目指せ運転免許取得!

S字やクランクは運転免許を取得するにあたって避けては通れない道になります。でも、なかなか難しいのがこ...

布にプリントをしたいなら、アイロンで手軽にやってみよう

Tシャツやバッグシンプルなものほど飽きが来なくて良いですが、「柄や模様が無くてちょっと物足りない」な...

手帳型スマホケースの作り方。初心者でもできる簡単な作り方

スマホケースを自分だけのオリジナルで手作りしている方もいますが、手帳型のケースは自分では作れないので...

蛍光灯がチカチカ!交換する前にココをチェックしてみよう!

交換したばかりの蛍光灯がチカチカしていることにお悩みの人もいますよね。 しばらく交換していない蛍光...

風が強い理由は?【状況別】風が強く吹くメカニズムを解説します

季節によって風が強いと感じたり、天候で風が強く吹くこともありますよね。また、ビル付近ではビル風という...

顔を小さくするにはどんな方法がある?姿勢が悪いと顔デカに

顔を小さくするにはどんな方法があるのでしょうか?家でできる簡単なマッサージやエクササイズ方法を紹介し...

生地を染める簡単な方法と低コストな材料。オリジナルを作ろう

古い洋服のリメイクやシミがついてしまった洋服など、生地を染めることで違った味わいが楽しめます。 ...

綺麗ママって言われたい!ファッションを輝かせる自分になる

綺麗ママになりたい! ブログやインスタで見かける、オシャレでキレイなママのファッション! よ...

視力が「0.5」なら眼鏡は必要かどうかを検証!

視力がどのくらいなら眼鏡が必要なのでしょうか? 大人と子供では多少の違いがあります。 視力が...

セルフでブリーチ後にカラーをするときの正しいやり方とは

セルフブリーチカラーをするときにはどのような方法でどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? ...

風呂場の換気扇をまわす時にドアは開ける?閉める?問題について

お風呂から上がった後に、みなさん換気扇は回していると思いますが、そのときにドアは閉めていますか?開け...

三歳の誕生日パーティーのプレゼントや飾り付けについて

三歳の誕生日パーティー!今までとは違って子供も一緒に飾りつけが出来たり、楽しい思い出がしっかりと記憶...

夜のオムツが取れない5歳児。地味に悩みますよね…。

夜のオムツ問題。 昼間のオムツと夜のオムツは違うといいます。 子育てにおいて、おしっこのこと...

スポンサーリンク

洗濯物の部屋干しはエアコンの「ドライ」を利用

湿度も高く、雨が続く時期には、じっとりジメジメで、まとわりつくような空気感ですよね。
それに輪をかけて、洗濯物を部屋干しすると湿度100%!
もう、地獄のような室内になってしまいます。

そんな時に役立つのはやっぱり『エアコン』
エアコンを「ドライ(除湿)」設定すると、室内の湿気をしっかりと管理してくれます。

さらに、サーキュレーターや扇風機などで室内の空気を循環させるとより効率的に湿度を下げることができるでしょう。

湿度が下がれば洗濯物も乾きます。

部屋干しで気になる洗濯物の生乾き臭もエアコンで解決

洗濯物を部屋干しすると、カラッと乾かないのが悩みです。
洗濯物は、生地の薄い部分が乾いても、生地が重なっている部分(縫い目)などがなかなか乾ききらないんですよね。

そんな『生乾き』の状態が続くと、衣類に残っている雑菌が繁殖します。
雑菌が繁殖すると、あのイヤ~なニオイを発生させることになります。

洗濯物を早くしっかりと乾燥させるには、色々な条件が必要ですが、室内の湿度が高ければ、洗濯物は乾きません。

室内の洗濯物を生乾きのまま放置させないためにはやはり「エアコン」の力が必要になってきます。

エアコンを使って洗濯を部屋干しする時は?

エアコンの除湿機能を使って、室内を快適な湿度で保つようにしましょう。

外の湿度が高ければ、いくら窓を開けて換気をしても湿度は高いままです。

浴室に洗濯物を干して、換気扇を回しておくと、それなりに除湿もできますし洗濯物も乾きますが、やっぱりなんとなく生乾きなんですよね。

そんな時は、思い切ってエアコンに洗濯物を乾かしてもらいましょう。
まずは、洗濯物の干し方です。
風が通るように、薄い生地のものと厚い生地の物を交互に並べるように干しましょう。
また、衣類の生地が重ならないようにしましょう。
バスタオルなどは、ジャバラにして干すと乾きやすいです。

半乾きの状態になったら、干している面をひっくり返したり、裏返しにしたりして乾き具合を回転させます。

洗濯物の乾きにくい時期は、洗濯物を干しっぱなしにしていてはいつまで経っても乾かし切ることができません。

洗濯物が乾きにくい時期は、干した洗濯物の乾き具合で取り込めるものは順次取り込んでいくことや、乾いている面をひっくり返して早く乾くように手助けする必要があります。

季節によってエアコンの使い方を変えたほうがいい?

エアコンを使って洗濯物を干す時には、部屋が冷え切ってしまうこともあります。
そんな時には、エアコンと送風機(サーキュレーターや扇風機)などをあわせて利用することで、快適な室内温度を保ちながら、洗濯物をしっかりと干していきましょう。

まず、洗濯物を干し終えたなら、30分程度エアコンはつけずに送風機の風だけ緩やかに回しておきましょう。

その後、湿度が上がってきたら、エアコンをつけて室内の湿度管理を行ないます。

エアコンの風で洗濯物を乾かすことも有効ですが、室内全体の湿度管理ができていれば、洗濯物はしっかりと乾かすことができます。

衣類から水分が蒸発し、室内の湿度が上がりだすには少し時間がかかります。
ですから、乾かしてすぐに、エアコンのスイッチを入れなくても大丈夫です。

又、扇風機やサーキュレーターの風が洗濯物に直接当てると、衣類が泳いでしまい、乾きにムラができてしまいます。

扇風機やサーキュレーターの風は、壁や天井に向けて送風するようにしてみてください。
室内の風がまんべんなく回れば、エアコンがしっかりと除湿してくれます。

部屋干しする時はエアコン以外のものも上手に利用!

エアコンと送風機のセットで洗濯物の室内干しはOKですが、もう一つ付け加えて欲しいものがあります。

それは、室内干し用の洗濯洗剤を使用するということです。

見た目は汚れていなくても、衣類には皮脂汚れも付着しています。
衣類洗濯をしても、新品同様のまっさらな状態にすることはできません。
そこで、洗浄力が高い室内干し用の洗濯用洗剤で洗濯物を洗うようにしてください。

また、成長過程にある子どもが居る世帯の洗濯は、液体洗剤よりも粉末洗剤を利用したほうが、確実に汚れを落とすことができます。

また、洗剤の香りは自分や家族の好みのものを選ぶようにしてください。
室内干しをすると、蒸発した水分と一緒に、洗剤の香りも充満します。
生乾きのニオイも嫌ですが、自分が好まない洗濯洗剤の香りが部屋中に充満するのもストレスですよね。

できれば、ニオイでごまかさずに、消臭効果の高い洗濯洗剤を利用するようにしましょう。

現在は、洗濯洗剤の研究が進んでいて、繊維の一本一本までしっかりと洗い、更にその汚れのナノレベルまで分解するなんて、洗剤もあります。

ニオイは目に見えませんから、そんなスーパー洗剤にやっつけてもらえるとありがたいですよね。

また、洗って汚れを落とし、なおかつ汚れをつきにくくする効果もあるようですから、是非使ってみてくださいね。

 - 生活を便利にするアイデア