世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

壁紙の修復方法!穴を自分で直す基準とキットを使った直し方

2019.3.20

壁紙に少し大きめな穴が開いてしまった場合、業者に頼まなければダメかなぁと思う方も多いと思います。
もちろん、穴の大きさによって自分で修復するのは難しい場合もありますが、修復用のキットを使えば自分でも直せる場合があります。
そこで、自分で壁紙の穴を修復する判断基準と、直す方法をご紹介します。
DIY初心者の方でも手順通りに行えば、修復することができます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

原付の運転が怖いなら練習をしましょう!乗るときのコツ

原付を初めて運転するのが怖い、どのように練習したらいいのかわからないときにはいきなり車の通りが激しい...

顔を小さくするにはどんな方法がある?姿勢が悪いと顔デカに

顔を小さくするにはどんな方法があるのでしょうか?家でできる簡単なマッサージやエクササイズ方法を紹介し...

軽トラのガソリンマランプが点滅しても●km走行可能です!

自動車を運転していて、ガソリンが少なくなってきていることを示す「燃料残量警告灯」がつくとヒヤッとしま...

雨の日に電車が混雑するのはなぜ?その理由と対処方法

雨の日に電車が混雑するのはどうして?電車が混むのは、毎日だけれど雨だとさらに混んでいるような? ...

部屋が暑いときの対策とは?オススメ換気扇の活用法

部屋が暑いときに涼しくするためには、できればクーラーなどを使わずに経済的に済ませたいですよね。 ...

髪の毛の抜け毛が多い?その理由と抜け毛を防ぐために出来る事

髪の毛をシャンプーしたらごっそり毛が抜けたり、髪を櫛で梳かすと櫛にたくさんの髪の毛が残ったり、部屋の...

台風でマンションが揺れた場合を想定してしっかりと備えよう

日本は台風の通り道になっているせいか、毎年たくさんの台風被害が報告されていますよね。 マンショ...

はちみつ石鹸を手作り。色々な作り方とはちみつ石鹸について

石鹸を手作りしてみませんか。はちみつを入れたはちみつ石鹸の作り方を紹介します。 まずはベーシッ...

ペチュニアの切り戻しは適切なタイミングで花をモリモリに

ペチュニアは鉢植えや花壇に植えたりと、人気のお花ですよね。 「花壇の女王」と呼ばれるほどで花付きも...

車のエンジン警告灯が消えたら?放置せずに一度チェックを!

車のエンジン警告灯のランプが点灯した場合、それが消えたとしてもなぜ点灯したのかわからず不安が残ると思...

ヒューズが切れる、ブレーカーが落ちる家はココに注意!

電気を使っている家なら必ずヒューズかブレーカーがあるはずです。電気を使いすぎた場合や、漏電などの異常...

お風呂に入らないのは何日が限界か調査してみました!

一日の終わりにお風呂に入るとすっきりしますよね。しかしお風呂に入らない人が増えているのも事実です。体...

年長さんのプレゼント選び!女の子が喜ぶプレゼントを紹介!

年長さんや小学校1年生の歳の6歳の女の子。 このぐらいの女の子のがもらって喜ぶプレゼントはどんなも...

夕日が綺麗に見えるための条件とは?必要なのは●●●!

綺麗な夕日を見ると、なんだか心が洗われた気分になって「よ~し!明日も頑張ろう!」と思えますよね。 ...

お菓子に入っている乾燥剤は再利用できる?再利用の方法と注意点

お菓子などの袋の中には乾燥剤が入っていますよね。色々な種類の乾燥剤がありますが、皆さんはこの乾燥剤は...

スポンサーリンク

壁紙の穴を自分で直すかどうかの判断基準

ちょっとした反動で壁に穴を開けてしまった…。

持ち家でも賃貸に住んでいる方でも簡単に直せる方法はあるのだろうか?と言うお悩みはありませんか?

ここでは、壁に開いた穴を自分で修復する判断基準のポイントをご紹介していきたいと思います。

自分でDIYできるかの判断基準

  1. 壁の穴がどのくらいの大きさかを確認します。
    ※20センチほどの小さい穴であれば、自分で直すことが可能です。
  2. 壁に使用されている素材を確認します。
    ※一般的に使用されている石膏ボードであれば、DIYで直すことが可能です。

壁がクロスを使用している場合には、中の素材の補修をしてから、破れてしまった部分をはり直します。

もし、壁の穴が大きい時にはコストはかかりますが、専門の業者に依頼したほうが被害を広げることもなく安心かもしれません。

自分で壁紙の穴を修復する時に必要な道具と材料

上記でのことを踏まえて、DIY初心者で自分で壁紙の穴を修復する時にはどのような材料を用意すれば良いのか、わからないことが多いかと思います。

ここでは、自分で壁紙の穴を修復する時に必要な道具と材料について、説明をしていきたいと思います。

壁紙の穴を修復する時に必要な材料

  1. 鉛筆
  2. カッター
  3. 補修プレート
  4. パテ
  5. ハケ
  6. ヘラ
  7. サンドペーパー
  8. マスキングテープ
  9. L字型定規
  10. ローラー

こう見ると以外にも、用意しなければならないものが多い感じがしますよね。

なので、ホームセンターやインターネットで「壁紙の穴を修復する時に必要な材料キット」があるのかどうかを聞いてみることをおすすめします。

キットなどで販売している物の方が、1つずつ用意するよりも費用もかからず安価で購入することができるかもしれませんので、事前に調べておくことをおすすめします。

壁紙の穴を修復する手順

壁紙の穴を修復する材料が揃ったら、いよいよ修復する作業に入っていきます。

スムーズに作業ができるように手順や注意点を参考にして、作業を進めていきましょう。
パテを塗るところまでの作業をご紹介していきたいと思います。

DIYで壁の穴を修理する手順

  1. 穴の開いた壁から、10センチほどの正方形を鉛筆で書きます。
    (鉛筆でどの部分を切り取るかの下書きをしておくことで、作業がしやすくなります)
  2. 鉛筆で書いた線に沿って、カッターで壁紙の素材を剥がしていきます。
    (カッターで壁紙を剥がしていく時には、先端の尖った部分を使うと、きれいに剥がすことができます)
  3. 補修プレートを貼り、パテを塗っていきます。
    (パテを作る時には、説明書に記載されている水の量を少なめにすると使いやすく塗りやすくなります)

次の記事ではパテの塗り方と、壁紙を上手に貼るポイントを説明していきたいと思います。

パテの塗り方と壁紙を上手に貼るポイント

では、早速ですがパテの塗り方と壁紙を上手に貼るポイントをご紹介していきたいと思います。

パテの上手な塗り方

  1. 補修プレートを貼った部分に、まんべんなくパテを塗っていきます。
  2. 壁紙の凹凸部分や境目になったところにムラができないように、丁寧に塗っていきます。
  3. 段差になって膨らんだパテをヘラで削ぎ落としていきます。
  4. しっかりとパテを乾燥させます。
    ※思ったよりも乾燥には時間がかかりますので、焦らずに気長に待つことが重要なポイントです。
  5. しっかりと乾いたのを確認したら、サンドペーパーで壁の表面を削ります。
    ※壁の表面が滑らかになるように削るのがポイントです。

同じ素材の壁紙か似た感じの壁紙を貼って、ローラーをかけて完成です。

壁の穴を修理する時のポイントは、焦らず時間をかけてゆっくりと行うようにすることが、上手に仕上げるポイントになります。

修復は穴が広がる前に

壁に穴が開いてしまったら、すぐに補修したいところですが、なかなか時間もなく放置をしてしまう人もいるかと思います。

しかし、それは第二の被害を及ぼす危険も伴います。

穴が開いてしまうことにより、小さな虫などが発生する危険もあり、日常生活に支障をきたす場合もあります。

そうならないためにも、放置せずに早めに修復をすることが重要です。

特に賃貸住宅にお住まいの方は、退去する時に壁に穴が開いたままの状態でいると、最後にトラブルになるケースも少なくありません。

できるだけ穴が小さなうちに修復すれば、費用も抑えることができますが、穴が大きくなればなるほど、修復費用も高くなってしまいます。

また、火災保険に加入していると壁穴の修理ができることもありますので、が加入している保険会社に確認してみるのも良いかもしれません。

 - 生活を便利にするアイデア