世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

壁紙の修復方法!穴を自分で直す基準とキットを使った直し方

2019.3.20

壁紙に少し大きめな穴が開いてしまった場合、業者に頼まなければダメかなぁと思う方も多いと思います。
もちろん、穴の大きさによって自分で修復するのは難しい場合もありますが、修復用のキットを使えば自分でも直せる場合があります。
そこで、自分で壁紙の穴を修復する判断基準と、直す方法をご紹介します。
DIY初心者の方でも手順通りに行えば、修復することができます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夜のBGMでリラックスしたい!そんな時におすすめの音楽

明日の朝のために早く休みたいと思ってもなかなかリラックスできない、というときにはどんなことをしたらい...

集中するなら勉強しているときに音楽は必要ない?勉強の方法

集中して勉強したいのになかなかできないという人は音楽を聞いてから始めてみてはいかがでしょうか? ...

合皮バッグは洗濯できるのか。合皮素材の正しいお手入れ方法

合皮のバッグは軽くて、お値段も本革よりもずっとリーズナブル。 日常的に使っているバッグは、合皮素材...

スライムの作り方【めっちゃ伸びる】をご紹介!コツやポイント

伸びるスライムはどのようにして作ることができるのでしょうか? なんだか触っていると落ち着くスラ...

洗濯物の部屋干しはエアコンを上手に使おう!洗濯物を乾かすコツ

洗濯をしたけど外に干すことができないときは部屋干しをしますよね。 でも、部屋の中に洗濯物を干すと、...

一人暮らしで掃除機はいる?いらない?その判断基準はこれ!

一人暮らしの場合、必要最低限のものからそろえていくと思いますが掃除機がいるのか、なくても掃除が出来る...

アラフォーが財布の色を選ぶポイントやオススメカラーとは

アラフォーが持つ財布の色というと、どんな色が好まれているのでしょう。 では、アラフォーにオスス...

朝の家事はルーティン化して一日を気持ちよくスタートしよう

朝の家事をルーティン化すると、これまで掃除を始めるときに入れていたやる気をスイッチが必要がなくなりま...

名前の由来は赤ちゃんにとって大切なもの。親から子への思いとは

子供が産まれる時に決めなくてはいけないのか名前ですよね。 音の響きが良いからとか、こだわりの漢字を...

家電の値引き交渉のコツ!少しでもお得に安く購入するには

家電量販店では少しでも安く購入するために、他店の値段を比べたりして値引きを交渉するという人もいますよ...

洗面所のドアを開けっ放しにするメリット・デメリット

洗面所や浴室のドアを開けっ放しにしていますか?意外と意見は分かれ、それぞれのご家庭のルールがあるよう...

前髪のきれいな作り方と切り方のコツや失敗したときの対処法

前髪の作り方ひとつで顔の印象って違ってきますよね。 では、そんな前髪を自分で切るときの切り方の...

自転車のブレーキの音鳴りの原因とその対処法について徹底解説

自転車に乗ってブレーキをかけた時に「キーキー」というような音鳴りがすると、周りの人にうるさいと思われ...

イケメンなのに写真はブサイク?そのカラクリと対処方法

イケメンなのに写真ではブサイク…。そんな残念写真のカラクリとは? イケメンにあぐらをかいてはい...

電球が切れる原因は?長持ちさせる方法や白熱電球とLEDの違い

「この前交換したばかりなのにまた電球が切れた」など、なぜかいつも同じ場所の電球だけ切れてしまうことっ...

スポンサーリンク

壁紙の穴を自分で直すかどうかの判断基準

ちょっとした反動で壁に穴を開けてしまった…。

持ち家でも賃貸に住んでいる方でも簡単に直せる方法はあるのだろうか?と言うお悩みはありませんか?

ここでは、壁に開いた穴を自分で修復する判断基準のポイントをご紹介していきたいと思います。

自分でDIYできるかの判断基準

  1. 壁の穴がどのくらいの大きさかを確認します。
    ※20センチほどの小さい穴であれば、自分で直すことが可能です。
  2. 壁に使用されている素材を確認します。
    ※一般的に使用されている石膏ボードであれば、DIYで直すことが可能です。

壁がクロスを使用している場合には、中の素材の補修をしてから、破れてしまった部分をはり直します。

もし、壁の穴が大きい時にはコストはかかりますが、専門の業者に依頼したほうが被害を広げることもなく安心かもしれません。

自分で壁紙の穴を修復する時に必要な道具と材料

上記でのことを踏まえて、DIY初心者で自分で壁紙の穴を修復する時にはどのような材料を用意すれば良いのか、わからないことが多いかと思います。

ここでは、自分で壁紙の穴を修復する時に必要な道具と材料について、説明をしていきたいと思います。

壁紙の穴を修復する時に必要な材料

  1. 鉛筆
  2. カッター
  3. 補修プレート
  4. パテ
  5. ハケ
  6. ヘラ
  7. サンドペーパー
  8. マスキングテープ
  9. L字型定規
  10. ローラー

こう見ると以外にも、用意しなければならないものが多い感じがしますよね。

なので、ホームセンターやインターネットで「壁紙の穴を修復する時に必要な材料キット」があるのかどうかを聞いてみることをおすすめします。

キットなどで販売している物の方が、1つずつ用意するよりも費用もかからず安価で購入することができるかもしれませんので、事前に調べておくことをおすすめします。

壁紙の穴を修復する手順

壁紙の穴を修復する材料が揃ったら、いよいよ修復する作業に入っていきます。

スムーズに作業ができるように手順や注意点を参考にして、作業を進めていきましょう。
パテを塗るところまでの作業をご紹介していきたいと思います。

DIYで壁の穴を修理する手順

  1. 穴の開いた壁から、10センチほどの正方形を鉛筆で書きます。
    (鉛筆でどの部分を切り取るかの下書きをしておくことで、作業がしやすくなります)
  2. 鉛筆で書いた線に沿って、カッターで壁紙の素材を剥がしていきます。
    (カッターで壁紙を剥がしていく時には、先端の尖った部分を使うと、きれいに剥がすことができます)
  3. 補修プレートを貼り、パテを塗っていきます。
    (パテを作る時には、説明書に記載されている水の量を少なめにすると使いやすく塗りやすくなります)

次の記事ではパテの塗り方と、壁紙を上手に貼るポイントを説明していきたいと思います。

パテの塗り方と壁紙を上手に貼るポイント

では、早速ですがパテの塗り方と壁紙を上手に貼るポイントをご紹介していきたいと思います。

パテの上手な塗り方

  1. 補修プレートを貼った部分に、まんべんなくパテを塗っていきます。
  2. 壁紙の凹凸部分や境目になったところにムラができないように、丁寧に塗っていきます。
  3. 段差になって膨らんだパテをヘラで削ぎ落としていきます。
  4. しっかりとパテを乾燥させます。
    ※思ったよりも乾燥には時間がかかりますので、焦らずに気長に待つことが重要なポイントです。
  5. しっかりと乾いたのを確認したら、サンドペーパーで壁の表面を削ります。
    ※壁の表面が滑らかになるように削るのがポイントです。

同じ素材の壁紙か似た感じの壁紙を貼って、ローラーをかけて完成です。

壁の穴を修理する時のポイントは、焦らず時間をかけてゆっくりと行うようにすることが、上手に仕上げるポイントになります。

修復は穴が広がる前に

壁に穴が開いてしまったら、すぐに補修したいところですが、なかなか時間もなく放置をしてしまう人もいるかと思います。

しかし、それは第二の被害を及ぼす危険も伴います。

穴が開いてしまうことにより、小さな虫などが発生する危険もあり、日常生活に支障をきたす場合もあります。

そうならないためにも、放置せずに早めに修復をすることが重要です。

特に賃貸住宅にお住まいの方は、退去する時に壁に穴が開いたままの状態でいると、最後にトラブルになるケースも少なくありません。

できるだけ穴が小さなうちに修復すれば、費用も抑えることができますが、穴が大きくなればなるほど、修復費用も高くなってしまいます。

また、火災保険に加入していると壁穴の修理ができることもありますので、が加入している保険会社に確認してみるのも良いかもしれません。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア