世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

綺麗ママって言われたい!ファッションを輝かせる自分になる

2018.11.22

綺麗ママになりたい!
ブログやインスタで見かける、オシャレでキレイなママのファッション!

よくよく見ると、私ももっているアイテムばかり…。

でも、私が着ても絶対にこんな感じにならないよ!とスマホを見て思ってはいませんか?

では、素敵に見えるママと、自分の決定的な違いを見極めてみましょう。

そう!そうなんですよ!わかりましたか?

答えは『髪型』『素肌』『体型』なんです!

綺麗ママは、プチプラファッションをセンスよく着こなしています。
その、着こなし自体は難しいものではありません。
では、何が違うのでしょうか?
よくよく、見てみると、ひっつめ縛りの髪型のママはいませんよね?
スマホの修正もあるかもしれませんが、透き通った肌ですよね?
スッキリとした、スタイルですよね?
これは太っている、痩せているということではありませんよ。

姿勢のとり方や、ちょっとした気遣いによって、自分を素敵に見せることはあなたにもできるんです!

子育て中なら、『ちょっとした』ことが難しいのは、よくわかります。
でも、1日に1分、一つだけでも自分のためだけの時間を作ってあげて。
あなただって、十分に素敵ママですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

うなじが毛深いとショートヘアはできない?毛深いうなじ対処方法

ショートヘアはうなじが毛深いと気になる!自分で見えない場所だから、なおさら気になるうなじ部分。 ...

ハーブティー、ハイビスカスには女性に嬉しい効能がたっぷり!

ハイビスカスと言えば南国に咲く真っ赤な色鮮やかな花を思い浮かべますよね?ハーブティーに使われるハイビ...

トップのボリュームの出し方とは?ぺたんこなトップからの卒業

最近、老けて見えるようになったという人いませんか。 実は増えて見えてしまうのには理由があったのです...

新生児の混合育児。ミルクの足し方やタイミングを紹介します

初めての赤ちゃんはわからないことばかり! どうして泣いているの?オムツ?ミルク?暑い?色んな原因が...

髪色を暗くしたいのに色落ちしてしまう原因と、その対処法

髪色を暗くしたいのに、何度染めても色落ちして明るくなってしまう・・・なんてことがありますよね。 ...

ワッペンはアイロンのあて方が大切!付け方のコツを解説します

子どもが幼稚園に通うようになると、ママとしてかわいいワッペンをつけてあげたいと思うのではないでしょう...

天パで前髪を作れない人必見!ふんわり前髪を作るブローのコツ

天パが強くて真っ直ぐな前髪が作れないとお困りの方はいませんか? ストレートな髪に対して、天パやくせ...

おにぎりが三角形の理由は?おにぎりの形は地域によっても違う

「おにぎりを思い浮かべてください」と言われたら、三角形の形を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか...

フラダンスのステップ、カベルの踊り方とそのポイント

フラダンスには様々なステップがありますが、カベルというステップもあります。 両かかとを上げて横...

生ゴミの肥料をプランターで作る作り方!手作りでロハスな生活

プランターを活用すれば自分で生ゴミから肥料を作ることができます。電気を使わずに微生物の力だけで肥料を...

引越しをした時の水道の開栓!当日は可能?手続き方法について

引越しが決まった際に水道を止める手続きはいつ、どのタイミングで行えば良いのでしょうか? また引...

クマに効果的なコンシーラーの選び方と基本的な使い方

お肌の悩みはいろいろなものがあると思いますが、「クマ」に悩む女性も多いですよね。 鏡を見てクマがく...

漫画喫茶の個室に監視カメラはついている?その実態を徹底検証!

リーズナブルな金額で、何時間もいられる漫画喫茶。食べ物や飲み物など豊富にあり、シャワーなどがついてい...

保険証の返却を郵送でする場合の封筒は?保険証の返却方法

会社を退職して保険証を返却しなくてはならなかったのに、うっかり忘れて返却できなかったという人もいるの...

2週間で3キロも太ったら?その原因とすぐに元に戻す方法

2週間で3キロも太ったら、さすがに焦ってしまいますよね。これって元に戻すことはできるのでしょうか? ...

スポンサーリンク

綺麗ママへの第一歩。ファッションよりもまず、自分を隅々までチェックして

「綺麗ママへの第一歩。」ファッションよりもまず、自分を隅々までチェックしてみましょう。

お腹や二の腕などが気になるなんて事はありませんか?
また、体型はスリムでも、顔のたるみやくすみで実年齢よりも老けて見えたり、髪は手入れがされておらずパサパサのボサボサなんて事はありませんか?
そういった、老け見え要素満載ですと、いくらセンスが良い服を着ていても、綺麗ママとはいえません。

最初は、背筋を伸ばして、丸まった背中を改善することから初めてみましょう。
猫背でいると、マイナス面はたくさんあります。
背中を丸めることで胃腸を圧迫してしまい、便秘など胃腸の働きが悪くなってしまったり、血行不良により冷え性を起こしてしまうこともあります。

姿勢が悪いことで肩こりになり、そこから頭痛が起きるなど、猫背によるデメリットを上げていくと、キリがないほどです。
なによりも、背中が曲がっていると老けて見えます。
下手をすると、年齢は他のママとあまり変わらないのに、子供たちから「おばあちゃん?」なんて衝撃的な言葉を言われる可能性もあります。

綺麗ママの日常について。素敵なファッションを着こなすスタイルをキープする秘訣とは

「綺麗ママの日常について。」素敵なファッションを着こなすスタイルをキープする秘訣とは、一体どういったものなのでしょうか?

綺麗ママの行動を探ってみると、大抵のママはアクティブに活動しています。
基本の家事を一通りこなすのはもちろんのこと、友達とランチに行ったり、習い事に足を運んだりしています。
「あー、今日の家事が終わった」といって、ソファに寝転がってテレビを見たり、スマホのゲームにいそしんでゴロゴロしている素敵ママは、ほとんどいないと思われます。
テレビを見るにしても、綺麗な姿勢で座って見たり、スマホもあまり長い時間見ないようにしています。
おやつもカロリーの高いものではなく、ドライフルーツやナッツ類など、美味しくて栄養価も高いものを食べるようにしているのです。

綺麗なママは生まれつきのものだけではなく、日々の努力によって作られていくものなのです。

綺麗ママで居るにはファッションよりも髪型が重要!

同じTシャツにジーンズといった服装でも、きちんと髪を整えているママと、ボサボサした髪のママとでは、歴然とした差がありますよね。
綺麗ママで居るにはファッションよりも髪型が重要なのです!

「美容室に行きたいけど、子供がいて中々行けない」なんていうママ達の悲痛な叫びもあると思いますが、思い切って旦那さんと子供を留守番させても良いですし、美容室によっては、託児所も完備しているところもありますし、キッズスペースで子供を遊ばせられるところもあります。
旦那さんと相談をして、その時の子供の成長具合などと合った選択をしましょう。

また、子供がある程度大きくなって来たら、子供も一緒にカットしてもらうという手もあります。
ママだけではなく、子供もおしゃれな髪型になれれば素敵ですよね。

時短コスメで素肌のキレイもキープする

時短コスメで素肌のキレイもキープしましょう。

時短コスメには色々ありますが、その代表的なのがオールインワンタイプの基礎化粧品なのではないでしょうか。

オールインワンタイプの化粧品はその名の通り、化粧水や乳液、クリームの良さをひとつにまとめたものです。
確かにひと塗りで効果があるとは言われていますが、実際のところは「ちょっともの足りない」という声もちらほらあります。

ですので、オールインワンタイプの化粧品を使う場合は、プラスして、化粧水やクリームを足すと、より充分な効果が得られます。
化粧水をつけてから、オールインワンで仕上げをしたり、オールインワンを塗ってから、クリームで保湿効果を高めたりするのです。
そうすれば、いつもより手順は少ないのに、美肌の効果を得ることが出来ます。
また、どうしても時間が無い時は、緊急措置として、ささっと塗るだけでも良いのです。

綺麗ママになる最大の秘訣は『後ろ姿』

綺麗ママになる最大の秘訣は『後ろ姿』です。

背中が丸まっていたり、ブラが背中に食い込んで段差のある背中だと、綺麗ママとは言えません。
背筋を伸ばすだけではなく、普段からストレッチをして、背中美人を目指しましょう。

そのやり方のひとつをご紹介します。

  1. 最初は床にうつ伏せの状態になり、両手を方の横に置きます。
  2. 息をゆっくり吐きながら両手を床につけた状態で腕を伸ばし、体の状態も反らせます。この時、腕の力だけではなく、背筋と腹筋も意識しましょう。
  3. 今度は息を吸いながら、上体を床におろします。
    この時も腕の力だけに頼らず、背筋と腹筋の力も使いましょう。
  4. この上体の上げ下げを1日10セットを目安に行います。

慣れてきたら、朝晩10セットずつなど、回数を増やして行きましょう。

 - 生活を便利にするアイデア