世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

梱包でプチプチを使った包み方!プチプチの向きがポイントです

2019.3.21

空気が入ったデコボコの面があるプチプチは梱包時によく使いますが、その正しい包み方を知っているでしょうか。
プチプチが内側が正しいのでは?結局裏表どちらが正解なの?と様々な声が聞こえてきますが、果たして真相は?
裏表はどちらが正解なのか、箱や本、グラスやボトルなどの包み方など詳しくご紹介します。
梱包時にテープを使いますが、テープの使い方にもポイントがあります。
貰って嬉しくなるようなプチプチの包み方をマスターしましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

保育園での服装、0歳児におすすめのアイテムをご紹介

保育園での服装、0歳児の場合はどんなものを用意したらいいでしょう? 初めてのお子さんの場合はし...

絞りの浴衣は自分で洗濯ができる!洗濯の手順とポイントを解説

絞りの浴衣は自分で洗濯することができるのでしょうか。夏になると浴衣を着てオシャレを楽しむ人もいますよ...

小鼻の毛穴の掃除はどうしたらいい?ツルツル小鼻になる方法とは

小鼻の毛穴の掃除はどのように行えばいいのでしょうか?毎日の洗顔は毛穴掃除を意識をして丁寧に優しく行う...

暇なときの遊びはコレ!2人で出来る遊びはこんなにあった!

友達と、恋人と2人でいる時間が暇だ・・・何しよう?っていう時もありますよね? 暇つぶしにできる...

視力が「0.5」なら眼鏡は必要かどうかを検証!

視力がどのくらいなら眼鏡が必要なのでしょうか? 大人と子供では多少の違いがあります。 視力が...

部屋のドアに鍵を取り付ける方法とは?おすすめなドアの鍵

部屋のドアに鍵をつけるときにはどんなことに注意したらいいのでしょうか? また、取り付ける方法に...

通勤時間が2時間以上かかる。車通勤している場合について

サラリーマンの通勤時間の平均はどのくらいか知っていますか?通勤時間が2時間以上ももかかる場所に通って...

幼稚園の面接に落ちたら、そのあとの対処法をご紹介します!

幼稚園の面接に落ちたら、なんともやるせない気持ちになるかと思います。今まで頑張って努力してきたのにー...

乾燥機で使用する柔軟剤シート!その使い方をご紹介

皆さん柔軟剤はどのようなものをお使いですか?海外では乾燥機に柔軟剤シートを入れるのが主流なんですって...

お菓子に入っている乾燥剤は再利用できる?再利用の方法と注意点

お菓子などの袋の中には乾燥剤が入っていますよね。色々な種類の乾燥剤がありますが、皆さんはこの乾燥剤は...

合皮バッグは洗濯できるのか。合皮素材の正しいお手入れ方法

合皮のバッグは軽くて、お値段も本革よりもずっとリーズナブル。 日常的に使っているバッグは、合皮素材...

紅梅と白梅の違いは?二つの違いと見分け方をご紹介

梅には紅と白の花をつける二種類のものがあります。同じ梅なのに二種類あることを不思議に思う人もいますよ...

潜在意識で顔が変わる!?ハーフのような顔になる方法

潜在意識で顔やスタイルが変わるって聞いた事ありますか?これを利用すれば今流行りのハーフ顔も手に入れる...

セルフでブリーチ後にカラーをするときの正しいやり方とは

セルフブリーチカラーをするときにはどのような方法でどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? ...

一重まぶたのアイシャドウの塗り方・選び方など紹介します!

一重まぶたのアイシャドウの塗り方が知りたい! 一重まぶたの人は、アイシャドウをうまく塗れなかったり...

スポンサーリンク

梱包材のプチプチの包み方、結局のところ裏表はどちらが正解なのか

荷物を送る時に使用する時に、梱包材のプチプチを使用する方も多いと思いますが、プチプチの表面部分の凹凸部分のどちらに包んでいますか?

私は、表面の平らになっている部分に送るものを包み、凸凹している方が表にくるように梱包しています。

これが正解だと思っていましたが、調べていくと以下のようなことがわかりました。

プチプチの包み方に裏表はどちらが正解か

実はプチプチに裏表に正解はなく、どちらの面を使っても荷物に対する衝撃には何も変わらないそうです。

しかし、荷物を送る種類(壊れやすいもの)によってはプチプチの凸凹している面を表にすることが安心です。

また荷持をたくさん送るときには、プチプチが平になっている部分が表にくるように梱包すると、ダンボールにスムーズに詰めることができます。

箱や本をプチプチで梱包する場合の包み方

では、実際に箱や本をプチプチで梱包する場合の包み方について、どんな方法で梱包するのが良いのかご紹介していきたいと思います。

  1. プチプチを箱や本の大きさに合わせてカットします。
    ※実際の大きさより大きめで、厚みのあるものであれば、実際の厚さより2センチほどさらに大きくカットしましょう。
  2. プチプチが付いている側を外側にします。
  3. 箱や本の中心でプチプチが重なるように、隙間ができないように
    しっかりとテープで止めましょう。
  4. キャラメル包装のように上側をテープで止めてから、下側を上に折りテープで止めます。

キャラメル包装だと簡単で、見た目もスッキリしてきれいにみえます。

プチプチが付いている側を外側にすることで、衝撃から箱や本を守ることができます。

箱や本をプチプチで梱包する時には、この方法を是非試してみてくださいね。

グラスやボトルなど割れやすい物をプチプチで梱包する場合の包み方

グラスやボトルなど割れやすい物を荷物で送る時には、割れないようするためにも細心の注意を払いますよね。

プチプチで梱包する場合には、どんな点に注意しながら梱包すれば良いのでしょうか。

プチプチでグラスを梱包する方法

  1. プチプチをグラスの大きさより縦横少し大きめにカットします。
  2. プチプチが付いている側を外側にします。
  3. グラスにプチプチをくるくると巻いていきテープで留めます。
  4. 縦の部分の余った部分のプチプチを、グラスの中に押し込みテープで止めて完了です。

 

プチプチでボトルをを梱包する方法

  1. プチプチをボトルの高さより縦横大きめにカットします。
    ※縦の部分が特に長くなるようにカットしてください。
  2. プチプチが付いている側を内側にします。
  3. ボトルにプチプチをくるくると巻いていきテープで留めます。
  4. 縦の部分の余った部分のプチプチを、ボトルの上に折り曲げてテープで留めて完了です。

プチプチを使って梱包する場合のポイント

先述したようにプチプチを使って梱包する場合には、送るものによって凹凸がある部分を外側にするか内側にするかを悩んでしまうことがあります。

一般的には、プチプチを内側にして梱包することが多いですよね。

しかし送る荷物によっては膨んでいるものなどは、ひっかかってしまい衝撃で破損することもあることもります。

荷物を梱包する時に外側が良いもの

  1. 角がある本やCD
  2. 突起物や飾りのあるもの
  3. ガラスなど破損の恐れがあるもの
  4. 凸凹している方が内側が良いもの
  5. 丸みのあるもの
  6. 梱包しにくいもの
  7. ビン類などの割れやすいもの

プチプチを使って梱包する場合には、上記にのことを参考にしてみてください。

プチプチで梱包する際はマスキングテープを使うとより親切

プチプチで梱包する際は、見た目もスッキリしてきれいに見えることから、セロテープやガムテープなどで貼り付けて使用することが多いかと思います。

しかし、透明のプチプチにセロテープだと剥がす時に見えづらく剥がしづらいと言うことはありませんか?

特に端っこの部分がどこにあるのか、探しづらいと言うデメリットもあります。

もし今後、プチプチで梱包する際はマスキングテープを使うと、荷物を受け取る側にとっては、剥がす時により親切なので、おすすめです。

今はたくさんの種類が豊富にあるので、見た目も可愛らしくオシャレに見えます。

さらにマスキングテープの端の部分を折り曲げて折り返しておいてあげると、さらにより親切です。

もし自宅にマスキングテープがない場合には、セロテープやガムテープなどの端の部分を折り曲げて折り返しておいてあげると良いでしょう。

是非、参考にしてみてくださいね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア