世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

台風は場所で強さが異なる!進行方向に向かって危険な場所とは

2018.11.29

毎年甚大な被害をもたらし、多くの被害者を出す台風。
実はこの台風、場所によって強さが異なるって知っていましたか?

台風が場所によって強さが異なるのはなぜなのでしょうか。強い場所とは?

場所によって強さが異なるということは、台風が通過しても場所によって被害も異なるということになります。
また台風が発生しやすい場所、その理由についてもご説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

年長さんのプレゼント選び!女の子が喜ぶプレゼントを紹介!

年長さんや小学校1年生の歳の6歳の女の子。 このぐらいの女の子のがもらって喜ぶプレゼントはどんなも...

勉強机の引き出しの中身をキレイにしたい!整理整頓する方法

小学生の勉強机の引き出しの中身はどうしたらキレイに整頓できるようになるのでしょうか? うちの子...

自転車のブレーキの音鳴りの原因とその対処法について徹底解説

自転車に乗ってブレーキをかけた時に「キーキー」というような音鳴りがすると、周りの人にうるさいと思われ...

一般道でも右車線は追い越し車線になるため避ける方が賢明

高速道路の右車線は追い越し車線ということはみなさんご存知だと思います。では、一般道の右車線はどうなの...

髪の毛は生えている位置で名前が違う?部位別の呼び名

髪を切りに行って「どんなふうにしますか?」と言われたとき、どの部位をどうカットして欲しいかスマートに...

油かすの肥料の正しい使い方で失敗なく効果的に使う方法

ホームセンターなどで販売されている「油かす」は手軽に購入できて安全な肥料というイメージを持たれている...

雨の日に電車が混雑するのはなぜ?その理由と対処方法

雨の日に電車が混雑するのはどうして?電車が混むのは、毎日だけれど雨だとさらに混んでいるような? ...

主婦必見!洗剤の種類と特徴をしっかりと覚えよう!

スーパーなどに行くといろいろな種類の洗剤が並んでいて、どれにしようかを悩んでしまいますよね。 ...

ペットボトルの乾燥を早くしたい!乾燥までの時間を短縮する方法

ペットボトルをすぐに使いたい時、なるべく早く乾燥させたいと思いますよね。子供の学校に持たせなくてはな...

車の室内ライトをつけっぱなしに!車に及ぼす影響とは!

車の室内ライトをつけっぱなしにしてしまったと言う苦い経験を誰しも一度は、経験があるのではないでしょう...

日本の平野や盆地の覚え方とは?関連付けると忘れにくい

日本の平野や盆地を覚えるときにはどんなコツが必要なのでしょうか?丸暗記をすればいいのでは?と思ってし...

車の座席についたシミ取りをする方法を紹介します

天気がいい日は家族みんなで車でドライブする機会が増えると、車内で飲食することがありますよね。 ...

赤ちゃんは匂いに敏感!香水を使い始める適切な時期について

赤ちゃんは産まれたばかりの頃、まだ目が見えていないけれどお母さんに抱かれると安心しますよね?それは匂...

寝れない!ストレスが原因で寝られない時の解決策を教えます

寝れない。寝たいのに寝られない。疲れているのに寝られない。寝てもすぐに目が覚める。 布団に入る...

髪色を暗くしたいのに色落ちしてしまう原因と、その対処法

髪色を暗くしたいのに、何度染めても色落ちして明るくなってしまう・・・なんてことがありますよね。 ...

スポンサーリンク

台風は場所によって強さが異なるのは本当なのか

毎年日本に大きな被害をもたらす台風ですが、その台風、場所によって強さが異なるようです。あなたはその事を知っていましたか?

台風は、進行方向によって、右の半円は風が強くなり、逆に左では、右に比べて風が弱くなります。

中心部分は「目」と呼ばれており、風の強さは比較的弱くなっています。しかし、その周りは風の強い流域になっています。

また、台風が接近している時、進路によって、風の向きが変わってきます。ある地点の西か北を台風の中心が通る場合は、東、南、西、と時計回りに風の向きが変化していきます。その逆方向の場合、東、北、西、と時計とは反対の方向に変化します。

状況によって、この台風の風の向きも変わってくるようですが、風の向きを知ることにより、台風に備えることができます。

場所によって強さが異なる台風、結果被害にも差が出るのは事実

台風も場所によって風の強さが異なってくることを上記では学んできました。

次に、場所によって強さが異なる台風は、被害に差が出てくることに触れていきたいと思います。

先程も見てきましたが、台風は進行方向の右側が特に風が強い為、危険なことをみてきました。

右側は、吹き込む風の向きが一緒になるので、風の威力が増してしまいます。左側は右側に比べると、それほど風の威力はありません。

台風で気にしなくてはいけないのは、風だけではなく、雨ももたらします。その雨も、右側は強くなる傾向があります。

上記の情報を元にして、台風が来ることがわかっているのなら、自分が住んでいる地域の被害がどの位になるのか、また、どんな対策が必要になってくるのか、わかってくると思います。台風が来ることがわかったら、早めに対策を練っておきましょう。

場所の強さで言えば台風の目周辺が最強

台風は、右側は風の勢いもあり、雨も強いこと、その逆は勢いは衰える為、被害に向けて対策を練っていくことが大切であることを、上記ではみてきました。

次に、台風の場所の強さでいえば、台風の中心、目の周囲が強くなってくることを学んでいきたいと思います。

台風の中心の目は、比較的風は弱い傾向があります。ただし、その周辺の風は強く、特に右側が強くなってきます。

また、台風の強さは、どのように見ることができるか、下記で勉強していきたいと思います。

  • 強い・・・最大風速が33m/s以上~44m/s未満
  • 非常に強い・・・最大風速が44m/s以上~54m/s未満
  • 猛烈な・・・最大風速が54m/s以上~
  • 強風域・・・台風や発達した低気圧の周辺で平均風速が15m/s以上~25m/s未満の風が吹いているか吹く可能性のある領域。

来ると多くの被害をもたらす台風ですが、被害がでないように、しっかりと対策を練っていきましょう。

台風の風の強さは陸上の地形の影響を大きく受けやすい

台風は、台風の目の周辺の風の強さが強いことを、先程は学んできました。

次に、台風の風の強さは、陸上の地形の影響を大きく受けやすい点についてみていきたいと思います。

台風の風は、様々な状況によって変わってきます。海上であったり、陸上の地形の影響を受けるので、海峡,岬,谷筋,山の尾根では風が強まります。また、建物があると、乱流が発生することも出てきます。

また、地域によっては、竜巻が発生することもあります。沖縄,九州,関東から四国の太平洋沿岸では起こりやすいといえます。その為、台風が来るといっても、竜巻を起こしたり、大量の雨の災害があったり、被害は色々になってきますよね。

台風が来るとなると、二次的な災害の事も視野に入れて、対策を練る必要があります。

台風が発生しやすい場所はあるのか

台風が起こるとなると、場所によっては竜巻が起こったり、二次的な災害も起こってしまうことを、上記では学んできました。

最後に、その台風が、発生しやすい場所があるかどうかについてみていきたいと思います。

台風ができやすい環境があります。その要素となる部分について、下記でみていきたいと思います。

場所
北西太平洋または南シナ海に存在すること。
北西太平洋は北半球の東経100度~東経180度で、南シナ海とは中国・ベトナム・台湾・フィリピンに囲まれた海域。

台風の発生条件
海面水温が26.5℃以上で台風が発生。
北西太平洋または南シナ海は5月~10月にかけて、海面水温が26.5℃以上に上昇します。

台風って、どうしても南でフィリピンのような南側で発生しやすいようですね。あまり強すぎる台風だと、日本に来ないで、別の地域にいって欲しい、そう思う時もあると思います。

 - 生活を便利にするアイデア