世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

台風は場所で強さが異なる!進行方向に向かって危険な場所とは

2018.11.29

毎年甚大な被害をもたらし、多くの被害者を出す台風。
実はこの台風、場所によって強さが異なるって知っていましたか?

台風が場所によって強さが異なるのはなぜなのでしょうか。強い場所とは?

場所によって強さが異なるということは、台風が通過しても場所によって被害も異なるということになります。
また台風が発生しやすい場所、その理由についてもご説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自分で作るスカートに必要な生地の長さと注意点について

可愛い生地を見つけると、何かを作りたくなってしまいますよね。ちょっと難しそうな洋服もスカートなら簡単...

2週間で3キロも太ったら?その原因とすぐに元に戻す方法

2週間で3キロも太ったら、さすがに焦ってしまいますよね。これって元に戻すことはできるのでしょうか? ...

車のバックライトが消えない原因とは?対処法と応急処置!

車のバックライトがなぜか消えない!エンジンを切っているのになぜ? なぜだかわからず、焦ってしまうの...

運転手を雇うにはいくら必要?ドライバー派遣のメリットも!

専属の運転手って聞くと、お金持ちの人って感じがしますが、運転手を雇うのはいくらぐらいかかるのでしょう...

すき焼き用の鉄鍋を久しぶりに出してみたらサビが!そんな時には

すき焼きをしようと張り切って、すき焼き用の鉄鍋を台所の棚の奥から出してみると…。 なんと!赤サ...

気になる服の生地の名前を知りたい時は調べてみよう

服を買おうと思った時に、最も気になるのがデザインですが、それと同じくらい生地に何が使われているのかを...

夜オムツの外し方はいつから?そのタイミングをご紹介します。

お子さんが3歳くらいになると、トイレトレーニングを始めるママも多いかと思います。 そのタイミングと...

髪飾りは何がいい?結婚式でゲストが身につけるとNGなもの!

結婚式のゲストでお呼ばれして結婚式に出席する時、気をつけなくてはならないのがNGな装いです。結婚式の...

年長さんのプレゼント選び!女の子が喜ぶプレゼントを紹介!

年長さんや小学校1年生の歳の6歳の女の子。 このぐらいの女の子のがもらって喜ぶプレゼントはどんなも...

部屋が暑いときの対策とは?オススメ換気扇の活用法

部屋が暑いときに涼しくするためには、できればクーラーなどを使わずに経済的に済ませたいですよね。 ...

梱包材のプチプチには裏表があるの?プチプチの使い方とポイント

梱包材としてお馴染みの「プチプチ」ですが、裏表があるのかどうかで悩んだことありませんか? テープの...

幼稚園は夏休み期間の保育料がかかる!保育料がかかる理由を解説

幼稚園の夏休みの期間は地域によっても違いますが、8月は夏休みで幼稚園に行かない、行っても短い期間しか...

靴のストラップが外れる!その理由と対処方法について

靴のバックストラップが外れることありますよね・・・。歩いているときに外れてしまうといちいち直さなくて...

メイク初心者のナチュラルメイクのやり方・手順とコツをご紹介

これからメイクを覚えたいという初心者の人は、メイクのやり方イマイチよくわからない事もありますよね。ど...

平日休みにランチを一人で楽しむメリットや店選びのポイント

平日の休みにランチを行くのに一人だとなんだか不安という人もいるでしょう。いつもはランチは友達と行くこ...

スポンサーリンク

台風は場所によって強さが異なるのは本当なのか

毎年日本に大きな被害をもたらす台風ですが、その台風、場所によって強さが異なるようです。あなたはその事を知っていましたか?

台風は、進行方向によって、右の半円は風が強くなり、逆に左では、右に比べて風が弱くなります。

中心部分は「目」と呼ばれており、風の強さは比較的弱くなっています。しかし、その周りは風の強い流域になっています。

また、台風が接近している時、進路によって、風の向きが変わってきます。ある地点の西か北を台風の中心が通る場合は、東、南、西、と時計回りに風の向きが変化していきます。その逆方向の場合、東、北、西、と時計とは反対の方向に変化します。

状況によって、この台風の風の向きも変わってくるようですが、風の向きを知ることにより、台風に備えることができます。

場所によって強さが異なる台風、結果被害にも差が出るのは事実

台風も場所によって風の強さが異なってくることを上記では学んできました。

次に、場所によって強さが異なる台風は、被害に差が出てくることに触れていきたいと思います。

先程も見てきましたが、台風は進行方向の右側が特に風が強い為、危険なことをみてきました。

右側は、吹き込む風の向きが一緒になるので、風の威力が増してしまいます。左側は右側に比べると、それほど風の威力はありません。

台風で気にしなくてはいけないのは、風だけではなく、雨ももたらします。その雨も、右側は強くなる傾向があります。

上記の情報を元にして、台風が来ることがわかっているのなら、自分が住んでいる地域の被害がどの位になるのか、また、どんな対策が必要になってくるのか、わかってくると思います。台風が来ることがわかったら、早めに対策を練っておきましょう。

場所の強さで言えば台風の目周辺が最強

台風は、右側は風の勢いもあり、雨も強いこと、その逆は勢いは衰える為、被害に向けて対策を練っていくことが大切であることを、上記ではみてきました。

次に、台風の場所の強さでいえば、台風の中心、目の周囲が強くなってくることを学んでいきたいと思います。

台風の中心の目は、比較的風は弱い傾向があります。ただし、その周辺の風は強く、特に右側が強くなってきます。

また、台風の強さは、どのように見ることができるか、下記で勉強していきたいと思います。

  • 強い・・・最大風速が33m/s以上~44m/s未満
  • 非常に強い・・・最大風速が44m/s以上~54m/s未満
  • 猛烈な・・・最大風速が54m/s以上~
  • 強風域・・・台風や発達した低気圧の周辺で平均風速が15m/s以上~25m/s未満の風が吹いているか吹く可能性のある領域。

来ると多くの被害をもたらす台風ですが、被害がでないように、しっかりと対策を練っていきましょう。

台風の風の強さは陸上の地形の影響を大きく受けやすい

台風は、台風の目の周辺の風の強さが強いことを、先程は学んできました。

次に、台風の風の強さは、陸上の地形の影響を大きく受けやすい点についてみていきたいと思います。

台風の風は、様々な状況によって変わってきます。海上であったり、陸上の地形の影響を受けるので、海峡,岬,谷筋,山の尾根では風が強まります。また、建物があると、乱流が発生することも出てきます。

また、地域によっては、竜巻が発生することもあります。沖縄,九州,関東から四国の太平洋沿岸では起こりやすいといえます。その為、台風が来るといっても、竜巻を起こしたり、大量の雨の災害があったり、被害は色々になってきますよね。

台風が来るとなると、二次的な災害の事も視野に入れて、対策を練る必要があります。

台風が発生しやすい場所はあるのか

台風が起こるとなると、場所によっては竜巻が起こったり、二次的な災害も起こってしまうことを、上記では学んできました。

最後に、その台風が、発生しやすい場所があるかどうかについてみていきたいと思います。

台風ができやすい環境があります。その要素となる部分について、下記でみていきたいと思います。

場所
北西太平洋または南シナ海に存在すること。
北西太平洋は北半球の東経100度~東経180度で、南シナ海とは中国・ベトナム・台湾・フィリピンに囲まれた海域。

台風の発生条件
海面水温が26.5℃以上で台風が発生。
北西太平洋または南シナ海は5月~10月にかけて、海面水温が26.5℃以上に上昇します。

台風って、どうしても南でフィリピンのような南側で発生しやすいようですね。あまり強すぎる台風だと、日本に来ないで、別の地域にいって欲しい、そう思う時もあると思います。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア