世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

部活は上下関係を学ぶことができる大切な場所面接で活かす方法

2018.11.12

部活は上下関係を学ぶには、とても良い環境と言えるでしょう。

もちろん、その部活によって違いはありますが学年が違う学生の中であなたがどのように頑張ってきたのかをアピールするのに適している部分となります。

では、この上下関係を学んだことを伝えるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?部活で学んだ上下関係を面接で説明の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

卓球の練習方法!家でもできる卓球上達の練習アドバイス

卓球初心者の中には、家でも卓球の練習をして早く上達したいと思う方も多いでしょう。しかし、自宅に卓球台...

バレエの先生が無視?怖い先生との違いと無視と感じてしまう理由

バレエの先生から無視をされることほど辛いものがありません。 なぜ自分にだけ注意をしてくれないのか、...

【部活を休む理由】さぼりたい時に使える理由を教えます

本当はだめだけど、今日だけは部活をさぼりたい、毎日練習を頑張っている人であれば、そんな日もあるのでは...

サーフィンのテイクオフを早くするには!コツも紹介します!

サーフィンのテイクオフを早くするにはどうしたらいいのでしょうか? サーフィンを始めて1番最初の難関...

ソフトボールのショートのコツとは?守備強化のために必要なこと

ソフトボールのショートは、内野の中でも一番忙しいポジションと言えるでしょう。その理由は、内野の中でも...

乗馬の4級ライセンスに挑戦してみよう!●日間で合格できます

「趣味は乗馬」そんなふうに言えたらカッコいいですよね。 実は乗馬にはライセンスがあり、初心者で...

大相撲の場所の年間開催回数や会場、チケットについて解説

テレビで大相撲の中継を見ていると、実際に目の前で生の相撲を見たいと感じる人も多いでしょう。 そ...

鳥かご【サッカー】のコツとは?顔をあげてやってみよう

鳥かごはサッカーのアップなどで行われるボール回しですがこのボールをパスする、カットするちょっとした動...

女性のための背筋を鍛える簡単な方法と注意点について解説します

デスクワークをしている女性は「猫背」が悩みだという人も多いでしょう。背筋を鍛えることによって猫背を解...

野球とサッカー・子供にやらせるならどっち?両者を徹底比較

これから子供にスポーツを習わせたいと考えている親御さんの中には、野球とサッカーのどっちを習わせたら良...

バドミントンのコツを徹底解説!ダブルスは戦術が大切です!

バドミントンを始めたばかりの人にとって、ダブルスを組んだ場合どんな動きをすればいいのかもよくわかりま...

ブリッジができないのは腕のせい?原因や効果について

ブリッジを子供の頃に一度はやったことのある人が多いのではないでしょうか?大人になってからはやる機会は...

弓道で弓手がぶれる原因とは?的中率を上げるために必要なこと

弓道で弓手がぶれると的中率も低下します。弓手のぶれをなくして安定すれば、的中率も上がり上達もします。...

テニスの練習メニューについて。部活練習で試合を意識するコツ

テニスの部活の練習メニューは、いつも同じ様な流れで行うことが多いと思います。 しかし、いつも同じ様...

サッカーのフェイントが上達するポイントや練習方法とは

サッカーのフェイントが上手くなりたい!そんなときにはこの練習方法がおすすめです。 最初から難しいも...

スポンサーリンク

部活は上下関係や協調性を学ぶことができる貴重な場所

運動部は上下関係が厳しい部活が多い

「学年が上だからと先輩風吹かせて」など思うことがありますが、社会人になると上下関係が大切だということに気がつくと思います。
学生時代部活に入っていて良かったと思う時が必ず来ます。部活動で上下関係を経験していないと、社会に出た時に上司や先輩との関係で、戸惑ったりどう接するべきか判断に困る場合があるでしょう。

上下関係で学ぶこと

目上の人に対する礼儀、先輩を立てる、後輩を育てるなどがあります。部活動を通して学ぶことは、みんなで協力して成り立つことが多いので、団結力が身につくことが多くあります。一人では何も出来ないので、みんなで協力することが大切なことを学ぶことが出来る大切な場所です。社会人になり仕事をする上でも協調性や団結力はとても大切なことです。社会に出てからでは簡単には身につくことはないでしょう。
これさえ身についていれば困ることは少ないはずです。まず敬語。部活を通して身についていたので働きはじめた時に困ることはないです。そして挨拶。挨拶は基本中の基本です。挨拶はしっかりするようにしましょう。元気に挨拶をされて嫌な人はいません。

部活で上下関係を学ぶことができるのは今だけ!

部活で上下関係を学ぶことが出来るのは学生のうちだけ

1つ上の先輩に上から物を言われたり、休みがちな仲間がレギュラーになったり部活には理不尽と思えることが多くあります。そのため悔しい思い気持ちになることもあります。しかし無駄なことなんて1つもないのです。「こんな人もいる」「こんな状況になることもある」と考えることが出来るようになります。そしてどんな行動をしたらいいのか考える力が付くようになるのです。社会人になると理不尽なことがたくさんあります。部活動を通していろいろな経験が出来るので多少の事ではヘコタレない強い心を持てるようになります。

社会人になってもスポーツをしたり、楽器を楽しんだりすることはあることでしょう。しかし部活は学生の時にしか出来ないのです。仲間との貴重な時間を過ごすことをオススメします。学生時代の思い出は一生忘れません。

部活で上下関係を学ぶことはあなたの強み

部活動で学んだことは自己PR

部活動は続けてきた努力を伝えることも出来るし、その経験によって色々なことを身につけることにもなります。そして部活をしていた方が企業も印象がいいので、印象よく自己PRをすることが出来るのです。

しかし伝え方によっては正しい評価が出来ない可能性もあるので注意しましょう。伝え方次第で大きく印象が変わるので、どのように伝えるかとても大切です。部活動を通して学んだことも伝え方次第では充分なアピールにはならないでの、伝え方の注意点をしっかり理解し効果的に自己PRをするようにしましょう。

気をつけないといけないポイントは、成績の自慢話ばかりしないことです。成績をアピールすることは問題はないのですが、過度なアピールは避けましょう。面接官は成果にたどり着くまでの過程を何をしたのかを知りたいのです。面接官が聞きたいと思っていることをしっかりと話せないと面接官へのアピールにはならないので注意しましょう。部活動を通して学んだ上下関係は必ずあなたの強みになります。

部活で学んだ上下関係をアピールするときの方法

面接で部活のアピール

あなたはどのような方向性の努力をしたのかを話すようにしましょう。このことから面接官はあなたの物事に対する姿勢や心構えなどを予測することが出来ます。そして他の部員との関係性についても良好でもぶつかったとしてもそこで得た教訓を一緒に伝えるようにしましょう。対人に対しての能力がわかります。企業側としては周囲の人と協力し合える人間が欲しいです。なので対人関係を重視しています。衝突した場合どのように解決したのかなどを伝え、きちんとした人間関係を築くことが出来ることをPRするようにしましょう。

あなたが部活を通して学んだことをから面接官はどのような視点で物事を見ることができるのか、いかなる経験を積むことが出来るのかを予測することが出来。仕事をしていく中でどのように成長する人なのかを判断する材料になります。

部活で上下関係を学ぶことがなかった人へ

部活をしていない人が認識しておかないといけないことがあります。部活が自己PR材料になるというわけではないということです。採用する側の立場になって考えて考えてみましょう。自己PRとして「吹奏楽部で活動して、吹奏楽のコンクールで優勝できました」と書かれていたとしてもどう評価が出来るでしょうか。

部活動で輝かしい実績を収めていたとしてもそれだけではPR材料にならないのです。なので部活動をしていなかったとしても、ハンディになるということもないのです。

部活動以外でアルバイト経験を材料にする人や、プライベートでボランティアに励む人もいるので、何でも自己PRになる可能性があるのです。旅行が趣味で日本各地を旅する経験が活かせそうならそれでもいいですし、研究に没頭したならそれをPR材料にするのもいいです。その経験が仕事にどのように役に立つのかを説明出来ればいいのです。部活以外でも上下関係を学ぶことが可能です。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問