世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ブリッジができないのは腕のせい?原因や効果について

2018.4.8

ブリッジを子供の頃に一度はやったことのある人が多いのではないでしょうか?大人になってからはやる機会はなかなかありませんよね。

ですが、このブリッジは柔軟だけでなく美容効果も期待できるって知っていましたか?そんな効果があるならやってみたいですよね。

ブリッジができないのは腕の力がないから、また力の入れ方が違うからなど原因があります。ブリッジをするためのコツを確認してやってみましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

サッカー初心者でも試合で活躍出来る!その方法とは・・・

サッカーを始めたばかりの初心者というのは、なかなか試合でも活躍出来ませんよね。 ボールに触るこ...

ピアスの穴を隠す方法!学校にバレないように隠す方法をご紹介

学校の服装チェックなどを控えている人の中には、ピアスの穴を上手に隠す方法ないかと頭を悩ませている人も...

スマッシュ【バドミントン】の打ち方とは?コツやポイント

バドミントンのスマッシュはどんな打ち方をしたら速く打てるようになるのでしょうか? スマッシュを...

バレエに必要な柔軟性は厳しいレッスンだけでは得られない

バレエには柔軟性が必要ですが、厳しい柔軟ストレッチが嫌で挫折してしまう方も多いようです。 バレエは...

競泳平泳ぎを速く泳ぐコツ!速く泳ぐために大切なポイントを解説

競泳で平泳ぎをしている人の中には、今よりももっと速く泳げるようになりたいと思う人もいますよね。平泳ぎ...

テニスの練習メニューについて。部活練習で試合を意識するコツ

テニスの部活の練習メニューは、いつも同じ様な流れで行うことが多いと思います。 しかし、いつも同じ様...

バスケの練習を家でする方法は?ボールなしでもできる練習法

当たり前のことですが、バスケの練習はすればするほど上達します。 でも、ボールはないし、広い庭が...

部活を休む事で感じる罪悪感の対処法!部活を休みたくなる理由

部活を休むことに罪悪感を感じ、休まなければ良かったと後悔している人もいますよね。部活を休むのには人そ...

陸上の走り方【長距離編】長距離の走り方で重要なポイントを解説

陸上で長距離を走っている人の中には、どのような走り方をすれば長距離のタイムを上げることができるのか知...

相撲を見ていると気になる力士の怪我。怪我が多い訳を考える

海外でも関心を集める相撲。多くの人気力士が登場する一方で、怪我が多いことが話題になることも。 ...

バク転の練習!自宅での練習方法と注意点・恐怖心を取り除く方法

バク転ができるようになりたいと思っている人もいますよね。自宅でできる練習方法が知りたいという人もいる...

合気道と空手、子供にどっちを習わせるかで迷っている方へ

強い子になって欲しい!そんな願いから、子供に合気道か空手を習わせようと考えている親御さんも多いのでは...

合唱のピアノ伴奏をするコツとは?上手く弾くために必要なこと

中学校で行われる合唱コンクールでピアノ伴奏に選ばれ、さあ!練習しなきゃ!と思っても、いつも通りの練習...

サーフィンのテイクオフを早くするには!コツも紹介します!

サーフィンのテイクオフを早くするにはどうしたらいいのでしょうか? サーフィンを始めて1番最初の難関...

ダンスが下手な理由とは?ダンスの見栄えをよくする方法もご紹介

中学校の必須科目となっているダンス。 習い事でダンスを習っている子にとっては楽しい授業でも、ダンス...

スポンサーリンク

ブリッジができないのは腕に力がないから?

ブリッジをするには、体を持ち上げるための筋力が必要になります。そして、それ以上に体をアーチ状に保つ為の筋力と柔軟性が必要になります。

ブリッジをすることができない人はこのどれかがかけている可能性があるのです。

ブリッジをするときには体をアーチ状にするために手足を床につけて踏ん張り、お腹とお尻の筋力を使って体を持ち上げます。

しかし、この時にバランスが悪いと水平に体を持ち上げる事が出来ずにブリッジをする事が出来ないのです。

また、水平に体を持ち上げる事が出来たとしても体に柔軟性がないとアーチ状に体をそらすことができずにブリッジをすることができないのです。

腕の力が原因である場合は筋力の問題ではなく手の置き方や腕の位置などに問題があることもあります。

手の位置は耳の隣の辺りに逆手のように指先が足に向くように置きます。そして肘が横に広がらないように耳につけるような感じで姿勢をとるのです。

このように正しい姿勢にしても出来ない場合には筋力が足りていない事が考えられます。腕の筋力を高めるための筋トレを行うようにしましょう。

ブリッジができないのは腕や足の力を入れる角度が悪いから?

ブリッジが出来ない人は筋力が足りていないからとか柔軟性がないからという可能性もありますが、手と足の力の入れる角度に問題があることもあります。

ブリッジが出来ていないのは手と足の力が斜めに分散されているからではないでしょうか?

足が背中のアーチ状から離れた場所に合って踏ん張っている場合は斜めに力が分散されています。

また、手が頭から離れている時も同じように斜めに力が入ってしまっています。

ブリッジが出来る時は手と足の力は上になっています。足は背中のアーチ状に近い場所で踏ん張っている状態で、手も頭の近くで上に頭を押し上げている状態になります。

できない時とできる時の事を比べると力のかかり方が違うので力の入り方に注意してみましょう!

ブリッジができない時は無理をしない!腕など怪我することも…。

ブリッジをするときには普段使っていない筋肉や骨などを使うので体に負担がかかってしまいます。なので、いきなり行うと腰や背中などを傷めてしまう事もあるので気をつけましょう。

ブリッジをするときには必ずストレッチなどの準備運動をして筋肉や関節を柔らかい状態にしておき怪我をしないようにしましょう。

立ったまま前屈をしたり状態をそらしたりするようなストレッチでも十分で、大げさにストレッチする必要はありません。

そして、どんな運動もそうですが無理をしないという事です。ブリッジをしていてもし体に少しでも痛みを感じた場合はすぐにブリッジをやめるようにしましょう。

ブリッジを体力の限界まで続けてしまうと突然力が抜けたようになってしまい、腰や背中を床に強く打ち付けてしまい怪我につながることがあるので絶対に無理をしないようにしましょう。

ブリッジにも種類があります!

ブリッジと言えばどんなブリッジを思い浮かべるでしょうか?

仰向けになって両手両足を地面につけて腰を上に持ち上げて背中がアーチ状になるようなブリッジを思い浮かべる人がほとんどだと思います。

このブリッジをスタンダードバージョンのブリッジと言います。一番一般的なものですね。

横向きになって片手で体を支えるサイドブリッジというものもあります。アーチ状になるのではなく体はまっすぐ一直線になるブリッジです。

スタンダードバージョンは仰向けですがうつ伏せになって行うフロントブリッジもあります。

うつ伏せになり両肘を床につけて体を一直線になり、かなり難易度は低いです。一般的なブリッジができない場合はこのブリッジからやってみるのもいいですよ。

最後にバックブリッジです。仰向けになり両手を使わずに肩を床につけてお尻を浮かせるブリッジです。

とても簡単にできるものなので他のブリッジが出来ない場合にはとてもおすすめです。

ブリッジは美容効果も期待できる?!

ブリッジをするとボディメイクに効果があるというのを知っていましたか?

長時間デスクワークをしていたりして猫背になっている人、背中が丸くなって肩が内向きになってしまっている人も多いと思います。肩こりがひどい人も多いのではないでしょうか?

ブリッジは胸を開き、体を思いっきり反らすことになるので普段使う事のない筋肉や骨などに作用しバランスを整えてくれます。

ブリッジをすることで体の歪みが改善される可能性があり、新陳代謝も良くなると言われています。

また、新陳代謝がよくなると血流とリンパの流れも良くなります。全身に血液が巡ることが出来るので冷え性の改善や浮腫みの解消、お腹周りの巡りも良くなります。

ブリッジをするときは腕と足の力で体を支える事になります。自分の体重を全部手足で支える事になりますし、普段しないポーズなので普段使われていない筋肉が使われる事になり全身を引き締める効果を期待することができるのです。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問