世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

小学校の運動会のリレー選手に選ばれる子どもとは?速く走る方法

2018.11.30

小学校の運動会でリレー代表に選ばれるのはどんな子どもなのでしょうか?また、速く走るにはどんな練習をしたらいいの?

クラス全員リレーの場合は、足の速さに関係なく走ることになります。運動会のリレーの直前にはこのような練習をしておくといいでしょう。

小学生の運動靴の選び方や速く走るコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

幼稚園の運動会でPTA競技が盛り上がる法則やオススメと注意点

幼稚園の運動会ではPTA競技も定番ですが、子供と一緒に盛り上がれる競技がいいですね。 幼稚園の運動...

ダンスができない理由やNGな練習方法、上達するためのポイント

同じダンススクールに通っていても、上達の速い子とそうではない子がいますよね。 もともと持っている運...

水泳の平泳ぎ練習方法・平泳ぎが上達するにはキックの練習が大事

水泳の平泳ぎが上達したいという人は、どうやって練習すれば上達するのか、練習方法が知りたいという人もい...

【部活を休む理由】さぼりたい時に使える理由を教えます

本当はだめだけど、今日だけは部活をさぼりたい、毎日練習を頑張っている人であれば、そんな日もあるのでは...

前腕の太さでモテる!?男性の平均や腕を太くする方法

前腕の太さは男の象徴とも言われますが、男性の前腕の太さの平均とはどのくらいなのでしょうか? ま...

サッカー初心者でも試合で活躍出来る!その方法とは・・・

サッカーを始めたばかりの初心者というのは、なかなか試合でも活躍出来ませんよね。 ボールに触るこ...

部活は上下関係を学ぶことができる大切な場所面接で活かす方法

部活は上下関係を学ぶには、とても良い環境と言えるでしょう。 もちろん、その部活によって違いはあ...

バンドのギターの音作りのコツは?音作りが上手くなるには

バンドのギターの音作りでは、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? また、バンドのギターの...

陸上の走り方【長距離編】長距離の走り方で重要なポイントを解説

陸上で長距離を走っている人の中には、どのような走り方をすれば長距離のタイムを上げることができるのか知...

剣道を女子が中学から始めても大丈夫?中学から始めるメリット

剣道に興味を持っている女子中学生もいるのでは? でも中学から始めて、小学生から始めている子達には到...

フットサルが上達する練習方法・ボールキープや上手な抜き方

一生懸命フットサルに取り組んでいるという皆さん、どんなふうに練習をしたらフットサルが上達するのか悩む...

ソフトテニスを高校から初める初心者は意外と多い!練習のコツ

高校や中学ではソフトテニスも人気がありますね。 高校からソフトテニスを始めようと考えている人も...

【社交ダンス上達のコツ】タンゴに挑戦する初心者が覚えること

社交ダンスのスタンダード種目の一つであるタンゴ。初心者でこれから始める人にとっては、どうやってステッ...

サーフィンのテイクオフを早くするには!コツも紹介します!

サーフィンのテイクオフを早くするにはどうしたらいいのでしょうか? サーフィンを始めて1番最初の難関...

相撲は神事かスポーツか・相撲の歴史や起源、しきたりについて

相撲といえば昔から日本人に親しまれている伝統的な神事・スポーツです。相撲はスポーツだと思っている人も...

スポンサーリンク

小学校の運動会のリレーで選ばれるのはどんな子ども?

小学校の運動会のリレーには全員リレーと選抜リレーがありますが、全員リレーでは走りたくないのに走らなければならない子がでてきますし、選抜リレーでは走りたい子が出られない場合があります。

どちらにも良し悪しありますが、走りに自信がない子がより速く走るため、リレーの選手に選ばれるため、足が速い子がもっと上を目指すためにの方法を紹介していきます。

リレーの選手に選ばれる子供の特徴

・他の子より腹筋が発達している
・上に兄弟がいて普段から一緒に遊んでいる
・小さい頃から運動神経が良い

共通してこのような特徴がありますが、そうでない子も努力次第ではリレーの選手や足が早くなるのは夢ではないのです。

子供がまだ小学校ですので、足が速くなるためにサポートしてあげてくださいね。

小学校運動会のリレーで速く走りたい!どのように走ればいい?

小学校の運動会のリレーでどのようにしたら速く走れるのかは、スタートダッシュや腕の動きなどの走るフォームも重要です。

リレーの選手に選ばれる為に頑張りたいこと

スタートダッシュ

スタートダッシュでは、バトンを受け取ったら体重をできるだけ前に前傾姿勢をとることで、足を一歩一歩前に出しやすくなる効果があります。
走るというよりは走りに勢いをつけるために、足を速く一歩一歩前に出すことを意識してください。
前傾姿勢でアゴを下げ、しっかりと前をむきましょう。

腕の振り方

脇を締め腕をできるだけ小さく速く前後に動かします。
そうすることで足の回転が速くなる効果があります。
女のコ特有の横に腕を振るのは、いくら速く動かしても効果はありません。

地面につける足の範囲

バトンを受けてから走る時に、足の裏を全て地面につけてしまわないよう注意してください。
あしの爪先部分だけ、足の裏の半分以下を地面につけます。

小学校運動会のリレーで走るならこの練習をしておこう!

小学校の運動会で選抜リレーやアンカーになるのも夢ではありません。
お家で体幹を鍛えるトレーニングをして、より速く走れるように努力しましょう。

もちろん、生まれながらに足が速い子、身体能力が高い子、体幹がある子など様々でしょうが、体幹をより鍛えることで効果が高くなります。

短距離走は、速く走る足の力だけあれば有利というわけではありません。
体幹トレーニングをすることで腹筋が鍛えられます。
この腹筋が鍛えられる時点で、リレーの選手に選ばれる子の特徴の一項目を制することが出来ます。

このように体幹を鍛えることで姿勢も良くなり、運動能力が一段とレベルアップするのです。

そして体の足腰を強くさせるので怪我も少なくなりますので、体幹を鍛える事は子供にとってメリットになるという事です。

運動会のリレーではこのことを意識して走ろう!

小学校の運動会のリレーは個人競技ではありません。
バトンを受けて走りだすと個人競技のようなものですが、やがて次の選手にバトンを渡すシーンがきます。
いくら速く走れてもバトンの受け渡しに失敗すると、そのミスが大きなミスへとつながってしまうのです。

速く走るための練習は一人でもで出来るが、リレーでより重要なのがバトンの受け渡し

バトンの受け渡しは一見とても簡単そうに見え、聞こえもしますが自分も相手も走った状態でバトンをつなぐことは見た目以上に難しいです。
受け渡し時の相手の選手との身長差の考慮やタイミング、助走の速さなど合っていなければバトンをスムーズに渡すことはできません。

チーム内で意見を出し合い、スムーズにバトンをつなく練習をする必要があります。
この時に自分のことしか考えていない自分よがりの選手は失敗する確率が高くなるでしょう。

このようにリレーは団体競技であることを忘れないでくださいね。

運動会のリレーで速く走れるようになる!?靴の選び方

小学校の運動会のリレーでの靴選びについて…

運動会のために靴を新調する人、普段から履き慣れた靴が良い人様々ですが運動会という大イベントを機に新調する人が多いのではないでしょうか。

靴を新調するのであれば、遅くても一週間前、余裕を持って1ヶ月前に新しいスニーカーにしましょう。
買ったばかりのスニーカーは硬く本領発揮できない可能性、靴擦れをしてしまう可能性があります。
そのため、少し履き慣らし靴を柔らかくしてから運動会に挑みましょう。

すぐサイズアウトしてしまうし余裕を持って少し大きめを購入してしまいがちですが、運動会のための靴ですので、サイズや走りやすい形や生地、子供にあったものを選ぶようにしましょう。

女子の靴はスニーカでもオシャレ感を意識した装飾がついたスニーカーが豊富に出回っていますが、あくまでも運動会で速く走るための靴を選んでくださいね。

スポーツ専用メーカーの物を選ぶと間違いないでしょう。

練習に付き合ったり、一緒に走り込みをしたりすることもサポートですが、なんといっても子供についていけない、ついていくのがやっとでなかなか子供の相手はできないこともあるでしょうが靴を新しく買ってあげることも親の少しばかりのサポートになりますよね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問