世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

小学校の運動会のリレー選手に選ばれる子どもとは?速く走る方法

2018.11.30

小学校の運動会でリレー代表に選ばれるのはどんな子どもなのでしょうか?また、速く走るにはどんな練習をしたらいいの?

クラス全員リレーの場合は、足の速さに関係なく走ることになります。運動会のリレーの直前にはこのような練習をしておくといいでしょう。

小学生の運動靴の選び方や速く走るコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

水泳初心者の練習メニュー!水泳を始める大人のための基本練習

大人になってから水泳を始めたいという方も多いと思います。運動の習慣がない人にとっても、水泳は始めやす...

野球のエースの条件とは?技術・メンタル・そして最も大切な要素

少年野球チームに入って投手になったからには、やっぱりエースと呼ばれる人になりたいですよね。 チ...

女性のための背筋を鍛える簡単な方法と注意点について解説します

デスクワークをしている女性は「猫背」が悩みだという人も多いでしょう。背筋を鍛えることによって猫背を解...

ホラーとサスペンスの違い!似ているようで違った2つの特徴

ホラー、サスペンスと聞いて、皆さんは何をイメージしますか?この2つの言葉、似ているようで少し違った意...

ソフトテニスを高校から初める初心者は意外と多い!練習のコツ

高校や中学ではソフトテニスも人気がありますね。 高校からソフトテニスを始めようと考えている人も...

部活を休む事で感じる罪悪感の対処法!部活を休みたくなる理由

部活を休むことに罪悪感を感じ、休まなければ良かったと後悔している人もいますよね。部活を休むのには人そ...

リレーで速く走るコツとは?カーブはこうして駆け抜けよう

リレーのカーブはどのように走ればいいのでしょうか?リレーで速く走るコツとは? 誰もがスピードの...

大相撲の場所の年間開催回数や会場、チケットについて解説

テレビで大相撲の中継を見ていると、実際に目の前で生の相撲を見たいと感じる人も多いでしょう。 そ...

合気道と空手、子供にどっちを習わせるかで迷っている方へ

強い子になって欲しい!そんな願いから、子供に合気道か空手を習わせようと考えている親御さんも多いのでは...

バスケのシュートフォームを矯正すればシュート率はアップする

バスケのシュート練習をしてもボールが入らない。それは、シュートフォームの矯正が必要なのかもしれません...

美術のテスト問題はどうやって作られる?中学校のテスト対策

中学校の美術のテストの点数がいまいちだった・・・。絵が上手くないからと諦めてしまうのはもったいない!...

部活は上下関係を学ぶことができる大切な場所面接で活かす方法

部活は上下関係を学ぶには、とても良い環境と言えるでしょう。 もちろん、その部活によって違いはあ...

バレーボールのサーブの打ち方とは?フローターサーブのポイント

バレーボールで一番使われることの多いフローターサーブの打ち方とは?試合の展開や流れを大きく変えるフロ...

短距離を速く走るトレーニング方法とは?おすすめ筋トレを紹介

短距離を速く走るにはどんなトレーニング方法が必要なのでしょうか? 意外にも、足のトレーニングだ...

卓球でドライブが入らない悩みはこれで解決!コツを教えます

卓球の国際試合などを見ていると、ドライブが決まってかっこいいなと思いますよね。 でも実際に卓球...

スポンサーリンク

小学校の運動会のリレーで選ばれるのはどんな子ども?

小学校の運動会のリレーには全員リレーと選抜リレーがありますが、全員リレーでは走りたくないのに走らなければならない子がでてきますし、選抜リレーでは走りたい子が出られない場合があります。

どちらにも良し悪しありますが、走りに自信がない子がより速く走るため、リレーの選手に選ばれるため、足が速い子がもっと上を目指すためにの方法を紹介していきます。

リレーの選手に選ばれる子供の特徴

・他の子より腹筋が発達している
・上に兄弟がいて普段から一緒に遊んでいる
・小さい頃から運動神経が良い

共通してこのような特徴がありますが、そうでない子も努力次第ではリレーの選手や足が早くなるのは夢ではないのです。

子供がまだ小学校ですので、足が速くなるためにサポートしてあげてくださいね。

小学校運動会のリレーで速く走りたい!どのように走ればいい?

小学校の運動会のリレーでどのようにしたら速く走れるのかは、スタートダッシュや腕の動きなどの走るフォームも重要です。

リレーの選手に選ばれる為に頑張りたいこと

スタートダッシュ

スタートダッシュでは、バトンを受け取ったら体重をできるだけ前に前傾姿勢をとることで、足を一歩一歩前に出しやすくなる効果があります。
走るというよりは走りに勢いをつけるために、足を速く一歩一歩前に出すことを意識してください。
前傾姿勢でアゴを下げ、しっかりと前をむきましょう。

腕の振り方

脇を締め腕をできるだけ小さく速く前後に動かします。
そうすることで足の回転が速くなる効果があります。
女のコ特有の横に腕を振るのは、いくら速く動かしても効果はありません。

地面につける足の範囲

バトンを受けてから走る時に、足の裏を全て地面につけてしまわないよう注意してください。
あしの爪先部分だけ、足の裏の半分以下を地面につけます。

小学校運動会のリレーで走るならこの練習をしておこう!

小学校の運動会で選抜リレーやアンカーになるのも夢ではありません。
お家で体幹を鍛えるトレーニングをして、より速く走れるように努力しましょう。

もちろん、生まれながらに足が速い子、身体能力が高い子、体幹がある子など様々でしょうが、体幹をより鍛えることで効果が高くなります。

短距離走は、速く走る足の力だけあれば有利というわけではありません。
体幹トレーニングをすることで腹筋が鍛えられます。
この腹筋が鍛えられる時点で、リレーの選手に選ばれる子の特徴の一項目を制することが出来ます。

このように体幹を鍛えることで姿勢も良くなり、運動能力が一段とレベルアップするのです。

そして体の足腰を強くさせるので怪我も少なくなりますので、体幹を鍛える事は子供にとってメリットになるという事です。

運動会のリレーではこのことを意識して走ろう!

小学校の運動会のリレーは個人競技ではありません。
バトンを受けて走りだすと個人競技のようなものですが、やがて次の選手にバトンを渡すシーンがきます。
いくら速く走れてもバトンの受け渡しに失敗すると、そのミスが大きなミスへとつながってしまうのです。

速く走るための練習は一人でもで出来るが、リレーでより重要なのがバトンの受け渡し

バトンの受け渡しは一見とても簡単そうに見え、聞こえもしますが自分も相手も走った状態でバトンをつなぐことは見た目以上に難しいです。
受け渡し時の相手の選手との身長差の考慮やタイミング、助走の速さなど合っていなければバトンをスムーズに渡すことはできません。

チーム内で意見を出し合い、スムーズにバトンをつなく練習をする必要があります。
この時に自分のことしか考えていない自分よがりの選手は失敗する確率が高くなるでしょう。

このようにリレーは団体競技であることを忘れないでくださいね。

運動会のリレーで速く走れるようになる!?靴の選び方

小学校の運動会のリレーでの靴選びについて…

運動会のために靴を新調する人、普段から履き慣れた靴が良い人様々ですが運動会という大イベントを機に新調する人が多いのではないでしょうか。

靴を新調するのであれば、遅くても一週間前、余裕を持って1ヶ月前に新しいスニーカーにしましょう。
買ったばかりのスニーカーは硬く本領発揮できない可能性、靴擦れをしてしまう可能性があります。
そのため、少し履き慣らし靴を柔らかくしてから運動会に挑みましょう。

すぐサイズアウトしてしまうし余裕を持って少し大きめを購入してしまいがちですが、運動会のための靴ですので、サイズや走りやすい形や生地、子供にあったものを選ぶようにしましょう。

女子の靴はスニーカでもオシャレ感を意識した装飾がついたスニーカーが豊富に出回っていますが、あくまでも運動会で速く走るための靴を選んでくださいね。

スポーツ専用メーカーの物を選ぶと間違いないでしょう。

練習に付き合ったり、一緒に走り込みをしたりすることもサポートですが、なんといっても子供についていけない、ついていくのがやっとでなかなか子供の相手はできないこともあるでしょうが靴を新しく買ってあげることも親の少しばかりのサポートになりますよね。

 - スポーツやアートに関する疑問