世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

2018.10.26

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな経験はありませんか?

バレーのレシーブを受けると、とてつもなく痛いのになぜバレーボールの選手達はレシーブを受けられるのでしょうか?

痛くないレシーブの受け方とは?アザができたときの対処方法や予防方法を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

カホンの楽器の演奏方法を基本の叩き方から指先使いまで解説

一見椅子のような形をしている楽器「カホン」。その演奏方法も独特で、叩く場所や叩き方によって音色が全く...

水泳初心者の練習メニュー!水泳を始める大人のための基本練習

大人になってから水泳を始めたいという方も多いと思います。運動の習慣がない人にとっても、水泳は始めやす...

野球とサッカー・子供にやらせるならどっち?両者を徹底比較

これから子供にスポーツを習わせたいと考えている親御さんの中には、野球とサッカーのどっちを習わせたら良...

スキーのパラレルターンのコツとは?ポイントは大回り

スキーのパラレルターンにはどのようなコツがいるのでしょうか?なかなかパラレルターンが上手くできないと...

水彩色鉛筆の使い方!簡単に水彩画タッチが楽しめる大人の画材

水彩色鉛筆は色鉛筆でありながら、水彩絵の具のような雰囲気の出る色鉛筆です。色鉛筆だけでは表現できない...

バレエに必要な柔軟性は厳しいレッスンだけでは得られない

バレエには柔軟性が必要ですが、厳しい柔軟ストレッチが嫌で挫折してしまう方も多いようです。 バレエは...

バドミントンは身長が高いと有利?低い人の攻め方や戦術方法とは

スポーツ選手は身長が高いと有利なものがたくさんありますが、その中でもバドミントンは、背が高いと有利な...

陸上の走り方【長距離編】長距離の走り方で重要なポイントを解説

陸上で長距離を走っている人の中には、どのような走り方をすれば長距離のタイムを上げることができるのか知...

スマッシュ【バドミントン】の打ち方とは?コツやポイント

バドミントンのスマッシュはどんな打ち方をしたら速く打てるようになるのでしょうか? スマッシュを...

足の遅い女子の悩み。早い子との違いや早く走る為に出来る事

足が遅いので体育や運動会が苦手という女子も実は案外多いのです。 特にイヤなのが、体育の授業の5...

ポスターの書き方【低学年】ポスターを描くときのポイント

低学年だからポスターは好きにかかせてあげたほうがいいのでしょうか?低学年でもきちんとポスターの書き方...

サッカー初心者でも試合で活躍出来る!その方法とは・・・

サッカーを始めたばかりの初心者というのは、なかなか試合でも活躍出来ませんよね。 ボールに触るこ...

サッカーの練習着は冬でも動ける準備で寒さも風邪も負けない対策

サッカーの練習着について、冬の寒い日の練習にはどんな服装を準備したらいいのでしょうか?冬の練習は寒さ...

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか? 硬式とは違ってボールを...

相撲観戦でのお土産のオススメや初心者でも簡単な購入方法

相撲観戦ではお土産は何を購入したらいいのか悩むところ。家族や職場の友達などにせっかく相撲観戦に行った...

スポンサーリンク

バレーのレシーブは痛い!しかし、慣れます!

バレーの基本プレーとなるアンダーハンドレシーブですが、慣れるまでは腕の内側の手首から肘の間にかけて腕がアザだらけになってしまいますよね。

同じ場所にあてることでも内出血になってしまいます。気持ちも受け方も慣れるまではミミズ腫れになってしまうこともあります。

こんなに受けるのが痛くアザになってしまうレシーブは、慣れることができるのでしょうか?

だいたい、内出血になりそれが治るのを2~3回繰り返したあたりから痛みに慣れてきます。痛みに慣れるのと同じ時期に徐々にレシーブの受け方がわかってきます。このときに、腕周りの皮膚も強くなってきます。だんだんと慣れてくるでしょう。

レシーブを受けてアザになってしまったときには、しっかりと休むことが大切です。きちんと栄養と睡眠をとりましょう。アザが熱を持っているときには冷やしましょう。

寝る前には保護するためにクリームなどをぬるといいでしょう。肌が白い人はアザが目立ちやすい傾向にあります。

バレーのレシーブが痛いのは基本ができていないから?

バレーのレシーブを受けても痛くならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。
バレーボールのレシーブの基本的な構えを覚えましょう。

膝を軽く曲げ、重心を落とします。両足を前後に置き肩の力を抜きましょう。まずは、両手を軽く開きましょう。構えるときには力を入れすぎないことが大切です。

力が入っていると、どうしても腕だけでレシーブをしてしまいます。お尻を突き出しすぎると、重心がズレてしまうので気をつけましょう。

足の間隔は、前に出した足のかかとのラインに後ろ足のつま先が並ぶくらいがいいでしょう。狭いようなら、広げてください。

このように前後の間隔を取るのは、前後左右、もしくは斜め方向に素早く移動できるからです。

両足を並べていると、とっさの対応をとるのが遅れてしまいます。

レシーブの手の形は左の手のひらに、右の手の平裏側をのせて親指同士を合わせます。ポイントは肘を曲げないことです。腕を振りすぎないように気をつけましょう。

バレーのレシーブが痛いのは当たる場所が違うせいかも

レシーブの手の組み方はどのようにしたらいいのでしょうか。

利き手によって違うので、やりやすいほうを上にしましょう。手を合わせ親指を中にして閉じます。

組んだ手が床に対して平らになるようにしましょう。合わせた親指がデコボコしていてはいけません。この部分が平でなければボールがとんでもない方向に行ってしまいます。

手を組んだらその手は下に向けましょう。組んだ手はしっかりと下に向けてください。組んだ手が上を向いていると腕が曲がりやすくなってしまいます。腕が曲がっていたりしっかりと組んでいないとボールを思う場所に返すことができません。

無理に手を下に向けようとすると肩に力が入ってしまいます。

ではレシーブを受けるときに、余計な力が入らないようにするにはどうしたらいいのでしょう。

体幹を鍛えることで、軸となる体は適度に力が入り肩や腕などには力を抜くことができます。体幹や股関節周りを強化するといいでしょう。

腕や肩に力が入り、そこばかりに意識がいってしまうと負担が大きく故障もしやすいので全身でレシーブを受けるということを頭に入れましょう。

バレーのレシーブは手首に当たれば誰でも痛い!当てる場所と対処方法

バレーのレシーブを受けるときに当たってしまうと痛いのが手首付近です。

レシーブで腕の当てるのは、自分の手首より5センチか10センチ自分の体の近い方となります。一番広いところに当てるのが理想ですが個人差があります。自分のコントロールしやすい位置を知ることが大切です。

バレーボールのレシーブを受けてが痛い理由は、ボールに慣れていない、寒い、スパイクが強すぎるなどがあげられます。

ボールに慣れるまでは長袖を着るといいでしょう。

気温が下がると、ボールも硬いのでアップなどをしてじゅうぶん体を温めてからおこなうようにしてください。きちんとアップをしていることで寒くても手が痛くないこともあるでしょう。

一番の原因となるのが。スパイクが強力すぎるではないでしょうか。直下型の落とすスパイクはとくに痛いです。

表面的な寒さは長袖を着ることで対応し、内面的な寒さはしっかりとアップをすることで予防しましょう。ケガ予防にも繋がります。

バレーのレシーブを受けて痛い!アザになってしまったときには

バレーのレシーブを受けてアザになってしまったときには、24時間以内にアイシングをしましょう。

ボールを受けた後の腕は熱を持っていることが多いです。アイシングで、腫れも抑えることもできます。

腕を冷やすときには、氷水で絞ったタオルを当てましょう。ポリ袋に氷水を入れたもの、保冷剤なども便利ですね。

しかし、保冷剤や氷は直接皮膚に当てるとかえってアザに当たって痛いことや凍傷にかかることもあるのでタオルに包んで冷やすようにしましょう。冷やし方は、ずっと冷やしっぱなしではなく10分冷やしたら10分休ませるといいでしょう。

24時間後は、温めるといいでしょう。血行を良くすることで、患部の修復に必要な栄養分が供給されやすくなります。

お風呂や蒸しタオルを患部に当て自然治癒力を高めましょう。 痛みが続いたり炎症があるときには、温めてないようにしてください。

患部の症状をきちんと見極めて、冷やしたり温めたりしてください。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問