世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

2018.10.23

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか?

硬式とは違ってボールを打つ時にある程度の力が必要になりますが、ストロークが安定しないと試合でも勝てないですよね。

安定させるためのコツとは?打つ時に気をつけることは?

ソフトテニス初心者必見!ストロークを安定させるコツについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

サッカーの練習メニュー【中学校】上達するには基本を見直す

サッカーの練習メニュー。 体力強化の筋トレや、ボールテクニックを上げる練習など、いろいろなアプロー...

相撲は神事かスポーツか・相撲の歴史や起源、しきたりについて

相撲といえば昔から日本人に親しまれている伝統的な神事・スポーツです。相撲はスポーツだと思っている人も...

バレーボールのサーブの打ち方とは?フローターサーブのポイント

バレーボールで一番使われることの多いフローターサーブの打ち方とは?試合の展開や流れを大きく変えるフロ...

スキーのパラレルターンのコツとは?ポイントは大回り

スキーのパラレルターンにはどのようなコツがいるのでしょうか?なかなかパラレルターンが上手くできないと...

ダンスの振り付けの考え方とコツがわかれば悩みは解決できます

創作ダンスの振り付けが全く思いつかない…。ダンス初心者の悩みの中でも一番多いのがこの「振り付け」です...

バレー部のマネージャーの仕事の内容とキッカケややりがいとは

バレーが好きなので、バレー部のマネージャーになりたいけれどどんな仕事をするのか不安に感じてませんか?...

前衛後衛があるソフトテニスそれぞれの適正や迷った時の選び方

前衛と後衛のダブルスが基本のソフトテニス。中学生から始めた方も多いのでは? 前衛になるか後衛に...

体育のサッカーは初心者には難しい!コツやポイントを紹介

体育のサッカーではどんな動きをしたらいいのでしょうか?何をしたらいいのか、どこにいたらいいのかわから...

ブリッジができないのは腕のせい?原因や効果について

ブリッジを子供の頃に一度はやったことのある人が多いのではないでしょうか?大人になってからはやる機会は...

バレーのアタックのタイミングをつかむためのコツと練習方法とは

バレーの試合で得点するために必要なアタックですが、タイミングをつかむことが難しいと悩んでいる人が多い...

バドミントンのレシーブが奥まで飛ばないときの対処方法やポイント

バドミントンのレシーブが飛ばない、届かない原因にはどんなものがあるのでしょうか? 力いっぱい打って...

ダンスができない理由やNGな練習方法、上達するためのポイント

同じダンススクールに通っていても、上達の速い子とそうではない子がいますよね。 もともと持っている運...

肩を柔らかくする方法とは?バレー上達のためのストレッチ方法

バレーをやっている人は「もう少し肩が柔らかかったら」と思うことが多いのではないでしょうか? 肩...

バスケのシュートフォームを矯正すればシュート率はアップする

バスケのシュート練習をしてもボールが入らない。それは、シュートフォームの矯正が必要なのかもしれません...

バレエの先生が無視?怖い先生との違いと無視と感じてしまう理由

バレエの先生から無視をされることほど辛いものがありません。 なぜ自分にだけ注意をしてくれないのか、...

スポンサーリンク

ソフトテニスのストロークを安定させたいなら、ボールを打つ時が重要!

ソフトテニスのストロークを安定させるためにはボールと自分の距離を常に一定にして打つことが大切

上手な人もたくさんいますが、ボールに近づきすぎて腕の曲げ伸ばしでボールとの距離を調整している人もいます。試合などで緊張してしまうと無意識のうちにボールに近づきやすくなるのです。

ボールとの距離が一定にならないのは、足が止まるのが早すぎるからです。相手が売ったボールはラケットの面に当たるまで変化しますが、足が止まるとその変化についていけなくなるのです。そうなると体の軸も崩れるのでフォームも崩れてしまうことになるのです。相手コートから飛んでくるボールの打点と実施あのボールの位置には考えているよりも誤差が出るので、この誤差を少なくするためにも足を動かし続けることがポイントになるのです。

ほそんどの人は腕て打点を調整しようとするので、打点での誤差が生まれるのでストロークのコントロールが安定しないのです。

ソフトテニスのフォアハンドのストロークを安定させるためのコツは?

ソフトテニスフォアバンドのストロークを安定させるためにはどのようなコツがあるのでしょうか。まずは手首をリラックスさせることです。手首をリラックスさせると自然に腕と手首が連動するので動くようになります。リラックスすることで無意識のうちに手首に力が入るようになるのです。テニスのフォアバンドを安定させるためにはリラックスすることがポイントになります。

余計な力を抜いて手首をリラックスさせた状態でラケットを握ることで、自然と腕と手首が連動するようになります。手首から余計な力が抜けてリラックスした状態になることで、力を入れるべきタイミングで自然と力が入り動くようになるのです。リラックスさせることでインパクトの瞬間「無意識」に手首に力が入るようになります。

ソフトテニスで速いボールが来た時にストロークを安定させるためには?

ソフトテニスに試合中に速いボールが飛んで来た時ストロークを安定させるためにはどのような方法があるのでしょうか。速いボールが飛んでくると合わせるだけの人もいますよね。速いボールをよく見ようとして体が開いてしまいます。そうなると手打ちになってしまうのです。手打ちになると相手のボールに押し負けてしまうのでラケットがぶれてしまい安定しないのです。

体のひねりを作る方法を紹介します。右利きの人は左手で出来るだけ遠く、ベースラインやサービスラインに平行になるように伸ばすだけです。この時手のひらを相手に見せるようにしましょう。そうすることでしっかりと肩が入ります。そうすることで速いボールに押し負けないようになります。肩を入れることでラケットを引きすぎてしまう場合もあります。引きすぎてしまうとスイングが遅くなるので注意しましょう。

試合になると打てなくなる人の原因と解決法とは?

試合になると打てなくなる人の原因は練習の中にあります。思い切り打たないとボールが飛ばないソフトテニスは全力でスイングすることが多いです。だから練習の時ほとんどの人は思いっきり打つ事が多いです。人の体が力を加減して行うよりも全力で行う動作の方が安定するのです。ソフトテニスは思いっきりスイングしたほうがドライブの回転もかかるのです。だから全力でスイングしている練習の時は、自然と力強い安定したストロークが打てていることになります。でも試合本番になると緊張してしまい加減してしまうのでストロークが安定しなくなってしまいます。

試合本番で打てない場合の解決策は2つあります。1つは試合でも全力でスイングすること。これは練習や試合経験を重ねることで本番でも練習通りスイング出来るメンタルを身につけることです。2つ目は練習のときも加減したストロークも打つようにすることです。練習でも加減したストロークを打つ練習をすることで、試合本番でも調整したストロークを安定して打つことが出来るようになるのです。

フォアハンドのストロークが安定しないなら、基本に戻ってみよう

ソフトテニスのフォアバンドのストロークが安定しない時は基礎をしっかりをするようにしてみましょう

まずフォロースルーが収まる場所を作ります。フォロースルーでしっかりと収まる場所を作ることでスイングの軌道が安定します右利きの片手うちをして左手で受け取る練習をしてみましょう。

そして安定しない時はゆっくりとラケットを振ってみましょう。息を吐きながらしっかり待ち構えスイングのスピードを遅くしてみましょう。打点さえしっかり前にすることでそんなに威力が落ちることはありません。調子が戻ってきたらスイングのスピードも上げてみましょう。

自分の実力をしっかりと知りましょう。ミスではなく実力かもしれません。フォアバンドのストロークは強烈なショットを打つ人もいるのでセルフイメージが拡張してしまうこともあります。なので自分の実力を知ることも大切です。ストロークを安定させるために毎日基礎練習をしっかりすることで上達も早くなります。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問