世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

カホンの楽器の演奏方法を基本の叩き方から指先使いまで解説

2019.3.2

一見椅子のような形をしている楽器「カホン」。その演奏方法も独特で、叩く場所や叩き方によって音色が全く違います。
その多彩な音色によって、ドラムにも負けない力強い演奏も出来てしまう楽器なのですが、どのように演奏するものなのでしょうか。

カホンの基本となる演奏方法から、リズムよく叩きたい時の演奏方法など詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スマッシュ【バドミントン】の打ち方とは?コツやポイント

バドミントンのスマッシュはどんな打ち方をしたら速く打てるようになるのでしょうか? スマッシュを...

テニス初心者への教え方は?まずはボールとの距離間を掴む練習を

大学のテニスサークルに入ってきた初心者の後輩たちに、どんな教え方がいいのかと悩んでいませんか? ...

ダブルスの試合で勝ちたいテニス女子のためのコツと練習方法

女子テニス部に入ってダブルスの試合に出ることになると、どうすれば勝てるのか、またそのためにはどんな練...

ソフトボールのショートのコツとは?守備強化のために必要なこと

ソフトボールのショートは、内野の中でも一番忙しいポジションと言えるでしょう。その理由は、内野の中でも...

肩を柔らかくする方法とは?バレー上達のためのストレッチ方法

バレーをやっている人は「もう少し肩が柔らかかったら」と思うことが多いのではないでしょうか? 肩...

ブリッジ【やり方のコツ】意識するポイントや注意点と練習方法

ブリッジのやり方にはコツがあります。一般的に言われるブリッジとは、仰向けになって両手と両足を地面につ...

バスケのシュート練習方法、女子が悩む飛距離を伸ばすコツも!

バスケで一番身に付けたい技術がシュートです。特に女子は飛距離が伸びないため、シュート練習が重要になり...

チケットを譲りたくない!と感じた時の上手な断り方

友達から「○○のコンサートチケットお願いできる?」と言われる事もあります。でも相手によってはどうして...

バスケの選抜になりたい!練習するときはココがポイント

バスケの選抜に選ばれるための練習とは?選ばれた人と自分にはどのくらいの差があるのか気になりますよね。...

水彩色鉛筆の使い方!簡単に水彩画タッチが楽しめる大人の画材

水彩色鉛筆は色鉛筆でありながら、水彩絵の具のような雰囲気の出る色鉛筆です。色鉛筆だけでは表現できない...

バレエの練習の髪型はまとめる理由と上手な作り方やヘアアレンジ

バレエの練習での髪型といえば、きっちりと髪をまとめたシニヨンヘアが思い浮かぶのではないでしょうか。で...

鳥かご【サッカー】のコツとは?顔をあげてやってみよう

鳥かごはサッカーのアップなどで行われるボール回しですがこのボールをパスする、カットするちょっとした動...

短距離を速く走るトレーニング方法とは?おすすめ筋トレを紹介

短距離を速く走るにはどんなトレーニング方法が必要なのでしょうか? 意外にも、足のトレーニングだ...

野球の練習メニューを紹介。低学年には楽しい練習で野球好きに

少年野球に入っている低学年の少年たちは、まだまだ野球を始めたばかりでしょう。 低学年でもしっかりを...

ポスターの書き方【低学年】ポスターを描くときのポイント

低学年だからポスターは好きにかかせてあげたほうがいいのでしょうか?低学年でもきちんとポスターの書き方...

スポンサーリンク

カホンの楽器の基本となる演奏方法

カホンは1990年台にラテン、ブラジル系奏者が日本に持ち込んで演奏に取り入れたことがきっかけで、いろいろなジャンルの音楽にも使われるようになりました。
もともとはペルーで太鼓の代用として使われていたもので、これと言った叩き方の決まりはありませんが、いろいろなジャンルの中から、それ独自の演奏方法がいくつかありますので、紹介していきたいと思います。

ベース音の演奏方法

手の平を窪めてお椀型にし、お椀の縁で叩きます。(クローズ)
叩くときには、肘から動かすようにして、手は打面に平行にします。
叩く位置はセンターで、姿勢は前傾にせずそのままの姿勢を心がけましょう。(前傾しないと鳴らせない厚さのカホンもあります。)
上手く鳴らせば、低いピッチの音が響きます。

足のかかとで打面をミュートして、音程を変えることも可能です。ミュートする位置は叩きながら動かすと、連続的に音が変わります。

スネア音の演奏方法

スネアカホンの胴体の上部の縁を指先で叩きます。
手は力を抜いて真っ直ぐにし、肘から手首、手首から指先というように動かしてスナッピー音を発生させます。
中指~薬指までの3本の指を使って、指先~第2関節辺りを同時または順に打面に当てます。当たる指の面積や本数で音量調整ができます。(オープン)

スラップとディップの演奏方法

大きな音が必要なときには、指の力を抜き、打面を覆うようにして勢いよく、強く叩きましょう。

ディップは指先で、ほぼ聞こえない程度に刻みます。リズム後続は、指先でカウントします。

楽器カホンの演奏方法のコツ、叩き方で音は変わる

カホンの叩き方は、さきほど紹介したとおり、いろいろな叩き方と音で出来ています。
ただ音を鳴らすだけでは、見た目も作り出される音もかっこよさに欠けます。
叩き方一つで、格好良くみせるポイントを紹介しますので、参考にしていただければと思います。

カホンで低音を出すときは中央を叩く

低音を叩きたくて、下を叩いてしまう人が多いです。
これではリズムが取りづらくなるだけでなく、見た目もよくありません。また、手のひら全体でペタペタと叩くのも、格好良さに欠けますね。
ベース音の叩き方を基本にして、リズミカルに演奏しましょう。

高音は響きを変えて

カホンの縁を叩くときには、譜面にはない音で飾りを付けると素敵です。
第1関節までの指先で軽く叩いてみたり、第2関節までを使って音の響きを良くしたりと、いろいろなアレンジが可能です。

音楽のジャンルやテンポによって、様々な音を楽しみましょう。

カホンの楽器を使ってリズムよく叩きたい時の演奏方法

カホン初心者の方は、いくつかのリズムパターンを習得しておくことで、演奏がグンとラクになります。
決められたパターンでの演奏ができるようになれば、いろいろなアレンジやアドリブも楽しめるようになります。

カホン基本の拍子のとり方

「1と2と3と4と」と、リズムを口ずさんでください。これに合わせて、パターンを作っていきます。

音の種類

  • 「ドン」はベース音
  • 「ツ」はスネア音
  • 「タン」はスネア音の高い音

パターン1

「1(ドン)と、2(ツ)と、3(タン)と、4(ツ)」
ドン・ツ・タン・ツの繰り返しです。1,2,3,4の部分のみに音を入れていくので、休符があり初心者でも簡単です。

パターン2

「1(ドン)と(ツ)2(ツ)と(ツ)3(タン)と(ツ)4(ツ)と(ツ)」
ドン・ツ・ツ・ツ、タン・ツ・ツ・ツの繰り返し。
「と」の部分にも音が入るので、リズムは小刻みになりますが、演奏している感じがより出ます。

拍子の数え方にあわせて、いろいろな音を組み合わせていけば、自分だけのズムパターンも作ることが出来ます。
いろいろ試してみてください。

カホンを使ってリズムのニュアンスを出したい時の練習ポイント

カホンでは「ハネる」というリズムパターンを使うこともできます。
16分音符で、「タタタタ」と表現する時に、スキップするように「タッカタッカ」と小さい「ッ」のハネが入る演奏方法です。

まずは、ちょっと癖のあるこのハネるリズムを、しっかり体に染み込ませましょう。
はじめは声に出しながら「タッカタッカ」のリズムを刻みます。
テンポはゆっくりから初めて、徐々に上げていきます。

利き手を軸にして、反対の手は利き手に合わせるようなイメージで叩くのもポイントです。

余計な力が入ると、意外と上手く叩けないのがハネるリズム。
ムキになると、わけがわからなくなってしまうので、力を抜いて、リラックスして取り組みましょう。

カホンの楽器をドラムスの代用にしたい時のコツ

カホンは、ドラムスの代用として作られた楽器ではありません。
そのため、ドラムスの音を完璧にカバーすることは難しく、なんとなく宙に浮いたような、締りのない音になってしまう印象を受けます。

ドラムスの代用としてカホンを使うとき

よりドラムスに近づけるための対策を考えてみましょう。

例えば、「シェイカー」や「アコギ」、「タンバリン」などの楽器を足して、音に深みを出すことです。
初心者に、全てを同時に演奏することは困難なので、同じバンド仲間にどれか一つを演奏してもらうのも良いでしょう。ボーカルの方にお願いすれば、タンバリンくらいは引き受けてくれるかもしれません。

カホンと同時にその他の楽器を演奏することも、出来なくはありません。
カホンの演奏を片手で行い、もう片方にシェイカー、足でタンバリンなどといった方法もとれます。

この他にも、いろいろなアレンジ方法がありますので、自分たちでいろいろ試行錯誤してみることをおすすめします。

 - スポーツやアートに関する疑問