世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ミニバスの練習は自宅でも出来る!毎日の自主練が上達への近道

2018.10.26

ミニバスが上手くなりたいなら自宅でも練習しましょう!
ミニバスが上手い子はいつでもどこでもボールを触っています。

自宅でもミニバスの練習が出来ますよ!もちろんボールを投げるのは危険ですが、こんな方法なら試すことが出来ると思います。

またボールを使う時は周りに十分注意してくださいね。

ミニバス上達のコツとは?毎日の自主練習がポイントです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スキーリフトの乗り方・降り方のコツとポイントを紹介します

初めてスキーのリフトに乗るときはとても緊張してしまいますよね。スキーリフトの乗り方や降り方にはどのよ...

ダンスを簡単に子どもに教えて上達させるコツと楽しむメリット

ダンスを簡単に子どもに教えるには、子ども達がどうすればダンスに興味を持ってくれるかを考えなければなり...

水泳のキックを強化するには?家でできるトレーニング方法

水泳のタイムを速くしたいならキックを強化することが近道と言えるでしょう。 クロールのキックを強...

前衛後衛があるソフトテニスそれぞれの適正や迷った時の選び方

前衛と後衛のダブルスが基本のソフトテニス。中学生から始めた方も多いのでは? 前衛になるか後衛に...

空手は女子にもおすすめのメリットがたくさん!【子供の習い事】

子供の習い事はいろいろとありますが、空手は男子が多く習っているイメージを持っている方が多いと思います...

日本代表のサッカーユニフォームはなぜ青?その理由について

サッカーのユニフォームといえば、他の国を見てみると国旗のカラーがそのまま使われている場合が、多いです...

バドミントンは身長が高いと有利?低い人の攻め方や戦術方法とは

スポーツ選手は身長が高いと有利なものがたくさんありますが、その中でもバドミントンは、背が高いと有利な...

野球とサッカー・子供にやらせるならどっち?両者を徹底比較

これから子供にスポーツを習わせたいと考えている親御さんの中には、野球とサッカーのどっちを習わせたら良...

スノーボード初心者の上手な板選びのポイント!チェックする項目

スノーボード初心者にとって、まず悩むのが板選びです。店頭には多くの種類のスノーボードが並び、どれを選...

合唱のピアノ伴奏をするコツとは?上手く弾くために必要なこと

中学校で行われる合唱コンクールでピアノ伴奏に選ばれ、さあ!練習しなきゃ!と思っても、いつも通りの練習...

サッカーの練習着は冬でも動ける準備で寒さも風邪も負けない対策

サッカーの練習着について、冬の寒い日の練習にはどんな服装を準備したらいいのでしょうか?冬の練習は寒さ...

バレーボールのサーブの打ち方とは?フローターサーブのポイント

バレーボールで一番使われることの多いフローターサーブの打ち方とは?試合の展開や流れを大きく変えるフロ...

フットサルが上達する練習方法・ボールキープや上手な抜き方

一生懸命フットサルに取り組んでいるという皆さん、どんなふうに練習をしたらフットサルが上達するのか悩む...

バスケのシュート練習方法、女子が悩む飛距離を伸ばすコツも!

バスケで一番身に付けたい技術がシュートです。特に女子は飛距離が伸びないため、シュート練習が重要になり...

水泳初心者の練習メニュー!水泳を始める大人のための基本練習

大人になってから水泳を始めたいという方も多いと思います。運動の習慣がない人にとっても、水泳は始めやす...

スポンサーリンク

自宅でも出来るミニバスの練習方法はあります

ミニバスが上手くなりたいと思っているそこのあなた!
練習は学校の体育館でしかできないと思っていませんか?

自宅でもできる練習方法がありますよ。
その練習メニューを紹介します。

まずは、体周りのボール回しです。
胸やお腹、足などの体周りでボールを回す練習です。ボールを回す時は前を向きましょう。早くできるように練習してください。上手い人は、ボールを回すのが見えないぐらいのスピードになりますよ。

次は、手の平でボールを回す練習です。
回す時はボールの回転軸がずれないようにしましょう。

これができるようになったら、その次は指先でボールを回す練習です。
これも回転の軸がずれないように気をつけてください。この練習は握力のアップも期待できますよ。
ボールは、地面と平行に回し、回転が弱くなってきたら、反対の手で回転を加えます。

できるようになるまで頑張ってください!

自宅の中でミニバスの練習がしたい!これなら出来そう!

自宅の外でもなかなか練習ができないと、もう家の中でするしかないですよね。ミニバスの練習を自宅でもしたいというやる気がある人へ、こんな練習方法もあります。

家の中でボールをついてもうるさいと怒られそうなので、こんな練習はいかがでしょうか?

まず、仰向けに寝て、天井に向けて軽くボールを投げます。投げた手の位置にボールがそのまま戻ってくるように意識して投げるようにしてみましょう。

また、肩の高さにまっすぐ両手を上げて、親指をたてます。そして親指を両目で首を動かさずに交互に見るという練習があります。これは周辺視野の強化になりますよ。

後は、お風呂でできる練習です。
両手をまっすぐに伸ばして、手のひらを閉じたり開いたりして、手首を上下90℃に曲げます。回数を徐々に増やして練習しましょう。
これは、握力と手首の強化になります。

あまり一生懸命になりすぎて、お風呂でのぼせないように気をつけてくださいね。

ミニバスの練習は毎日が大事!自宅でも

ミニバスが上手くなりたいのなら、やはり毎日の練習が大事です。

ミニバスの仲間が集まって学校の体育館だけで練習するだけではなく、自宅でもできる練習メニューを紹介しました。

チームでの練習は、個人のレベルにあった練習なんてさせてくれません。
自分のレベルを上げたいのなら、自分で実力を身につけるように練習しなくてはいけないのです。

小学生のあなたが自主練をしようと思っても、いくら上手くなりたいと思っていても、すぐに飽きてしまうという場合もあるでしょう。

でも忘れないでいてほしいのです。練習時間の積み重ねが本当に大切という事を。
練習時間の積み重ねで身につく事。そして、練習を続けている事で自信もついてきます。
ミニバスに燃えている君なら、きっと毎日の練習だってできますよ!

ミニバスの上達のコツとは?

ミニバスが上達したいなら、コツがあります。

そのコツとは、バスケットボールのスキルを上げるために必要な事です。

コツは「ボールになれる事!」

バスケットボールはボールを使うスポーツです。
このボールになれていないと、バスケの基本であるドリブルやパス、そしてシュートの質が違ってきます。

バスケがうまい人を見ていて「ドリブルが手に吸い付くようだ」とか「まるで機械のような正確なシュートだ」なんて言っている人はいませんでしたか?
これは、ボールに慣れていてボールコントロールが出来ているからなのです。

同年代では、ゲームが好きな人がいますよね。そのゲームが好きな人は、始めてやるゲームは下手でも、何度も遊ぶうちになれて上手くなっていませんか?
これも同じ事です。なれてうまくなっているのです。

なので、とにかくミニバスが上達したいのなら、ボールになれる事です。

ミニバスの練習で最初に覚えたいこと

これからミニバスの練習を頑張って続けていきたい!と意気込んでいても、練習が辛いと思ってしまうとなかなか継続する事が難しくなってくる事もあるでしょう。

そんな時は初心に戻って、バスケで1番楽しいシュートの練習をしてみませんか?
バスケっておもしろい!と思った頃の気持ちを思い出してみてほしいのです。

高いゴールを狙ってボールを投げて入ったら、点が入るゲームは楽しいですよね!

これは、ミニバスをこれから始めるという人にも言える事です。
最初に楽しいシュートの練習をして、ミニバスはおもしろいという事を実感しましょう。
いきなりドリブルからのレイアップシュートは難しいと思うので、最初はボールを持ったったまま走って、2歩踏み切ってからシュートするというリズムを覚えてほしいです。
この流れを練習すると、トラベリングというボールを持って三歩以上歩く反則をしてしまうというミスをおさえる事ができます。

最初はどの位置から踏み切るといいのかわかりにくと思うので、足を踏む位置に雑巾を置いてみてください。ちょっと湿らせた雑巾のほうが踏んでも滑りにくいのでいいですよ!

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問