世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バレーボールのサーブのルール!わかりやすいルール解説

2019.3.23

これからバレーボールを始めたいという方は、まずルールを覚えることも大切です。
バレーボールにもさまざまなルールがあり、サーブのルール、レシーブのルール、アタックのルールなど、覚えておかないと違反になってしまう決まり事があります。
そこで、サーブのルールを中心にした、バレーのルールについてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

トスの基本。バレーでアタックを活かすトスのコツと練習方法

バレーの攻撃の際の基本となるのが、アタッカーにつながるトス。 セッターのあげた打ちやすいトスが...

大相撲の場所の年間開催回数や会場、チケットについて解説

テレビで大相撲の中継を見ていると、実際に目の前で生の相撲を見たいと感じる人も多いでしょう。 そ...

ラケットのグリップ臭いが気になる!卓球グリップの臭い解消方法

卓球をしている人の中には、ラケットのグリップの臭いが気になる人もいるのではないでしょうか。 自...

サッカーのフェイントが上達するポイントや練習方法とは

サッカーのフェイントが上手くなりたい!そんなときにはこの練習方法がおすすめです。 最初から難しいも...

【バレエ】男性はメイクで彫りの深さを!男性メイクの手順

バレエの発表会では男性もメイクをします。遠目に見てもくっきりと立体的な彫りの深い顔立ちをメイクで演出...

肩を柔らかくする方法とは?バレー上達のためのストレッチ方法

バレーをやっている人は「もう少し肩が柔らかかったら」と思うことが多いのではないでしょうか? 肩...

野球のエースの条件とは?技術・メンタル・そして最も大切な要素

少年野球チームに入って投手になったからには、やっぱりエースと呼ばれる人になりたいですよね。 チ...

バンドのギターの音作りのコツは?音作りが上手くなるには

バンドのギターの音作りでは、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? また、バンドのギターの...

前衛後衛があるソフトテニスそれぞれの適正や迷った時の選び方

前衛と後衛のダブルスが基本のソフトテニス。中学生から始めた方も多いのでは? 前衛になるか後衛に...

ソフトテニスのボレーが怖い理由と克服するための練習方法

ソフトテニスにはボレーという技術がありますが、これが初心者にとってはとても怖いものでなかなか打てない...

身長を伸ばす方法といえばコレ!王道のストレッチをご紹介!

身長を伸ばす方法、色々ありますよね? 身体の成長を健全に保つためにも、やはりストレッチで身長を伸ば...

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか? 硬式とは違ってボールを...

空手は女子にもおすすめのメリットがたくさん!【子供の習い事】

子供の習い事はいろいろとありますが、空手は男子が多く習っているイメージを持っている方が多いと思います...

卓球の練習方法!上達のための一人でもできる自宅練習メニュー

中学生になり、部活で卓球を始めたという方も多いですよね。 早く上達するために、自宅でも一人で練習を...

サーフィンのテイクオフを早くするには!コツも紹介します!

サーフィンのテイクオフを早くするにはどうしたらいいのでしょうか? サーフィンを始めて1番最初の難関...

スポンサーリンク

バレーボールのサーブの基本ルール

バレーボールの流れはなんとなくわかっていても詳しいルールまで知らないという人も多くいるのではないでしょうか。ですが、これからバレーボールを始めるのであれば、詳しいルールを覚える必要がありますよね。

バレーボールはサーブから始まります。このサーブにもルールがあることをご存知でしょうか?

バレーボールのサーブのルール

サーブのトスは失敗することができません。サーブのためにトスをあげたのであれば、その1回で必ずサーブを打たないといけないので、上手く上げることができないからといって、もう一度ボールを掴んでしまうのはダメです。

サーブを打つまでの時間も決まっています。サーブは8秒以内に打たなくてはいけません。時間をすぎると反則になるので気をつけてくださいね。

サーブは相手コートにボールを入れなくてはいけないので、ネットに触れた場合どうなるのか疑問に思う方も多いと思います。サーブがネットに当たっても相手コートに入ればサーブは成功になり、そのままプレーを続けることができますよ。

また、サーブを打つ人だけでなく、コートにいる味方の行動も気をつけましょう。味方がサーブを打つ時に、相手にサーブが見えないようにガードして隠すことは反則になります。

サーブを成功させたい気持ちはわかりますが、このような反則をしないように気をつけてくださいね。

バレーボールのサーブのルールでエンドラインを踏んでサーブはNG

バレーボールはサーブを入れなくては始まりません。試合の展開もサーブによって変わることがよくあるのでとても重要なものなので、ルールはしっかり覚えてくださいね。

サーブを打つ時は好きなところから打っていいわけではありません。

サービスゾーンの中で打たなくてはいけない決まりがあります。サービスゾーンはエンドラインより後ろで、なおかつサイドのラインの間なのでこの範囲から出ないように気をつけてくださいね。

エンドラインの後ろからが範囲なので、エンドラインを踏みながらサーブをすることはNGです。もちろん中に入るのもダメです。

サーブを打つ時、打つことに必死になってしまいエンドラインのことを忘れてしまう人もいるので、踏まないようにしっかり確認してからサーブをしましょうね。

バレーボールのサーブを受けるレシーブ側のルール

サーブは受ける側にもルールがあります。サーブレシーブを失敗しているとどんどん得点が入ってしまうので、必ず成功させるためにもルールをしっかり覚えてくださいね。

レシーブのルール

サーブレシーブを受けるときは、たとえネットギリギリに飛んできてもブロックしてはいけません。いくら返しやすいサーブでも返さないでレシーブするようにしてくださいね。
バレーのレシーブは3回以内のタッチで相手コートに返さなくてはいけません。それ以上の回数で返しても反則になるので気をつけましょう。
ただし、ブロックをして手に当たった場合は数に数えません。レシーブをしたところから数えるので勘違いしないようにしてくださいね。

2回続けてボールを触ることはできません。レシーブをした時に思った方向に飛ばずもう一度やり直すということはできません。
思った場所に上げることができなかったとしても自分は触ることができないので仲間にまかせてくださいね。

トスを上げる時に、ボールを掴んでしまい反則を取られることも多いので気を付けましょう。少しの時間でもボールを持っていると判断されることがあるので掴まないように注意してくださいね。

バレーボールはサッカーなどと違い、体のどの部分を使っても掴まなければ反則になりません。なので、手で届かないという場合に足を使って返しても反則にはなりません。どうしても届かないようなボールのときには諦めずに体を使うといいですよ。

バレーボールのアタックのルール

サーブレシーブを受けたら、次にセッターがトスを上げてアタッカーがアタックするというのが、バレーボールの流れですが、このアタックにもルールがあります。

誰でもどこからでも打っていいわけではないので、しっかり覚えましょうね。

6人制のバレーボールの場合、前衛の選手と後衛の選手と分かれていて順番に回っていきます。

前衛の選手は、アタックラインからネット側で飛んでアタックを打ってもいいのですが、後衛の選手はアタックラインを超えた位置から飛んでアタックを打つことはできません。サーブの時と同じように線を踏むこともNGです。

ネットより低い位置から打つことは可能なので後衛の人がネットよりで返す場合はネットより低い位置から返しましょう。

ブロックのルール

上のようにアタックで攻撃をするのですが、その攻撃を阻止することをブロックといいます。

ブロックを行うことができるのはネットから上に手がでてもいい前衛の3人です。この3人の中であれば誰がどこでブロックしても問題ありません。

ブロックするときに注意することは、まだ相手のコート上にボールがあり、アタックを打っていないのに触ることです。

相手がアタックを打った後であれば問題ないので、相手のアタックを邪魔しないように気をつけながらブロックしてくださいね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問