世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

バレーボールのサーブのルール!わかりやすいルール解説

2019.3.23

これからバレーボールを始めたいという方は、まずルールを覚えることも大切です。
バレーボールにもさまざまなルールがあり、サーブのルール、レシーブのルール、アタックのルールなど、覚えておかないと違反になってしまう決まり事があります。
そこで、サーブのルールを中心にした、バレーのルールについてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

相撲観戦でのお土産のオススメや初心者でも簡単な購入方法

相撲観戦ではお土産は何を購入したらいいのか悩むところ。家族や職場の友達などにせっかく相撲観戦に行った...

夏休みの部活がきつい、しんどいときはこうして乗り切ろう

夏休みの部活がきついから行きたくない。こう暑かったら誰でも一度はそう思うのではないでしょうか? ...

相撲観戦の服装についてオススメや注意点とより楽しめるアイテム

相撲観戦の服装について、初めて行くならどんな服装を着ていくべきか悩む人も多いでしょう。テレビで中継し...

サーフィンのテイクオフを早くするには!コツも紹介します!

サーフィンのテイクオフを早くするにはどうしたらいいのでしょうか? サーフィンを始めて1番最初の難関...

スキーのパラレルターンのコツとは?ポイントは大回り

スキーのパラレルターンにはどのようなコツがいるのでしょうか?なかなかパラレルターンが上手くできないと...

女性のための背筋を鍛える簡単な方法と注意点について解説します

デスクワークをしている女性は「猫背」が悩みだという人も多いでしょう。背筋を鍛えることによって猫背を解...

陸上の長距離の理想的なフォームとは?自分の走り方を見直そう

陸上の長距離を走る場合、タイムにも影響が出るためフォームが大切となりますよね。 でも、どんな自...

弓道で弓手がぶれる原因とは?的中率を上げるために必要なこと

弓道で弓手がぶれると的中率も低下します。弓手のぶれをなくして安定すれば、的中率も上がり上達もします。...

水泳で肩幅広くなる?華奢な女子になりたい!狭くする改善方法

水泳をしたいけど肩幅が広くなるのが心配で悩んでいるという女子の皆さん! 実は、水泳で肩幅は広く...

ホラーとサスペンスの違い!似ているようで違った2つの特徴

ホラー、サスペンスと聞いて、皆さんは何をイメージしますか?この2つの言葉、似ているようで少し違った意...

合唱のピアノ伴奏をするコツとは?上手く弾くために必要なこと

中学校で行われる合唱コンクールでピアノ伴奏に選ばれ、さあ!練習しなきゃ!と思っても、いつも通りの練習...

彫刻刀の彫り方。コツや刃の種類についてご紹介します

彫刻刀の彫り方にコツはありますか? 刻刀は主に4種類あります。 切り出し刀・丸刀・三角刀・平...

バスケの練習を家でする方法は?ボールなしでもできる練習法

当たり前のことですが、バスケの練習はすればするほど上達します。 でも、ボールはないし、広い庭が...

ブリッジ【やり方のコツ】意識するポイントや注意点と練習方法

ブリッジのやり方にはコツがあります。一般的に言われるブリッジとは、仰向けになって両手と両足を地面につ...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

スポンサーリンク

バレーボールのサーブの基本ルール

バレーボールの流れはなんとなくわかっていても詳しいルールまで知らないという人も多くいるのではないでしょうか。ですが、これからバレーボールを始めるのであれば、詳しいルールを覚える必要がありますよね。

バレーボールはサーブから始まります。このサーブにもルールがあることをご存知でしょうか?

バレーボールのサーブのルール

サーブのトスは失敗することができません。サーブのためにトスをあげたのであれば、その1回で必ずサーブを打たないといけないので、上手く上げることができないからといって、もう一度ボールを掴んでしまうのはダメです。

サーブを打つまでの時間も決まっています。サーブは8秒以内に打たなくてはいけません。時間をすぎると反則になるので気をつけてくださいね。

サーブは相手コートにボールを入れなくてはいけないので、ネットに触れた場合どうなるのか疑問に思う方も多いと思います。サーブがネットに当たっても相手コートに入ればサーブは成功になり、そのままプレーを続けることができますよ。

また、サーブを打つ人だけでなく、コートにいる味方の行動も気をつけましょう。味方がサーブを打つ時に、相手にサーブが見えないようにガードして隠すことは反則になります。

サーブを成功させたい気持ちはわかりますが、このような反則をしないように気をつけてくださいね。

バレーボールのサーブのルールでエンドラインを踏んでサーブはNG

バレーボールはサーブを入れなくては始まりません。試合の展開もサーブによって変わることがよくあるのでとても重要なものなので、ルールはしっかり覚えてくださいね。

サーブを打つ時は好きなところから打っていいわけではありません。

サービスゾーンの中で打たなくてはいけない決まりがあります。サービスゾーンはエンドラインより後ろで、なおかつサイドのラインの間なのでこの範囲から出ないように気をつけてくださいね。

エンドラインの後ろからが範囲なので、エンドラインを踏みながらサーブをすることはNGです。もちろん中に入るのもダメです。

サーブを打つ時、打つことに必死になってしまいエンドラインのことを忘れてしまう人もいるので、踏まないようにしっかり確認してからサーブをしましょうね。

バレーボールのサーブを受けるレシーブ側のルール

サーブは受ける側にもルールがあります。サーブレシーブを失敗しているとどんどん得点が入ってしまうので、必ず成功させるためにもルールをしっかり覚えてくださいね。

レシーブのルール

サーブレシーブを受けるときは、たとえネットギリギリに飛んできてもブロックしてはいけません。いくら返しやすいサーブでも返さないでレシーブするようにしてくださいね。
バレーのレシーブは3回以内のタッチで相手コートに返さなくてはいけません。それ以上の回数で返しても反則になるので気をつけましょう。
ただし、ブロックをして手に当たった場合は数に数えません。レシーブをしたところから数えるので勘違いしないようにしてくださいね。

2回続けてボールを触ることはできません。レシーブをした時に思った方向に飛ばずもう一度やり直すということはできません。
思った場所に上げることができなかったとしても自分は触ることができないので仲間にまかせてくださいね。

トスを上げる時に、ボールを掴んでしまい反則を取られることも多いので気を付けましょう。少しの時間でもボールを持っていると判断されることがあるので掴まないように注意してくださいね。

バレーボールはサッカーなどと違い、体のどの部分を使っても掴まなければ反則になりません。なので、手で届かないという場合に足を使って返しても反則にはなりません。どうしても届かないようなボールのときには諦めずに体を使うといいですよ。

バレーボールのアタックのルール

サーブレシーブを受けたら、次にセッターがトスを上げてアタッカーがアタックするというのが、バレーボールの流れですが、このアタックにもルールがあります。

誰でもどこからでも打っていいわけではないので、しっかり覚えましょうね。

6人制のバレーボールの場合、前衛の選手と後衛の選手と分かれていて順番に回っていきます。

前衛の選手は、アタックラインからネット側で飛んでアタックを打ってもいいのですが、後衛の選手はアタックラインを超えた位置から飛んでアタックを打つことはできません。サーブの時と同じように線を踏むこともNGです。

ネットより低い位置から打つことは可能なので後衛の人がネットよりで返す場合はネットより低い位置から返しましょう。

ブロックのルール

上のようにアタックで攻撃をするのですが、その攻撃を阻止することをブロックといいます。

ブロックを行うことができるのはネットから上に手がでてもいい前衛の3人です。この3人の中であれば誰がどこでブロックしても問題ありません。

ブロックするときに注意することは、まだ相手のコート上にボールがあり、アタックを打っていないのに触ることです。

相手がアタックを打った後であれば問題ないので、相手のアタックを邪魔しないように気をつけながらブロックしてくださいね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問