世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

卓球の練習方法!家でもできる卓球上達の練習アドバイス

2019.3.3

卓球初心者の中には、家でも卓球の練習をして早く上達したいと思う方も多いでしょう。しかし、自宅に卓球台があるという家庭はなかなかありません。
そこで、自宅で一人でもできる卓球の練習方法をご紹介します。

相手がいなくても、ボールがなくてもできる練習はあります。
卓球の上達のために、これからご紹介する方法を練習に取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

後輩にイライラッ!部活で生意気な後輩への接し方について

後輩にイライラする! 部活に必ずと言っていいほど存在する『生意気な後輩』 このタイプは自分以...

スキーリフトの乗り方・降り方のコツとポイントを紹介します

初めてスキーのリフトに乗るときはとても緊張してしまいますよね。スキーリフトの乗り方や降り方にはどのよ...

陸上の長距離の理想的なフォームとは?自分の走り方を見直そう

陸上の長距離を走る場合、タイムにも影響が出るためフォームが大切となりますよね。 でも、どんな自...

スキーリフトの降り方のコツ!慣れるまでは係員に一声掛けよう

スキー初心者にとって緊張するのが、リフトの乗り降りです。 特に降り方に苦戦する方が多く、タイミング...

ミニバスの練習は自宅でも出来る!毎日の自主練が上達への近道

ミニバスが上手くなりたいなら自宅でも練習しましょう! ミニバスが上手い子はいつでもどこでもボールを...

バレーのレシーブを受けると痛い!ボールが痛くない受け方とは

バレーのレシーブがめちゃくちゃ痛い!体育の授業でバレーをしたら腕があざだらけになってしまった。そんな...

スキーとスノボはどっちがおすすめ?両者の魅力と特徴を解説

これからウインタースポーツを始めようと思っている人の中には、スキーとスノボのどっちを始めようか悩んで...

肩を柔らかくする方法とは?バレー上達のためのストレッチ方法

バレーをやっている人は「もう少し肩が柔らかかったら」と思うことが多いのではないでしょうか? 肩...

水泳でビート板のバタ足が上手く出来ない方へ!コツとは

子供が水泳を習っていたり、健康や運動のために水泳をやっている人もいますね。 なかなか上達しない...

陸上の走り方【長距離編】長距離の走り方で重要なポイントを解説

陸上で長距離を走っている人の中には、どのような走り方をすれば長距離のタイムを上げることができるのか知...

ピアスの穴を隠す方法!学校にバレないように隠す方法をご紹介

学校の服装チェックなどを控えている人の中には、ピアスの穴を上手に隠す方法ないかと頭を悩ませている人も...

ダンスの振り付けの考え方とコツがわかれば悩みは解決できます

創作ダンスの振り付けが全く思いつかない…。ダンス初心者の悩みの中でも一番多いのがこの「振り付け」です...

野球とサッカー・子供にやらせるならどっち?両者を徹底比較

これから子供にスポーツを習わせたいと考えている親御さんの中には、野球とサッカーのどっちを習わせたら良...

弓道で弓手がぶれる原因とは?的中率を上げるために必要なこと

弓道で弓手がぶれると的中率も低下します。弓手のぶれをなくして安定すれば、的中率も上がり上達もします。...

水泳で肩幅広くなる?華奢な女子になりたい!狭くする改善方法

水泳をしたいけど肩幅が広くなるのが心配で悩んでいるという女子の皆さん! 実は、水泳で肩幅は広く...

スポンサーリンク

卓球初心者が家でもできる素振りの練習方法

卓球を早く上達したい、家でも練習をしたいと考えた場合にはどの様な練習方法があるのでしょうか。

卓球だけではなく、どんなスポーツにも共通して重要なのがイメージトレーニング

プロの方でもやスポーツ上級者の方でも、試合前などはイメージトレーニングを欠かしません。

家で時間があったら自分が思い描くスイングなどを頭で再現してみてください。そして充分にイメージが出来たら、今度は実際に素振りをしてみましょう。

大きな全身を写す鏡があれば、その前に立って自分のフォームを確認しながら素振りを何度も行い、形を身につけていきます。

もし大きな鏡がない場合は窓に姿を写して確認したり、スマホやビデオを利用して自分の素振りの姿を客観的に見るのも、フォームを確認するために大変有効です。

正しいフォームを身につけることは、スポーツでは重要なポイントとなります。間違ったフォームがくせになってしまうと、なかなか直すことが難しくなってしまうので、初心者の今だからこそ、素振りやイメージトレーニングを行って、体に覚えさせてください。

卓球の練習方法、家でもできる壁打ちの練習

卓球初心者なら、まずは家で素振りをしてフォームを確認することが重要ですが、家でも実践の様に球を打っての練習をしたくなると思います。

家で出来る壁打ちの練習

ノーバンで壁に球をうちノーバンで返す打ち返し、またワンバンさせて返す打ち返しなど、壁内でも変化を付けることが出来ます。

しかし卓球の練習は相手がいてからこそと言われるところもあり、壁打ちはどうしても球に触れて練習をしたい場合だけの練習方法です。

また壁がお隣さんと面しているようなアパートや集合住宅などでは、卓球の球を返す音が騒音となる場合もあります。

壁打ちを練習するよりも、まずは素振りをすること。

しっかりとした正しいフォームを体に覚えさせることを、第一に考えて練習をしてくださいね。

卓球に必要なフットワーク、家での練習方法

卓球にはフットワークも大切です。初心者の方だと、ついつい球を返すことに夢中になってしまい、コーチに言われたフットワークが疎かになってしまうこともあるのではないでしょうか。

家では重点的にフットワークの練習をすること

その様な練習方法も上達に向けての足がかりになるはずです。

ではどんなフットワークが効果的なのか?やはりコーチに習っている練習方法、普段学校などで行っている太もも上げや、反復横跳びなどが卓球には効果的なフットワークとなります。

しかし反復横跳びを家で行うには、それなりのスペースも必要となり、さらに階下への騒音も気になるところです。

そこでお家では太もも上げなどの練習方法を行い、外で反復横跳びやランニングなどを行ってフットワークの良さにつながるように、俊敏性だけではなく、スタミナも同時につけられる様に練習方法がおすすめです。

卓球で必要な体幹を鍛える方法

どの様なスポーツでも体幹を鍛えることが大切だと、耳にすることが多くなりました。

体幹とは簡単にいうと胴体の事を指し、体幹トレーニングとは体幹を支える筋肉を鍛えることをいいます。

体幹を鍛えることによって、体の安定に役立つためフォームにも関係していきます。もちろん筋肉を鍛えるのですから、パワーにもつながり効率のよく球に力を込めること可能になっていきます。

腹筋や背筋、足腰を鍛えるためにバランスボールを使ったスクワットや、チューブを使って体幹を鍛える方法など、家でも出来るメニューが沢山存在しますが、ここでの注意点は間違った使用方法、鍛え方をしないようにすることです。

どんなトレーニングも正しい方法を試してこそ、身につくものです。間違った姿勢や練習方法を行っていると、その事が体に無理をかけてしまうこともあります。

用具を使う際には、必ず注意事項や使い方について、しっかりと確認をして正しい使用方法でお使いください。

卓球初心者はラリーを長く続けられるように練習

テレビでプロの方の練習風景を見ていると、同じフォームでラリーを永遠と繰り返している姿が写ります。しかしこれは実際にやってみると、卓球初心者の方にはとっても難しい練習です。

同じフォームで、同じ場所に打ち返す練習方法

段々と慣れてきてラリーを長く続けられるようになってくると、同じ様に打ち返すだけの動作でも、ちょっとした違いに気がついたりいつもとは違うフォームを確認する事も出来るようになります。

卓球を始めたばかりだと、早く試合ができるようになりたい、いろんな技を習得してうまくなりたいと気持ちが焦ってしまうかもしれません。

基礎があってこそ、どんなスポーツでも強くなれるもの

地道に見えて時にはつまらなく感じたり、辛いと思えてしまうかもしれませんが、それこそが初心者の今に必要な練習方法だと考えて、ラリーを長く続けるような基礎的な練習をこなして行きましょう。

また家では卓球の球を打ち返す練習が出来ないかもしれませんが、こちらでも素振りや体幹トレーニング、ランニングなどの基礎練習を行うことが、必ず成果として現れる日がやってきます。持続させて卓球んの上達に役立ててくださいね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - スポーツやアートに関する疑問