世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

サッカーのフェイントが上達するポイントや練習方法とは

2018.10.24

サッカーのフェイントが上手くなりたい!そんなときにはこの練習方法がおすすめです。
最初から難しいものに挑戦するのもいいですが、まずは基本から始めることでこれからのサッカーに生きるものとなるでしょう。

常に相手の気持ちを考えながら行うことで完成度の高いフェイントに結びつくはずです。サッカーのフェイントが上達する練習方法を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

弓道で弓手がぶれる原因とは?的中率を上げるために必要なこと

弓道で弓手がぶれると的中率も低下します。弓手のぶれをなくして安定すれば、的中率も上がり上達もします。...

サッカー部のマネージャーの仕事の内容や魅力ややりがいを紹介

サッカー部のマネージャーになりたいと思っているあなた。 サッカー部のマネージャーにはどんな仕事があ...

バドミントンのコツを徹底解説!ダブルスは戦術が大切です!

バドミントンを始めたばかりの人にとって、ダブルスを組んだ場合どんな動きをすればいいのかもよくわかりま...

テニス初心者への教え方は?まずはボールとの距離間を掴む練習を

大学のテニスサークルに入ってきた初心者の後輩たちに、どんな教え方がいいのかと悩んでいませんか? ...

ソフトテニスのストロークを安定させるためのコツは打ち方!

ソフトテニス部に入ったもののストロークが安定しないと悩んでいませんか? 硬式とは違ってボールを...

グローブの手入れをして柔らかくしよう!オイルの塗り方のコツ

買ったばかりのグローブは硬いので柔らかくする必要があります。 まずは買ってからすぐに出来る、柔...

テニス初心者の打ち方についてストロークの基本や上達のコツ

テニス初心者の打ち方において、最も多く打つショットといえばストロークです。このストロークが上達すれば...

右脳を鍛えるメリットとは?右脳が持つ役割やトレーニング

人間の脳は、右脳と左脳で分かれていますが、右脳にはどんな役割があるのでしょうか? では、右脳を...

ソフトテニスを高校から初める初心者は意外と多い!練習のコツ

高校や中学ではソフトテニスも人気がありますね。 高校からソフトテニスを始めようと考えている人も...

剣道を女子が中学から始めても大丈夫?中学から始めるメリット

剣道に興味を持っている女子中学生もいるのでは? でも中学から始めて、小学生から始めている子達には到...

水泳でビート板のバタ足が上手く出来ない方へ!コツとは

子供が水泳を習っていたり、健康や運動のために水泳をやっている人もいますね。 なかなか上達しない...

バレーボールのサーブの打ち方とは?フローターサーブのポイント

バレーボールで一番使われることの多いフローターサーブの打ち方とは?試合の展開や流れを大きく変えるフロ...

短距離を速く走るトレーニング方法とは?おすすめ筋トレを紹介

短距離を速く走るにはどんなトレーニング方法が必要なのでしょうか? 意外にも、足のトレーニングだ...

ピアノを習う男子は中学からが分かれ道!目指せピアノ男子

ピアノを習っているのは圧倒的に女子が多いですよね。 クラスの中でピアノを習っている女子は、どのクラ...

身長を伸ばす方法といえばコレ!王道のストレッチをご紹介!

身長を伸ばす方法、色々ありますよね? 身体の成長を健全に保つためにも、やはりストレッチで身長を伸ば...

スポンサーリンク

サッカーフェイントの練習はまず蹴るふりから始めよう

サッカーでキックフェイントを上手に使いこなすことができれば、フェイントも自然と上達してきます。まずはキックフェイントから練習をしましょう。

サッカーのキックフェイントの練習方法

ドリブル中に相手が来たとき、パスやシュートを打つような仕草を見せます。この仕草をドリブルに組み込む事で、相手を交わして抜いていくことができるのです。

自分に向かって転がってきたボールに対しても、パスやシュートを打つようなふりをしてキックフェイントを取り入れ、相手にボールを渡さないようにしましょう。

練習方法はボールを蹴るふりをするだけ。完全に足を振り切らずに、ボールと足がぶつかりそうなところでストップします。

これを意識した練習を取り入れて上手にキックフェイントを使いこなせるようになりましょう。

キックフェイントに使った足を、次に繋がるように右か左のどちらかに動かし、一緒に体も動かします。

これを練習することで、上手にキックフェイントができるようになりますよ。

サッカーのフェイントを練習は段階を踏みながら

サッカーのフェイント、切り返し

方向転換をして相手を置いていくのが切り返しです。角度が浅いと失敗するので、深い角度で切り返しを行いましょう。

サッカーのフェイントの切り返しの方法

  1. アウトサイドやインサイドでボールを押し出す
  2. 一歩踏み込み、軸足を固定する
  3. アウトサイドやインサイドでボールをカット
  4. カットした方の足をつきながら逆の足を引き寄せる
  5. アウトサイドやインサイドで素早く相手を抜き去る

 

スプリングターン

後ろから来ている選手を置き去りにする手法です。相手を背負うプレイが苦手な選手はたくさんいるかもしれませんが、使える場面が多いのでできるようになると役に立つプレイでもあります。

スプリングターンの方法

  1. 後ろに相手ディフェンダーを背負う
  2. 右か左のどちらかに素早い動きでボールを出す
  3. 反対の方向に切り替えして相手を抜き去る

ここまでキックフェイント・切り返し・スプリングターンの3つのフェイントについてみてきましたが、続いては足裏の使い方をみていきましょう。

サッカーフェイントで役立つ足裏を使った練習

足裏を使ってボールを動かすことは、最初の頃は苦手と感じる人も多いかもしれませんね。ですが、ボールに慣れるためにも有効な練習ですので、チャレンジしてみましょう。

サッカーのフェイントで役立つVターン

足裏を使ってボールを少しだけ前に出し、相手ディフェンダーを引きつけます。この動きをすることで、相手ディフェンダーはボールがそばに来るのではないかという意識が働きます。

このとき、絶対にボールを取られないように注意をしましょう。

相手がボールに反応したら、足裏を使って一気にボールを弾いて逆サイドに切り返します。足裏のお母さん指のあたりを意識してボールを引いてください。

相手ディフェンダーの足がボールに届かないくらい大きく引きましょう。

相手が個のフェイントに引っかかったとしても、プレイが小さくなってしまうと相手にボールを奪われてしまう事もあります。

これでは全く意味がないので、逆側にボールを引いたあとはすぐに反対側の足のインサイドを使ってボールを前方に出し、一気に相手を抜き去るようにしましょう。

サッカーのボディフェイントのポイントやコツ

サッカーのフェイントのコツは体の軸を動かさないこと

ボディフェイントを行なう時は、体の軸は動かさずに表面だけを使ってフェイントを掛けることが有効な方法です。

体の軸、つまり中心を使わずにフェイントを掛けることがポイントになるのです。

体の軸を使ってフェイントをすると、自分の動きをスムーズにすることができなくなってしまいます。

相手を交わすことを目的としてフェイントをするのに、自分の動きを鈍くしてしまっては意味がないですよね。
ですから、軸は動かさずにボディフェイントを仕掛けることを意識しましょう。

サッカーでは大げさにフェイントを仕掛ける

大げさだと引っかからないのでは?と思うかもしれませんが、大げさな動きを見ると、フェイントだとわかっていてもついつい引っかかってしまうことがあります。

本能的に体が反応することが原因だと思われますが、これを利用しない手はありません。大げさにフェイントを仕掛けて、軸は動かさずに相手を上手に引っ掛けましょう。

サッカーのフェイントは練習しただけ上達する!繰り返し練習しよう

スピードに変化をつけて相手を抜き去るフェイント

相手にフェイントを仕掛けて抜き去るには、相手の動きを止めてしまうことが効果的な方法です。

相手の動きを止めるときに有効な手段というのが、スピードに変化をつけること。

スピードを緩めたり早めたりすることで、相手にフェイントを仕掛けましょう。

同じ速さでドリブルをするのではなく、ドリブルをしている最中に一旦停止してみたり、停止した後に急激にスピードを上げてドリブルを行なうなどして、相手がフェイントに引っかかるようにしましょう。

この動き全体のことを「フェイント」と言います。

まだ初心者の人は、足裏を使ってフェイントを仕掛けることは難しいでしょうから、無理に足裏を使わなくても大丈夫です。

自分でできるボールコントロールを行って、上手にフィントを仕掛けられるようになりましょう。

技術が足りなくてもできますし、習得も簡単です。このフェイントは初心者でも絶対にできなければなりませんので、頑張って習得しましょう。

 - スポーツやアートに関する疑問