世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

高校のテストでの赤点は何点?赤点の基準と留年・欠点・青点とは

2018.10.28

高校のテストでの赤点の基準が知りたいという人もいますよね。テストで赤点を採ってしまったら、この先の自分の学校生活が一体どうなってしまうのか不安になることでしょう。

テストの点数で赤点というのは一体何点からなのでしょうか。赤点の基準は何?

そこで今回は、テストで赤点になる点数は何点なのかと、意外と知らない留年・欠点・青点についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高校受験の面接マナー控え室から退室までの基本マナーを解説

高校受験では筆記試験の他に面接試験もありますが、面接で最も重視したいのが「マナー」です。 そこ...

テスト前日なのに勉強にやる気が出ない人に試してほしい方法

テスト前日なのに、全然勉強のやる気が出ない。 そんなことはありませんか? やらなきゃいけないこと...

勉強すると眠気が。なぜ勉強しようとすると眠気が襲うのか

勉強を始めよう!と気合を入れて机に向かうのに、いざ始めると猛烈な眠気が…。 勉強しようとするとなぜ...

大学へ行きたい!社会人から大学へ進学を考える方へのアドバイス

一度社会に出てから、やっぱりもう少し勉強したいとか、キャリアを上げるために大卒の資格が欲しい場合など...

家庭科の宿題にもおすすめ!着なくなった服で簡単リメイク

学校ではいろいろな宿題が出ますが、家庭科では着られなくなった服を使ってリメイクをするという宿題が出る...

高校の勉強がつらい。辛く感じる理由とやる気を出す方法

無事に高校に合格して、楽しい生活が始まると思いきや、「勉強がつらい…。」そう感じている人も多いのでは...

AO入試面接で失敗しがちな言動と失敗しないための面接対策

AO入試でもっとも重視されるのは入学意欲です。 そのためAO入試では、面接時にどう自分をアピー...

勉強中、眠くなるのは病気?それともやる気?考えられる原因

勉強中に眠くなるのって、単純に勉強したくないから?それとも何か病気なのかな? 寝ても寝てもなか...

高校での一番の不安が勉強でも、こうすれば克服できます

中学校とは違い、勉強もさらに難しくなる高校。そのため、勉強に対する不安を抱えてしまうこともあるでしょ...

試験に落ちた人への励まし方 言ってはいけない言葉とは

友達が試験に落ちたときにはどんな励まし方をしてあげたらいいのでしょうか? 言葉を選べば選ぶほど...

実力テスト対策!中3の数学の実力テストで高得点を取る勉強方法

数学が苦手という人の中には、中3の実力テストで良い点数を取る方法を知りたいという人もいますよね。 ...

教習所の卒業検定での流れや卒業後の流れや傾向と対策

教習所に入校して卒業検定まで、どんな流れなのか気になることが多いかと思いますが免許をもらうまでに、ド...

スマホが勉強の妨げになって集中できない!対処法と勉強方法

勉強に集中しなくてはいけないことはわかっているのに、「スマホが気になって勉強に集中できない」「スマホ...

塾の宿題の量が一番多い中学受験塾、宿題との向き合い方について

塾の宿題の中で一番量が多いと言われているのが、中学受験塾だと言います。 勉強の習慣を身に付ける...

勉強がわからないとイライラする!そのストレスの根本にあるもの

勉強がわからないとイライラする! 誰でもそうです。 ものごとがうまくいかない時には、誰だって...

スポンサーリンク

高校のテストの赤点は何点から?

高校のテストの点数が、思うように取れなかった場合、それが赤点である可能性もあるでしょう。実際に、赤点という言葉は良く聞きますが、赤点とはいったい何点からを指すのでしょうか。

赤点の基準は学校によって違います。何点以下を赤点と定めるのか、もしくは、平均点を出して、それの半分を満たないような点数を赤点とするのか、点数を基準にする学校と、平均点を基準にする学校に分かれるようです。

しかし、大抵は、20点や30点以下を赤点と定めている学校が殆どでしょう。その場合は、全教科にその基準はが統一されて適用されます。

実際、赤点を取るとどうなるのでしょうか。1教科だけで、即留年ということにはなりません。
まず、赤点を取ると、追試や補習があります。ない学校もあるかも知れませんが、大抵の学校は追試があります。更に、先生から説教されたり、赤点を取った事情さえ聞かされることもあるようです。

留年の基準には、定期テストのうち複数の教科で赤点を取ると、追試を受けることもなく留年というケースもあります。

その場合は、勉強をする気さえないとみなされてしまう可能性もあります。たまたま1教科だけが赤点というのなら分からなくもありませんが、複数の教科で赤点を取ると、先生からの信頼も失い兼ねません。ですから、赤点を取らないように、シッカリとテスト勉強をすると言うことは、とても大切なことなのです。

何点が赤点かは高校によって違う!テスト赤点を取ると留年?

高校の赤点は、学校によって基準が違います。何点以下を赤点とするのかしっかりと調べて置くことも大切でしょう。

しかしながら、実際の高校の成績は、テストの点数だけで決まるものではありません。欠席や早退遅刻が多い、授業態度が悪い、提出物を出さないなどという人は、どんなにテストの点数が良くても、成績が良いとは限らないのです。成績とは、あらゆることが考慮されて決定されます。

定期テストも同じです。一度だけ、赤点を取ったところで即留年とはなりません。何度も赤点を取ったり、他の教科に置いても多数赤点がある場合、留年するかどうかの判断材料とされてしまいます。また、学校の成績や、学校での態度も考慮され、初めて留年が決まるのです。

ですから、1教科だけ赤点を取ったからといって、直結して留年ということにはならないので安心してください。赤点を取ってしまったのであれば、追試や補習でしっかりと勉強に取り組む姿を見せましょう。一生懸命勉強すれば、それなりの良い点が取れる事を先生にアピールするのです。

失敗は成功の元です。失敗を元に、今後、勉強を真面目にするという姿勢に切り替えてください。中には、一生懸命勉強したとしても、身にならず、赤点を取ってしまったという人もいるかもしれません。そのような人は、勉強の取り組み方やポイントが間違っている可能性があります。しかし、取り組み方さえわかれば、高得点に繋がるのが定期テストです。定期テストは基本、勉強さえすれば解けるようにできています。

ですから、留年したくないのであれば、とにかく真面目に、方法を見つけて勉強に取り組んでください。真面目な面を先生に理解してもらえなければ、留年の可能性も高まってしまいます。

万が一、あなたが赤点をとってしまったのであれば、とにかく追試や今後の授業は真剣に取り組むことです。

高校の赤点は何点?欠点とは何?

高校の赤点は何点だろうと考えているあなた。実は赤点の他に、欠点というのがあるのをご存知でしょうか。欠点というのを知っていたとしても、赤点とは同じことなのではないかと思っている人もいるはずです。

赤点と欠点とは、意味は似ています。中には同じ意味で使用している学校もあるでしょう。欠点とは合格点に到達していない、落第点という意味です。赤点とは、テストで一定点数以下の事を指すことが多いでしょう。

ですから、意味は、ほぼ一緒と思って間違いありません。学校によって、呼び方が違うだけのこともあるようです。

定期テストで赤点ではなく欠点を取ってしまったとしても、赤点同様、すぐに留年には繋がりません。その変わり、補習や追試が待っているます。勉強をもう一度頑張って、それらの赤点や欠点を挽回するように、学校は補習や追試を用意しているのです。そこは頑張りの見せ所とも言えます。

定期テストは留年する人を決めるために行われるものではないのです。
しかし、補習にも出ず、追試も受けないとなると、素行不良であるとみなされ、留年の決定打になってしまいます。勉強に真剣に取り組み、普段からの行動や態度を改めるという姿勢が非常に大切になるのです。

高校の赤点の半分の点数を「青点」という

高校の定期テストの平均点の半分を赤点と定めている学校もあります。そのような学校では、赤点の半分以下の点数を青点と呼ぶこともあるそうです。例えば、赤点を30点以下と定めた場合、青点は15点以下となります。
赤点を何点にするのかこれは学校によって異なるため、青点の基準もそれによって変化します。

そんな青点を取ってしまったあなたは、赤点でさえ恥ずかしいのに、青点なんて最悪の自体だと、留年を心配して狼狽してはいないでしょうか。

赤点も青点も、どちらも補習や追試を受けることには変わりありません。赤も青も点数の差以外は、変わらないのです。すぐに留年と直結はしないのです。

ですから、補習や追試で良い点数が取れるように、今すぐ勉強するのみです。

恥ずかしい、最悪だと思うのなら、テスト前から勉強することです。そう思えることこそ、今後、赤点や青点を取らないための原動力となるのです。後悔先に立たずです。さあ、今から勉強です。

テストで赤点を取ったらどうなる?留年の基準

テストで何点を取ったら、赤点なのだろうか?それによって留年してしまうこともあるのかとビクビクしていたあなた。1教科の赤点だけでは留年の対象にはならないことは、お分かりいただけたのでは無いでしょうか。

実際、留年した人の割合は、全体を見ても、0.5%程度だそうです。ほとんどの人は、赤点を取ったからといって留年にはならないという事が分かります。では、どんな事が基準で、留年する人は決まってしまうのでしょうか。

授業への出席日数が足りない人である事、そして、成績が一定以下であることが留年の条件になってきます。

出席日数の条件も学校によって異なります。1年の授業日数の2/3以上、学校によっては3/4以上や4/5以上出席しなければ、留年とする場合もあるようです。また、1教科では無く、複数の教科の定期テストで赤点を取った場合は、留年となる可能性があります。それ以外にも、授業態度や、提出物をシッカリと出しているのかなども考慮されます。

留年しないようにするためには、出席して態度よく授業を受けることや、定期テストで赤点よりも高い点数を取ることができれば、単位を修得でき、あなたは進級可能になるのです。

 - 勉強や学問に関する疑問