世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

動物園のライオンはどんな餌を食べているの?餌や生態を解説!

2018.10.9

動物園で飼育されてるライオンは、毎日どんな餌を食べて生活しているのでしょうか。ライオンは肉食獣ですので、きっと何かのお肉を食べているだろうと予測することができますが、実際に何を食べているのか知りたい人もいますよね!

動物園のライオンと野生のライオンを比べると、食生活に違いはある?ライオンの食事について教えて。

そこで今回は、動物園のライオンの餌と野生のライオンの餌についてと、ライオンの生態についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

猫に鳴かない種類はあるの?鳴きやまないときの原因や対策

猫の中でもあまり鳴かない猫の種類もあるそうです。マンションなどで飼うのであればそんな猫がオススメです...

ペットとして飼いやすい種類、人気の動物を調査!

私たちの生活を豊かなものにしてくれるペット。とても可愛らしく癒されます。 これからペットを飼っ...

アゲハの幼虫が脱皮失敗してしまう原因とは?アゲハ飼育のコツ

アゲハの幼虫を捕まえ、チョウになるまで観察していても、脱皮失敗なのかなかなか孵化しないことがあります...

カメムシが大量発生して困る!臭いカメムシの予防対策について

毎年のように大量発生するカメムシ。身の危険を感じると臭い臭いを発する事は有名ですよね?私もそれは知っ...

犬はネイルの匂いが苦手!犬が嫌がる匂いは何?犬の嗅覚について

犬はとても嗅覚が優れていて、匂いに敏感な生き物です。犬が苦手とする匂いはたくさんあり、ネイルの匂いも...

動物の種類は世界中で何種類?童心に返って考えてみよう!

世界中にはいろいろな種類の動物がいますが、その中にはまだ見たことがない動物も多いではないでしょうか?...

猫を二匹飼いするときの性別や相性など気をつけるポイントとは

猫を二匹飼いするなら性別についてまず考えなければなりません。 先住猫の性別によっても、新しく迎え入...

鳥の群れはなぜ?群れながら飛ぶ鳥の謎に迫る!

鳥が群れをなして規則的に飛ぶ光景をよく目にします。 鳥はなぜ群れながら飛ぶのか、あなたも疑問に感じ...

犬が階段を降りれないのはナゼ?意外と臆病な犬の性格

犬は階段を上るのに降りれない。という事が多いですよね。 どうして降りることが出来ないのでしょう...

川や田んぼでメダカを捕まえる!取り方や飼育方法について

暖かい時期になると川や田んぼにメダカを取りに出かけてみませんか?自然の中で野生のメダカを捕まえる、捕...

猫が動物病院で暴れることが大変!?病院嫌いを克服させるには

猫を動物病院に連れて行くと、物凄く暴れるので連れて行けずに困っているという人もいますよね。 で...

野良猫から地域猫へ!トイレやハウスの作り方を教えます

野良猫って近所にいますか?今は野良猫を増やさないようにする地域猫活動がされているんですよ。 そ...

文鳥を旅行に連れていくことはできる?文鳥と旅行に行く方法

家族の一員として文鳥を飼っている人もいますよね。旅行の計画を立てた時、文鳥を旅行に連れていくかどうか...

犬は飼い主さんを信頼している?信頼度を知るためのチェック方法

飼い主は犬に信頼され求められることはとても嬉しい事ですよね?犬は家族の一員ですし大切な存在です。そん...

金魚の酸素不足をストローで回避できるかを調査!水と酸素は大切

夏になると、お祭りなどで金魚すくいをする人もいますよね。 上手にGETできても、家に飼育環境が整っ...

スポンサーリンク

動物園のライオンの餌はどんなもの?どれくらい食べるの?

私たちはライオンの食生活を想像すると「お肉を食べる」「肉食動物」くらいしか大まかに出てこないと思いますが、野生のライオンと動物園で飼われているライオンではどのような食生活の違いがあるのかあまりわからない人が多いと思いますので、この記事で紹介していきたいと思います。

野生のライオン

毎日餌となる獲物を確保できるとは限りません。
狩りに失敗し何日も餌を食べられない日が続いたりすることがあり、お腹を空かせたライオンがついに獲物を捕まえた日には1日で40㎏ほどの餌を食べたりすることもあります。

動物園で飼育されているライオン

何日も餌を食べられないと言う事はありません。
野生のライオンの食生活を考えた上で、1日、1週間の餌の量が決められています。
1頭1日4~5kgの餌を与え、それを1週間と計算すると24~30㎏になります。
また少しでも、野生の環境に近づけて生活させるように、1週間に1回餌を与えない日があるそうです。

餌となる主なお肉は安く出回る鶏肉、馬肉で、牛肉それに加え消化の働きを助けるビタミン剤混ぜていることが多いようです。

ライオンなどの肉食獣の餌は動物園が栄養バランスを考えています

野生のライオンは栄養バランスを気にすることはできませんが、動物園で飼われているライオンは栄養バランスを考えられ、鶏肉は骨付き、または頭もついたまま与えられることがあります。
鳥の頭や骨はカルシウム、ミネラルになります。
鳥の骨は鋭く、ライオンが歯で噛み砕いたときに口の中が傷つきやすくなりますので、あらかじめ砕く処理を行いライオンに与えています。

鳥の骨のほかに、おやつとして豚や牛の骨をかじらせ、栄養補給のほか、歯の汚れを落とす効果もあります。

野生のライオンは何日も餌にありつけないことがあると前述で述べましたが、ライオンの生態として4日に1回ほどの狩りで大量の肉を食べるといわれています。
動物園でも、ライオンの内臓を休めるためにもライオンに1日何も与えない日があります。

それでも、毎日の主な餌は肉になりますのでライオンの内臓にはかなりの負担がかかり、腎不全などの病気のリスクも高い動物だといわれています。

動物園のライオンと野生のライオンの餌を比べてみよう

同じライオンでも育つ環境で食べるものが違う

栄養バランスやコスト、その地域の盛んな畜産などが考慮され牛肉、鶏肉、馬肉、牛豚鳥の骨などを餌をそれぞれ与えられていますが、野性の動物はそのようにはいきません。
基本的なお肉として小型~大型の哺乳類や鳥類を捕獲して餌として食べますが、体調が悪いときや怪我をして動けないとき、狩りに失敗したときなどは、昆虫類や爬虫類を食べて飢えをしのいでいます。

動物園に飼われているライオンは昆虫類や、爬虫類を食べている姿は目にしたことがありませんよね。

それだけ壮大な自然界は厳しいということでしょう。

狩りをする時は、涼しくなる夕方から夜にかけて、メスのライオンが行います。
時にはオスのライオンが手伝い二手に別れて獲物を捕獲することもありますが、オスのライオンは体が大きく体重が重いことからメスのライオンほど身軽に動き事ができず、狩りが下手といわれています。

ライオンの生態について

  • アフリカのサハラ砂漠以南、インド西部に多く生息されている
  • ねこ科の動物であり、その中で2番目に大きい動物で、最も大きいのはトラです
  • 群れで行動し縄張り意識が高い
  • 群れの中にオスのリーダーが必ずいる
  • だいたい数匹~十数匹で群れを作る
  • 群れの構成は血縁関係であることが多い
  • 基本的にメスが狩りを行う
  • メスが仕留めた獲物をオスはいち早く横取りをして食べる
  • 群れが危険な時はオスが重要な役割になる
  • 子供のオスライオンは場合によって2~3歳で群れから追い出されることがある※

※)群れは基本的に血縁関係で構成されることが多く、群れにオスのライオンが何匹もいるといずれリーダー争いの原因になります。
それを防ぐため、地位や子孫を繁栄するための行為であります。

雄のライオンのたてがみの役割は?

ライオンのオスの特徴

印象的なものとして「たてがみ」があります。
そのたてがみは、勇ましくとてもカッコイイですよね。

しかし、なぜオスのライオンだけにたてがみがあるのでしょうか。
2つのある説が理由といわれていますので紹介します。

ライオンの首を守るため

縄張り意識が強く群れで行動するオスのライオンは群れを守る大きな役割であります。
そのため争いをしたときに時に狙われやすい、傷つきやすい箇所の特に多く毛が発達したといわれています。
頭部、首、肩、胸にかけて毛が生えていますね。

ライオンの強さのを引き立たせるため

オスのライオンは群れ同士、もしくは群れが危険にさらされた時に争う事が多く、1回の争いに勝つたびに自自信がつき、男性ホルモン(テストステロン)が多く分泌され、茶色のたてがみは黒くなります。
黒いたてがみ、たてがみが多いほどこそ、メスのライオンに好感がもてるといわれています。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - ペットや動物に関する疑問