世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

最近変わってきている?ペットの種類の割合を徹底調査

2018.7.28

ペットの種類の割合って気になりませんか?やっぱり一番多いのは犬?不動の第一位なのでしょうか?

しかし最近ではその割合に変化が見られてきています。割合が変わった理由とは今のペット事情についてご紹介いたします。

また日本だけではなく、世界のペットを飼育する割合やその種類なども調べてみました。ちなみに爬虫類も根強い人気があるようです!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

うさぎのロフトの高さはどのくらいがいい?ロフトの付け方

うさぎのケージにロフトを取り付けるときには高さを低く設定しましょう!ロフトの高さ設を間違えてしまうと...

ハムスターのトイレと砂遊び場所は同じ?使い分けが必要な理由

ハムスターを飼う時にトイレの場所と砂遊びをさせる場所を、別々にしたほうが良いと聞きますが、使いわける...

子猫へ先住猫からの威嚇がある時の対処法と多頭飼いの注意点

猫好きで今飼っている猫の他にも、新たに子猫を迎えたいという方もいるでしょう。 そこで気をつけたいの...

アゲハの幼虫が脱皮失敗してしまう原因とは?アゲハ飼育のコツ

アゲハの幼虫を捕まえ、チョウになるまで観察していても、脱皮失敗なのかなかなか孵化しないことがあります...

野良猫に餌やりをする人の心理とは?猫じゃなく自分がかわいい

野良猫に餌やりをする人っていますよね? 猫がお腹をすかせているのがかわいそうとか言いますが、本当に...

文鳥の鳴き声が変!文鳥は鳴き声でコミュニケーションを取ります

文鳥を飼い始めたばかりの飼い主さんは、文鳥の鳴き声を聞いて「なんだか様子が変かもしれない」と思うこと...

亀が冬眠から目覚める時のプロセスと目覚めた後の飼育方法を解説

寒い季節になると亀が冬眠することがあります。まだ亀を飼いはじめてから期間の浅い人は、冬眠した後どのよ...

金魚の病気のサイン?沈む、動かないときの対処法

金魚が病気になると、じっと動かなくなったり、水槽の下に沈むことがあるようです。 そこでここでは...

子猫の野良を捕獲する前に確認することと安全な捕獲方法について

まだ生まれたばかりの野良の子猫を見かけると、かわいそうになって捕獲して自分で育ててあげたいと思ってし...

【愛犬のためのカフェマット】誰でも簡単にできる作り方を解説

愛犬をドッグカフェに行く時に必要なカフェマット。手作りのカフェマットを使っているのを見ると「作ってみ...

カメムシが大量発生して困る!臭いカメムシの予防対策について

毎年のように大量発生するカメムシ。身の危険を感じると臭い臭いを発する事は有名ですよね?私もそれは知っ...

オオクワガタ飼育初心者必見!飼育方法をご紹介します

オオクワガタを飼育してみたい!と思う方もいるかと思います。 しかし初心者の場合は、まずどこで手...

魚のオジサン!その名前の由来や美味しい食べ方も紹介!

魚に「オジサン」という名前があるのを知っていますか? その名前の由来が気になりませんか? オ...

犬は飼い主さんを信頼している?信頼度を知るためのチェック方法

飼い主は犬に信頼され求められることはとても嬉しい事ですよね?犬は家族の一員ですし大切な存在です。そん...

一人暮らしでもペットを飼いたい!飼いやすいペットを紹介!

一人暮らしで寂しくてペットを飼いたい・・・。そして癒されたい!そんな人はいませんか?一人暮らしでも飼...

スポンサーリンク

ペット種類の割合は?人気で定番のペットと言えば?

人の疲れた心を癒してくれるペット

いつの時代も人気ですが、最近はランキングに少し変化があるようです。

ペットの中で不動の人気を誇る動物は「犬」!というのが長年の暗黙のランキングだったと思います。

最近は僅差ですが、「猫」の人気が高まっているということです。

以前、「猫鍋」といって猫が鍋にかわいく収まる写真集が爆発的に売れました。
中には猫のアイドルもいたりして、猫ブームは急速に伸び続けています。

こうした猫の経済効果は、留まるところを知らず年間2兆円にものぼるそう。

猫は犬と違い、散歩を必要としないので、家で気軽に飼えるというのも人気の理由ですね。

もちろん犬も、まだまだ人気のペットです。

日本人にとって、ペットの歴史が一番古いのが犬ということもあり、日本人にとって犬は特別な存在と言ってもいいでしょう。

その次には魚、鳥と続きます。

どのペットも、人にとって大切なペットであることは間違いないですね。

ペットの種類の割合が近年、変わった原因とは

最近では猫の人気が高まる一方で、犬の飼育数が右肩下がりで減少傾向にあるといいます。

猫の飼育数が、過去4年で4%増えたのに対し、犬はというと、13%の減少というデータが出ているのです。

この理由として、一番大きいのは犬の飼育の仕方にあると言われています。

犬を飼育するとなると、毎日の運動は欠かせないため、散歩は必須です。
そして、外に連れていくともなればしつけも当然しなくてはいけません。
それに加えて、毎日数回のエサやりなど、どうしても手間がかかってしまうのは仕方がないことです。
これらの手間が面倒という理由で、世帯数は増加が続いているなか、犬の飼育数は減少傾向にあるということです。

確かに、猫はマイペースで気ままに生活できるので、散歩の必要もないですね。

負担があまりないということも、猫の人気の一因と言えるでしょう。

世界のペットを飼う世帯の割合と種類について

世界でペットの飼育率が最も高いのは、意外にも「中南米」なのです。

特にアルゼンチンやメキシコ、ブラジルでは、7~8割もの人がペットを飼育しているとのことです。

日本はどうなのか気になりますね。実は、アジアはペットの飼育率が低く、日本は37%という結果でした。

そして世界的に見ると、ペットとして人気なのが「犬」で、約3人に1人が犬を飼育しているということになります。
次に、猫、魚、鳥という順番で続きます。

最も犬を飼っている人が多い国は「アルゼンチン」で、66%もの家で飼育されているようです。
10人のうち6~7人もの人が犬を飼っているとは驚きです!

アジア3国は、ペット飼育率が低い国として位置付けられていますが、ペット関連用品の市場では、アジアは重要な位置にあり特に中国やインド、中南米に注目が集まっています。

ペットフードを見てもわかるように、いまやペットの体格や年齢にまで応じたペットフードがたくさん出ていますよね。

所得の増加も影響し、ペットにはペットが必要な栄養素を与えるという認識が広まってきたということがわかります。

今はペットとして爬虫類を飼育するのも人気

ペットショップでも見かけることが多くなった爬虫類

ペットとして飼育する人も多くいるようです。

なかでも、「ヤモリ」が比較的飼いやすく人気のようです。

ヤモリ?と思う方もいるかもしれませんが、昔の民家にいたようなヤモリではありませんのでご注意を!

特に、「レオパード・ゲッコー」と海外で呼ばれているヤモリは、日本でも略して「レオパ」とも呼ばれ、特に飼育がしやすいと人気です。

飼育するにも用意するものは、「ゲージ」は最低限必要ですが、あとは隠れ家となる「シェルター」や、寒いのが苦手なので「ヒーター」などです。

「ヒョウモントカゲモドキ」という種類のレオパは、実はまぶたがあるので、まばたきをするのですが、その仕草がかわいい!と人気です。
また、頭も良いので、トイレを覚えてくれるというところもあります。

ただ、飼育する際の注意として、エサが「コオロギ」なので、それを別に保管するか、もしくは飼育しなくてはいけません。

また、爬虫類は感情がないので、飼い主に慣れることはあっても、犬や猫のように、飼い主に愛情を示すことはないということを知っておく必要があります。

ペットは家族!しかし高齢者のペット飼育が問題に!

現在の日本では、核家族化が進み、世帯数も増加しています。

その中で、ペットは家族という考えも一般的で、特にその考えが強い傾向にあるのが、高齢者、そのなかでも一人暮らしをしている高齢者と言えるのではないでしょうか。

日々の生活の中で話相手がいない寂しい時間に、ペットがいたら「家族」としてその存在がどれだけ心を満たしてくれるのかは想像できます。

でも高齢化社会の現在は、飼い主が高齢であれば飼いたくても飼い続けることができない、というケースも増えてきています。
またこの問題は、どんどん増加の傾向にいくでしょう。

もし飼い主が入院したり亡くなってしまった場合、ペットは行き場を無くしてしまいますが、こうした問題を解決するための新しいビジネスも生まれています。

もし自分(飼い主)がペットの面倒を見られなくなった場合、その後の飼育費を信託銀行に管理してもらうという仕組みです。

こうしたビジネスの動きは、ペット保険会社にまで広がりを見せつつあるということです。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - ペットや動物に関する疑問