世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

犬のベッドは簡単手作りが一番安い?作り方とポイントについて

2018.7.29

犬のベッドの買い替え時期!犬が気に入って見た目も良く、そして安いベッドを探すのはなかなか大変ですよね。

もし気に入ったものがなければ、作ってしまってはいかがでしょうか!手作りは大変そうと思いがちですが、意外と簡単に費用も安く仕上げることが出来ますよ。

犬のベッドの作り方、ベッドを作るときのポイントや注意点についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

一人暮らしでもペットを飼いたい!飼いやすいペットを紹介!

一人暮らしで寂しくてペットを飼いたい・・・。そして癒されたい!そんな人はいませんか?一人暮らしでも飼...

猫の毛が固まる理由!高齢の猫は飼い主さんが優しくお世話を

猫が高齢になると毛が固まることがあります。飼い主さんの中には、どうして猫の毛が固まってしまうのかわか...

ペットとして飼いやすい種類、人気の動物を調査!

私たちの生活を豊かなものにしてくれるペット。とても可愛らしく癒されます。 これからペットを飼っ...

フェレットのご飯は何で代用できる?フェレットの食事の代用品

フェレット用のご飯がない時や手に入りにくい時、代用できるものがないか知りたいと思うこともありますよね...

金魚の酸素不足をストローで回避できるかを調査!水と酸素は大切

夏になると、お祭りなどで金魚すくいをする人もいますよね。 上手にGETできても、家に飼育環境が整っ...

犬がタオルを食べるのはなぜ?その原因で考えれれる事

犬はタオルが好きですよね?我が家の犬もタオルを投げたり引っ張りあっこして遊ぶのが大好きです! ...

子猫は生後1ヶ月半まではミルクが必要!飲ませ方や量について

生後1ヶ月ほどの子猫の場合、本来であればお母さんのおっぱいで育つ時期です。 何かの事情でこの時期に...

犬が階段を降りれないのはナゼ?意外と臆病な犬の性格

犬は階段を上るのに降りれない。という事が多いですよね。 どうして降りることが出来ないのでしょう...

金魚すくいのポイの作り方や必要な材料についてご紹介します!

夏が近づくと、各地域でお祭りがあり金魚すくいをしたい!というお子さんも多いかと思います。 自宅...

金魚の病気のサイン?沈む、動かないときの対処法

金魚が病気になると、じっと動かなくなったり、水槽の下に沈むことがあるようです。 そこでここでは...

メダカを飼育するなら100均でグッズを揃えてみよう!

古くから日本人に親しまれてきたメダカ。 このメダカを飼育したいのなら・・・便利なグッズがある100...

先住猫が子猫を噛むことが心配!猫を多頭飼いする時の注意点

先住猫がいるご家庭で新たに子猫を迎えようと考えている飼い主さんもいますよね。 ですが、新しくや...

ハムスターのトイレと砂遊び場所は同じ?使い分けが必要な理由

ハムスターを飼う時にトイレの場所と砂遊びをさせる場所を、別々にしたほうが良いと聞きますが、使いわける...

犬はネイルの匂いが苦手!犬が嫌がる匂いは何?犬の嗅覚について

犬はとても嗅覚が優れていて、匂いに敏感な生き物です。犬が苦手とする匂いはたくさんあり、ネイルの匂いも...

亀が冬眠から目覚める時のプロセスと目覚めた後の飼育方法を解説

寒い季節になると亀が冬眠することがあります。まだ亀を飼いはじめてから期間の浅い人は、冬眠した後どのよ...

スポンサーリンク

安い犬用のベッドなら、やっぱり手作りが一番!

安い犬用のベッドって探すのが大変ですよね。だったら、自分で手作りしてみませんか?

実は、意外と簡単に費用も安く仕上げることができちゃいますよ。材料は、底部分や縁部分になる布やクッション、中に詰める綿などでできます。愛犬が気持ちよく寝られるためにもふわふわとしたベッドに仕上げましょう!

また、ダニを防げる敷布団や防水性のあるシーツなどをアレンジするとさらに機能的にもなりますよ。
家にあるもので作れば、費用もかからずいいですよね。

フリースを使って、縫わずにベッドを作ることもできます。
フリースを2枚用意したら、フリンジ状になうように、フリースの周りに切れ込みを入れましょう。

それを袋状になるように、切れ込み部分を結び合わせます。

そして、隙間から綿を入れて、残りの切込みも結べば完成です。

クッションのようなベッドが出来上がりますよ!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

廃材などを使えば簡単で安い犬のベッドが完成!

犬用のベッドを手作り!簡単なのにオシャレ

廃タイヤがベッドに!

廃タイヤにペンキを塗るだけでも、ベッドの外枠に使えます。これなら丈夫なので、犬が噛んだりしても大丈夫です。

古くなったテレビ台がベッドに!

テレビ台の仕切りの板と扉を外したら、お好みの色に塗装しましょう。そして、この中にクッションを入れればオシャレなベッドの出来上がりです。

小さなテーブルもベッドにリメイク

また、収納棚を使って犬のベッドを作るのもオススメです。空いている棚には、犬のおもちゃやタオルなど犬の生活用品も収納しましょう。

これなら便利で使いやすく、見た目も素敵です!

ぜひ試してみてくださいね。

こんな犬のベッドも安い材料費で手軽に作ることが出来ちゃいます

お店のような犬のベッドを安い材料費で手軽に作る方法

まず、丸い同じ大きさの生地を4枚用意しましょう。そして、布を2枚ずつ合わせて周りを縫いましょう。

これは、ひとつは底の部分になり、ひとつはクッションです。

丸の大きさと同じ外周になる部分の布を用意します。

外周になる部分の布を輪っかにしたら、底の部分の布と縫い合わせましょう。

できるだけふんわりとした出来上がりになるように、少しゆとりを持って縫い付けるのがポイントです。

次に、輪にした入り口から綿を入れて縫いましょう。

もちろんふんわりするようにあまり入れすぎないでくださいね。

そして、クッションを中に入れたら出来上がりです。

これなら、可愛くてまるでお店に売っているみたいな犬用ベッドです。

洗濯も簡単にできるのでオススメですよ!

犬のベッドを作るときは、こんなところを重視して!

犬のベッドを自分で作るポイント

やはり犬にとって、快適に過ごせる場所にする事が大切です。快適なベッドとは、犬にとって寝心地が良いものです。

犬は、柔らかくて、ふわふわな素材のものを喜びます。

なので、犬の好みに合わせた素材感になるように工夫しましょう。

また、季節に素材を合わせるのも大事です。

例えば、夏には通気性の良い素材にして、冬には保温性の温かい素材にしてあげましょう。

もちろん、洗濯がしやすいなど、清潔感を保てる素材もオススメです。

それから、大きさが犬にとってあまりに広すぎたり、狭すぎても落ち着かないですよね。
その犬にあった最適なサイズにしましょう。

そして、乗った時に犬が怖がったりしないように、安定感もあるように気をつけましょう。

犬用のベッドを作るとき、購入するときの注意点

犬用のベッドを自分で作るときや購入するときはどんなことに注意が必要でしょうか?

それは、犬の好みに合った大きさや素材を選ぶようにしましょう。

例えば、大きさが犬に合っていないと床ずれや冷えの原因にもなってしまいます。

なので、犬のサイズに合わせることは大事です。

それから、素材感も犬の好みの触る心地や固さなどにしてあげると、犬も気に入って快適に過ごすことができますよ。

また、もうひとつ注意したいのは、洗うやすいものにするということです。

犬は外に散歩に行って汚れたりしますし、家の中でもよだれを垂らすなどするので、ベッドもすぐに汚れてしまいます。

なので、簡単に洗えるものにすると、いつでも清潔でいいですよね。

例えば、カバーが外せるタイプにすれば、カバーだけすぐに洗濯することができるので便利ですよ。

もちろんお日様にあててこまめに消毒するのもいいでしょう。

ベッドは犬の臭いもすぐにつきます。なので、臭い対策にも洗えるものがオススメです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 - ペットや動物に関する疑問