世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

先住猫が子猫を噛むことが心配!猫を多頭飼いする時の注意点

2018.11.29

先住猫がいるご家庭で新たに子猫を迎えようと考えている飼い主さんもいますよね。

ですが、新しくやってくる子猫と先住猫が仲良く生活できるか心配になることもあるでしょう。特に噛む癖のある先住猫の場合は心配が募ることだと思います。

噛み癖のある先住猫と子猫を対面させるとき、飼い主さんはどんな事に気をつければ良いのでしょうか。猫が噛む理由はどうしてなのでしょう。

そこで今回は、先住猫がいる時に新たに子猫を迎える時の注意点と、猫が噛む理由についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

虫が怖い!虫に対して恐怖心を抱く心理とその克服法について

虫が怖い!羽が生えているから?足が細いから?足がたくさんはえているから?色?飛ぶから? 虫に対...

子猫へ先住猫からの威嚇がある時の対処法と多頭飼いの注意点

猫好きで今飼っている猫の他にも、新たに子猫を迎えたいという方もいるでしょう。 そこで気をつけたいの...

ハムスターのトイレと砂遊び場所は同じ?使い分けが必要な理由

ハムスターを飼う時にトイレの場所と砂遊びをさせる場所を、別々にしたほうが良いと聞きますが、使いわける...

動物園のライオンはどんな餌を食べているの?餌や生態を解説!

動物園で飼育されてるライオンは、毎日どんな餌を食べて生活しているのでしょうか。ライオンは肉食獣ですの...

金魚の病気のサイン?沈む、動かないときの対処法

金魚が病気になると、じっと動かなくなったり、水槽の下に沈むことがあるようです。 そこでここでは...

クマは冬眠中排便もせず飲まず食わずで過ごす?クマの冬眠の謎

クマは冬眠をする動物だということは知られていますが、冬眠中どのように過ごしているのか気になりませんか...

犬の点耳薬の上手なやり方とは?嫌がるときの対処方法

犬の点耳薬のやり方はご存知ですか?点耳薬を嫌がる犬は少なくないので手こずる方もいらっしゃるのではない...

子猫は生後1ヶ月半まではミルクが必要!飲ませ方や量について

生後1ヶ月ほどの子猫の場合、本来であればお母さんのおっぱいで育つ時期です。 何かの事情でこの時期に...

文鳥を旅行に連れていくことはできる?文鳥と旅行に行く方法

家族の一員として文鳥を飼っている人もいますよね。旅行の計画を立てた時、文鳥を旅行に連れていくかどうか...

オカヤドカリが貝殻に入らない時の方法!殻がないと生きられない

オカヤドカリは陸で生活するヤドカリで、最近はペットとして飼育する方も増えている人気の生き物ですね。 ...

一人暮らしでもペットを飼いたい!飼いやすいペットを紹介!

一人暮らしで寂しくてペットを飼いたい・・・。そして癒されたい!そんな人はいませんか?一人暮らしでも飼...

犬がタオルを食べるのはなぜ?その原因で考えれれる事

犬はタオルが好きですよね?我が家の犬もタオルを投げたり引っ張りあっこして遊ぶのが大好きです! ...

猫が着地で鳴く理由!着地できる高さと鳴き声でわかる猫の気持ち

猫が高いところから降りて着地をする時、短く鳴くことがあります。この様子を見て、どうして鳴き声を出すの...

野良猫に餌やりをする人の心理とは?猫じゃなく自分がかわいい

野良猫に餌やりをする人っていますよね? 猫がお腹をすかせているのがかわいそうとか言いますが、本当に...

川や田んぼでメダカを捕まえる!取り方や飼育方法について

暖かい時期になると川や田んぼにメダカを取りに出かけてみませんか?自然の中で野生のメダカを捕まえる、捕...

スポンサーリンク

噛み癖のある先住猫と子猫の対面・先住猫が噛むことが心配

先住猫が子猫を噛む場合の理由を考えましょう。

殆どの場合、子猫がいる事によって先住猫にとってストレスになってしまっているかと思います。

なので、慣れてくれるまでは、子猫をケージに入れて様子を見ましょう。

先住猫と子猫を慣れさせる

最初のうちは、場合によってはお互いにケージに入れてちょっとずつ視界に入るようにします。

見慣れてきても落ちついていたら、先住猫をケージから出して様子を見ましょう。

先住猫が攻撃的にならずに落ちついたままのようでしたら、子猫の方もケージから出して見て、見守りながら様子をみます。

先住猫を不安にさせない

子猫を可愛がってしまっていると先住猫は不安になってしまったりやきもちを妬いてしまいかねません。

子猫を敵として見ないようにするためにも、先住猫を優先してあげましょう。

先住猫が子猫を噛むのを防ぐには対面のときが大事

対面をする事になったら、先住猫は子猫に警戒したり威嚇する事があります。

必ず子猫をケージに入れて、見る事に慣れさせましょう。

様子を見ながら視界に入る時間を増やしていく事によって、威嚇する事もなくなってきます。

時間と共に大丈夫になってきますので、少なくても2週間以上は少しずつ試していきます。

慣れてきているようでも最初のうちは、家の人が見守れない時は、子猫はケージの中にいる方が安心です。

また、お互いのニオイにも慣れていくように、おたがいの毛布などニオイが付いているものを交換したりもしましょう。

子猫を可愛がっていると、先住猫は、飼い主がその子猫にとられてしまったように感じますので、ブラッシングや食事、可愛がる事も全て先住猫を優先させて安心させてあげましょう。

噛む先住猫と子猫を対面させるときは様子を見ながら

子猫をケージに入れたまま対面させるのですが、慣れてきてケージから出して始めて対面させるのは、飼い主が先住猫を抱っこして、子猫のところへ見せるようにして様子を見ましょう。

先住猫が不安になったりしないように優しく抱っこして、落ちついているかをよく観察します。

少しでも警戒していたり飛びかかろうとしている仕草を見せているようでしたら、子猫をケージに入れて少しずつ慣らしていくようにしましょう。

また、子猫の方から飛びつく場合もありますが、子猫はまだ小さく力もないので、先住猫を抱っこしたままでも飼い主さんが止めやすいかと思います。

もちろん噛んだりひっかいたりしないようにしてあげる事、慣れてきてから行う事は大切です。

先にお互いに見慣れたり、ニオイに慣れさせる事によって、安全な存在だという事を確信をもってから、抱っこしたまま会わせましょう。

先住猫が新入りの子猫を噛む理由

子猫が先住猫を噛んでしまう事もありますが、それは大抵、子猫がコミュニケーションを知らなかったり好奇心だったり、警戒心だったりします。

しかし、先住猫が新しく自分の住んでいる家に他の猫がやってくると噛む事が多いです。
それにはいくつか理由があります。

猫は、噛む事によって上下関係を教える事があります。

もちろん何度も同じような経験をして、新しい猫が来る事にすでに慣れてしまっている猫は、噛んだりする事もなくペースも乱さないこともあります。

なので、その猫の育っている環境にもよりますが、自分の方が先輩だという事を教えるために最初は多少は噛んでしまう事はあるでしょう。

もしも警戒して飛びついて噛んだり、血が出るほどでしたら必ず止めましょう。

また、噛む理由は、その相手を認めていないという事ですので、大怪我になってしまう前に期間がかかってもケージに入れるなり、何度でも抱っこして会わせるなど工夫していきましょう。

先住猫が子猫を噛むことで社会勉強をしている可能性も

先住猫が、先輩として猫同士の決まりを教えている場合があります。

小さいうちから親や、兄弟などとじゃれて遊んでいますが、それは、上下関係を学ぶためのものと、力加減を教えるためのものなど必要なものになります。

子猫は遊んでいる事に夢中になって、つい噛む時に力が入り過ぎてしまう事がありますが、そのような時に成猫は首を噛んで、力が入りすぎている事を教えます。

そのような繰り返しで力加減を学んでいきますので、警戒していたり嫌っていなければ大きなケガになるほど噛んでしまうような事は通常ありません。

警戒しなくなっていても、子猫が遊びたくてしつこくしすぎてしまう事もあります。
最初は噛む力加減もその子猫がどこまで家族との触れ合いで学んでいるかによりますが、やはり力が強くなってしまったりする事があるので、先住猫も噛んでしまう事はあるでしょう。

先住猫が迷惑そうにしていないか、嫌っていないかを観察し、そのような様子が見られたら1度離してあげるようにします。

 - ペットや動物に関する疑問