世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

野良猫が怪我をしている場合は保護する?自然治癒で見守るべきか

2018.6.28

野良猫が怪我をしている姿を見たときには、保護するかそのまま自然治癒で治るのを見守るか、複雑な選択肢を余儀なくされることもありますよね。

そんな時には、どうすればよいのかと気になってしまい悩んでしまいますよね。
怪我の仕方によっては、手の施しようがない場合もありますよね。

今回はそんなお悩みについてのアドバイスをまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

文鳥を旅行に連れていくことはできる?文鳥と旅行に行く方法

家族の一員として文鳥を飼っている人もいますよね。旅行の計画を立てた時、文鳥を旅行に連れていくかどうか...

猫に鳴かない種類はあるの?鳴きやまないときの原因や対策

猫の中でもあまり鳴かない猫の種類もあるそうです。マンションなどで飼うのであればそんな猫がオススメです...

動物には人間と同じような感情はある?ない?について

飼っているペットの気持ちがよくわかるというご主人はたくさんいると思いますが、動物には人間と同じような...

犬が階段を降りれないのはナゼ?意外と臆病な犬の性格

犬は階段を上るのに降りれない。という事が多いですよね。 どうして降りることが出来ないのでしょう...

猫の毛が固まる理由!高齢の猫は飼い主さんが優しくお世話を

猫が高齢になると毛が固まることがあります。飼い主さんの中には、どうして猫の毛が固まってしまうのかわか...

犬はネイルの匂いが苦手!犬が嫌がる匂いは何?犬の嗅覚について

犬はとても嗅覚が優れていて、匂いに敏感な生き物です。犬が苦手とする匂いはたくさんあり、ネイルの匂いも...

野良猫に餌やりをする人の心理とは?猫じゃなく自分がかわいい

野良猫に餌やりをする人っていますよね? 猫がお腹をすかせているのがかわいそうとか言いますが、本当に...

アゲハの幼虫が脱皮失敗してしまう原因とは?アゲハ飼育のコツ

アゲハの幼虫を捕まえ、チョウになるまで観察していても、脱皮失敗なのかなかなか孵化しないことがあります...

子猫は生後1ヶ月半まではミルクが必要!飲ませ方や量について

生後1ヶ月ほどの子猫の場合、本来であればお母さんのおっぱいで育つ時期です。 何かの事情でこの時期に...

ハムスターの種類の中でも人気なのは?飼いやすいのは○○!

日々の疲れを癒してくれる存在ペット。犬や猫よりも飼いやすく手入れも楽なことから人気となっているペット...

フェレットのご飯は何で代用できる?フェレットの食事の代用品

フェレット用のご飯がない時や手に入りにくい時、代用できるものがないか知りたいと思うこともありますよね...

馬の鳴き声には意味があった!こんな気持ちなんですよ!

馬の鳴き声といえば、「ヒヒーン!」と答える人が多いのではないでしょうか。 じつは「ブルブル・・...

メダカを飼育するなら100均でグッズを揃えてみよう!

古くから日本人に親しまれてきたメダカ。 このメダカを飼育したいのなら・・・便利なグッズがある100...

子猫へ先住猫からの威嚇がある時の対処法と多頭飼いの注意点

猫好きで今飼っている猫の他にも、新たに子猫を迎えたいという方もいるでしょう。 そこで気をつけたいの...

虫が怖い!虫に対して恐怖心を抱く心理とその克服法について

虫が怖い!羽が生えているから?足が細いから?足がたくさんはえているから?色?飛ぶから? 虫に対...

スポンサーリンク

野良猫が酷い怪我がをしている場合の対処方。自然治癒でも大丈夫?

近所にいる野良猫がどうやら酷い怪我をしている様子。
そんな時には、そのまま放置していても良いのかと悩んでしまうこともありますよね。

しかし野良猫を病院に連れて行くのは良いとしても、その後誰が面倒見るの?と言われても面倒をみれらる環境でない場合は、安易にそのような行動もできないと思うこともありますよね。

また餌をあげるにしても、近所の人に餌付けしていると思われることもあるので、なかなか行動に移せないという場合もあります。

しかし猫の自然治癒力はどのくらいなのかもわかりませんよね。

これがもに飼い猫なら病院に行き、すぐに治療をしてもらうのでしょうが、野良猫の場合は病院に連れて行けば、もちろんお金もかかることも予想されますし、自然治癒を見守るしか方法はないのかと、悩んでいます。

野良猫が怪我をしていても保護できないのなら自然治癒で治るのを見守るしかできないことも。

先ほどの記事でも野良猫が怪我をしていても、保護できないのなら自然治癒で治るのを見守るしかないとお伝えしましたが、なんだか見てみぬふりに罪悪感を感じることもありますよね。

結論から言うと、何もしてあげることができないのであれば何もしないでいた方が良いのです。みんなそれぞれの事情があるのですから、猫の保護は出来る人と出来ない人がいるのです。出来ない人にはそれなりに事情があるので仕方ありませんし、それをとやかく言われる必要もないとありません。

なので保護できる人が保護できない人に、自分の感情を押し付けてはいけないのです。
保護できない人が全て悪いわけでも、悪い人でもないのです。

世の中にはたくさんの猫が怪我したり病気になって亡くなってしまうことはたくさんあります。しかしその猫を全て救ってあげられればどれだけ幸せなことかと、多くの人が思っていることは確かなのです。

なので救ってあげたいと思うときには、愛護団体か獣医師、保護猫の活動をされている方にまずは相談をしましょう。

見守ることしかできないのは、当たり前かもしれません。しかし猫を助ける方法や手段は探そうと思えば、たくさんあるのです。

自然治癒では難しい野良猫の怪我で動物病院での気になる診察代は?

野良猫が動けないくらいの重症な傷を負っている場合、なんとか助けてあげたいと病院へ連れていきたいと思う人もたくさんいるかと思います。

しかし動物の診察代や治療費にかかる金額は、ものすごく高いと耳にします。
動物病院では『怪我した野生動物は無料で治療します』なんて書いてないので、連れて行くにも躊躇してしまいますよね。

しかし病院によっては、そういった野良猫を無料で治療している良心的な病院もあるようです。

ではなぜ、『怪我した野生動物は無料で治療します』と張り紙などをしていないかという理由については、悪用されることが考えられるからだということなのです。

治療後にかわいそうだから、うちで飼う事にしすまとすれば、めでたく一通りの治療費が無料となるという流れです。

自分の家で飼っている猫なのに、野良猫と嘘をついて診察に来る方も中にはいるようなのです。そういったことを防ぐためにも、そういった張り紙をしていないそうなのです。

特に猫は判断に難しいとされている動物でもあるのです。

猫が怪我をし傷口が化膿そした時にはこう対処しよう。

人間だと怪我をした時には、まず傷口を洗ったりしませんか?もし洗わずに放置したままにしておくと細菌が入り化膿してしまうことがあります。

傷口を洗わずに消毒すれば良いのでは?と思いますしそれこそが正解であるように感じますが、実は消毒したからといって、化膿を確実に抑えることはできないとされているのです。

ではどうすればよいのでしょうか?

化膿を完全に抑えることはできないのですが、傷口を洗うことによって、怪我による傷口の化膿する範囲や度合いを、少なからず抑えることはできるとされているのです。

なので猫が怪我をした時には、人間と同じように傷口をきちんと洗えばよいのです。
もちろん特別なことはなく、とにかく傷口をゆっくり丁寧に洗ってあげればよいのです。

猫が怪我した場合には人間の薬は使用しても問題はない?

猫が人間と同じような擦り傷などの怪我をした時に、傷口ををゆっくり丁寧に洗ったあと、薬は使用するべきかどうか?と迷うことありませんか?

猫に人間の消毒液や塗り薬は使える?

使えるのではないかと思うかと思いますが、猫には不適切と考えましょう。

猫の皮膚の上皮質は人間とに比べると薄いため、猫のかぎ爪でできた幅が小さな傷でも皮膚の深い所まで刺ってしまう傾向があります。その成分が傷口まで届かない場合があるので猫の自然治癒力に頼り治すしか方法はありません。

もし怪我の状態が酷いようであれば、病院で診てもらったほうが良いと思いますが、擦り傷程度であればエリザベスカラーをするなどをして、傷口を舐めないように対策をしてあげるようにしましょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - ペットや動物に関する疑問