世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

うさぎのロフトの高さはどのくらいがいい?ロフトの付け方

2019.2.24

うさぎのケージにロフトを取り付けるときには高さを低く設定しましょう!ロフトの高さ設を間違えてしまうとうさぎのケガにつながってしまうこともあります。

もし危険だと思ったら取り付けないほうがいいでしょう。

ロフトを取り付けるときには、高さやステップクッションを置くなどしてケガをしないようにじゅうぶん気をつけてあげてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

親猫から子猫を引き離すベストなタイミング

子猫がお家でたくさん生まれたら、里親に出そうと考えている人も多くいますよね。 親猫から子猫を引...

最近変わってきている?ペットの種類の割合を徹底調査

ペットの種類の割合って気になりませんか?やっぱり一番多いのは犬?不動の第一位なのでしょうか? ...

猫を二匹飼いするときの性別や相性など気をつけるポイントとは

猫を二匹飼いするなら性別についてまず考えなければなりません。 先住猫の性別によっても、新しく迎え入...

ハムスターの遊び道具は手作りできる!?おすすめグッズとは

ハムスターは、回し車の中を走り続けるなどケージの中で遊んでいる姿がとても可愛いですよね。 そん...

ハムスターの種類の中でも人気なのは?飼いやすいのは○○!

日々の疲れを癒してくれる存在ペット。犬や猫よりも飼いやすく手入れも楽なことから人気となっているペット...

動物には人間と同じような感情はある?ない?について

飼っているペットの気持ちがよくわかるというご主人はたくさんいると思いますが、動物には人間と同じような...

クマは冬眠中排便もせず飲まず食わずで過ごす?クマの冬眠の謎

クマは冬眠をする動物だということは知られていますが、冬眠中どのように過ごしているのか気になりませんか...

ハムスターは種類がいっぱい!大きいのは?性格や飼育方法

ハムスターにはいろんな種類があって、大きさや特徴もそれぞれ違うのをご存知でしょうか? では、ハ...

ハムスターのトイレと砂遊び場所は同じ?使い分けが必要な理由

ハムスターを飼う時にトイレの場所と砂遊びをさせる場所を、別々にしたほうが良いと聞きますが、使いわける...

子猫へ先住猫からの威嚇がある時の対処法と多頭飼いの注意点

猫好きで今飼っている猫の他にも、新たに子猫を迎えたいという方もいるでしょう。 そこで気をつけたいの...

文鳥の鳴き声が変!文鳥は鳴き声でコミュニケーションを取ります

文鳥を飼い始めたばかりの飼い主さんは、文鳥の鳴き声を聞いて「なんだか様子が変かもしれない」と思うこと...

動物の種類は世界中で何種類?童心に返って考えてみよう!

世界中にはいろいろな種類の動物がいますが、その中にはまだ見たことがない動物も多いではないでしょうか?...

犬はネイルの匂いが苦手!犬が嫌がる匂いは何?犬の嗅覚について

犬はとても嗅覚が優れていて、匂いに敏感な生き物です。犬が苦手とする匂いはたくさんあり、ネイルの匂いも...

アゲハの幼虫が脱皮失敗してしまう原因とは?アゲハ飼育のコツ

アゲハの幼虫を捕まえ、チョウになるまで観察していても、脱皮失敗なのかなかなか孵化しないことがあります...

金魚の酸素不足をストローで回避できるかを調査!水と酸素は大切

夏になると、お祭りなどで金魚すくいをする人もいますよね。 上手にGETできても、家に飼育環境が整っ...

スポンサーリンク

うさぎのロフトを取り付けるなら高さに注意

うさぎの休憩場所や遊ぶための場所として、高さのあるロフトをゲージに設置することがあります。
その他の理由としても、動物は本能的に危険を感じた時に身を隠しますが、そのような場所としてもうさぎはロフトがあればロフトを好みます。

人間でも広い空間より狭い部屋、明るい部屋より薄暗い部屋を好む方がいますが、それも人間に本能によるもので、動物もそれぞれの動物の特徴や暮らしに合わせて本能があります。

そのため、うさぎができるだけストレスがないようにしてあげたいとゲージにロフトを設置する方がいます。

しかし、安易にロフトを作ってしまうとうさぎが高さあるロフト転落して怪我や下半身不随などになりかねません。
そしてそれらによる精神的トラウマなど、反ってうさぎに余計な負担を与えてしまうことになっては、悲しいですよね。
うさぎのための思いが全くそうではなくなってしまいます。

なのでロフトを作る時に十分注意しなければならないのがロフトの高さです。

高さは高すぎず、そして万が一転落した場合に転落があり得る場所の下にものを設置しないように注意しましょう。

万が一の時の備えを考えならがロフトを設置してください。

うさぎに負担の少ないロフトの高さにする方法

うさぎは、高い場所、穴の中や部屋の暗い場所、跳ねることが大好きなうさぎはロフトがゲージ内にあるなら大いに活用しながら生活します。
あまり大きなゲージではない場合でもロフトをつけることでうさぎの行動範囲が広がりストレスも少なくなります。

しかし、うさぎのために設置したゲージがゲージからの転落などによる怪我で全くうさぎのためではなくなってしまった…ということにならないためにも、ロストを設置する時は高さに注意しましょう。

ロフトに落下防止対策を行うこと

うさぎのゲージの高さは家庭によって様々でしょうが、うさぎが万が一転落しても怪我につながらないような高さに設置してあげてください。
また転落した場合に、落下し得る範囲には餌箱などの設置は避けてください。転落した下にものがあると怪我をしてしまう可能性が高くなるからです。

また、うさぎがロフトに登るためのステップがある場合も落ちないような十分なステップの幅を確保してあげてくださいね。

うさぎのロフトの高さは低くしましょう

うさぎのゲージのロフトの高さは転落、怪我防止のため高さに注意して低い位置に設置しましょう。
そして、床にわらなど柔らかい素材のものを敷いておくのもうさぎが万が一転落した場合のケガ防止になります。

ロフトを設置することは転落による怪我や骨折が考えられの他に、ロフトの素材にも注意しなければなりません。
網目があるロフトの素材だと、うさぎの爪がそこに引っかかりやすく怪我をしてしまいます。

ロフトを設置する時の注意点

ロフトの高さ、素材、万が一転落した際の危険防止対策、を考慮して安全な空間にしてあげてください。

またこれくらい大丈夫と思っても、転落した時の体勢やうさぎの動きなどによってはいつどこで怪我をするかわかりませんが、なるべくそのようなことがない対策を考えてあげてくださいね。

ロフトはうさぎに合わせて取り付けましょう

うさぎの本能を考えると、うさぎは狭い場所、暗い場所、そして危険を感じた時に身を隠す場所としてロフトがあったらロフトを活用するでしょうし、巣箱があったら巣箱を活用します。
そして巣穴があったら巣穴に潜るでしょう。

野生のうさぎと飼育下のうさぎは異なることも理解する

うさぎにとってはロフトがあるにこしたことはないけれど、ないのならなくても良いというのが結論かもしれません。

うさぎを飼っている方で全ての方がゲージにロフトを設置しているわけではありません。ゲージ内の高さや広さ、怪我、そしてうさぎの性格によってはロフトをつけていない方もいます。

ロフトを設置するかしないかは、その飼育下の環境とうさぎの性格に合わせて決めると良いかもしれませんね。

うさぎがもっと動くスペースが必要そうで、なおかつゲージの高さに余裕があれば作っても構わないでしょうし、うさぎが現状で問題なさそうであれば無理につける必要もないですよ。

うさぎケージにロフトをつけるかどうか迷ったときは

うさぎのゲージにロフトをつけるかどうか迷った時は他の可能性も一度考えて見ましょう。

うさぎを家で放し飼いの時間を作る

うさぎの運動不足を懸念してロフトをつけるか迷った時は、家主が家にいる間の数時間でも良いので家に放し飼いにしてみてあげてください。
心配であればリビングの半分だけ囲ったりすると良いですよ。
ゲージ内にいる時には見られない、うさぎの本能的な動きが見れると同時にうさぎも運動をしてストレスの発散や肥満解消にもなり効果があります。

放し飼いする時の注意点

うさぎはなんでも噛んでしまいます。
携帯の充電器や、革製品、家具の端など噛めるとこは何でも噛みます。
物の破損や誤飲に繋がりますので放し飼いする前に部屋を片付けてからにしましょう。
心配であれば、子供用のサークルなど使うと安心ですね。

 - ペットや動物に関する疑問