世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

金魚の病気のサイン?沈む、動かないときの対処法

2018.5.17

金魚が病気になると、じっと動かなくなったり、水槽の下に沈むことがあるようです。

そこでここでは、金魚が水槽の下に沈んだときの原因や対処法をご紹介します。

また、金魚の病気「白点病」の対策方法や金魚を長生きさせるために必要な対策についてまとめているので、金魚を飼っている人はぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

動物には人間と同じような感情はある?ない?について

飼っているペットの気持ちがよくわかるというご主人はたくさんいると思いますが、動物には人間と同じような...

ハムスターの種類の中でも人気なのは?飼いやすいのは○○!

日々の疲れを癒してくれる存在ペット。犬や猫よりも飼いやすく手入れも楽なことから人気となっているペット...

魚のオジサン!その名前の由来や美味しい食べ方も紹介!

魚に「オジサン」という名前があるのを知っていますか? その名前の由来が気になりませんか? オ...

親猫から子猫を引き離すベストなタイミング

子猫がお家でたくさん生まれたら、里親に出そうと考えている人も多くいますよね。 親猫から子猫を引...

猫の毛が固まる理由!高齢の猫は飼い主さんが優しくお世話を

猫が高齢になると毛が固まることがあります。飼い主さんの中には、どうして猫の毛が固まってしまうのかわか...

クマは冬眠中排便もせず飲まず食わずで過ごす?クマの冬眠の謎

クマは冬眠をする動物だということは知られていますが、冬眠中どのように過ごしているのか気になりませんか...

野良猫から地域猫へ!トイレやハウスの作り方を教えます

野良猫って近所にいますか?今は野良猫を増やさないようにする地域猫活動がされているんですよ。 そ...

最近変わってきている?ペットの種類の割合を徹底調査

ペットの種類の割合って気になりませんか?やっぱり一番多いのは犬?不動の第一位なのでしょうか? ...

鳥の群れはなぜ?群れながら飛ぶ鳥の謎に迫る!

鳥が群れをなして規則的に飛ぶ光景をよく目にします。 鳥はなぜ群れながら飛ぶのか、あなたも疑問に感じ...

犬は飼い主さんを信頼している?信頼度を知るためのチェック方法

飼い主は犬に信頼され求められることはとても嬉しい事ですよね?犬は家族の一員ですし大切な存在です。そん...

犬のベッドは簡単手作りが一番安い?作り方とポイントについて

犬のベッドの買い替え時期!犬が気に入って見た目も良く、そして安いベッドを探すのはなかなか大変ですよね...

猫に鳴かない種類はあるの?鳴きやまないときの原因や対策

猫の中でもあまり鳴かない猫の種類もあるそうです。マンションなどで飼うのであればそんな猫がオススメです...

猫が動物病院で暴れることが大変!?病院嫌いを克服させるには

猫を動物病院に連れて行くと、物凄く暴れるので連れて行けずに困っているという人もいますよね。 で...

カメムシが大量発生して困る!臭いカメムシの予防対策について

毎年のように大量発生するカメムシ。身の危険を感じると臭い臭いを発する事は有名ですよね?私もそれは知っ...

虫が怖い!虫に対して恐怖心を抱く心理とその克服法について

虫が怖い!羽が生えているから?足が細いから?足がたくさんはえているから?色?飛ぶから? 虫に対...

スポンサーリンク

金魚が病気になった?水槽の下に沈む・・・

水槽を見て金魚が沈んでいたら、どう対処していいか頭にいれておきましょう。

金魚が沈むのは水温が原因?

金魚も冬眠します。
秋までに栄養を蓄え冬、水温が10度を下回ると動かなくなります。

金魚が沈むのは転覆病

餌の食べすぎによる転覆、音や揺れに対するストレスからくる転覆、空気を食べすぎる転覆、なんらかのウィルスによる転覆など、様々な原因が考えられます。
金魚が水槽の下に沈んで動かない、または水面近くでお腹を上にして浮いているなどが特徴です。

水流の強さ

エアーポンプの水槽内水流が強すぎると下の流れの弱いところでじっとしている。

まずはじめに水温を確かめてみましょう。
夏の水温が28度くらいのときでも動かないときは他に原因があるとおもわれます。
冬の水温が下がっているときだと、冬眠でしょう。

水槽に水温計を入れておくと水温を常にチャックできて便利です。

金魚が病気?動かない、沈む原因とは

金魚が沈むのは眠っているだけ

人間と違い脳が活発に動いたまま眠る「レム睡眠」です。
水草の間や、水流のないところで睡眠します。

餌をあげて動くようなら問題ありません。

水温が下がり金魚が冬眠している

前述したとおり金魚も冬眠します。
金魚は変温動物なので気温10度以下では動きが弱くなってきます。
これは冬の冬眠にそなえ、栄養や体力を温存している表われです。
さらに水温が下回ると、水槽の底でじっと動きません。
このとき、無理に水槽を動かすのはやめましょう。

常に温度を気にして水温をあげているとこのような状態にはなりません。

金魚が沈むのは水質が原因のこともある

透明できれいだからといって水質が良いとは限りません。
金魚の糞や餌からアンモニアなど発生していることもあります。
他に気になる金魚が動かない理由が見つからなければ、水質を確認してみましょう。

金魚の病気のサイン?沈むときの対処法とは

転覆病の治療方法

初期の段階で対処してあげるのがより回復につながります。

  1. 60cmほどの水槽または容器。塩、ヒーターを準備
    (水槽が小さいとすぐに汚れてしまう。)
  2. 水圧から解放し、水温を上げてみましょう。
  3. 水の量は10cm以下にし水の温度24~25度、塩濃度は0.3~0.5にしておく。
    (水の量が少ないのは金魚の浮き袋が機能しているかの確認)
  4. 金魚をいれて毎日水の交換、餌は与えない。
    (溜まっている便を出し切る。)

金魚が水面近くまで上げってこれるようになれば水を1㎝増やしましょう。
塩濃度、温度、絶食は引き続き続けたまま3~5日様子みて動くようになってきたらまた水を1㎝足します。

このとき、いきなり水を増やすのはさけてください。

金魚を長生きさせるために、日ごろからチェックしよう

人間のように話すことも、異変を訴えることも難しいですが、飼い主さんが日々様子をみてより早くその異変に気が付いてあげることが重要です。

これは簡単なようでなかなかできていない方もいると思います。

子供がおまつりの金魚すくいをして飼わなければいけなくなってしまったという場合のような、金魚の病気や知識がないまま飼うこともあるでしょう。

金魚は飼うのが簡単とされていますが、適切な飼育をしなければすぐに死んでしまいます。

本来長生きする金魚の命を無駄にしたくありませんよね。
体は小さくてもせっかく飼った命なのです。

金魚の飼い主になるのであれば、責任を持った飼育をしていきましょう。

またおまつりの金魚はすでに弱っている可能性がありますので、最初に金魚の様子をみて回復させてから水槽にいれてあげると生き延びられるとおもいます。

お子さんと一緒に金魚を育てて、生命に関する事を学んでもらうのも良い機会ですね。

 - ペットや動物に関する疑問