世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

散髪の頻度。女性は髪型や長さによって大きな違いがある

2018.12.4

あなたが前回美容室に行ったのはいつですか。
女性が散髪をする頻度はどのくらいだと思いますか。

最長どのくらい散髪しないのでしょう。

散髪の頻度には髪の毛の長さや、パーマや髪染めなども関係ありました。
ヘアスタイル別に、平均的な期間をみていきましょう。

また女性が散髪しに行こうと思うのはどんな時かも紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

運転手を雇うにはいくら必要?ドライバー派遣のメリットも!

専属の運転手って聞くと、お金持ちの人って感じがしますが、運転手を雇うのはいくらぐらいかかるのでしょう...

鼻の角栓は綿棒1本あればきれいに掃除できる?その方法とは

鼻に白く浮かび上がる角栓を鏡で見るたびに、綺麗さっぱりに掃除したくなりますよね。 ピーリングや...

壁にピンが刺さらない?ピン以外に使える方法を調べてみた

ポスターやちょっとした小物をかけるフック。部屋に取り付けたいけど壁にピンが刺さらない場合はどんな方法...

写真のポーズでかわいい女子になろう!おすすめを教えます

写真を撮る時のポーズはどうしてもワンパターンになりがち。しかし、女子であれば少しでもかわいいポーズを...

絶食したら何日で何キロまで痩せる?安易な絶食はリスク大!

急いで痩せたい!ここは何も食べないのが最強だ!と、あまり安易に絶食などしないようにしてくださいね。 ...

お風呂の換気扇使用中はドア開けることはNG!その理由とは

お風呂はカビが生えやすい場所。そのため換気扇を使っていてもドア開ける方が効果があると考えている人の方...

洗濯物の部屋干しはエアコンを上手に使おう!洗濯物を乾かすコツ

洗濯をしたけど外に干すことができないときは部屋干しをしますよね。 でも、部屋の中に洗濯物を干すと、...

通勤時間が2時間以上かかる。車通勤している場合について

サラリーマンの通勤時間の平均はどのくらいか知っていますか?通勤時間が2時間以上ももかかる場所に通って...

マニキュアでアクセサリーに彩りを。人気のレジンで挑戦しよう

きらきらのホロやお気に入りのカラーのマニキュアを使って、アクセサリーを彩ることができるのをご存知です...

バジルの栽培や収穫のこと。バジルの増やし方や摘心が必要なワケ

お料理好きな方は、バジルを家庭で栽培している方も多いでしょう。 使いたいときにすぐそこにバジルがあ...

江戸時代の出産や初婚年齢、お産事情について調べてみた!

江戸時代の女性は「子だくさん」なイメージがありますよね。 江戸時代女性の平均出産年齢を見てみる...

美術作品のレポートをどうまとめれば良いのか

学校の課題で美術の作品に関するレポートを提出するのは、美術学校あるあるですよね。 しかし、ある程度...

絵を描くのが遅いのは原因がある!描くスピードを上げるコツ

趣味で絵を描くけど、スピードが遅いのが悩み…という方いませんか? ササッと上手に描きたいのに、上手...

すき焼き用の鉄鍋を久しぶりに出してみたらサビが!そんな時には

すき焼きをしようと張り切って、すき焼き用の鉄鍋を台所の棚の奥から出してみると…。 なんと!赤サ...

団地のお風呂で実践できる収納術!狭いスペースでも上手に収納

団地のお風呂に収納スペースがなくて困っている主婦の皆さんもいますよね。お風呂場はあまりスペースが無い...

スポンサーリンク

散髪の頻度はどのくらい?女性の場合は男性よりも長い傾向

女性の散髪に行く頻度はいったいどのくらいなのでしょうか。
髪の短めな女性は3ヶ月に1回程、髪の長い方は半年に一回しか行かない、年に数回程度しか散髪に行かないと言う女性も多いのではないでしょうか。

男性のほうが女性よりも頻繁に散髪しに行かないといけないと思います。
考えられる理由としては、男性はショートヘアの人が多く、ショートヘアの場合は頻繁に散髪に行かないとスタイルを維持するのが難しいということが理由としてあげられます。
女性の場合はロングヘアやセミロングの場合は毛先を整えるだけである程度スタイルは維持できるので散髪に行く頻度は減る傾向にあるようです。

散髪の頻度は女性のヘアスタイルによって違いがある

散髪に行く頻度は女性でも違いがあります。
その違いは、髪の毛の長さ、カラーやパーマなどの施術しているメニューなど、その人のヘアスタイルによって変わってきます。

ヘアスタイルを維持するためには定期的に美容院などに通わなくてはならない場合もあるのでそういった点で回数には違いが出てくるのです。

髪の毛の長さは短いほうが美容室に行く頻度が増えて、長いヘアスタイルの場合だと遅いペースになります。

カラーリングをしている場合は、髪の根元がプリンになってきてしまったり毛先の色が退色してきてしまったりすると美容院に行かなくてはならなくなるでしょう。

また、年齢を重ねてくると白髪染めをしなくてはならなくもなります。

散髪の頻度は人それぞれの理由が。あなたのペースでOK

散髪に行く頻度はその人のヘアスタイルや行っている施術によって様々です。

きれいな髪の毛を維持したいという人は1ヶ月~2ヶ月の間にカットやヘアトリートメントに行くという人もいます。

カラーリングをしている人はプリンにならないように2ヶ月に一回はカラーをし直したりリタッチをして維持している人もいます。

一方で髪の毛を伸ばしていて、節約も兼ねて回数を減らしている人もいます。

美容院に行くのが苦手と思う人もなかにはいますので、そういう人も回数は多くないようです。

専業主婦になると子育てや金銭的な面を考えてなかなか美容院に行くことができないという人もいますし、自分のペースで行くようにしてみてください。
美容院の技術がしっかりしていればそこまでスタイルは大きく変化しないでしょう。

男性の場合は女性よりも髪の毛のスタイルを維持することが難しいので女性よりも散髪に行く回数が増えます。
とくに刈り上げのスタイルの場合は維持するのは難しいので平均よりも散髪に行く回数が増えるのです。

女性の散髪の頻度をヘアスタイルごとで検証。前髪の場合は

女性の散髪の頻度はヘアスタイルごとに異なってくるとお伝えしました。
基本的には1ヶ月半~2ヶ月に一回行くと理想の髪型を維持することができるでしょう。
なぜなら、髪の毛は一ヶ月に1cmほど伸びると一般的に言われており、1.5cmほど伸びるとスタイルによっては理想のスタイルを維持できなくなります。

特にショートヘアやボブヘアの場合はバランスの良いシルエットが崩れやすいので散髪に行く頻度は多くしたほうがよいでしょう。

大体1ヶ月~1ヶ月半に一回行くのが理想的です。
最大でも2ヶ月までが限界で、3ヶ月になると元のシルエットとは全く違うヘアスタイルになってしまうでしょう。

セミロングやロングヘア―の場合はそこまで頻繁に散髪に行かなくてもスタイルは維持できます。

その代わり、髪の毛が伸びてくると毛先が傷みやすくなるため枝毛を切ってもらったりヘアトリートメントをしてもらうほうがよいでしょう。

前髪は3週間~1ヶ月に一度カットするのが理想的です。

女性が美容室に行こうと思うのはどんな時かとその費用

女性が美容院に行こうと思うのはどういう時なのかを見ていきましょう。

美容院に行く場合は、やはりヘアスタイルが崩れる前に行きたいという人が多いようです。

そしてカラーリングをしている人は根元がプリンになってしまう前に美容院に行きたいと感じるようです。

もし、したい髪型がない場合はとりあえず伸ばすという意見も多いようですね。

美容院に行くのは時間も費用もかかりますので美容院に行くのを我慢している人が多く、もっと行きたいと感じているようです。

美容院に出す費用は、4千円~5千円かけるという人が多いのではないでしょうか。
カットだけでなくカラーをする人も多いので合わせてそのくらいはかかってしまうのでしょう。

 - 生活を便利にするアイデア