世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

散髪の頻度。女性は髪型や長さによって大きな違いがある

2018.12.4

あなたが前回美容室に行ったのはいつですか。
女性が散髪をする頻度はどのくらいだと思いますか。

最長どのくらい散髪しないのでしょう。

散髪の頻度には髪の毛の長さや、パーマや髪染めなども関係ありました。
ヘアスタイル別に、平均的な期間をみていきましょう。

また女性が散髪しに行こうと思うのはどんな時かも紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ペットボトルの乾燥を早くしたい!乾燥までの時間を短縮する方法

ペットボトルをすぐに使いたい時、なるべく早く乾燥させたいと思いますよね。子供の学校に持たせなくてはな...

「パパ人見知り」が始まった赤ちゃんの原因と対応策はコチラ!

『パパ人見知り』は赤ちゃんにとって成長の証です。 ですが、パパ本人にとっては、ショック以外のな...

絵を描くのが遅いのは原因がある!描くスピードを上げるコツ

趣味で絵を描くけど、スピードが遅いのが悩み…という方いませんか? ササッと上手に描きたいのに、上手...

【竹を使った工作】小学生の自由研究におすすめのアイデア

小学生の自由研究に、竹を使った工作はいかがですか? 昔は竹を使ったおもちゃもいろいろとありましたが...

夜の音楽は癒しの効果抜群!おすすめのクラシックをご紹介します

夜に音楽を聴くと癒しの効果が得られると聞いたことはあっても、どんな音楽を聴けばいいのか悩んでいる人も...

服のリメイクアイデア!着なくなった服を簡単にアレンジする方法

買って数回着たままタンスの肥やしになっている服や、サイズアウトしてしまった子供服。どこのご家庭にもあ...

【簡単】お菓子作り初心者におすすめのクッキーレシピ

お菓子作り初心者におすすめなのがクッキーです。 サクサクとした食感が美味しく、ちょっとしたプレゼン...

風が強い理由は?【状況別】風が強く吹くメカニズムを解説します

季節によって風が強いと感じたり、天候で風が強く吹くこともありますよね。また、ビル付近ではビル風という...

アイデアを特許出願するには?主婦が特許を取るメリット

普通の主婦が考えたアイデアを商品化するためには、特許を出願してそれを登録しなければなりません。 ...

水草に光合成は必要?綺麗な気泡をたくさんつける方法

水槽内の水草が光合成をすると水中でたくさんの丸い泡をつけてキラキラしていて綺麗ですよね! その...

一重はマッサージで二重になる?むくみを取るマッサージ方法

一重から二重へ、目がパッチリすることで顔の印象も変わることは多いですよね。今、マッサージで二重になる...

結婚しても子供は欲しくないと考える夫婦が増えている理由

結婚しても子供は欲しくないと考える夫婦もいます。 しかし、周りからみると「どうして!?」とか「...

名前の由来は赤ちゃんにとって大切なもの。親から子への思いとは

子供が産まれる時に決めなくてはいけないのか名前ですよね。 音の響きが良いからとか、こだわりの漢字を...

タンパク質とアミノ酸とペプチドの違いや特徴を理解しよう

サプリメントの成分によく書かれているタンパク質、アミノ酸、ペプチド。どれも体に良いと言われていますが...

生ゴミの肥料をプランターで作る作り方!手作りでロハスな生活

プランターを活用すれば自分で生ゴミから肥料を作ることができます。電気を使わずに微生物の力だけで肥料を...

スポンサーリンク

散髪の頻度はどのくらい?女性の場合は男性よりも長い傾向

女性の散髪に行く頻度はいったいどのくらいなのでしょうか。
髪の短めな女性は3ヶ月に1回程、髪の長い方は半年に一回しか行かない、年に数回程度しか散髪に行かないと言う女性も多いのではないでしょうか。

男性のほうが女性よりも頻繁に散髪しに行かないといけないと思います。
考えられる理由としては、男性はショートヘアの人が多く、ショートヘアの場合は頻繁に散髪に行かないとスタイルを維持するのが難しいということが理由としてあげられます。
女性の場合はロングヘアやセミロングの場合は毛先を整えるだけである程度スタイルは維持できるので散髪に行く頻度は減る傾向にあるようです。

散髪の頻度は女性のヘアスタイルによって違いがある

散髪に行く頻度は女性でも違いがあります。
その違いは、髪の毛の長さ、カラーやパーマなどの施術しているメニューなど、その人のヘアスタイルによって変わってきます。

ヘアスタイルを維持するためには定期的に美容院などに通わなくてはならない場合もあるのでそういった点で回数には違いが出てくるのです。

髪の毛の長さは短いほうが美容室に行く頻度が増えて、長いヘアスタイルの場合だと遅いペースになります。

カラーリングをしている場合は、髪の根元がプリンになってきてしまったり毛先の色が退色してきてしまったりすると美容院に行かなくてはならなくなるでしょう。

また、年齢を重ねてくると白髪染めをしなくてはならなくもなります。

散髪の頻度は人それぞれの理由が。あなたのペースでOK

散髪に行く頻度はその人のヘアスタイルや行っている施術によって様々です。

きれいな髪の毛を維持したいという人は1ヶ月~2ヶ月の間にカットやヘアトリートメントに行くという人もいます。

カラーリングをしている人はプリンにならないように2ヶ月に一回はカラーをし直したりリタッチをして維持している人もいます。

一方で髪の毛を伸ばしていて、節約も兼ねて回数を減らしている人もいます。

美容院に行くのが苦手と思う人もなかにはいますので、そういう人も回数は多くないようです。

専業主婦になると子育てや金銭的な面を考えてなかなか美容院に行くことができないという人もいますし、自分のペースで行くようにしてみてください。
美容院の技術がしっかりしていればそこまでスタイルは大きく変化しないでしょう。

男性の場合は女性よりも髪の毛のスタイルを維持することが難しいので女性よりも散髪に行く回数が増えます。
とくに刈り上げのスタイルの場合は維持するのは難しいので平均よりも散髪に行く回数が増えるのです。

女性の散髪の頻度をヘアスタイルごとで検証。前髪の場合は

女性の散髪の頻度はヘアスタイルごとに異なってくるとお伝えしました。
基本的には1ヶ月半~2ヶ月に一回行くと理想の髪型を維持することができるでしょう。
なぜなら、髪の毛は一ヶ月に1cmほど伸びると一般的に言われており、1.5cmほど伸びるとスタイルによっては理想のスタイルを維持できなくなります。

特にショートヘアやボブヘアの場合はバランスの良いシルエットが崩れやすいので散髪に行く頻度は多くしたほうがよいでしょう。

大体1ヶ月~1ヶ月半に一回行くのが理想的です。
最大でも2ヶ月までが限界で、3ヶ月になると元のシルエットとは全く違うヘアスタイルになってしまうでしょう。

セミロングやロングヘア―の場合はそこまで頻繁に散髪に行かなくてもスタイルは維持できます。

その代わり、髪の毛が伸びてくると毛先が傷みやすくなるため枝毛を切ってもらったりヘアトリートメントをしてもらうほうがよいでしょう。

前髪は3週間~1ヶ月に一度カットするのが理想的です。

女性が美容室に行こうと思うのはどんな時かとその費用

女性が美容院に行こうと思うのはどういう時なのかを見ていきましょう。

美容院に行く場合は、やはりヘアスタイルが崩れる前に行きたいという人が多いようです。

そしてカラーリングをしている人は根元がプリンになってしまう前に美容院に行きたいと感じるようです。

もし、したい髪型がない場合はとりあえず伸ばすという意見も多いようですね。

美容院に行くのは時間も費用もかかりますので美容院に行くのを我慢している人が多く、もっと行きたいと感じているようです。

美容院に出す費用は、4千円~5千円かけるという人が多いのではないでしょうか。
カットだけでなくカラーをする人も多いので合わせてそのくらいはかかってしまうのでしょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア