世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

散髪の頻度。女性は髪型や長さによって大きな違いがある

2018.12.4

あなたが前回美容室に行ったのはいつですか。
女性が散髪をする頻度はどのくらいだと思いますか。

最長どのくらい散髪しないのでしょう。

散髪の頻度には髪の毛の長さや、パーマや髪染めなども関係ありました。
ヘアスタイル別に、平均的な期間をみていきましょう。

また女性が散髪しに行こうと思うのはどんな時かも紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

日本語は難しい!外国人から見た日本語が難解な理由

普段私達が話している日本語は、外国人の方から見ると難しいと言われますよね。 「日本語は世界一難しい...

水草に光合成は必要?綺麗な気泡をたくさんつける方法

水槽内の水草が光合成をすると水中でたくさんの丸い泡をつけてキラキラしていて綺麗ですよね! その...

梱包でプチプチを使った包み方!プチプチの向きがポイントです

空気が入ったデコボコの面があるプチプチは梱包時によく使いますが、その正しい包み方を知っているでしょう...

トップのボリュームの出し方とは?ぺたんこなトップからの卒業

最近、老けて見えるようになったという人いませんか。 実は増えて見えてしまうのには理由があったのです...

一人暮らしの掃除機選びは?スティック型は収納しやすく便利!

一人暮らしだと掃除機を選ぶときにも、家族で住んでいたときとは選ぶポイントも変わってきますよね。 ...

虫が怖いと思うのはなぜ?虫嫌いを克服して好きになる方法

子供の頃は平気でアリや蝶、蜘蛛や芋虫などを捕まえて遊んだりしましたよね? それがいつの間にか苦手に...

酢に重曹を混ぜる効果!掃除で効果的な汚れの落とし方

おうちのお掃除に、どこのご家庭にもあるお酢と重曹を使って汚れを落とす方法をご存知ですか? この...

車の曇り止めが効かない!そんな時にはこの方法を試そう!

雨降りや雪が降った時にいざ車を発車させようとしたら、車の曇り止めが効かない、なんて経験をされた方も多...

水槽のフィルターの交換頻度はどのくらい?注意点について

水槽のフィルターはどのくらいで交換するべきなのでしょうか?交換頻度についてわからない人も多くいると思...

布にプリントをしたいなら、アイロンで手軽にやってみよう

Tシャツやバッグシンプルなものほど飽きが来なくて良いですが、「柄や模様が無くてちょっと物足りない」な...

うなじが毛深いとショートヘアはできない?毛深いうなじ対処方法

ショートヘアはうなじが毛深いと気になる!自分で見えない場所だから、なおさら気になるうなじ部分。 ...

梱包する時にプチプチの向きって、どっちが正解なのでしょうか

プレゼントや、フリマアプリなどで落札してもらった品物を包む時に大活躍する梱包材と言えば、プチプチです...

男が美容院でトリートメントするのはOK?その効果の働きと種類

男性が美容院でトリートメントする話はあまり聞くことはありませんが、実際のところトリートメントしている...

妊娠10週のエコーで動くのがわかる?赤ちゃんの発達

妊娠10週の頃には、赤ちゃんは活発に動くようにもなり、性別もわかるそうです。 では、妊娠10週...

押し花の作り方。簡単な方法は家庭にあるアイテムが活躍します

庭やプランターに咲いた可愛らしい花を残したいと思ったら押し花にしてみるのもいいですね。 子供のころ...

スポンサーリンク

散髪の頻度はどのくらい?女性の場合は男性よりも長い傾向

女性の散髪に行く頻度はいったいどのくらいなのでしょうか。
髪の短めな女性は3ヶ月に1回程、髪の長い方は半年に一回しか行かない、年に数回程度しか散髪に行かないと言う女性も多いのではないでしょうか。

男性のほうが女性よりも頻繁に散髪しに行かないといけないと思います。
考えられる理由としては、男性はショートヘアの人が多く、ショートヘアの場合は頻繁に散髪に行かないとスタイルを維持するのが難しいということが理由としてあげられます。
女性の場合はロングヘアやセミロングの場合は毛先を整えるだけである程度スタイルは維持できるので散髪に行く頻度は減る傾向にあるようです。

散髪の頻度は女性のヘアスタイルによって違いがある

散髪に行く頻度は女性でも違いがあります。
その違いは、髪の毛の長さ、カラーやパーマなどの施術しているメニューなど、その人のヘアスタイルによって変わってきます。

ヘアスタイルを維持するためには定期的に美容院などに通わなくてはならない場合もあるのでそういった点で回数には違いが出てくるのです。

髪の毛の長さは短いほうが美容室に行く頻度が増えて、長いヘアスタイルの場合だと遅いペースになります。

カラーリングをしている場合は、髪の根元がプリンになってきてしまったり毛先の色が退色してきてしまったりすると美容院に行かなくてはならなくなるでしょう。

また、年齢を重ねてくると白髪染めをしなくてはならなくもなります。

散髪の頻度は人それぞれの理由が。あなたのペースでOK

散髪に行く頻度はその人のヘアスタイルや行っている施術によって様々です。

きれいな髪の毛を維持したいという人は1ヶ月~2ヶ月の間にカットやヘアトリートメントに行くという人もいます。

カラーリングをしている人はプリンにならないように2ヶ月に一回はカラーをし直したりリタッチをして維持している人もいます。

一方で髪の毛を伸ばしていて、節約も兼ねて回数を減らしている人もいます。

美容院に行くのが苦手と思う人もなかにはいますので、そういう人も回数は多くないようです。

専業主婦になると子育てや金銭的な面を考えてなかなか美容院に行くことができないという人もいますし、自分のペースで行くようにしてみてください。
美容院の技術がしっかりしていればそこまでスタイルは大きく変化しないでしょう。

男性の場合は女性よりも髪の毛のスタイルを維持することが難しいので女性よりも散髪に行く回数が増えます。
とくに刈り上げのスタイルの場合は維持するのは難しいので平均よりも散髪に行く回数が増えるのです。

女性の散髪の頻度をヘアスタイルごとで検証。前髪の場合は

女性の散髪の頻度はヘアスタイルごとに異なってくるとお伝えしました。
基本的には1ヶ月半~2ヶ月に一回行くと理想の髪型を維持することができるでしょう。
なぜなら、髪の毛は一ヶ月に1cmほど伸びると一般的に言われており、1.5cmほど伸びるとスタイルによっては理想のスタイルを維持できなくなります。

特にショートヘアやボブヘアの場合はバランスの良いシルエットが崩れやすいので散髪に行く頻度は多くしたほうがよいでしょう。

大体1ヶ月~1ヶ月半に一回行くのが理想的です。
最大でも2ヶ月までが限界で、3ヶ月になると元のシルエットとは全く違うヘアスタイルになってしまうでしょう。

セミロングやロングヘア―の場合はそこまで頻繁に散髪に行かなくてもスタイルは維持できます。

その代わり、髪の毛が伸びてくると毛先が傷みやすくなるため枝毛を切ってもらったりヘアトリートメントをしてもらうほうがよいでしょう。

前髪は3週間~1ヶ月に一度カットするのが理想的です。

女性が美容室に行こうと思うのはどんな時かとその費用

女性が美容院に行こうと思うのはどういう時なのかを見ていきましょう。

美容院に行く場合は、やはりヘアスタイルが崩れる前に行きたいという人が多いようです。

そしてカラーリングをしている人は根元がプリンになってしまう前に美容院に行きたいと感じるようです。

もし、したい髪型がない場合はとりあえず伸ばすという意見も多いようですね。

美容院に行くのは時間も費用もかかりますので美容院に行くのを我慢している人が多く、もっと行きたいと感じているようです。

美容院に出す費用は、4千円~5千円かけるという人が多いのではないでしょうか。
カットだけでなくカラーをする人も多いので合わせてそのくらいはかかってしまうのでしょう。

 - 生活を便利にするアイデア