世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

肩こりは姿勢の改善で良くなる?肩こりを改善する方法!

2018.7.4

つらい肩こりで毎日大変な思いをしている人もいますよね。肩こりになってしまう人は、姿勢が悪いことが原因の一つとして考えられます。姿勢を改善して、つらい肩こりとサヨナラしましょう!

では、具体的にはどんなふうに改善すれば良いのでしょうか?肩こりを楽にする方法は?

今回は、姿勢を直して肩こりを改善する方法をお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ペットボトルの乾燥を早くしたい!乾燥までの時間を短縮する方法

ペットボトルをすぐに使いたい時、なるべく早く乾燥させたいと思いますよね。子供の学校に持たせなくてはな...

アラフォーが財布の色を選ぶポイントやオススメカラーとは

アラフォーが持つ財布の色というと、どんな色が好まれているのでしょう。 では、アラフォーにオスス...

ラジオで投稿したものが読まれるポイントとは!採用されるコツ

ラジオの投稿で読まれるにはどんなコツやポイントがあるのでしょうか? なぜ、あの投稿者はあんなに...

部屋のドアに鍵を取り付ける方法とは?おすすめなドアの鍵

部屋のドアに鍵をつけるときにはどんなことに注意したらいいのでしょうか? また、取り付ける方法に...

写真のポーズでかわいい女子になろう!おすすめを教えます

写真を撮る時のポーズはどうしてもワンパターンになりがち。しかし、女子であれば少しでもかわいいポーズを...

男性はメガネとコンタクトで印象が変わる!モテる方法について

メガネにしようかコンタクトにしようか悩んでいる男性の皆さんは、「モテる」ことを基準にメガネにするかコ...

洗車後、拭き取りしないのはNG?理由と洗車のコツとは

洗車をしたあとで、拭き取りしないという人は意外と多いかもしれません。 洗車後、拭き取りしないと...

引越しをした時の水道の開栓!当日は可能?手続き方法について

引越しが決まった際に水道を止める手続きはいつ、どのタイミングで行えば良いのでしょうか? また引...

うなじが毛深いとショートヘアはできない?毛深いうなじ対処方法

ショートヘアはうなじが毛深いと気になる!自分で見えない場所だから、なおさら気になるうなじ部分。 ...

BGMにはオルゴールの音色で癒される。その癒しパワーとは

オルゴールの優しい音色はそれだけで十分癒し効果を感じられますが、科学的にもその効果が認められているこ...

バジルの栽培や収穫のこと。バジルの増やし方や摘心が必要なワケ

お料理好きな方は、バジルを家庭で栽培している方も多いでしょう。 使いたいときにすぐそこにバジルがあ...

潜在意識で顔が変わる!?ハーフのような顔になる方法

潜在意識で顔やスタイルが変わるって聞いた事ありますか?これを利用すれば今流行りのハーフ顔も手に入れる...

運転手を雇うにはいくら必要?ドライバー派遣のメリットも!

専属の運転手って聞くと、お金持ちの人って感じがしますが、運転手を雇うのはいくらぐらいかかるのでしょう...

3人家族に必要な生活費とは?赤ちゃんのうちに節約しておこう

赤ちゃんが生まれて3人家族となると、夫婦でいた時よりもお金がかかるようになりますが、みんなはどうやっ...

紅梅と白梅の違いは?二つの違いと見分け方をご紹介

梅には紅と白の花をつける二種類のものがあります。同じ梅なのに二種類あることを不思議に思う人もいますよ...

スポンサーリンク

肩こりは姿勢を改善することがポイント!

つらい肩こりは、いまや国民病とも呼ばれるほど、多くの人が悩まされている症状のひとつと言えるでしょう。

肩こりが起こる原因としては、肩や首に走る血流が滞ることで、そこに疲労物質が溜まることと言われています。

一日の大半をパソコンやスマートフォンなどを使う現代の日本人にとって、肩こりの悩みは毎日ついて回る問題です。

こんなつらい肩こりを予防するには、肩付近の血流を良くすることです。

普段から出来る対策として、姿勢を改善するということが挙げられます。

肩こりに一番なりやすい人の特徴として、猫背であるということがひとつ。

重たい頭を支えた状態で、猫背になると、さらに頭を支える首への負担が増して肩こりが起こりやすくなります。

その場合、姿勢を良くしようと背中を無理に反ったりしてもかえって体への負担が増えてしまうおそれがあります。

よい姿勢にするポイントとして次の5点に注意してみましょう。

  • 膝を伸ばす
  • へその下に体の力を入れて骨盤を立てる
  • 肩甲骨を軽く後ろ側にひくようにして、胸を張る
  • 少しあごをひく
  • 頭の上から真上に引っ張られているような感覚を意識して、背筋を伸ばす

自分ではよくわからないときは、他の人に立ち方をチェックしてもらいましょう。
全部ができなくても、少しは肩こりの改善が期待できるはずです。

肩こりを改善したい!寝たままの姿勢でストレッチ!

肩こりの改善のために、自分で簡単に出来るストレッチをご紹介します。

  1. 仰向けの状態で寝る
  2. 片方の手を身体の上を通るようにして、ゆっくり胸の前まで上げる。
  3. 身体の外側に向かって手を広げながら腕を伸ばす。
  4. 腕を伸ばした状態のまま、ゆっくり下ろして下の位置まで戻す。

この1~4の動作を左右5回ずつ行います。

寝ながら行うことで、身体がリラックスした状態で行えます。

特に肩甲骨を意識しながらおこないます。

この動きをする前とした後では、肩まわりがかなり楽になっているのがわかると思います。

肩こりは姿勢を改善して直す!おすすめのイルカ体操

肩こり改善の体操として、「イルカ体操」というものがあります。

文字通り、イルカになったつもりの形で腕を伸ばすことで身体のゆがみ状態までわかるおすすめの体操です。

とても簡単な体操なので、いつでも行えますが、継続して1日3回左右交互に5秒ずつ行うというだけでも効果があります。

方法は簡単。
まず、頭の上で両手を合わせ、腕はまっすぐに伸ばした状態にします。
腰を軸にして、身体を大きく左に傾けます。
そのまま5秒キープ。
中心まで戻したら、今度は右に傾けます。

この動作により、身体のゆがみ具合で傾きが違ってくるというのがわかるようです。

なので、体のバランスが均等になるくらい続けて行うと効果が出るでしょう。

このイルカ体操はテレビで紹介されていた体操ですが、実際にこの体操を実践した人からは、少し試してみただけでも体のコリが解消された、首まわりがとても楽になったという声があるようです。

みなさんも、ぜひお試しください!

肩こりの原因を知って予防をしよう!

そもそも肩こりはなぜおこるのでしょう。

特に、肩こりに悩まされている人には、パソコンを使う仕事や、手作業などで長時間同じ姿勢の仕事をする人が多い傾向にあるようです。

長い時間、同じ姿勢でいると、どうしても前かがみのような体勢になり、首を前に出す姿勢になることが多いのですが、重たい頭を首で支えていることになりますから、首にかかる負担は相当なもの。

それを長時間キープすることで、首~肩にかけての筋肉に疲労が生じ、血流が悪くなることから肩こりが起こるとされているのです。

また、パソコンや読書などで、細かい文字などをずっと見続けていると、目のあたりの筋肉にも緊張状態になり、肩こりの原因にもなります。

肩こりを予防するための対策としては、同じ姿勢を続けないことが言えるでしょう。

首から肩にかけて、緊張状態をとくために、たまに首をゆっくり後ろに反らせたり、一時間に一回は立って軽い運動動作を行うだけでも、肩こりの防止対策には有効です。

猫背を改善して肩こりも改善!

よく、人から「猫背になっているよ」と指摘されたり、猫背だという自覚がある人は肩こりになりやすいと言えるでしょう。

猫背の姿勢を続けていると、胸の辺りの筋肉が萎縮して硬くなってしまうので、どうしても肩が前に出やすい体勢になります。

胸にある「大胸筋」という大きな筋肉が特に硬くなってしまうことによって、背中にある背骨にも影響を及ぼし、体を支える骨盤も硬くなって動きが悪くなってしまいます。

よって、猫背の人が姿勢を良くするために効果的な体操としては、胸の筋肉をのばすストレッチが挙げられます。

あわせて背骨も伸ばす動きを加えることで、猫背解消には効果があるでしょう。

また、肩甲骨の間にシワを作るような意識をしながら、腕を90度に曲げた状態で、背中に寄せる運動もおすすめです。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア