世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

布にプリントをしたいなら、アイロンで手軽にやってみよう

2019.3.31

Tシャツやバッグシンプルなものほど飽きが来なくて良いですが、「柄や模様が無くてちょっと物足りない」なんて思った事はありませんか?
しかし、自分の思うようなデザインのものが無かったり、プリント屋さんもありますが「ちょっと高いかも」なんて躊躇している人もいるでしょう。
そういった人は、布製品にプリントを簡単に出来るアイロンプリントをおすすめします。
絵心のある方でしたら、世界に一つだけの素敵なプリントが出来ますよ。
ただしアイロンプリントにはいくつか注意点もありますので、実際に行う際は、そういったことも踏まえながら行ってください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

天パで前髪を作れない人必見!ふんわり前髪を作るブローのコツ

天パが強くて真っ直ぐな前髪が作れないとお困りの方はいませんか? ストレートな髪に対して、天パやくせ...

男のショートヘアについて!セット方法や注意することをご紹介

男のショートヘアってさわやかですし人気のある髪型ですよね。しかし、うまくセットができないと悩んでいる...

サテン生地とは?サテン生地の特徴や扱い方を紹介します

サテン生地とはどんな生地なのでしょうか?幼稚園の劇で縫うことになったサテン生地…なんだかツルツルして...

風が強い理由は?【状況別】風が強く吹くメカニズムを解説します

季節によって風が強いと感じたり、天候で風が強く吹くこともありますよね。また、ビル付近ではビル風という...

銀杏の下処理方法!簡単にできる殻の剥き方

銀杏は美味しい秋の味覚ですが、元々は固い殻におおわれていて下処理が必要な食べ物です。食べると美味しい...

迷惑メールは無視をすると来なくなる?ユーザーが出来る対策とは

迷惑メールを受信をしても無視をし続ければ来なくなる? 迷惑メールは受信しても、とにかく返信をし...

一人暮らしで掃除が大変な場合は代行サービスを頼もう!

お掃除の代行サービスと言うと、小さな子どもがいる主婦が頼むイメージを持っている人が多くいませんか?実...

気になる服の生地の名前を知りたい時は調べてみよう

服を買おうと思った時に、最も気になるのがデザインですが、それと同じくらい生地に何が使われているのかを...

自分で作るスカートに必要な生地の長さと注意点について

可愛い生地を見つけると、何かを作りたくなってしまいますよね。ちょっと難しそうな洋服もスカートなら簡単...

食器用水切りカゴ。使わない?やっぱりないとダメ?徹底検証!

食器用の水切りカゴを処分する「水切りカゴ断捨離」 産まれてから1日だって水切りかごに洗った食器...

髪の毛の抜け毛が多い?その理由と抜け毛を防ぐために出来る事

髪の毛をシャンプーしたらごっそり毛が抜けたり、髪を櫛で梳かすと櫛にたくさんの髪の毛が残ったり、部屋の...

主婦必見!洗剤の種類と特徴をしっかりと覚えよう!

スーパーなどに行くといろいろな種類の洗剤が並んでいて、どれにしようかを悩んでしまいますよね。 ...

顔のバランスを黄金比率に近づくメイクで理想の自分を楽しむ方法

顔のバランスの黄金比について気にしたことはありませんか?黄金比とはバランスが安定した美しい顔の比率の...

着物の長襦袢は自分で洗濯出来る?洗濯方法とポイントをチェック

着物を着た後はお手入れが大切です。きちんとお手入れをすれば、着物を長持ちさせることも出来ます。着物は...

台風でマンションが揺れた場合を想定してしっかりと備えよう

日本は台風の通り道になっているせいか、毎年たくさんの台風被害が報告されていますよね。 マンショ...

スポンサーリンク

いろんな布にプリントをするなら、素材やアイロンの熱に注意

アイロンの熱を使って簡単にできるプリントがありますが、プリントをつけたい生地によってプリントがつきやすい素材と向かない素材があります。まずは生地の素材が熱に強いことが大切です。アイロンの熱は高温の方が貼りつけやすくなりますので、高温を使うことができる素材の方がきれいにくっつけることができます。熱に弱くアイロンの低温しか使えない素材の場合は、しっかりとくっつかない場合もあります。また、低温だと貼りつけるまで時間がかかりますので、その分、手間もかかってしまいます。プリントの端の方が浮いてしまうと、その部分から剥がれやすくなりますので、端まできちんと貼りつけることが大切です。

アイロンの熱に強いかどうかは洗濯表示を見てください。アイロンの中に点が3つあるもの、又は高という文字があるものは高温を使うことができ、点が2つ、又は中という文字がある場合は中温を使うことができます。低温の場合はアイロンの中に点が1つのマーク、もしくは低という文字があります。アイロンにバツ印があるときはアイロンを使うことができません。

綿素材は熱に強いため高温のアイロンを使うことができますが、例えばタオルのパイル地のような表面がボコボコしていたりザラザラしている場合もまた、プリントをしっかりと貼りつけるのが難しくなります。最初はきちんと貼りつけることができても、洗濯をする度に剥がれやすくなることがあります。

布にプリントをするなら、アイロン以外にもコレが必要です

アイロンを使って布にプリントする場合に必要なのが、アイロンプリントシートです。

これは熱転写シートとも呼ばれ、熱を使って生地にプリントを圧着させるものになります。アイロンプリントシートにプリントしたものを熱によって生地に移すことができるので、お好みのデザインやイラストなどをプリントでき、オリジナルに仕上げることができます。

アイロンプリントシートは、プリントをうつしたい生地の色柄によって種類が分けられています。白や色が薄い生地用のものと、生地の色が濃いものようとで分けれますので、用意する際には気をつけてください。生地の色と合っていないタイプのものを選ぶと、プリントをうつすことはできますが、せっかくのプリントがきれいに見えない場合があります。

また、洗濯をする度にプリントが剥げてきて色柄が薄くなってしまうことがあります。アイロンプリントシートの説明に洗濯に耐えられる頻度などの記載がありますので、それを参考にすると良いでしょう。よく洗濯をする物には耐久性の高いものを選ぶと安心です。

布にプリントをアイロンで付ける時の手順を紹介

まずは、プリントしたい図柄をアイロンプリントシートに印刷します。アイロンプリントシートはプリンターで印刷ができるようになっていますので、パソコンを使ってプリントの図柄を作成してください。パソコンで好きなようにデザインをしても良いですし、著作権フリーのデザインを使っても良いでしょう。印刷するときに用紙を設定する場合は、熱転写紙を洗濯してください。お使いのプリンターの機種によって名称は異なります。図柄に向きがある場合は反転して印刷されます。プリンターにそのような機能がない場合はソフトなどを使うと良いでしょう。

次に、印刷した図柄を切り取ります。生地にプリントしたい部分だけを切り取ってください。図柄より5ミリくらい大きめに切ります。

切り取った図柄を、プリントしたい生地の上に乗せたら、上からアイロンで熱を加えます。

このときスチームは使わずにドライアイロンを使ってください。アイロンプリントシート全体に熱が加わるようにアイロンをずらしながら、上から押しつけるようにアイロンを当ててください。

アイロンの熱が冷えたところで、シートの台紙をゆっくりと剥がしていきます。台紙を全部剥がしたら、今度は仕上げ用のシートをプリントの上に置いてアイロンをかけます。このシートも冷めてから剥がすようにしてください。

パソコンが使えなくても大丈夫!手書きの絵をプリントする方法

アイロンプリントシートはパソコンがあると簡単で便利ですが、パソコンを使わなくてもできます。手書きのイラストなどもプリントすることができます。手書き用のシートがありますので、そちらを用意してください。

手書き用のシートを使う場合は、まずはシートに好きな絵を描きます。パソコンで作成する代わりに手書きをします。
次に付属のパウダーを手書きの絵の上から振りかけてください。パウダーがついていない部分は転写できないので、絵全体にまんべんなくパウダーがかかるようにします。
パウダーを全体に振りかけたら、余分なパウダーをしっかりと落としてください。

プリントいたい生地の上に手書きシートを乗せます。パウダーが生地につくことで、プリントが転写されます。上からアイロンの熱を加えていきます。しっかり貼り付くように上からおさえてください。冷えたらシートを剥がします。
最後に仕上げ用のシートをプリントの上に乗せて、アイロンで再びおさえたら完了です。
手書きだとお子さんの描いた絵や自慢のイラストなどをプリントできるので、世界に1つのオリジナルが完成できますね。

アイロンで簡単に付けられる便利なグッズをご紹介

アイロンで貼りつけることができるものは他にもいろいろあります。100均でも販売されていますし、デザインも豊富なので選ぶのも楽しくなります。

お子さんの体操着や持ち物などに名前をつけたい場合は、ネーム型のワッペンが便利です。名前を書く部分のあるかわいいデザインのワッペンがあります。アイロンで貼りつけたら、上から油性マジックで名前を書くことができます。
大きめの物なら、ひらがなやアルファベットのワッペンで名前をつけるのも良いでしょう。かわいい字体を選ぶと喜んでもらえまるでしょう。

アイロンで貼りつけることができるワッペンにはいろいろなデザインがありますので、名前タイプのものでなくても、自分のものと見分けるのに役立ちます。ワッペンを貼りつけるだけでシンプルなTシャツやポロシャツもオリジナルにすることができます。
アイロンで貼りつけるだけなのでとても簡単です。個性を出したいときなどには、ぜひ試してみてくださいね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア