世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

幼稚園は夏休み期間の保育料がかかる!保育料がかかる理由を解説

2018.11.19

幼稚園の夏休みの期間は地域によっても違いますが、8月は夏休みで幼稚園に行かない、行っても短い期間しか行かないということがほとんどではないでしょうか。

ここで気になるのが保育料です。幼稚園に行っていないのだから、その月の保育料はかからないのでは?と思いますよね。ですが、実際のところはそうではないようです。

そこで今回は、夏休みの幼稚園の保育料や、夏休みに行われている保育の様子についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

知らないとまずい!郵便物が間違いで配送された時の対応について

郵便物が間違いで配送されてきたら、どうしていますか?正しい対応の仕方を知っているでしょうか。 ...

遠足のお弁当、女の子は可愛く食べやすくがポイントです

遠足のお弁当はどんなものをつめてあげたらいいのでしょうか?女の子の場合、好きなものプラス可愛いお弁当...

2週間で3キロも太ったら?その原因とすぐに元に戻す方法

2週間で3キロも太ったら、さすがに焦ってしまいますよね。これって元に戻すことはできるのでしょうか? ...

「パパ人見知り」が始まった赤ちゃんの原因と対応策はコチラ!

『パパ人見知り』は赤ちゃんにとって成長の証です。 ですが、パパ本人にとっては、ショック以外のな...

引越しをした時の水道の開栓!当日は可能?手続き方法について

引越しが決まった際に水道を止める手続きはいつ、どのタイミングで行えば良いのでしょうか? また引...

紫陽花の挿し木の方法。増やしやすい適した時期と手順

花は人の心を癒やしてくれますよね。 花を見るだけで心が和むというものです。 その中でも紫陽花は梅...

一重のアイシャドウテクニック!ブラウンを使いこなそう

一重さんにとって大切なのは、”いかにメイクによって目を大きく見せるか”になります。 ただアイシ...

ペットボトルの乾燥を早くしたい!乾燥までの時間を短縮する方法

ペットボトルをすぐに使いたい時、なるべく早く乾燥させたいと思いますよね。子供の学校に持たせなくてはな...

生ゴミの肥料をプランターで作る作り方!手作りでロハスな生活

プランターを活用すれば自分で生ゴミから肥料を作ることができます。電気を使わずに微生物の力だけで肥料を...

原付の運転が怖いなら練習をしましょう!乗るときのコツ

原付を初めて運転するのが怖い、どのように練習したらいいのかわからないときにはいきなり車の通りが激しい...

クマに効果的なコンシーラーの選び方と基本的な使い方

お肌の悩みはいろいろなものがあると思いますが、「クマ」に悩む女性も多いですよね。 鏡を見てクマがく...

朝に音楽を聴くことでリラックスできる理由とおすすめの音楽

主婦にとって忙しい朝。夫や子どもを送り出した後は自分も仕事へ行かなければいけないなど、慌ただしく過ご...

電車の暖房は暑いからいらない!自分で出来る対策とは

冬の電車に乗ると、暖かいのはありがたいのですが、むしろ暖房が効きすぎて暑い・・・なんてことがあります...

江戸時代の出産や初婚年齢、お産事情について調べてみた!

江戸時代の女性は「子だくさん」なイメージがありますよね。 江戸時代女性の平均出産年齢を見てみる...

車の曇り止めが効かない!そんな時にはこの方法を試そう!

雨降りや雪が降った時にいざ車を発車させようとしたら、車の曇り止めが効かない、なんて経験をされた方も多...

スポンサーリンク

幼稚園は夏休みでも保育料がかかります

幼稚園の保育料はその月の登園日の日数に限らず、どの月も一律に徴収されるものと思って間違いはないでしょう。たとえ、夏休み期間のうちほとんど登園しない8月であっても、その月だけ保育料がかからなかったり、他の月よりも安くなるということはないようです。

ですが、お住まいの地域によっては8月はほとんど登園しないのにもかかわらず、しっかりと保育料がかかってしまうのは、なんだか納得いかないものがありますよね。しかも、通園バスを利用している場合は、バス代も月額として支払わなければならないのです。

バス代に関しては、その月に1日でも利用したら、その時点で料金が発生する場合がほとんどなので、致し方ない感じもしますが、そもそも預かり保育を利用していて、朝だけとか帰りだけとかしかバスを利用しない場合でも、1ヵ月分をフルに支払わなければならないのも、すこしモヤっとするのですが。

夏休みでも幼稚園の保育料がかかる理由

では、夏休み中も保育料が発生する理由をご存知でしょうか?

簡単に言ってしまうと、1年間の保育料を元にして12ヵ月で割った金額を、1ヵ月分の保育料として算出しているからなのです。ですから仮にもし、登園日のほとんどない、もしくはまったくない8月の保育料がかからなくなったとしても、その分だけ他の月の保育料が高くなるだけなので、年間通しての保育料の合計額は変わらないということです。

ですが、保育料として目に見える形で徴収されてしまうと、なんだかやはり納得がいかないというお母さんたちも多いと思います。そういった意味では、8月分の保育料をかからなくして、他の月の保育料をあげた方がまだスッキリするという気持ちもわかりますが、金融機関の引き落とし手続き等を考慮すると、なかなかそういうわけにもいかないのでしょう。

幼稚園は夏休みでも預かり保育がある!保育料について

多くの幼稚園では、保育時間以外の預かり保育(延長保育)が行われています。保育時間が終了してからも子供をそのまま幼稚園で預かってもらえるので、共働きのご家庭などにとってはありがたいシステムですよね。中には仕事の都合で保育時間開始前に登園しても、預かってもらえる場合もあります。

夏休みや冬休みなどの長期のお休み期間も、預かり保育を利用することが出来ますが、通常の預かり時間よりも長いため、1日あたりの料金もその分高くなります。預ける時間に限らず1日あたりとして計算されるため、パートタイムで働くお母さんたちからは、夏休み期間は働いた分のほとんどが預かり保育代に消えてしまうといった、嘆きの声も聞かれるほどです。

ちなみに私の子供が通う幼稚園では、通常の預かり保育料(保育終了後から18時30分まで)が750円なのに対して、土曜日や祝日・夏休み中などは1日あたり1,500円と倍の金額になります。これは、お住まいの地域や通っている幼稚園によってもわずかな違いがあるかとは思いますが、1日たった4~5時間のために夏休み中に預かり保育を使うのは、正直ツライものがありますね。

ですがやはり、働いている方に限らず、急な用事や体調不良などの時を考えると、預かり保育という制度は心強い味方ではないでしょうか?

幼稚園の先生は夏休みでも仕事中!給料が発生します

たとえ幼稚園が夏休みに入ったとしても、その間幼稚園の先生達も完全にお休みになるわけではありません。もちろん、園児が夏休み期間中も保育料を払うのと同じく、先生方にも給料が支払われます。

夏休み中の先生のお仕事と言えば、交代で出勤して電話番や掃除・花の水やりなどを行う日直や、研修会等への参加、そして夏休み期間中に行われる夏季保育などがあります。
それ以外の日は基本的に休みとなりますが、夏休み期間などの長期休暇中以外、普段は残業などの時間外労働が多く、自宅に持ち帰って作業したりと、かなり多くの仕事量をこなす必要があるため、それらの大変さを考慮すると、先生も夏休みくらいは少しゆっくり休ませてあげたいなと思ったりもしますよね。

さらには園児だけでなく、保護者への対応にも気を遣う大変な職業なので、先生たちには本当に頭の下がる思いです。

幼稚園によっては夏休みに行事を行なうところもある

このように、夏休み中とは言っても、実際には夏季保育と呼ばれる登園日が設けられていたり、年長さんになるとお泊まり会が実施される幼稚園も多いため、夏休みの貴重な体験を楽しみにしている子どもたちも多いのではないでしょうか?

中には、幼稚園の園舎だけでなく、宿泊施設を借りてお泊り保育を行う幼稚園あるようです。お泊り保育では、みんなで一緒に食事を作ったり、夜には花火や肝だめしで盛り上がったりと、普段の園生活とはまた違った楽しみがありますので、なかには興奮してあまりよく眠れなかったり、お母さんと離れて寝るのが寂しくて泣き出してしまう子もいるのだとか。

幼稚園によっては夏休み中のイベントがそれぞれ異なりますので、親も一緒に参加する機会もあるようです。いずれにしても、子供たちの成長につながる有意義な体験をたくさんさせてあげたいですね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア