世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

菜の花の栽培時期は?種まきの時期と栽培環境・収穫時期を解説

2018.12.4

菜の花を栽培しようと思っている人の中には、種まきをする時期は一体いつが最適なのかわからない人もいますよね。特に家庭菜園初心者の人はわからないことも多いのではないでしょうか。

菜の花を栽培するとき、種まきの時期はいつが良いのでしょう。栽培環境や肥料・収穫時期と一緒に確認してみましょう。

そこで今回は、菜の花の種まき時期や栽培方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

3人家族に必要な生活費とは?赤ちゃんのうちに節約しておこう

赤ちゃんが生まれて3人家族となると、夫婦でいた時よりもお金がかかるようになりますが、みんなはどうやっ...

リチウム電池の寿命はどれくらい?未使用でも長期保存は注意

スマートフォンを始め、私たちの生活に欠かせないものとなっているリチウム電池。便利な反面、注意点もあり...

乾燥機で使用する柔軟剤シート!その使い方をご紹介

皆さん柔軟剤はどのようなものをお使いですか?海外では乾燥機に柔軟剤シートを入れるのが主流なんですって...

朝の家事はルーティン化して一日を気持ちよくスタートしよう

朝の家事をルーティン化すると、これまで掃除を始めるときに入れていたやる気をスイッチが必要がなくなりま...

トップのボリュームの出し方とは?ぺたんこなトップからの卒業

最近、老けて見えるようになったという人いませんか。 実は増えて見えてしまうのには理由があったのです...

梱包する時にプチプチの向きって、どっちが正解なのでしょうか

プレゼントや、フリマアプリなどで落札してもらった品物を包む時に大活躍する梱包材と言えば、プチプチです...

顔に生える白い毛は硬い?福毛や宝毛と呼ばれるその毛の正体とは

顔に白い毛が生えた経験はありますか?私は眉毛の付近に定期的に硬い白い毛が生えることがあります。 ...

押し花の作り方。簡単な方法は家庭にあるアイテムが活躍します

庭やプランターに咲いた可愛らしい花を残したいと思ったら押し花にしてみるのもいいですね。 子供のころ...

はちみつ石鹸を手作り。色々な作り方とはちみつ石鹸について

石鹸を手作りしてみませんか。はちみつを入れたはちみつ石鹸の作り方を紹介します。 まずはベーシッ...

遠足のお弁当、女の子は可愛く食べやすくがポイントです

遠足のお弁当はどんなものをつめてあげたらいいのでしょうか?女の子の場合、好きなものプラス可愛いお弁当...

車を買うときのローンとは?ローンの選び方や組み方について

車をローンで買うときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?ローンを初めて組むときには、よ...

いちごに肥料を与えるタイミング!甘いいちごの育て方

いちごは甘酸っぱさが美味しく、大人にも子供にも人気の果物ですよね。 家庭菜園でもいちごは人気で...

電球が切れる原因は?長持ちさせる方法や白熱電球とLEDの違い

「この前交換したばかりなのにまた電球が切れた」など、なぜかいつも同じ場所の電球だけ切れてしまうことっ...

洗面所のドアを開けっ放しにするメリット・デメリット

洗面所や浴室のドアを開けっ放しにしていますか?意外と意見は分かれ、それぞれのご家庭のルールがあるよう...

髪の毛のカットは自分でもできる!カットポイント、注意点とは

髪の毛のカットは、美容室へ行かなくてもご自宅で自分でもできます。 美容室でカットする場合は4000...

スポンサーリンク

菜の花の栽培環境と種まきの時期について

「趣味」と言っても様々な趣味が世の中に存在します。その中の一つが、家庭菜園だったりしますが中には菜の花を育てている人もいますよね。

ここでは菜の花を上手に育てる為に、どんな栽培環境であると良いのか、また種まきの時期について触れていきたいと思います。

菜の花は温かい地域で種まきをすると、年末から咲き始める

日当たりと水はけの良い場所に、株間を10~20cmの距離を保ちながら化成肥料と一緒にばらまきます。

種まきの方法は2つあり、2-3粒の種を直まきにする方法と9cmに4-5粒を巻いて、発芽後に一本間引いて根が回った所に植え付ける方法があります。

寒い地域では4-5月頃に種を撒き、開花するのは6-7月頃になります。温かい地域では、9月に撒き12-1月に開花します。

菜の花の種まき時期と種まき方法

菜の花を栽培しようとしている方に、どのような時期に種まきをしたら良いのか、上記では簡単に紹介してきました。

次に、菜の花の種まき時期と種まき方法を紹介したいと思います。

種からでも簡単に育てられることが菜の花の特色

苗は市販されていません。上手に菜の花を育てるには、種まきの時期としては、9-10月がお勧めになってきます。

ここでは鉢植えと地面に種を植え付ける方法について触れたいと思います。

鉢植え

  1. 大きさは、直径20cm以上、深さ20cmほどの鉢に土を入れる
  2. 鉢の中心に一箇所、穴をあけて、そこに3-5粒種をまく
  3. 土をかけて、水をあげる
  4. 土が乾くといけないので、水をやって、日陰に置く
  5. 発芽したら、日当たりの良い場所に動かす。

地植え

  1. 日当たりの良い場所に、種をまく前に土を肥やす
  2. 肥やした土に苦土石灰を入れて混ぜる
  3. 種まきの前に土作り、土の高さを10cmほど盛り、すじを作る
  4. 15-30cmの感覚で指で穴を開けて、種を3-5粒蒔く
  5. 土をかぶせて、水を上げる

時期が来たら種まき!菜の花の種まきをしたあとの管理方法

菜の花を育てるにあたって、鉢植えと地植えではどのようにすれば良いのか、そのプロセスを簡単に上記では把握してきました。

次に時期が来たら種まき、菜の花の種まきをしたあとの管理方法をみてみたいと思います。

菜の花の育て方

水やり

土が乾いたら水を与えます。日が照ってるようであれば、水をやるましょう。雨が降っているようであれば、それで十分ですが、日が照っているようでしたら、水をあげましょう。

日当たり

菜の花については日当たりを好むので、日光が良く当たる場所で育てます。寒さには強いので、外で管理しましょう。

こぼれダネ

菜の花の黄色い花が終わると、サヤをつくり、黒く熟すと、翌年に芽を出します。それで、来年も菜の花の種まきをすることができ、多くの菜の花を期待することができます。

菜の花の収穫時期について

菜の花についてどんな時に水やりをしたら良いのか、また日当たりを好むことやちゃんと栽培していれば、翌年も大きくの菜の花を期待できることについて上記では触れてきました。

次に菜の花はいつ頃が収穫時期なのか、その時期についてみていきたいと思います。

菜の花の収穫時期

12-4月

注意点としては花が開いてしまうと風味が落ちてしまうので、収穫の時期に関しては遅れないように収穫をしましょう。

また小さな側枝は早めに切り取り、大きい側枝を育てる事に集中させましょう。そうすることにより収穫量が異なります。

こうしてみると、菜の花の収穫についても日々の観察やお手入れが必要になってきますね。ちゃんと手入れをしていれば、多くの菜の花を期待することができます。毎日楽しみながら栽培しましょう。

菜の花を栽培する時の肥料について

菜の花の収穫時期と、どんな点に注意すればよいのか、注意点について上記では触れてきました。

最後に菜の花を上手に栽培するのに、肥料が大切になってきます。どの時期に肥料を与え、どの部分に巻いたら良いのかをここで紹介していきたいと思います。

菜の花に肥料を与える時期や注意点

種まきから1ヶ月後に肥料を与えます。

肥料が大切とはいえ、与えすぎないことも大切です。ポイントとしては、畝の肩部分から条間にばらまきます。追加したかったら根本ではなく畝の肩部分から条間に追加していきましょう。

肥料が不足すると病気にかかったり味にも影響してくるので、適量の肥料を与えることを心がけましょう。

それ程難しい過程ではないので、楽しみながら菜の花を栽培して下さいね。

菜の花を上手に育てるコツ、種まき、水まき、肥料

家庭で菜の花を育てるなど、家庭菜園を楽しむ方も大勢いらっしゃいますよね。どうせ育てるのなら、成功させたいし、沢山の菜の花を見たい。そう思ってる方も多くいらっしゃいます。

そういう方ですが、種まきの時期、土を乾燥させないように水をやること、肥料を適切な時期に与えることなどポイントを抑えていけば楽しく菜の花を育てることができます。それらのポイントを抑えつつ、楽しく菜の花を育てていきましょう。

一旦菜の花を育てるコツを覚えていけば、花であったり野菜の栽培にも役立つと思います。そう考えると菜の花を育てることで他の植物を育てることができる、良い勉強になりますよね。

菜の花を育てるにあたって肥料も大切な要素になってきます。味にも違いが出てきますから、是非健康な菜の花を育てていって下さいね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア