世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

菜の花の栽培時期は?種まきの時期と栽培環境・収穫時期を解説

2018.12.4

菜の花を栽培しようと思っている人の中には、種まきをする時期は一体いつが最適なのかわからない人もいますよね。特に家庭菜園初心者の人はわからないことも多いのではないでしょうか。

菜の花を栽培するとき、種まきの時期はいつが良いのでしょう。栽培環境や肥料・収穫時期と一緒に確認してみましょう。

そこで今回は、菜の花の種まき時期や栽培方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

筆ペンの書き方は?左利きでも上手に筆ペンで書くコツを解説

左利きの人の中には、筆ペンで綺麗に文字を書くことができるようになりたいと思っている人もいますよね。冠...

壁にピンが刺さらない?ピン以外に使える方法を調べてみた

ポスターやちょっとした小物をかけるフック。部屋に取り付けたいけど壁にピンが刺さらない場合はどんな方法...

はちみつ石鹸を手作り。色々な作り方とはちみつ石鹸について

石鹸を手作りしてみませんか。はちみつを入れたはちみつ石鹸の作り方を紹介します。 まずはベーシッ...

先行予約のチケットで取れる席と良席をゲットする方法について

コンサートのチケットを取るためにチケットサイトを利用する場合、先行予約と一般販売とで取れる席はどのく...

お風呂の換気扇使用中はドア開けることはNG!その理由とは

お風呂はカビが生えやすい場所。そのため換気扇を使っていてもドア開ける方が効果があると考えている人の方...

一人暮らしで掃除機はいる?いらない?その判断基準はこれ!

一人暮らしの場合、必要最低限のものからそろえていくと思いますが掃除機がいるのか、なくても掃除が出来る...

タイヤのひび割れは車検のときはどうなるのか調べて見ました

車を持っていると何年か毎に車検の時期がやってきます。 安全に車を走行するために必要ですが、何年...

梱包材のプチプチには裏表があるの?プチプチの使い方とポイント

梱包材としてお馴染みの「プチプチ」ですが、裏表があるのかどうかで悩んだことありませんか? テープの...

風呂の手すりの水垢をキレイに落とすコツと日頃のお手入れ方法

風呂の手すりには水垢がつきやすく、気がつくとすぐに白く曇っていたりしませんか? 手すりについた...

頭の日焼けで皮が剥けた『フケ』みたいなのをなんとかしたい!

頭は日焼けしやすいのです! 頭皮は日光のダメージを地味に受け続けている場所です。 強い日差し...

BGMにはオルゴールの音色で癒される。その癒しパワーとは

オルゴールの優しい音色はそれだけで十分癒し効果を感じられますが、科学的にもその効果が認められているこ...

音楽の感想の書き方や表現方法とは?感想文のポイント

音楽の感想表現は読書の感想や自分が経験したことの感想とは違って、思ったことや感じたことを書くのが難し...

お札の向きはどっち?家の中に貼る場合の方角や注意点について

初詣や厄除けでお札をいただくことがありますが、その置き場所はどうすればいいのか悩みますよね。 ...

台風でマンションが揺れた場合を想定してしっかりと備えよう

日本は台風の通り道になっているせいか、毎年たくさんの台風被害が報告されていますよね。 マンショ...

妊娠10週のエコーで動くのがわかる?赤ちゃんの発達

妊娠10週の頃には、赤ちゃんは活発に動くようにもなり、性別もわかるそうです。 では、妊娠10週...

スポンサーリンク

菜の花の栽培環境と種まきの時期について

「趣味」と言っても様々な趣味が世の中に存在します。その中の一つが、家庭菜園だったりしますが中には菜の花を育てている人もいますよね。

ここでは菜の花を上手に育てる為に、どんな栽培環境であると良いのか、また種まきの時期について触れていきたいと思います。

菜の花は温かい地域で種まきをすると、年末から咲き始める

日当たりと水はけの良い場所に、株間を10~20cmの距離を保ちながら化成肥料と一緒にばらまきます。

種まきの方法は2つあり、2-3粒の種を直まきにする方法と9cmに4-5粒を巻いて、発芽後に一本間引いて根が回った所に植え付ける方法があります。

寒い地域では4-5月頃に種を撒き、開花するのは6-7月頃になります。温かい地域では、9月に撒き12-1月に開花します。

菜の花の種まき時期と種まき方法

菜の花を栽培しようとしている方に、どのような時期に種まきをしたら良いのか、上記では簡単に紹介してきました。

次に、菜の花の種まき時期と種まき方法を紹介したいと思います。

種からでも簡単に育てられることが菜の花の特色

苗は市販されていません。上手に菜の花を育てるには、種まきの時期としては、9-10月がお勧めになってきます。

ここでは鉢植えと地面に種を植え付ける方法について触れたいと思います。

鉢植え

  1. 大きさは、直径20cm以上、深さ20cmほどの鉢に土を入れる
  2. 鉢の中心に一箇所、穴をあけて、そこに3-5粒種をまく
  3. 土をかけて、水をあげる
  4. 土が乾くといけないので、水をやって、日陰に置く
  5. 発芽したら、日当たりの良い場所に動かす。

地植え

  1. 日当たりの良い場所に、種をまく前に土を肥やす
  2. 肥やした土に苦土石灰を入れて混ぜる
  3. 種まきの前に土作り、土の高さを10cmほど盛り、すじを作る
  4. 15-30cmの感覚で指で穴を開けて、種を3-5粒蒔く
  5. 土をかぶせて、水を上げる

時期が来たら種まき!菜の花の種まきをしたあとの管理方法

菜の花を育てるにあたって、鉢植えと地植えではどのようにすれば良いのか、そのプロセスを簡単に上記では把握してきました。

次に時期が来たら種まき、菜の花の種まきをしたあとの管理方法をみてみたいと思います。

菜の花の育て方

水やり

土が乾いたら水を与えます。日が照ってるようであれば、水をやるましょう。雨が降っているようであれば、それで十分ですが、日が照っているようでしたら、水をあげましょう。

日当たり

菜の花については日当たりを好むので、日光が良く当たる場所で育てます。寒さには強いので、外で管理しましょう。

こぼれダネ

菜の花の黄色い花が終わると、サヤをつくり、黒く熟すと、翌年に芽を出します。それで、来年も菜の花の種まきをすることができ、多くの菜の花を期待することができます。

菜の花の収穫時期について

菜の花についてどんな時に水やりをしたら良いのか、また日当たりを好むことやちゃんと栽培していれば、翌年も大きくの菜の花を期待できることについて上記では触れてきました。

次に菜の花はいつ頃が収穫時期なのか、その時期についてみていきたいと思います。

菜の花の収穫時期

12-4月

注意点としては花が開いてしまうと風味が落ちてしまうので、収穫の時期に関しては遅れないように収穫をしましょう。

また小さな側枝は早めに切り取り、大きい側枝を育てる事に集中させましょう。そうすることにより収穫量が異なります。

こうしてみると、菜の花の収穫についても日々の観察やお手入れが必要になってきますね。ちゃんと手入れをしていれば、多くの菜の花を期待することができます。毎日楽しみながら栽培しましょう。

菜の花を栽培する時の肥料について

菜の花の収穫時期と、どんな点に注意すればよいのか、注意点について上記では触れてきました。

最後に菜の花を上手に栽培するのに、肥料が大切になってきます。どの時期に肥料を与え、どの部分に巻いたら良いのかをここで紹介していきたいと思います。

菜の花に肥料を与える時期や注意点

種まきから1ヶ月後に肥料を与えます。

肥料が大切とはいえ、与えすぎないことも大切です。ポイントとしては、畝の肩部分から条間にばらまきます。追加したかったら根本ではなく畝の肩部分から条間に追加していきましょう。

肥料が不足すると病気にかかったり味にも影響してくるので、適量の肥料を与えることを心がけましょう。

それ程難しい過程ではないので、楽しみながら菜の花を栽培して下さいね。

菜の花を上手に育てるコツ、種まき、水まき、肥料

家庭で菜の花を育てるなど、家庭菜園を楽しむ方も大勢いらっしゃいますよね。どうせ育てるのなら、成功させたいし、沢山の菜の花を見たい。そう思ってる方も多くいらっしゃいます。

そういう方ですが、種まきの時期、土を乾燥させないように水をやること、肥料を適切な時期に与えることなどポイントを抑えていけば楽しく菜の花を育てることができます。それらのポイントを抑えつつ、楽しく菜の花を育てていきましょう。

一旦菜の花を育てるコツを覚えていけば、花であったり野菜の栽培にも役立つと思います。そう考えると菜の花を育てることで他の植物を育てることができる、良い勉強になりますよね。

菜の花を育てるにあたって肥料も大切な要素になってきます。味にも違いが出てきますから、是非健康な菜の花を育てていって下さいね。

 - 生活を便利にするアイデア