世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

歌舞伎座の座席表の中で一番見やすい席について教えます

2018.11.28

明治時代に建てられ、平成25年にリニューアルされた歌舞伎座。その外見は見たことはあっても実際に歌舞伎を見るとなると、どの席が良いのかよくわからないですよね。

座席表を見ると1等席や2等席などいろいろな席の種類がありますが、初めての人のおすすめなのはどの席なのでしょうか?見やすい場所は?

歌舞伎座の座席表の中の座席の種類とその特徴、そして見やすい場所について詳しく説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ピアスの付け方!セカンドピアスに付け替える目安と付けるコツ

ファーストピアスを付けている人は、ピアスホールが安定してきた頃にセカンドピアスへと付け替えます。この...

一般道でも右車線は追い越し車線になるため避ける方が賢明

高速道路の右車線は追い越し車線ということはみなさんご存知だと思います。では、一般道の右車線はどうなの...

一人暮らしのキッチン収納を可愛くしっかり収納させたい

一人暮らしのキッチンは収納スペースが限られていますよね。そういえば料理が得意なあの子は、たくさんの調...

ファスナーの修理方法!自分でできる壊れたファスナーの直し方

急いでいる時に限って、ファスナーが上手く動かないとか、生地を噛んで上にも下にも進まないと、慌てた経験...

色の種類【白】の心理的効果やイメージ・特徴や相性について解説

色には色々な種類があります。色の中でも特に「白」はどんな色にも染まることができる色です。白は一体どん...

梱包する時にプチプチの向きって、どっちが正解なのでしょうか

プレゼントや、フリマアプリなどで落札してもらった品物を包む時に大活躍する梱包材と言えば、プチプチです...

朝に音楽を聴くことでリラックスできる理由とおすすめの音楽

主婦にとって忙しい朝。夫や子どもを送り出した後は自分も仕事へ行かなければいけないなど、慌ただしく過ご...

朝起きたら一重に!その原因と治し方をご紹介します

いつもは二重なのに朝起きると一重に!そんな時の治し方は?早く元に戻らないと外出することが出来ない・・...

梱包材のプチプチには裏表があるの?プチプチの使い方とポイント

梱包材としてお馴染みの「プチプチ」ですが、裏表があるのかどうかで悩んだことありませんか? テープの...

車の座席についたシミ取りをする方法を紹介します

天気がいい日は家族みんなで車でドライブする機会が増えると、車内で飲食することがありますよね。 ...

家賃の値下げ交渉する場合は更新時を見逃すな!

今住んでいる物件の更新期限はいつか知っていますか?通常は契約した月から2年後が更新期限になっています...

風呂の手すりの水垢をキレイに落とすコツと日頃のお手入れ方法

風呂の手すりには水垢がつきやすく、気がつくとすぐに白く曇っていたりしませんか? 手すりについた...

アイデアを特許出願するには?主婦が特許を取るメリット

普通の主婦が考えたアイデアを商品化するためには、特許を出願してそれを登録しなければなりません。 ...

夕日が綺麗に見えるための条件とは?必要なのは●●●!

綺麗な夕日を見ると、なんだか心が洗われた気分になって「よ~し!明日も頑張ろう!」と思えますよね。 ...

お茶を美味しく淹れるにはお湯を沸かす時間も気をつけて

お茶を美味しく飲みたい!そんな時はお湯を沸かす時間や方法にも注意をしてみてください。 お茶の淹...

スポンサーリンク

歌舞伎座の座席表でまずは座席の種類をチェック!見やすい席は何?

せっかく歌舞伎座に出かけるならいい席で観劇したいものです。
ですがチケット代も気になるところではありますよね。

同じチケット代でも場所によって見え方はずいぶんと変わってきます。

歌舞伎座に通い慣れた人たちは自分好みの席を持っていたり演目によっては観劇するときの席を決め、使い分けていたりとかなりのこだわりがあるのが座席です。

では歌舞伎座の座席について詳しく見ていきましょう。

歌舞伎座のチケットの種類は以下のような区分になっています。

  • 桟敷席(ゆったりと座れる席)
  • 1等席(1階・2階の前方)
  • 2等席(1階・2階の後方)
  • 3A(3階前方)
  • 3B(3階後方)

この5種類のエリアに分けられた席で観劇しますが、他にも一幕ごとに入れ替えが行われる幕見席もあります。

歌舞伎座の座席表の中で一番見やすい場所とは?

一般的に見やすいとされている席が1等席です。

歌舞伎座では、1階席と2階席の正面側の大半と部隊を2階の横から見下ろす形になる、『2階桟敷』と呼ばれるところの前方が1等席の値段でチケットを購入できる座席です。

次いで見やすいといわれるのが1階後方と2階後方、2階桟敷の後方部分に当たる二等席です。

1階後方は花道側のお席を確保できれば花道の登場を間近で見ることができる位置です。
なかなか見ごたえがあるのではないでしょうか。

更に見やすいとなると残るのは1階の上手と下手両方の一番端に位置する『1階桟敷席』。
ですがこの席は歌舞伎座の中でも最も高価な席となるため手が届きにくい部分もあります。

この席はポットでお茶が常に用意されており、事前に頼んでおけば休憩時間に食事や飲み物を席まで運んでくれるなど、なんとも至れり尽くせりなお席です。

もしこのお席を確保できたらセレブ気分を味わえるかもしれませんね。

初めて歌舞伎座で歌舞伎を見るなら、座席表の中でも見やすい1等席にしよう

はじめての歌舞伎座のときは座席表の中でも見やすい位置にある一等席を取るのがおすすめです。

一等席はしっかりと舞台も役者も見ることのできる位置にあるため、はじめてのときに落ち着いて演目を楽しむことができると思います。

ですがこの一等席はお値段が18,000円ほどです。

なかなか手を出しづらいなという際には『一幕見席』という席でちょっとだけ感激体験をしてから、座席チケットを購入してもいいかもしれません。

値段はネックな部分になるかもしれませんが、役者さんたちはその日の演目のためにたくさん日々の鍛錬をなさってきています。

確実にお客さんを楽しませてくれると思いますので、はじめてだからこそちょっと値が張っていたとしても一等席で観劇するのがいいと思います。

歌舞伎座の座席表にある「一幕見席」とは?

さきほどのお話にも出てきた『一幕見席』はひとつの演目だけを見るチケットです。

一般的に歌舞伎は昼の部と夜の部に分かれており、それぞれ2~4部の構成となっています。

1等席などの席は昼の部や夜の部に行われる全行程を通して観劇するためのチケットです。

それに対しこの『一幕見席』というのは、通してみるまでの時間がないけれど少し見てみたいなというときなどにおすすめなチケットです。

こちらは当日券のみの先着順で歌舞伎座にしか無いシステムとなります。
歌舞伎座の4階部分に位置しており全体を見るには申し分ない席です。

お値段もぐっとお安く演目により800円から2000円ほどまででちょっと見たいなを安価で叶えてくれます。

映画よりも安く演目を見られるということもありお手軽で人気なチケットです。

歌舞伎座に行くなら「歌舞伎座ギャラリー」もお忘れなく!

歌舞伎座に行くのなら忘れたくないのが歌舞伎座ギャラリーです。

歌舞伎座ギャラリーとは2013年に歌舞伎座新会場と同時にオープンした歌舞伎を体験できる空間です。

歌舞伎を見たことがない人や海外からのお客さんにも気軽に歌舞伎に触れていただけるようにという思いを込められている、歌舞伎と親しめるスペースとなっているようです。

歌舞伎にタッチしてしる・みる・ふれる・やってみるをテーマに歌舞伎を体験していきます。

歌舞伎に登場する馬に乗ってみたり、舞台で実際に使われている道具を体験し、役者気分さえ味わわせてくれるのです。

歌舞伎座ギャラリー内では歌舞伎夜話と呼ばれるトークショーやかぶきざ芝居噺、スタッフトークなど様々なイベントも開催されていますので、行かれる際はこちらでのイベント情報もキャッチしてから会場に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

歌舞伎を見るだけでない歌舞伎座の楽しみ方を発見できるかもしれません。

日本の伝統芸のである歌舞伎を目一杯楽しむことのできる歌舞伎座の魅力はたくさんあります。
座席ひとつで楽しみ方も変わってくるくらいに多種多様な歌舞伎の世界で、自分なりの観劇スタイルを見つけてぜひ歌舞伎を楽しんでください。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア