世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

帽子のマナーとして室内では脱ぐべき?昨今の帽子事情について

2018.6.27

帽子を室内でも脱がずに被り続けるのはマナー違反?少し前でしたら、室内に入るときはコートなどと一緒に帽子を脱ぐことがマナーとされていたと思います。

しかし最近では帽子もファッションの一部、アクセサリーとして見られていることも・。

帽子事情が変わってきた今、室内に入るときは帽子を脱ぐべきなのか?気になる帽子の疑問についてお答えいたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スカートで階段を上るときの対策についてや気をつける事!

可愛いのでミニスカートを履く女性も多くいると思います。ですが、スカートをはいているときに気になるのが...

返信する際のマナー!「行」は「御中」に訂正しましょう

書類などを返信する際は、「行」となっているものは二重線で消して「御中」に訂正するのがマナーとなってい...

保証人や印鑑証明は就職する時に何故必要?求められる理由とは!

就職する際に、雇用契約する時に保証人や印鑑証明をもらうようにといわれる場合がありますが、どうしてなの...

車のホーンが鳴らない原因と、その場合の車検や修理について!

車のホーンが鳴らない・・・。その原因にはどんな事があるのでしょうか? ホーンが鳴らない場合、車...

バス乗車中の両替・・・ベストなタイミングを教えます!

バス乗車の時には小銭を持っていれば両替せずに済むのですが、忘れてしまうこともあるでしょう。 そ...

性格は変わる?変わらない?人間の本質は変えられない

性格は変えることができるのか? 恋愛、子育て、人間関係において、永遠のテーマである『性格は変わ...

インターホンをカメラ付きにすると防犯対策になります

「ピンポン♪」とインターホンが鳴っても誰が来たのかわからないと不安ですよね。 そんな時にインタ...

近所の方の訃報を聞いた時の香典や服装などのマナー

近所の方の訃報を聞いた時に、親しい方、そうでない場合には香典を持っていくべきかどうか悩んでしまうこと...

駐車違反で黄色い張り紙を貼られた!駐車違反の罰金や点数とは

ちょっと用事を済ませて車に戻ってきたら、駐車違反の黄色い張り紙を貼られていた・・・。こんな経験がある...

新幹線の座席は回転させてもいい?回転させる方法

新幹線の座席を回転させて4人で旅行を楽しみたい!とは思っているけれど回転させるときにはどんなことに気...

社会保険に加入する条件は?3ヶ月以上働く場合は強制加入!

短期で働く場合は社会保険に加入せずに働ければいいと思う人もいますよね。また、反対に試用期間で加入でき...

義父の葬儀で忌引き休暇を取る時に日数は?マナーや注意点を解説

義父の葬儀で忌引き休暇を取ることになったとき、一体自分は何日の休暇を取ることができるのかわからないこ...

市役所へ書類を郵送する際の御中や様の使い方やマナー、注意点

市役所へ書類を郵送する際、宛名は「御中」なのかそれとも「様」を使うべきかで悩むことがあります。 ど...

駅の階段から転落!もしそんなことになった場合の対処法

通勤ラッシュ帰宅ラッシュなどの時間帯だと、駅の階段やホームから転落すると言った事故が起こることもあり...

職業欄の書き方について。パートの場合の記入の仕方と書けない事

申告書や履歴書など色々な書類を記入する場合に、パートの場合は職業の欄になんと書いていいのか悩んでしま...

スポンサーリンク

帽子を室内で被るのはマナー違反?

帽子はいつから被られる様になった?

起源をたどってみると中世・近代の西洋での帽子文化からのようです。

また帽子を被る紳士は室内で脱ぐことがマナーでありそれが日本にも伝わり、挨拶をするときや室内では帽子を脱ぐ、といったようになったと考えられます。このようなマナーを守ることがまた、紳士の証とされていたようですね。

では今はどうなったのか気になりますね。現代の帽子は形の種類も豊富でベレー帽やニット帽など、流行となり多くの若者が被るようになりました。

変わったところでいうとヘアバンドやターバンなども帽子の類です。

これらの帽子はツバがなく、昔紳士の帽子として主流となっていたシルクハットとは形が違ってきます。

そのため帽子が与える威圧感もないため、帽子を脱いで挨拶をする必要がなかったり、またアクセサリーの一部として考えられる場合もあるようです。

このように昨今の帽子事情は変わってきており、食事をするときもマナー違反とされない事があります。

結局室内での帽子のマナーは?ケースバイケース

年配の方は、室内に入るときは帽子を脱ぐのがマナーだと思っています。目上の方の前では挨拶をするときや、お家にお邪魔するときなどは帽子を脱いだほうが無難でしょう。

食事の時も帽子の種類や外で食事するシチュエーションによっては、被ったままでもマナー違反ではないと考えられる事もありますが、高級なレストランでは被ったままだと周りの目が気になります。

その他にも帽子をかぶっている事で周りの雰囲気と合わないと感じたり、浮いているように思える時は、脱いだほうがよいと考えられます。

室内で帽子を被ることが、今は絶対にマナー違反というわけではありません。

しかし周りの状況などを確認して、その場所にあっているのかどうかを考えることが必要です。

ケースバイケースで帽子のおしゃれを楽しんでください。

そもそも室内での帽子のマナー違反は、どこから来ているのか?

もともと帽子を被るのは日本の文化ではなく、明治時代に西洋からやってきたものです。
帽子は西洋のカブトが始まりだったといわれ、カブトを脱ぐということは相手に敬意を払い、敵ではないという意思を伝える手段だともいわれています。

この名残から、帽子を脱いで敬意を払うようになったのではないでしょうか。

また帽子でその人の格を表す場合もありますよね。料理長なら他の調理師とは違い、高い帽子を被り、王様は宝石などをあしらった王冠を被ります。

今の時代のファッションで被る帽子とは違い、その帽子に意味があり他の人が敬意を払う象徴となる場合もあるのです。

その他には帽子が実用的だったことが、普及をした原因になっているという説もあります。

確かに子供に帽子をかぶせるときは、熱中症にならないための予防であったり、女性であれば紫外線対策である場合も多いです。

また汚れから守るためのものとして、帽子を被る方もいらっしゃいます。そのような方にとっては室内に入る前に帽子を取ることは必衰!

これらのことも室内で帽子を取るというマナーにつながっていったのかもしれません。

海外では帽子のマナーも違ってきます

ヨーロッパの方で広まったという帽子だが、今では世界中の人がいろいろな形の帽子を被っています。

しかしそのマナーについては多少の違いがあるようです。アメリカを訪れた方は室内で帽子を被る人の多さに驚いたといっています。

アメリカでは帽子を脱ぐというマナーはない?

いえ、そうではないようです。場所によっては誰もが帽子を脱ぐ場所が存在します。

その場所は教会、ここでは帽子を被った人を見かけることは、まずないといっていいでしょう。

そして国歌を歌う場合なども帽子を脱ぎます。やはりアメリカでも敬意を払い帽子を脱ぐといったマナーは存在しているようです。

しかし日本と同じで、今の時代帽子はファッション、髪飾りの一部として認識され始めているのかも知れません。

ファーストフード店などではもちろんですが、かしこまった場ではない限り、わざわざ帽子を脱ぐということはなくなって来ているのでは!?と感じます。

女性と男性でも帽子のマナーは違っています

帽子のマナーは海外と日本でも多少の違いがあり、また男女でも違いがあるようです。

日本での男性の帽子のマナーといえば、室内に入るときや目上の方に挨拶をするときには、帽子を脱ぐというものです。

しかし女性はというと帽子は髪飾りの一部と考えられ、帽子を被ったままでもOK!でも目上のお家にお邪魔をするときなどは、室内に入るときに帽子を脱ぐのがマナーといわれていました。

このように女性の帽子に関しては、うるさくないと感じますが、それにも例外があります。それは麦藁帽子!コレは外に出るときだけのものと考えられていますので、注意をしてくださいね。

今では帽子を脱ぐかどうかのマナーに関して、考えが変わってきているように感じますが、被っていて自分が周りから浮いているように感じたら脱いだほうがいいでしょう。また自身がないときには、とりあえず脱いでおいて間違いはありません。

 - マナーや一般常識に関する疑問