世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

靴を試着する際に素足はNG!靴下を持参しないと合わないことも

2018.6.10

靴を試着する時、素足で履くなんてことしてませんか?ついつい面倒だからといって靴下を履かずに、素足のまま試着している人を見かけることもあります。

特に女性は素足にパンプスを履いたり暑い夏に素足でサンダルを履くことから、靴下を履かずに試着する人もいるようです。

しかし素足で試着するのは、マナー違反なのです!今回ここでは靴を試着する際のマナーのお役立ち情報をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

神社の神主さんは色々なお祓いをしてくれる!神社にまつわるお話

引っ越しのときや厄年のときなど、神社の神主さんにお祓いをしてもらうこともありますよね。お祓いをしても...

新幹線の座席は回転させてもいい?回転させる方法

新幹線の座席を回転させて4人で旅行を楽しみたい!とは思っているけれど回転させるときにはどんなことに気...

心付けを結婚式で渡す場合の相場と渡し方!

結婚式当日に感謝の気持ちを表すお礼として、会場スタッフに渡す心付け。心付けとはスタッフへの「チップ」...

飲み会に行かない?参加しない?ゆとり世代

ゆとり世代と団塊世代の人たちの飲み会の考えかたに違いかあることに気がついていますか? ゆとり世...

職業欄の書き方について。パートの場合の記入の仕方と書けない事

申告書や履歴書など色々な書類を記入する場合に、パートの場合は職業の欄になんと書いていいのか悩んでしま...

駐車違反で黄色い張り紙を貼られた!駐車違反の罰金や点数とは

ちょっと用事を済ませて車に戻ってきたら、駐車違反の黄色い張り紙を貼られていた・・・。こんな経験がある...

住民票を移動しなければならない理由とは?デメリットをご紹介!

引越しをすると必ず、住民票を新しい住所に移動しなければならないと言う理由がありますが、もししなければ...

中央線が黄色の場合は追い越し禁止!交通ルールを守って安全運転

自動車の運転免許証をお持ちの方であれば、自動車教習所で習ったことだと思いますが、道路にはセンターライ...

義父の葬儀で忌引き休暇を取る時に日数は?マナーや注意点を解説

義父の葬儀で忌引き休暇を取ることになったとき、一体自分は何日の休暇を取ることができるのかわからないこ...

結婚式での心付けの封筒へのお金の入れ方や書き方のマナー

結婚式では、心付けといわれるお礼の気持ちを渡すことがマナーとされています。 この場合のお金を封筒に...

保証人や印鑑証明は就職する時に何故必要?求められる理由とは!

就職する際に、雇用契約する時に保証人や印鑑証明をもらうようにといわれる場合がありますが、どうしてなの...

奨学金の面接マナー、髪型や服装、質問の答え方や審査内容とは

奨学金といっても様々な制度がありますが、奨学金には必ず審査があり、面接が実施されることもあります。 ...

結婚式の宿泊費やお車代は全額負担するべき?お車代の相場!

結婚式を挙げる時、遠方から出席してくれるゲストの方々には宿泊費やお車代を負担するのが一般的です。 ...

中国の文化は日本と違って面白い!考え方の違いについて

中国の人といえばどんなイメージを持っているでしょうか?日本とは文化が違うので感覚がぜんぜん違っていて...

女性がスカートを履くのはなぜ?スカートの疑問について

女性だけがスカートを履くのはなぜ?素朴な疑問です。 しかし子供に聞かれても、答えられない方は多...

スポンサーリンク

靴を試着する時に靴下は履くのがマナー?

あなたは、靴を試着する時に靴下を履いて試着していますか?

女性の中には、素足でパンプスやサンダルを履いている人もいますよね。

でも、靴の試着をするときに、靴下やストッキングを履かないのはマナー違反になってしまいますよ。

もしも、靴を試着をするときに、靴下を履いていなかったら、店員さんがストッキングを貸してくれるかもしれません。

これは、お店としても素足での試着はやめてほしいということでしょう。

それに、靴が自分の足に合うかどうかは、靴下やストッキングを履かないと実際のところわかりませんよ。

ですから、靴を試着するつもりでお店に行くときは、やはり靴下やストッキングを履いて行ってくださいね。

きっとその方がより自分にピッタリな靴を見つけ出すことができるはずです!

靴選びの試着に失敗しない為にも靴下やストッキングは自分に合ったものを持参しよう

靴選びに失敗しないためには、試着をするときに、自分に合った靴下やストッキングを持参するのがオススメです。

これは、試着用のストッキングでは正しい試着が難しいときがあるからです。

お店に置いている試着用ストッキングはカバーソックスタイプが多く、誰でも対応できるようにゆったりタイプになっています。

しかし、これだと足とストッキング自体がフィットせず滑りやすいので、人によっては靴をきちんと試着できないのです。

ですから、靴を試着をするときには、自分の愛用の靴下やストッキングを持参していくか、履いていくのが正解です。

そうすれば、靴を選ぶときにも失敗しませんよ。

これから靴選びをする方は、気をつけましょう。

気に入って購入した靴が、結局合わないなんて、ちょっと残念過ぎます。

靴を試着する際にサンダルの場合でも必ず靴下は持参しよう

例えば、夏は素足にサンダルの人が多いですよね。

そんな中、靴を探しにお店に来ても、試着には靴下が必要です。

大人の場合は、なんとかフリーサイズで対応することができるかもしれませんが、特に、子供の場合は困ります。

試し履き用の靴下はいくつか用意してはいても、さすがにいろいろなサイズまではないものです。

どうせなら気に入って長く履いていただく靴を購入してもらいたいと思うところですが、それでは正しい靴のための計測もできませんよ。

ですから、お店にご来店されるときには、普段お使いの靴下を持参するようにしましょう。

もしくは、履いていくことをオススメします。

わざわざ遠くから来店したのであれば、なおさら足に合った靴を選んで欲しいです。

靴を試着する時には必ず靴べらを使うのがマナー

靴を試着する時に、あなたは靴べらを使って試着していますか?

デパートなどの靴屋さんで靴を試着するときは、店員さんから靴べらを渡されますよね。

しかし、ほとんどの人がこの靴べらを使っていないことが多いのではないでしょうか?

きっと遠慮や面倒だからでしょう。

でも、試着をする靴はお店の靴なので、商品なのです。

ですから、店員さんは気遣いとして靴べらを渡してもいますが、それだけではないんです。

それは、靴のかかとの部分がダメージを受けるのを防ぎたいという目的もあるのです。

なのに、靴を体重でぎゅぎゅっと押し込む人が多いのです。

もしくは、つま先をトントンしてしまう人もいたりします。

靴を試着をするときは、靴べらを使うようにしましょう。

これは、普段自分の靴を履くときにも使うようにするといいですよ。

靴は靴べらを使って履くと、長持ちするのです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

靴を試着する時につま先を触るのはNG!

靴を試着する時につま先を触ってはいけないそうです。

これは、靴の種類にもよりますが、革靴のつま先というのは他の部分よりも質の良い革が使われていることが多いそうです。

また、革靴の表面は光沢が出るようにお店の人が布で磨いています。

しかし、それを手で触ってしまうと、靴に指紋がついてしまうことがあります。

もちろん、あとで磨き直せば問題ないのですが、余計な仕事が増えてしまいます。

それから、夏の暑い時期には、指に汗がついていることもあります。

この皮脂は靴にとってよいものではありません。

革に皮脂がついてしまうと、革の色が変化してしまう恐れがあるのです。

ですから、靴を試着するときに靴のつま先を触るのはやめたほうがいいでしょう。

自分は知らずにどんな靴なのかと、靴を見るときにつま先を触ってしまっているかもしれませんが、これはお店の人にとっては実は迷惑な行為になっています。

自分も人が触って汚れてしまった靴を購入するのは嫌ですよね。気をつけましょう!

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - マナーや一般常識に関する疑問